ページ

2005年11月28日月曜日

PHSとアンテナ

最近、発表されたHONDAのインターナビ専用通信カードのアンテナが車載用にチューニングされているという話。これっておもしろいお話ですね。
PHSのアンテナパターンを通常のパソコン向けではなく、車載用に改良しました。これによりS/N比で10dBの改善を実現しています。
実走行テストも入念に行いましたが、専用通信カードは通信性能比較で携帯電話に匹敵する接続性能という結果を出しました。
無線通信におけるアンテナ設計の重要性がわかるお話ですね。特にPHSのようなデリケートな無線システムだと更に大切な部分なんでしょうね。PHSで通話する時は、きちんとアンテナを伸ばしてからお話しましょう。ところで、WX300Kって本当に京ぽんよりアンテナ性能上がっているのでしょうか?

もしもアンテナを含めて京ぽんより通話性能が向上しているのなら、もうWX300Kでもいいかなぁと思っているのですが……。どうせ1xしか使わないだろうし……。それと上のHONDAとの提携話に絡むのですが、今まで以上に道路の整備が進みそうですね。おそらく高速道路も急ピッチで整備されるのではないでしょうか? それだけでも、この提携の意味がありますね。せめて国道クラスは完璧にして貰いたいものです。

#外部リンク
【インターナビ定額】アンテナ改良、ケータイと遜色なし!? | レスポンス (テクノロジー、ITSのニュース)
http://response.jp/article/2005/11/26/76866.html

0 件のコメント:

コメントを投稿