ページ

2005年12月12日月曜日

DebianでJava

手持ちのペンティアム2@333MHzのノートパソコンにDebianのSargeを入れてみました。今まで何回かインストールしているのですが今回はXを使用せずにサーバー用途として使ってみようとチャレンジしてみました。このノートパソコンにはCDが付いていないのでフロッピーディスクからインストールしました。

いつもは日本語のインストーラーを使用するのですがサーバーに日本語なぞいらんというお馬鹿なポリシーに従ってあえて英語環境でインストールしました。といっても見慣れたインストーラーなのでだいたいわかりますけどね。とりあえずインストールだけ完了したものの何に使おうか考えてしまいました。しばらく考えたあげくPHSが繋ぎ放題になった事だしairproxyでも仕込んでみるかと思い立ちました。でもairproxyってJavaなんですよね。DebianにJavaって入れた事ないのですけど……。あれこれ調べながら半日がかりで何とかインストール完了しました。

結局、Unofficialなパッケージを突っ込んだら動きました。Wikiとかには他のやり方が書いてあったのですが何か面倒くさそうだったので。一応、動作するようにはなったのですが、これであっているのかなぁ。とりあえずは設定通りに圧縮してくれているようですが……。気になる点が二つほどあるのですよね。一つは新しく導入された先読み機能です。これってWindows以外でも機能するのでしょうか? JavaもDebianもほとんど素人なので何がどうなっているのかわからないもので。

もう一つはウェブ画面からの設定ができないのですが……。付属のhtdocsに入っているindex.htmlに辿り着けませんでした。何が何やらさっぱりです。もしかしたらパーミッションとか関係しているのかなぁ? 親切な方、宜しければ教えてください。とりあえずSargeでJavaが動いただけで良しとしておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