ページ

2005年2月21日月曜日

テレビ時代の終焉

最近思うことの一つにテレビというマスメディアの在り方が変質してきているのではないかと言う事があります。ここで詳しく述べると大変長くなってしまうので割愛しますが地上波がアナログからデジタルへと移行する間にテレビに対する考え方はかなり懐疑的かつ悲観的になってきています。

0 件のコメント:

コメントを投稿