ページ

2006年12月30日土曜日

ドメイン更新

危うくminawa.netのドメイン更新を忘れてしまうところでした。やっぱり、お正月近くに更新って危ないです。下手すると年末年始で手続きが遅れることがありますから。クレジットカードで払うか前もって更新しておけば良いのですけどね……。

2006年12月26日火曜日

新パソコン感想

この前書いたように、今週から新しいパソコンになりました。新しいといっても中古パソコンな訳ですけど。ニューマシンは某メーカーのデスクトップです。ちなみにセレロンです。一応、WoLができるLANも付いていました。
OSは付属しないと書いてあったので、とりあえずUbuntuでも入れてみようと思ったのですが、何とインストール不可でした。

Ubuntu-jaのCDと玄箱を使ったPXE BOOTの両方を試したのですが、どちらも失敗しました。CDの方は、普通に立ち上がるのですが、インストール作業中のパーティション区切りのところでハングアップしてしまいました。PXEの方はパーティションは無事切れるのですが、ネットインストールの最中で同じくハングアップしてしまいました。ちなみにタスクの選択までは正常動作していました。両方とも計2回試して、同じ場所で止まってしまったので偶然ではないと思います。

もしかしてBIOSが古いせいかもと思いメーカーのウェブサイトから最新のBIOSをダウンロードしてきました。しかし運悪くウィンドウズ環境からのBIOSアップデート方法しかありませんでした。せめてフロッピーディスクが使えたら。仕方がないので、ウィンドウズを入れてみようと思い、もう一度パソコンを見てみたら、何とウィンドウズXPのシリアルナンバーが。

ちなみに本家Ubuntu Forumsで検索したら、該当しそうな質問がでていました。さすが外資メーカー製。どうやらBIOSを上げても解決しないようです。この先どうしようかなぁ。まぁ値段の割りにはなかなか良いのですけど、やっぱりUbuntuも使いたいのですよね。どうしようかなぁ。

2006年12月22日金曜日

床屋さん

世間的には年末ということで、久々に私も伸び放題の髪を切りに行きました。健康の為に自転車で行こうと思っていたのですが、結局、車で行っちゃいました。寒いし。まぁ本当は姉を病院まで運んだからなんですけど。どうやら、風邪ひいたらしいです。かなり具合悪そうでした。途中で帰ってくるくらいですから。話題のノロウイルスじゃなければ良いのですけど。

肝心の床屋さんですが今回も男の理容師さんでした。しかも3人も。これは良い事なのかどうなのか。以前も書いた気がするのですが、薄利多売じゃないと生き残れないでしょうね。髭剃りまでやってもらって、2000円弱ですから。一昔前なら馴染の床屋さんで倍の値段でしたよ。こちらとしては嬉しいですけど、昔からの床屋さんは大変でしょうね。まぁ多少、丁寧さは落ちますけど。って、人の心配なんかしていられる立場ではないのですけどね。

ちなみに、思い切って短髪にしてもらいました。冬だけど。心なしかこの前より更に、頭髪に力が無くなっている気が。私の髪も薄利多売のようです。最近、シャンプーをした後に大変な事になっているからなぁ。いつまで持つのやら。

新パソコン購入

ついに注文しちゃいましたよ。吉と出るか、凶と出るか……。

UbuntuでのPXE BOOT

前も似たようなのをメモしましたけど、また話題になっていたので。

#外部リンク
Setting Up A PXE Install Server For Multiple Linux Distributions With Ubuntu Edgy Eft | HowtoForge - Linux Howtos and Tutorials
http://www.howtoforge.com/ubuntu_pxe_install_server

次期Ubuntuのログイン画面はとってもオシャレ

Feisty Fawnのログイン画面は、OpenGLを使用したものになるみたいですね。3DデスクトップのBerylと併せて使うと、野暮な私でもオサレな気分に浸れそうです。でも今までと比べると、推奨スペックがかなり高くなりそうです。私が買った新パソコンではとうてい無理そう……。どうするかなぁ。

#外部リンク
FaceBrowserLogin - Ubuntu Wiki
https://wiki.ubuntu.com/FaceBrowserLogin

The Free Ryzom Campaign 結果発表……

The Free Ryzom Campaignのウェブサイトを見てみたら、裁判の結果が記載されていました。ちらっと見ただけなので、詳細はわかりませんが、どうやらThe Free Ryzom Campaignは失敗に終わったようです……。うーん、残念です。適当な訳ですが、どうやら、The Free Ryzom Campaignプロジェクトとは別に、2つの会社が名乗りを挙げていたようで、どちらもが規模、資金ともにThe Free Ryzom Campaignを上回る条件を提示したようです。いずれ詳細が伝わってくるとは思いますが、やはり、全体的にキャンペーン告知が遅すぎたのが痛かったかも。もう少し時間を掛けることができれば、違った結果になっていたかもしれませんね。残念です。

2006年12月19日火曜日

Linuxの系譜

Linuxのディストロについての大まかな系統図ですね。ちょっと前にも見たような気がしますけど、それの最新版なのかなぁ。実際は更に細分化されていますけど、大まかな流れを掴むのには十分ですね。意外と途切れていたり、他の系統に移ったりしていて、面白いかも。

#外部リンク
Linux Distro Timeline 1991-2006 - Digg
http://digg.com/news/story/Linux_Distro_Timeline_1991_2006

パソコン購入計画

実はまだ新パソコンをどうするか迷っています。最近まで、姉のCore 2 Duo機を拝借していたのですが、流石に返却しなければならず、現在はペンティアム2の333MHzへと逆戻りしております(笑)。流石に最新のC2Dから333MHz、メモリ196MB、ディスプレイSVGAへと戻されると、キツイものがありますね。

最近はヤフオクもさっぱりだし、全然、軍資金もたまりません。明日あたりまた出そうかなぁ。何故だか、急にメーカーのデスクトップパソコンでいいかなぁなんて考えも出てきてしまって……。しかも、中古……。

セレロンの2GHz未満になってしまいますが、1万弱で買えそうですし。いや、そこから最低でもメモリを512MBに変更とかすると高いのか安いのかわからなくなるのは理解しているのですけどね……。

ぶっちゃけ、玄箱のリプレイス用に一台欲しいなぁなんて思ったり。玄箱は玄箱でいいのですけど、Linux Boxとして考えると、少々物足りない気がしてきまして。癖も強いですしね。まぁ電力面で言えば、玄箱の方が有利なんですけど、常時使用じゃなければ、それ程こだわる必要もないかなぁと。試したことはありませんが、WoLを使えればそれで十分な気もしますし。

玄箱の変わりなら、ペンティアム3あたりでも良いのですけどね。これだと数千円で買えそうな気もしますし。でも、個体の当たり外れがありそうですし、メモリが高くついちゃいますしねぇ。まぁもう少し考えてからにします。

2006年12月17日日曜日

Free Ryzom!

