ページ

2005年6月8日水曜日

SL-C3100発表

リナザウの新機種SL-C3100が発表されましたね。思っていたよりも小幅な変更に留まっています。まぁPDAの売上が低迷しているのでしょうがないですけどね。

ただフラッシュメモリが16MBから128MBに増量されているし、連続表示可能時間が5時間から7時間に伸びていたりと地味にパワーアップしているのでSL-C3000よりは買いになっています。

今回がマイナーチェンジだったので次回(いつでるかわかりませんが)には液晶画面の変更や無線LANの追加などがあるかもしれませんね。ただ、以前にも書いたのですが最早リナザウはPDAというよりもMiniPC用途の方が需要があると思うので、最近発表されたAMDのGeode LX辺りに切り替えて開発して欲しいですね。

まぁ台湾辺りのベンダーでもいいのですが……。ただ、BitwarpやKWINS等のPHSカードが使えないと意味ないですけどね。一番いいのはウィルコム本家が4xの値段を大幅に下げてくれる事ですが。ウィルコムさんお願いします(笑)。

#外部リンク
シャープ、19種類のコンテンツを収録した「ザウルス SL-C3100」を発表 | パソコン | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2005/06/07/005.html

HDD付きLinuxザウルス、黒の2代目登場 | スラッシュドット・ジャパン
HDD付きLinuxザウルス、黒の2代目登場 | スラッシュドット・ジャパン

0 件のコメント:

コメントを投稿