ページ

2005年10月28日金曜日

J:COMがウィルコムと提携

これは結構重要なニュースですね。以前、J:COMはボーダフォンとウィルコムにMVNOで提携を模索しているというニュースがあったので、気になっていたのですが、結局ウィルコムと手を組んだようですね。詳しい内容は外部リンクを読んでもらうとして(笑)、気になるのは結局いくらで提供されるのかという事と、いわゆるFMC的な展開がどうなるのかって事ですかね。

ご存知の方も多いかと思いますが、もともとPHSには固定電話の子機として使える機能も兼ね備えています。これを上手く利用すれば、現在注目されている固定網と携帯電話との融合サービス、FMCが比較的容易に提供できるかもしれません。PHSの場合、すでに定額を実現しているので今さら固定電話を利用するメリットも他の携帯事業者よりはないのですけど、いろいろと便利な事もありますからね。

詳しくは知らないのですけど、携帯電話でのFMCはおそらく無線LANを利用したものになると思います。しかし、無線LANでの音声通話というのはまだまだ発展途上で安定利用できるものとは言い難いのではないでしょうか? 例えばハンドオーバーや消費電力などの点で。それに比べてPHSでの子機使用はいわゆる自営モードというものであり、音声通話だけに限ればすでに枯れた技術と言われる域に達しています。FMCには音声通話だけでなく、高速データ通信なども含まれるみたいなので一概には言えませんけど。

外部リンクでも書かれていますが、技術的にはPHSと固定網の音声定額は実現可能なようですが、FMC絡みの各社の思惑があり、なかなか上手くいっていないようですね。まぁNTTやKDDIはそれぞれグループ企業がありますしね。個人的にはソフトバンク系か電力系と提携できればおもしろいと思っていたのですが、ソフトバンクも自前の携帯電話サービスを計画していますし、先日ボーダフォンと日本テレコムの提携が発表されてしまいましたしね。電力系もパワードコムがKDDI傘下になってしまいますし……。

となると、提携先がだいぶ絞られてしまいますからね。ところで、J:COMって法人サービス手掛けているのですかね? もしあるのなら是非ともウィルコム込みで勝負して欲しいですね。それと、パワードコムと距離のあるフュージョンなんかも手を組んでくれるとおもしろいのですが。まぁ素人なので全然わかりませんけど。あとでイーアクセスとの事も駄文を書きたいと思います。

#外部リンク
J:COMがウィルコムと提携、MVNOで通信サービス
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/26290.html?ref=rss

ITmedia +D モバイル:J:COMとウィルコム、PHS参入で一致した思惑 (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0510/27/news052.html

ITmediaモバイル:ケーブルテレビ上でPHS──ウィルコムとジュピターが研究
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0508/31/news055.html

FMCの番号に「060」が急浮上--総務省番号研究会 - ニュース:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051025/223473/

ITmediaビジネスモバイル:FMCへの布石、「無線LAN内蔵ケータイ」の現状は……
http://bizmakoto.jp/bizmobile/articles/0510/06/news061.html

ITmediaビジネスモバイル:KDDI、無線LAN内蔵ケータイで内線目指す
http://bizmakoto.jp/bizmobile/articles/0510/04/news071.html

0 件のコメント:

コメントを投稿