最近、やる気が無くなっていて重要なニュースをうっかり書かずに忘れてしまうところでした。この前ドリームキャストとゲームキューブのPSOのオンラインサービスが2007年3月31日で終了するというニュースを知りました。その際に、いくつかのニュースサイトで、公式サービスが終了するのならば、いっそのこと、サーバープログラムを公開するか、野良サーバーの使用を認めてほしいという意見が少なからずありました。私なんかもできればそうして欲しいとは思うのですが、商用サービスである以上、現実的にはなかなか認められる意見ではないでしょう。ソース公開はまず無理でしょうし、野良サーバーの使用を黙認してくれる事ぐらいが精一杯でしょうね。それだけでも有り難い事だと思います。

こういう話を聞く度に思う事は、だったら自分達でPSOみたいなゲーム作ればいいじゃんって事ですよね。でも、そんな簡単にできるものじゃないのも事実な訳でして(笑)。そりゃそうですよね。あれだけのゲームを作るのに大変な労力を費している訳ですから。終わるからただでくれって言うのも虫がよすぎる話です。

そこで今、話題になっているのが、今回紹介するThe Free Ryzom Campaignです。私もあまり詳しくはないので、おおまかな説明だけしますが、どうやらフランス産のMMORPGであるRyzomというゲームの製作元が、経営難に陥ってしまったようで、近々破産するようなのです。そうなると、Ryzomの運営・開発もできなくなってしまう訳ですが、この製作元であるNevraxという会社は、FOSS/OSSに対して理解がある会社なようで、このまま二束三文(といっても、個人で買える値段ではない)で、どこかの会社にRyzomの権利を売り払うくらいなら、あのBlenderのように、Ryzomの権利全てをGPL、あるいはOSSに貢献できる形で公開できる事を条件に、OSSコミュニティの人々の寄付によって買い取ってもらいたいらしいのです。

しかも、この公開条件がなかなかすごいみたいです。ゲームのクライアント、サーバーのソースコードは勿論、Ryzomに関するアートワーク等もCCなどのライセンスで公開するみたいです。素晴らしい。更に、このRyzomというゲームは、もともと移植性を考えて設計されているので、DirectXへの依存性は、かなり低く、OpenGL版のクライアントも既にあるみたいです。その他にも、できるだけ移植性が高いライブラリを使用しているので、現在使用している、いくつかの商用ライブラリやツールを、OSS基準のものへと変更する事ができれば、それほど手間をかけずに、LinuxやMacへと移植できるだろうと言われています。現に、彼らが使用しているC++製ツールキットであるNELは、Linux環境で動作するみたいです。これはちょっとあやふやな情報ですけど。

何だかOSSコミュニティ、特にヨーロッパのコミュニティの間では、先のBlenderのソースコード買収と、それに続くBlenderの成功というのが、とても印象に残っているようですね。確かに誇り高い事例だと私も思います。まぁ今回のThe Free Ryzom Campaignの場合は、買収した後にも問題が山積している気もしますけどね。例えばサーバーの運営に関してだとか、ゲームキャラクターのパラメーターに関してとか、個人情報の取扱いに関してだとか。でも、それらを差し引いても、おもしろい試みだとは思います。RyzomクラスのMMORPGがソースコードや、アートワークも含めて、無償公開されるというチャンスは、そうそうあるものじゃないですし。しかも、今回の場合は、実際にRyzomを開発、運営していたメンバーが中心のプロジェクトですし。これは本当に大きなアドバンテージだと思います。

実は、私がこの話を聞いたのは二週間くらい前だったのですが、その時点での寄付金が約50000ユーロでした。一週間前くらいに見たときが約80000ユーロ。そして、現時点では何と、148002ユーロにまで到達していました。伸び率が異常だと思っていたら、今週になって、FSFが60000ドルの寄付をしたらしいのです。FSFでは、このプロジェクトの重要性を考慮し、急遽、Free RyzomキャンペーンのプライオリティをFlash代替プロジェクトであるGnashやOLPCで有名なLinuxBIOSなどと同じく、最高レベルであるHigh Priority Free Software Projectsにまで引き上げたようです。

というのも、このThe Free Ryzom Campaignは期限付きのキャンペーンなのです。しかも、締め切りが「12月19日」までなのです! 正直、もう少し早く記事にしていれば良かったのですが。まぁ私が書いたところで、どうなる事でもないのですけど……。どうやら、最低でも200000ユーロは欲しいらしいので、この記事をお読みになった方で、将来、OSSなMMORPGをやりたい、もしくは自分達でオリジナルゲームを作ってみたい、運営してみたいと思う方がいらしたら、是非とも参加してみてください。ちなみに、実際の寄付はまだ受け付けていないようです。単にいくら出せるかを誓約するだけのようです。だからといって、嫌がらせで法外な金額を書いたりしないで下さいね(笑)。

個人的に、このプロジェクトは興味がありますので、GP2Xのように、引き続き見守っていきたいと思います。どこか大きな国内ウェブサイトが取り上げてくれると良いのですが……。

#YouTube
Free Ryzom Campaign - YouTube
http://youtu.be/_naflL_xzVo



#外部リンク
RYZOM.com: MMORPG, MMO, RPG, Role Playing Games (MMORPGS) :: RPG - MMO :: MMORPG
http://www.ryzom.com/en/index.html

Freeing a MMORPG - updated — Free Software Foundation — working together for free software
http://www.fsf.org/news/free-ryzom

YouTubeはPythonで支えられている

Diggに載っていた記事です。詳細はわかりませんがYouTubeのほとんどの部分(バックエンド)は、Pythonとそのバインディングで書かれているらしいです。Pythonの産みの親であるGuido van Rossum氏の発言なので間違いないと思います。私の勘違いではなければですけど。あのYouTubeでも使用されているとは、さすがPython。しかもGoogleの仲間入りをしたので、同じくGoogle入りしているGuido van Rossum氏と共に、更なる進化を遂げるかもしれませんね。なんか反則的な強さになってきますね。Google。

#外部リンク
YouTube is almost entirely written in Python! - Digg
http://digg.com/news/story/YouTube_is_almost_entirely_written_in_Python

