ページ

2005年10月23日日曜日

Ogg Speex

個人的に気になる記事なので一応取り上げておきます。やっぱりOgg Speexは注目されているみたいですね。というかAsteriskなどのVoIP系のソフトウェアがらみで注目度があがっているのでしょうけど。Ogg Vorbisなどを開発しているXiph.orgがOSSにもたらした功績って偉大ですね。後は一日も早くOgg Theoraが正式にリリースされるのを待つばかりなのです。

確かにOgg Vorbisと比べると既存のコーデックとの性能差があまりないというか、逆に低い可能性が高いですが動画において特許の網を潜り抜ける事の難しさを考えれば致し方ないことだと思います。何せ特許の地雷原ばかりの世界らしいですから。むしろライセンスフリー、ロイヤリティフリーである事こそが重要なのではないでしょうか。性能が低いといってもXvidより少し劣るくらいですし。最後にリンク先から気に入った言葉を引用させてもらいます。
GSMが作られたとき、ワークステーションはたった1本の音声ストリームさえ、リアルタイムにエンコードしたりデコードしたりすることはできませんでした。しかし、今では、PDAでも十指に余るGSMストリームを一度にエンコード/デコードできるのです。

ですから、最近の知的所有権で守られたコーデックに嫌われたからといって、オープンソースの開発者はくさってはいけません。今利用可能なオープンソース・コーデックにもまだまだ活躍の道はあり、性能の良い音声圧縮の可能なアプリケーションを提供できるのです。

フリーソフトウェアにとって、大きな障害の一つはフリーではないコーデックの使用です。それを乗り越える方法は、ただ一つ。みんなで後押しすることです
#外部リンク
フリーソフトウェアで使える音声コーデック - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/05/10/19/037219

0 件のコメント:

コメントを投稿