ページ

2005年11月9日水曜日

ナノセル最強伝説

以前、モバイルセントレックスについて駄文を書いたのですが、何度考えても法人分野におけるナノセルシステムの投入ってすごいインパクトがある施策だなぁと思いますね。ある方がナノセルシステムはウィルコムが用意した対法人用決戦兵器だって冗談まじりに仰っていましたが、あながち冗談ではないと考えています。

もし、一部メディアで書かれたナノセルサーバーにPBXが持つ代表電話番号からの転送といった機能追加が可能というのが事実であり、尚且つ、最近記事になったウィルコム自身によるIP電話事業が開始されたら法人分野で一人勝ちも夢じゃない気がするのですが(笑)。少なくとも私なら企業内線でウィルコムを使わない手はないのですが……。

というか、企業の内線電話として使う場合、代表電話番号との連携などでIP-PBX等を使わなければいけない訳で、それだったらウィルコム自身が企業向けの電話事業をパッケージングしてトータルソリューションとして売り込んだ方が取り分大きいし、電話機器の互換性の面でも不具合少ないと思うのですが。既得権益や固定、携帯各社との関係から法人分野でウィルコムに協力してくれる企業少なそうですし……。だったら自分達でやっちゃえって事で。まぁ私は素人なので、もしかしたら的外れな意見を言っているだけかもしれませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