2006年12月14日木曜日

日記が少し空いてしまった

最近、自分のあまりの不甲斐無さに塞ぎ込んでしまい、日記に駄文を書く事を躊躇していました。特に解決した訳ではないのですが、何となく気分が落ち着いてきたので、またまた性凝りもなく駄文日記を始めたいと思います。誰に頼まれたわけでもないのですが、せっかく長いこと続けていますし。まぁたいして長い訳でもないのですけど。

この文も他人様に見せる程の内容ではないのですが、自戒も込めて記しておきます。それにまだまだ書きたい駄文もある事ですし。見てくれている人がいるのかわかりませんが、これからも細々と更新していくので、お暇なら見にきて下さい。よろしくお願いします。手始めに今日の夜にまた更新します。いくつか書きたいネタもありますし。

deluge-torrent

つい最近BitTorrentがμTorrentを買収というニュースがありましたね。またJava製のAzureusもバージョン3.0からはZudeoというYouTube系のメディアファイル共有のP2Pプラットフォームを始めるみたいです。詳しくは調べていませんが、ZudeoはDemocracyやPenguinTVの時にちらっと書いた通りの展開ですね。

私だけかもしれませんが、Azureusって企業化してたのですね。知らなかった。というか昔から企業だったのかな? BitTorrent本家が企業化したのは知っていたのですが、AzureusとμTorrentまで企業が開発しているとは思いませんでした。折しも、日本ではWinnyの作者の有罪判決が出たりしてますが、何だかんだいいつつも、しっかりビジネスにしていこうというアメリカっていうのは呆れるやら、羨ましいやら。とにかくただじゃ起きませんって感じでしょうかね。

大半のBitTorrentクライアントはOSSとして公開されているのは事実なのですが、P2Pの本命らしきBitTorrentが軒並み企業化してくるとなると、オプソ厨の私としては何となく釈然としないのもまた、事実な訳でして(笑)。まぁそれを言ったら、Ubuntuなんかも微妙な訳なんですけど。そこで気になるのが、OSS環境、特にUbuntuでの主要BitTorrent技術な訳です。現在のメインは本家の実装な訳ですが、今後あからさまに企業化してくるとなると、Azureusともども微妙になってくる訳です。少なくとも私個人としては。

そんな感じで、ちらほらと検索してみたら、何となく今後の主流になりそうなモノを発見できました。それがこのdeluge-torrentです。deluge-torrentは、以前、私が玄箱で快適に動作するBitTorrentを探していた時に知った、rTorrentと同じC++製のBitTorrentライブラリであるlibTorrentを使用したGnome環境向けのGUIクライアントです。ちなみに、Comixと同じPyGTKで作られているようです。しかも、rTorrentで使用されているlibTorrentとは少し違ったlibTorrentらしく、現在のrTorrentがまだ実装していない、様々な機能も備えているようです。例のDHTとからしいです。詳しくは調べていませんけど。

ここからは私の勝手な妄想ですけど、恐らくFeistyかその次のリリースあたりから、このdeluge-torrentがUbuntuのメインクライアントになるのではないかと思っています。1つめは上で挙げた各BitTorrentの企業化。2つめは現在Feistyにしかないパッケージを、わざわざEdgyにBackportsさせる事。これは単に偶然かもしれませんけど(笑)。3つめは、deluge-torrentプロジェクトのUbuntuとの強い関係性です。deluge-torrentの開発者がUbuntu Forumsのメンバーですし、public support forumも、Ubuntu Forums内で運営していますし。まぁ適当な意見ですけどね(笑)。

まだ実際に使用した訳ではないので、どうなるかわかりませんけど、Gnome環境に相応しいシンプルで使い易いクライアントになりそうです。私個人としても、本家やAzureusよりも、玄箱で使っているrTorrentの方が使い易いし、速度も速い気がするので、是非ともdeluge-torrentがメインクライアントになって欲しいと思います。

更にZudeoに関してですが、一社集中になりそうなZudeoよりも、PenguinTVのようなポータル化されていない専用アプリケーションの方がいいかなぁと思っています。まぁある程度はポータル化されている方がおもしろいかもとはおもいますけど。各人が変更、追加し易い方がいいでしょうし。そういえば、OLPCにもPenguinTVのカスタマイズ版が搭載されているみたいですね。

#外部リンク
Deluge BitTorrent Client
http://deluge-torrent.org/

BitTorrentがクライアント・ソフト「μTorrent」を買収,テレビや携帯電話にも進出へ - ニュース:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20061211/256499/

Azureus、ビデオ検索・共有のZudeoをローンチ
http://jp.techcrunch.com/archives/azureus-launches-zudeo/

Rasterbar Software | Products | libtorrent
http://www.rasterbar.com/products/libtorrent/

2006年12月8日金曜日

ミリオンダラー・ベイビー

特に意識はしていなかったのですが、何となく見はじめてしまいました。これってボクシングの話だったのですね。しかも女性ボクサー。勝手に戦争関係かと思ってました。内容はというと、重いですね。木曜洋画劇場の枠で見るものじゃないかも。でも映画としては、なかなかおもしろい内容だと思いました。多少救いの部分も描かれていますし。魂の救済って感じですかね。家族団欒ってわけにはいきませんけど。何か久しぶりにテレビをリアルタイムで見た気がします。

#Amazon
ミリオンダラー・ベイビー [DVD]
クリント・イーストウッド, ヒラリー・スワンク, モーガン・フリーマン
ポニーキャニオン ( 2005-10-28 )

2006年12月7日木曜日

Gmail File Space

もう少しでドメインの更新があるので、それに併せてメールアドレスの使いかたをもう一度見直しています。そこで現在常用しているGmailの使い方も見直しているのですが、何やらいろいろな使い方があるのですね。全然調べていなかったので、ちょっと驚きました。

現在Ubuntuがメイン環境なので、Linuxで使えるGmailFSというのを試してみたのですが、正直厳しいものがありました。一応マウントしてファイルをアップロード、ダウンロードする事はできたのですが、操作性に難がありますね。もっと普通にマウントできるのかと思っていたのですが、パーミッションの問題なのか、lsでのファイル表示とかできませんでした。私のやり方が悪かっただけかもしれませんけど。ファイル名補完ができないと厳しいヘタレですので。

そこでいろいろ探していたら、Firefoxの拡張にGmail File Spaceというものがある事を発見。Firefox拡張だからLinuxでも使えるだろうとの安易な考えで導入したのですが、見事に動作してくれました。それどころか、このGSpaceってスゴくないですか? 最初にGmailFSを試したからかもしれませんが、導入がかなり簡単な上に、操作方法もわかりやすいです。というか、普通のFTPクライアントみたいですね。おまけにFlashのミュージックプレイヤーとかついているし。最高ですね。

