ページ

2004年8月18日水曜日

アテネオリンピック #02

深夜に放送されていた男子体操団体を見ていたら、朝まで釘付けになってしまいました。最後の鉄棒なんかこっちが死んでしまうくらいの緊張感でした。あの瞬間、選手全員がベストを尽くして演技しているのは、素人の私でも容易に想像できました。

三人目の選手なんか無難に演技するだけで優勝できるのに失敗の恐れのある大技にあえて挑戦するんですよ。とてもじゃないですが私には無理です。しかし、それをやれる選手達だからこそ優勝できるのだろうとも思いました。

オリンピックでここまで感動したのは長野の原田選手以来です。それと実況と解説も最高でした。あまりNHKは好きじゃないのですがスポーツ実況に関しては、NHKが群を抜いていると思います。体操を見ていてガンバ!Fly highを思い出したのは内緒ですよ……。

0 件のコメント:

コメントを投稿