ページ

2005年6月6日月曜日

祖母に会う

母と二人で祖母に会いに行きました。久しぶりに会ったのですが、随分と変わっていました。だいぶ認知症が進んでいて私達を認識できているのかわからないくらいでした。

子供の頃から祖母とは一年に一度会うか会わないかくらいの関係性だからなのか、どこか他人行儀な感じがしてしまうのは私が冷たい人間だからなのかなぁ。

こんな事を書いている自体で人として何かがおかしいのかも知れません。いろいろな事が頭に浮かんでは消えていく、何ともいえない時を過ごしました。

ただ祖母に限らず家族に幸多からん事を願う心だけは本物だと信じたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