ちなみにOgg Vorbisのファイルは再生できませんでした。オプソ厨な私としては、その点は残念ですね。おまけにFlashだし。そのうちJavaベースのプレイヤー版も出してくれないかなぁ。Cortadoみたいなやつを使って(笑)。それと、これほどのアプリケーションならば、いっその事単体でリリースしてくれた方がいいかもしれませんね。SongBirdみたいにXULRunnerを使って。

関係ないですけどbbs2chreaderも単独アプリ版が欲しいです。まだ専用アプリに比べると機能面では弱いですけど、既に十分実用的ですし。というか、私はbbs2chreaderを常用しております。JDというのもあるみたいですけどね。bbs2chreaderの手軽さが気に入っております。知っている人には今さらなんでしょうけど、GSpaceはかなりお薦めですね。あとは消されない事を祈るだけです。他にもLinux向けでお薦めなGmailハックってありますかね? 誰か教えて下さい。

2006年12月3日日曜日

薬代

昨日の日記で薬代が値上がりしたと書きましたが、間違っていました。実は寝る前に薬を塗ろうと紙袋を開けて見たら、何と薬が2個入っていたのです。つまりいつもの2倍の量ってことです。昨日は薬代が約1.5倍だったので、値上がりどころか、むしろ値下がりでした。先生が代わったので二倍の量にしてくれたみたいです。今までの先生は一度に沢山の量を出してくれなかったですからね。昔はもっと少なくて、自分から先生に言ってようやく増やしてくれたって感じですから。

今回の先生はその点、心得てくれているようです。ぶっちゃけ、毎月薬を貰いに行っているだけですし。薬の量が二倍になると、かなり節約になりそうです。まず毎月の診察が減るし薬局での調剤報酬点数も減りますから。今回の1.5倍っていうのも、毎回聞いていた薬剤師さんの説明が一回減った分の値引きでしょうし。まぁ私の場合、薬の値段が安いので相対的に安く感じた訳ですけど。

Core 2 DuoでUbuntu

早速、姉の新パソコンでUbuntuを試してみました。といってもLiveCDだけですけど。感想としては速いって事ですね。ってWindowsでも同じこといってますけど。あまり試していませんけど、何か立ち上がりがやたらと速くなったのと、たいして変わらないのがありますね。速いのはLiveCDだからっていうのもあるかもしれません。

LiveCDってメモリの量が大きく影響するのですよね? 今回のパソコンはメモリが1GBなので、そう感じたのかもしれません。特に速いと感じたのはBlenderですかね。まぁBlenderは使い方が全くわからないので、実作業は一切しなかったのですが、立ち上がりが滅茶苦茶速かったです。

それとC2Dだからデュアルコアってやつですか? システムの使用状況を見てみたら、ちゃんとデュアルになっているし。ごめんなさい。正直どこがどうなっているのかわかりませんでしたけど、デュアルコアの使用量とかが表示されていただけで、スゴイと思っちゃいました。実際どう作用しているのか全く理解できませんでしたけど。とにかくインパクトは十分ありました。

普通の作業も速いですね。以前使用していたGeode 1750とnForce2の組み合わせだと、ギリギリだったGBAエミュレーターなんかも使用量15%ぐらいですし。これはMednafenだからVGBAで設定もきちんとすれば、もっと楽でしょうし。動画再生なんかも余裕でした。ペンティアム2の333MHzだと、玄箱に置いてあるファイルをSMB越しで再生するのにMplayerでオプション付けまくりのフレームドロップさせてギリギリって感じなのに、C2Dだと何のオプションも無しで余裕ですから。しかも、CPU使用量が3%とかだし。

自分用に一台欲しくなっちゃいました。おまけに発熱も少ないみたいだし。C2DってLinuxでも問題なく使えるレベルなのかなぁ。午後からLiveCDじゃなくて、HDDに入れて本格的に試してみようと思います。3Dデスクトップも試してみたいですし。EdgyってDapperで駄目だったUSBキーボードとマウスの組み合わせでもインストールできるかなぁ。たまたま私の環境だけNGだったのかもしれませんけど。

UbuntuのFlash

まだ姉のパソコンで遊んでいるのですが、Edgyの日本語セットアップを使ってFlashを入れたので、例のクラッシュエラーの確認をしてみたら、デフォルトで問題無しになっていました。修正されたのかなぁなんて思って、何気なくFlashのバージョンを見てみたら、いつのまにかFlash9になっていました。これはありがたいです。ようやくゲド戦記のFlashが見れるのか。心オナニー見れました。ありがとうAdobe、ありがとう吾朗ちゃん。この夏公開だけど。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: IEs4Linux
http://blog.minawa.net/2006/06/ies4linux_859.html

Beryl導入

早速Berylを導入してみました。やり方はUbuntu Forumに載っていた方法にしました。というかよくわからないので適当です。一応、宝石マークが出てぷるぷるエフェクトとかできているので成功していると思います。評判どおりのぷるぷる具合ですね。これはちょっと感動するかも。

例の炎エフェクトもできるし。正直かなり動作が重いだろうなぁなんて思っていたのですが、さすがにCore 2 Duo機なのか結構サクサクと動いております。ビデオカードがオンボードのi945Gっていうのも気掛りだったのですが、今のところ軽快です。AIGLXで動いているのかな。全然理解していませんけど)。

確かに騒がれているだけの事はありますね。思っていたより安定していますし。ただ設定項目が英語の上に、かなり沢山あるので全部は試せませんけど。Edgyの次あたりだと主力になってくるかもしれませんね。Novellのデモで見たグリグリ動かして天井が見える動きがしたいのですけど、どうやればいいのかなぁ。四面グルグルはできるのですけど。

#外部リンク
Window Managers for X
http://www.beryl-project.org/

Berylがコミュニティによって構築された見事な3Dデスクトップを披露 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/06/11/20/0120241

2006年12月2日土曜日

病院へ行く

最近、症状が悪化していたので、先月よりも塗り薬の使用量が多かったみたいです。いつもならあと5日程持つのですが、もう無くなってしまいました。明日から病院がお休みなので、ちょっと忙しかったけど急いで行ってきました。どうせ薬貰いに行くだけだし。今日はあんまり混んでなかったので1時間程で終了したのですが、薬代がまたまた値上がっていました。しかも1.5倍程。毎月だから結構痛い出費です。早く健康な体を取り戻さなければ。本当に健康って大切な事なのですよね。あらためてそう思いました。

