ページ

2005年7月9日土曜日

PHSエンジン

昨日、低価格機にはW-SIMは向かないかもなんて書きましたが発表内容をよく読んでみたら京セラ製のPHSエンジンなるモジュールも開発していたのですね。これはまさに1チップPHSなのではないですかね? 記事を詳しく読んでいませんがW-SIMの内、無線部分だけをチップしたもののようですね。これを使えば直付けになる代わりに端末の設計自由度が大幅に向上しそうです。それと低価格化も期待できそうですね。

Atherosの1チップPHSAR1900のようなものなのかなぁ? 個人的な意見ですが、音声端末の場合他のキャリアと使いまわししたりしないのでAR1900のようなPHSチップと FOMAのようなSIMカードに分離した方が無難な気がしますね。現段階でW-SIMの性能がどのくらいかわかりませんけど、PHS音声端末として見た場合に全て込みというのはメリットよりデメリットの方がまだ多い気がします。もちろん研究が進めばメリットの方が多くなるのでしょうが。

0 件のコメント:

コメントを投稿