ページ

2004年8月21日土曜日

馬車道

A君から夕食を一緒に食べようという電話がありました。すでに夕食の準備が始まっていたので断ろうかと思ったのですが、食べ終わってからでもいいとの事なので、食事を済ませてから合流しました。

A君とは結構食べに行っているので、いつものようにガストかサイゼリアあたりかなと決め付けていたのですが、何と馬車道でした……。

私だけ小汚い格好の上、たらふく夕食を食べてきていたので正直あせりました。何故かというと、いつもは500円以下の安いメニューしか頼んでいないからです。

仕方なく一番安そうな添え物らしきものを注文しようとしていたら、A君に「こっちが恥ずかしくなるからやめてくれ。少し金だしてやるから。」と言われてしまいました……。

結局、カルボナーラスパゲティを注文しました。うれしいような、かなしいような……。

0 件のコメント:

コメントを投稿