2006年12月1日金曜日

姉のパソコン #04

注文していたBTOパソコンが到着しました。思っていたより外箱が大きくて吃驚しました。最初ディスプレイまで来たのかと思っちゃいましたよ。早速私が使っていますよ。とりあえずテストするからという事で。単に自分が使ってみたいだけですけど。まだちょっとしか使っていませんが、第一印象は速いって事につきますね。何せ現在のメイン機がペンティアム2の333MHzでメモリが192MBなノートパソコンですから。

Firefox2が即座に立ち上がるのでちょっと嬉しいかも。他のアプリケーションは試していませんが、何となくCore 2 Duoって感じです。ただOSがMCEなせいなのか、ちょっと引っかかりがあるような。気のせいだとは思いますけど。明日あたりUbuntuも試してみようかな。最近無性にBerylっていうのを試してみたくなっているので。

GP2XでGBA

何やら大変な事になっているようです。PSPでゲームボーイアドバンスが驚異的な速さで動くというGpspですが、どうやらGP2Xに移植されたようです。しかもかなりの速さを叩き出す模様……。実は数週間前からGP2XのPSXエミュレーターで有名なzodttd氏がPSPのGpspオリジナル作者であるExophase氏とタッグを組んで、GpspをGP2Xに移植しだしたのは知っていたのですが、まさかこんなに早く移植が実現するとは思いませんでした。今日はもう遅いので、明日あたりもう少し詳しく書こうと思います。それにしてもこれはスゴイ事になりそうです。というかヤバイ。

2006年11月26日日曜日

GoogleEarthみたいな何か

GoogleEarthの対抗ソフトって探してみると何個かあるみたいですね。だいたいはNASAのWorld Windに関係しているソフトみたいですけど。まぁあれだけの地図データは個人では無理な話でしょうからね。GPSとの連動なんかを想定した使いかたも視野に入っているアプリケーションが多そうです。こういったものがモバイル機器で使えるようになったら結構楽しそうですね。カーナビもどきみたいで。

#外部リンク
World Wind JAVA SDK
http://worldwind.arc.nasa.gov/java/

Google Earthの代替オープンソース -- World Wind - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/05/09/29/0142253

Welcome to Earth3D
http://www.earth3d.org/

WRT54GとOSS

ITproのWRT54Gと派生ファームウェアについての記事です。これはなかなかおもしろい記事ですね。なるほど、まず最初にLinksysがWRT54Gに載せるためのLinuxベースのOSを作り、それをGPLの契約に基づいてOSSとして公開。公開されたOSをベースに代替ファームウエア「Alchemy」が公開される。更にAlchemyをベースに「OpenWRT」が公開される。そしてOpenWRTをベースにして「DD-WRT」が公開されると。

それとは別の流れとしてAlchemyをベースにした「Talisman」がSveasoft社から販売されていると。Talismanは素晴らしい性能ながら、商用ファームウェアとなっており、購入しないと使用することはできない。この行為が、一部の人からGPL違反ではないかと物議を醸しているらしいと。ちなみに、OpenWRTとDD-WRTの大きな差はGUIがあるかないかということらしい。GUI操作の恩恵と引き換えにDD-WRTはファームウェアの容量が大きいので、比較的新しい機器でないと書き換える事ができない。

更に余談を書くと、FONの5ドルルーター「La Fonera」のファームウェアはOpenWRTカスタムらしい。しかも、DD-WRTに入れ換えてテストしている人もいるみたいです。ちなみにこの5ドルルーター、最近キャンペーンが終わって30ドルに値上げするらしい。この一連の流れはRockboxなんかも参考になる気がします。最近ある方がコメントされていましたけど、アイリバーのH300シリーズなんかは既に公式ファームウェアよりもRockboxファームウェアの方が機能的に上をいっているそうです。

私なんかは、いっその事アイリバーはRockboxチームに協力を仰いでファームウェアを共同開発した方がいいのではなんて思ってしまいます。現にGP2Xはそういった部分もありますし。ファームウェアレベルだとかなり珍しい試みですけど、Linuxディストリで言えばFedoraプロジェクトとRedhatなんていう先例がありますし、あながち夢物語でもない気がしますけど。

あくまで噂ですけどAMDがATIのLinuxドライバーをOSSコミュニティと協力して開発するっていう話も聞きましたし。その点FONはかなり進んだ考え方をしてますよね。日本だと法律の面で一筋縄ではいかないみたいですけど、頑張って日本進出して欲しいです(笑)。

#追記
AlchemyってSveasoftが公開したみたいですね。

#外部リンク
無線アクセス・ポイントの代替ファームウエア:「DD-WRT」 - 最新Windowsセキュリティ事情:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061023/251529/

無線アクセス・ポイントの代替ファームウエア:「OpenWRT」 - 最新Windowsセキュリティ事情:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061030/252106/

無線アクセス・ポイントの代替ファームウエア:「Talisman」 - 最新Windowsセキュリティ事情:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061120/254130/

2006年11月25日土曜日

姉のパソコン #03

だいぶ迷ったのですが、結局Core 2 Duoにしました。しかもi945Gとの組合せで。今でもこれで良かったのかどうか疑問に感じております。もう少し考える時間があれば、また違った選択肢になったかもしれません。実はパソコンにあまり詳しくない姉みたいな人にはデスクトップよりもDTRなノートパソコン、いわゆるデスクノートの方がいいのではないかという考えもありまして。値段も10万弱でCore 2 Duoとかありますしね。まぁソーテックとかなんですけど。今回の件でちょっとだけ調べてみたのですが個人的に気になったデスクノートはHPとソーテックですかね。HPの方は以前も書いたPavilion Notebook PC dv6100/CT。特に瑠璃モデル。

今見たら雲水モデルが無くなって、FUJIモデルが追加されていました。これもなかなか良さそうです。ソーテックの方はWinBook DN7000/DN7010と、WinBook DN8000/DN8010。スペックだけ見るとデスクトップリプレイスメントとしては少しだけグラフィック能力が低い気もしますが、トータルで見れば十分な性能を持っているように感じました。しかも、よくわからないキャンペーンで更にお徳になるようですし。ついでにパソコンの引き取りサービスも活用すると最高で1万円安くなるし。まぁノートパソコンはヤフオクに流した方が高く売れそうですけど。今回はいろいろと注文があったので結局デスクトップをBTOしましたけどね。家の中だけで使うことを前提にするならば、よほどコアな人以外は敢えてデスクトップを選ぶ必要もなくなってきているようです。後は耐久性の問題かなぁ。

