ページ

2005年12月3日土曜日

ウィルコムの高速化サービスとメガプラス

久しぶりに繋ぎ放題にコース変更したのですが、私の京ぽんでOPERAを使うとバッテリーが1時間持たない事が発覚しました……。んーやっぱり発売日近くから使っていますからねぇ。どうしようかなぁ。

ところで久しぶりにairproxyを使わせてもらったら、速いし公式サーバーまで用意されていました。サーバーは前からあったのかも知れませんが。やっぱり、素より速くなりますね。テキスト主体でもgzip圧縮のお陰か恩恵ありますし。でも公式の高速化サービスって300円くらいするのですよねぇ。ちょっと高すぎませんか?

それにPC接続用のメガプラスも不安定だし。あれって外部企業から買い付けているのですよね? どうせならウィルコムもMVNO先みたいに単なる圧縮サーバーに切り替えてくれないかなぁ。理想はb-mobileタイプなのですけどね。あれなら単なる圧縮proxyなので、PDAやLinuxからも使えるし。何より安く構築できますしね。それに高速化サービスと別ける必要もなくなるし。

MVNO先がすべて圧縮proxyを導入しているって事は圧縮proxy導入の方がウィルコム網の帯域貸しよりも安くつくって事ですよね? bitWarpなんて強制だし。どうせならウィルコムも全ユーザーに圧縮proxy使ってもらった方が帯域の節約にもなるし、ユーザーも見せかけだけとはいえ速度が向上するから一石二鳥だと思うのですけどねぇ。以前、WILL網を発表した時のグラフに新圧縮サーバーを全ユーザーに導入みたいな事が書いてあったので期待していたのですが結局有料で任意のままだしなぁ。皆さんどう思いますか? 

#外部リンク
128Kbps化目前,bモバイルのアクセラレータの実力を検証
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/0201/31/n_breview.html

0 件のコメント:

コメントを投稿