ページ

2004年8月28日土曜日

らくらくホン

折り込み広告を見ていた母が「私も携帯電話持とうかしら。らくらくホンていうやつ。万歩計もついてるし。」と私に話しかけてきました。

私はDoCoMoのサービス自体にあまり興味はないのですが、らくらくホンは良い端末だと思っています。今や子供から高齢者にまで普及している携帯電話ですがやはり、若者向けが大多数であり子供や高齢者には操作しづらい端末ばかりです。

それでも半数以上のシェアを持つ強みからかDoCoMoはマイノリティ向けの端末も用意しています。それがらくらくホン・シリーズです。

このシリーズは高機能化を図るのではなくユニバーサルデザイン・ユーザビリティといったいわゆる使い易さに重点を置いています。本来なら全ての端末がこの点に力を入れるのが一番なのですけど。

母の問いかけに「どうせなら私が使っているPHSにしてよ。料金も割引きになるし。」と返事をしましたが携帯電話より機種が少ないPHSでは難しいかなぁ。私の使ってる機種はちょっとお勧めできなしなぁ……。

まぁ安心だフォンでもよいのですが少し特殊ですしねぇ。どうしたものか。

0 件のコメント:

コメントを投稿