2006年11月23日木曜日

Comix

動画、音楽と来たら次は静止画? という事でLinux環境での静止画ビューワーについてです。正直言って、まだまだWindowsと比べて厳しいソフトが多いです。その中でも頑張っているソフトがComixです。ComixはPyGTKというPythonのGTK+バインディングを使用したコミック、漫画をパソコンで読むことに特化したソフトです。Windowsだと結構あるジャンルですね。まだ開発中なので頻繁にバージョンアップしていてDapperだと結構古いバージョンしかありませんが、Edgyだと少し古いくらいで追随しているようです。

まぁDapperでも、私的リポジトリで最新版を追っかけている人がいますので、特に問題もないですけど。元がPythonなので、起動時に多少時間がかかりますが最新のパソコンなら特に問題はないかもしれませんね。使用方法もシンプルなので、簡単に操作することができると思います。開発も熱心に進められていますので、これからも要チェックなソフトだと思います。こんなソフトを何に使ってるのかって? 勿論大好きな犬の写真集ですよ……。

#外部リンク
Comix - GTK Comic Book Viewer
http://comix.sourceforge.net/

犬ダイブ、無事救助

犬繋がりで例の迷い犬、無事救助されて良かったですね。よくわかりませんが、何であんなとんでもない所に行っちゃったんでしょう。救助したレスキュー隊の人も、いつもと勝手が違うので大変そうでしたね。何せ犬ですから。人に言うこと聞かないし。というか怒ってたし。最後は自分からダイブしちゃって頭から激突して心配しましたが、どうやら無事な様子で安心しました。

何やらテレビまで取り上げる事態になってしまい飼い主候補が続出しているとか。人間なんていい加減なもんだ、何て思う気持ちもありますけど、本当に大切にしてくれる人に巡りあえる機会になれば、あの犬も報われるでしょう。何たって命懸けのパフォーマンスで全国の視聴者に自分を売り込む事に成功したのだから。全てのものに幸多からんことを。

#外部リンク
動物愛護読本 「犬を飼うってステキです-か?」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

2006年11月22日水曜日

MOC - music on console

Firefox2のエラー問題が片付いたので、今日はもう少し環境を整備してみました。とりあえず動画はMplayerでフレームスキップさせながら見るとして問題は音楽です。パソコンが壊れる前からUbuntuでの音楽プレイヤーは悩みどころだったのですが。現在は更にプアな状態になっていますので、思い切ってGUIは捨てることにしました。

適当にUbuntu Packagesを見ていたら、なかなか良さそうなソフトを発見しました。それがこのMOCです。どうやらMP3の他にも、Ogg VorbisやFLAC、更にはOgg Speexにまで対応しているようです。それとShoutcastとIcecastのストリーミングにも対応という豪華装備。使いかたも結構簡単で、「mocp」と打ち込むだけです。まぁいろいろとオプションとかがあるので、全部は把握していませんけど。

ちなみにPeercastも聴けました。他のGUIプレイヤーと比べたら、断然に軽いし使いかたも簡単なので、私のような非力パソコンを使っている人にはかなりお薦めです。他にもmp3blasterとかあるみたいですが、とりあえずはMOCでいいや。他にお薦めのソフトありますかね。MOCのサポートしている種類は以下のようです。
Supported file formats are: mp3, Ogg Vorbis, FLAC, Musepack (mpc), Speex, WAVE,supported by FFmpeg (WMA, RealAudio, AAC, MP4), AIFF, AU, SVX, Sphere Nist WAV,IRCAM SF, Creative VOC.
#外部リンク
MOC - music on console | console audio player for Linux/UNIX
http://moc.daper.net/

FCE Ultra

お遊びでファミコンを動かしてみました。最初は以前書いたマルチエミュレーターのMednafen。ようやくEdgyから公式パッケージに取り入れられたので導入は簡単です。何も考えずに起動してみましたが流石にペンティアム2の333MHzだとゲームにならないようです。公式のFAQに
The core NES emulation code of Mednafen requires a CPU approximately equivalent to the integer performance of a 400MHz Pentium II, however, disabling sound emulation will decrease the CPU requirements significantly.
とあるので、音無しなら遊べそうです。それじゃ悲しいのでもう少し軽いエミュレーターを探すことにしました。そこで試したのが「FCE Ultra」。これも何のオプションも付けずに起動させたところ、CPU使用率は100%のものの一見したところ音ズレもなく動作しているようです。

でもこのFCE Ultraに限らず、LinuxのエミュレーターってGUIでオプション設定ができない事が多いので私のようなヘタレには少々厳しいです。Windows用の洗練されたエミュレーターに慣れていると特にそう思います。とりあえずジョイスティックの指定方法だけ忘れないようにメモしておきます。
fceu -inputcfg gamepad1 /dev/input/js0 /foo/bar.nes
gfceuっていうフロントエンドもあるのですけどね。私の環境だとちゃんと使えなかったもので。どうやらまだまだ開発中のようですし。こうやってみるとGP2Xって結構スゴいですね。だって私のパソコンよりショボイスペックなのに、いろいろできちゃいますし。まぁあっちはいろいろと最適化されてますからね。

#外部リンク
FCEUX
http://fceux.com/web/home.html

姉のパソコン #02

姉に頼まれたパソコン探しですが完全に煮詰まってしまいました。悩んだ挙げ句、直販メーカーかショップブランドのBTOでデスクトップパソコンをモニター無しで頼もうかというところまでは決めていたのですが、ここにきてAMDにするかIntelにするべきか、またまた悩みだしてしまいました。

今日の夕方までは、AMDのソケットAM2のシングルコアとnVidiaのGeForce6150のオンボードのみで安価に組んでもらおうと思っていたのですが、いろいろ見て回っているうちに少し高くても、インテルのCore 2 Duoで組んでおいた方が、つぶしが効くのかなぁなんて思ってきちゃいました……。でもなかなか良い組合せのショップがないのですよねぇ。

値段がOS込みで10万円以下にしたいっていうのもあるし。AMD64とGeforce6150の組合せなら、メモリ1GB、そこそこのDVD、250GBのHDDといった構成でも8万以下で組めるのですけどねぇ。Core 2 Duoでもi945Gなら同じ構成で9万弱ってところなんですけどね。ただVGAも含めたトータルだとGeforce6150の方が良さそうですし。それにオンボード標準でDVIに対応しているようですし。

このアドバンテージはビデオカードを増設しちゃえば意味がなくなりますしね。それ程拘る要素でもないのですけれど。それよりも今さらi945Gで良いのだろうかという疑問もありますし。でも期待の965Gもなんかいまいちそうだしなぁ。そもそもオンボードのビデオに拘る必要性もあるのかないのか。

ここ何年もハードウェアについて調べていなかったので、どれがベストな選択なのか全然わかりません。というかデスクトップじゃなくてノートパソコンの方がトータルで言えば優れているのかなぁ。10万ちょいでいいノートってあるのかなぁ。頭が混乱してきました。何か明日注文してくれって言われちゃったしなぁ。どうすればいいんだぁ。

2006年11月21日火曜日

Ubuntu6.10のFirefox2.0が強制終了

参りました。二日ほど前に愛用中のUbuntuがおかしくなったみたいなので、せっかくだからUbuntu6.10でも使ってみようとインストールしたのですが、何故かFirefox2が頻繁にエラーになってしまうのです。例によってATIの純正ドライバーが立ち上がらないというミスもあり、気を取り直してXubuntuをインストールしてみました。

なかなかいい感じの仕上りなのでこちらを常用しようと、いろいろ環境整備をした後にFirefox2を立ち上げてみると、またもや強制終了に。こりゃイカンとウェブ上の情報を探していたら、某巨大掲示板のUbuntuスレに似たような症状が書かれていました。しかも有り難いことに対処方まで書いてありました。というか日本のUbuntuフォーラムに投稿されていました。アイタタタ。灯台下暗しとはまさにこの事。

さっそく情報どおりに試してみると、まさにドンピシャなエラーでした。これからはちゃんと情報収集しないといけませんね。とりあえず直ってよかった。ちなみに対処方は「/etc/firefox/firefoxrc」に「export XLIB_SKIP_ARGB_VISUALS=1」を追加する事です。

#外部リンク
Ubuntu日本語フォーラム / firefox2.0でflashを開くと強制終了
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=32

EdgyのMplayer

EdgyのMplayerってAudio CodecにMADが含まれなくなったのですかね? 音声がMP3の場合だとacオプションをmadにすると私の貧弱スペックでもなんとか動画が見れていた気がしたのですが……。それとも気のせいなのかな。一応Ubuntu packagesでDapperとEdgyのMplayerパッケージを比べてみたのですが、やっぱりEdgyのパッケージからlibmad0が消えているようですし。というか最新のMplayerだとlibmad0って使ってないのかな……。MADはもう復活しないのかなぁ。参考のために、Debian公式のMplayerパッケージを見てみたら、libmad0も含まれているようです。たまたま入れ忘れたのかな。そんな事ないか。

2006年11月19日日曜日

Japanese Gangster Car

diggに載っていた記事です。私の近所でもたまに見ますね。こういう車。日本人でも理解しがたい文化? なのですが、やっぱりというか当然のように外人さんも理解できないようです。
バットマンカーなのか? 
トランスフォーマーだろう
空飛びそう
更に車に描かれている海物語のキャラクターになると、
日本のギャングスターは、なんでゲイの裸をあんなに大きく描いているんだ? 
まぁ海物語は理解できないでしょうね。

更に話が進むと、そもそもあの車はギャングスター(ヤクザ)が乗っている車なのかという当然の疑問に行き着き、ついに日本に住んでいたことがある人がネタばらししていました。
私が日本にいた頃に、大阪で頻繁に見た。
乗っているのはヤクザではない。チンピラみたいなやつ。
アニメのキャラやロボットなどが描かれているのもあった。
一般の人は、大変迷惑していた
確かに、この様式美? というかスタイルは日本文化? の中でも理解しがたい部類ですね。まぁ昔からデコトラなんて言って、ある程度の歴史はあるようですが。最近だとアニメ系のペイントを施した車の方が有名かもしれませんね。ああいうのって何て言うのですかね。何となく「痛車」というネーミングは聞いたことがあるのですけど。

だいぶ昔に近所にも止めてあったなぁ。確かX JAPANのYOSHIKIの絵かなんか描いてあったような。あと痛車だと高速道路で見た「天地無用」カーとか、近所のサイゼリアに止まっていたKeyだかLeafのロゴが入った車くらいかな。あれを見たときは友達と爆笑しましたね。というか一目でわかった自分達に驚きました。

ちなみに英語だと似たような単語として「Rice Car」というのがあるそうです。へぇ。Urban Dictionaryって結構便利です。外人ってスラング多いから素直に辞書に載っていない場合が多いですから。

#外部リンク
Funny Cool Stuff » Japanese Gangster Car
http://www.funnycoolstuff.com/2006/11/02/japanese-gangster-car/

Urban Dictionary: rice car
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=rice+car

鼻毛

最近ショックだったこと。それは鼻毛に白髪があった事……。

姉のパソコン #01

姉もパソコンを新調するらしいです。面倒臭いから私が決めろと言われました。正直自分のパソコンもどうしようか迷っている状態なのですけど。姉の要望を聞くと以下のようなリクエストがあるそうです。
Windows XPとOffiece2003が付いているやつ
できればVistaとOffice2007へのアップグレードが付いてくるやつ
この前液晶を買ったばかりだから、ノートじゃなくてもいい
最低でもラグナロクが動くスペック
他のソフトはついていなくてもいい
ソーテックとかショップブランドでも気にしない
すぐにでも欲しい。できれば一週間以内
さてさて、どうすれば良いのやら。トータルで考えると、メーカーの型落ち品とかデルとかHPみたいなメーカーのノートパソコンが良いのかなぁ。ちょっと高いけどHPのPavilion dv6100/CTとか気になります。特に瑠璃モデル。誰かアドバイス下さい。

2006年11月15日水曜日

Zuneのスペック

ZuneのスペックがRockboxのWikiに乗っているみたいです。全然調べていませんでしたがZuneの中の人ってGigabeatのまんまなんですね。というか GigabeatのSシリーズってこんなにハイスペックだったんだぁ。びっくりしました。GigabeatのSシリーズは、この前ちらっと書いたフリースケールのSoCみたいですね。しかもスペックがスゴい。FPU付きARMコアの532MHzらしいです。GP2Xが200MHzですからね。しかもFPU無しですし。よくわかりませんがFPU無しだとだいぶキツイらしいです。特にゲームなんかは。更にUSB OTGやTV OUTなんかも付いています。

Zuneっていくらで売るのですかね? アマゾンで確認したらGigabeatのSシリーズが24,800円ですし。これで30GBのHDDついてるんですよね。これじゃRockboxみたいなファームウェア入れたくなるのも無理ないですねぇ。でもGP2Xも、もっとユーザーが増えてFreescale i.MX31Lみたいな強力なSoCが普及帯に入ってくれば、何でもやり放題な強力な環境が手に入りますよ。

その為にも今はソフトウェアの基礎固めやコミュニティの発展に力をいれなくては。一度基礎ができてしまえば、後はより強力なスペックを持つマシンの登場を待つだけですから。最近は携帯電話などのおかげで強力なSoCが比較的安価で手に入りますからね。それと液晶も後はGPHみたいにオープンな環境を用意してくれる会社があればいいだけですから。それが大変なんですけどね。

#外部リンク
GigabeatSInfo Main Wiki
http://www.rockbox.org/wiki/GigabeatSInfo

Yahoo!ゆうパックのその後のその後のその後

しつこく書いているYahoo!ゆうパックの返送騒動ですが、どうやら無事取り引き相手に届いたようです。結局、彼が言っていた事が正しかったようで、元から住所は間違っていなかったようです。深夜にわざわざYahoo!ゆうパックのヘルプセンターにメールしたのも意味なかったみたいです。郵便局も結構いい加減なんだなぁ。まぁ無事届いたからいいか。

2006年11月14日火曜日

Yahoo!ゆうパックのその後のその後

先日のYahoo!ゆうパックの返送騒動ですが、ようやく相手側からの返答がきました。彼の話によると以前にも似たような騒動があったらしいです。どうやら住所は合っているらしいのですが、担当の配達員が住所を把握しておらず、不在通知も出さずに持ち帰ってしまうとの事。多少疑問も残りますが、確かに配達状況を見てもいい加減な情報のままですし。

ウェブサイトの配達状態を見ると差出人に返送済みとかなっていますし。差出人って私なんですよね。全然来てませんし。荷物の所在地も相手側の地元のままですし、恐らく彼の言っている方が真実に近いのでしょう。私としてもその方が良いですし。明日、最寄りの郵便局へ取りに行くというので、一安心かな? 

それと領収書の件ですが、一応見様見まねでパソコンで自作してプリンターで印刷しました。書き方とか合っているのか分かりませんが、とりあえず添付しておきました。何せ社会経験に乏しいもので。ちょっと面倒臭かったけど、良い経験になりました。ちなみに現在愛用中のペンティアム2の333MHz、SVGAのノートパソコンでUbuntuのOpenOffice.orgを使って作りました。意外と何とかなりますね。実際のプリント作業は父親のノートパソコンでやりましたけど。

最近のGP2Xニュース

久々にGP2Xネタ。最近のビッグニュースは日本のインターネットメディアで取り上げられたという事でしょう。今までも何度かEngadget Japaneseは取り上げてくれていましたけど、今回はITmediaまで取り上げてくれましたし。これで少しは知名度もあがったでしょう。Engadgetの記事はGP2xが30000台を販売したという記事ですね。普通どう考えてもPSPとかDS買っちゃうでしょ。だってショボイし他のゲーム機と比べてもそんなに安くないし、ていうかむしろ高いし。正直xxでしょ? だが、それがいい。

やっぱりいるんですよ。世界にはコレジャナイホウを選んじゃう輩が。確かにDSやPSPに比べたら全世界で30000台なんて取るにも足らない存在でしかないでしょう。でもこの30000台、いや30000人の意志と選択はとても重要な意味を持っていると思います。たかが3万台されど3万台という事なんです。重要な事はいずれ来るだろう夢の器への道、より理想的なアイテムを手に入れる為の橋頭堡を確保できたという事なのです。しかも自らの手で。

例えばPSPを強制的にハックすればGP2Xよりも良い環境を手に入れることができます。あるいはiPodにRockboxを入れれば手頃な値段で良い環境が手に入る事は間違いないでしょう。勿論この二つのハッキングはとてもエキサイティングであり、実用的である事は疑いようがない事実だと思います。現に私もそれらに手を出そうかと思うこともありました。でもそれじゃいつまでたっても私にとっての夢の器は手に入らない気がするのです。だって明らかにソニーやアップルといったメーカーはそれらの行為を推奨していないでしょうし。

アップルはまだしもソニーなんてハードじゃ赤字みたいな価格設定ですしね。そりゃ潰してきますよ。もしもPSPが次世代機を出してきても今のPSPのハックは無力化されるか、活用するのが困難な状況へと追い込まれるでしょう。それでも、すぐにハッカー達が対応してくるとは思いますけど。結局イタチごっこなんですよ。それでも良いと言う人もいるでしょうが私だったら多少ダサい、あるいは貧弱でもより自由を分かちあえるメーカーの商品を育てていくことの方が、よりエキサイティングだと思います。

そういった意味で、GP2XやOLPCには期待せずにはいられないのです。前もこんな事かきましたね。確かに儲けはあまり無いでしょうが、次に繋げるには充分意味をもつ数だと思いますね。3万台というのは。多分ですけど。何て妄想話を書いていたら、だいぶ長くなったのでとりあえずここまでで終了します。

#外部リンク
Linux携帯機GP2xが30000台を販売 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2006/10/16/gp2x-sells-30k-units/

iPods解放インストール大会 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/06/11/10/0146222

2006年11月13日月曜日

Yahoo!ゆうパックのその後

今日、Yahoo!ゆうパックの配送状態を見たら、保管になっていて月曜日に配達になっていました。これはどう解釈すればよいのでしょうか。明日私の家に配達されるって事なのかな? それとも、相手先にもう一度配達してくれるのでしょうか? 一応、昨日の時点でYahoo!ゆうパックのヘルプセンターにメールをしたから、何らかの手を打ってくれたのかな。一応相手先の電話番号も書いておいたし。

携帯電話だけど。それとも取り引き相手にメールで知らせたから動いてくれたのかも。なんて良い方向へ解釈しておきます。何か明日になったら我が家に届いてそうだな。その前に落札者の方、メールの返事下さい。メールアドレスが携帯電話だったからなんとなく嫌な気はしてたんだよなぁ。

年賀状が届いた

先日書いた年賀状の手配ですが、年賀状を手配してくれる人が日記を見てくれたみたいで、無事届きました。ありがとう。何かすごい世の中になりましたね。未来を感じます。それと、大きな梨ありがとう。家族でありがたくいただきました。とてもおいしかったです。これからが大変な季節でしょうが、頑張ってください。

2006年11月12日日曜日

Yahoo!ゆうパックが……

先日送ったYahoo!ゆうパックが届いたかどうかウェブサイトで確認してみたら、何と宛先が不明のため差出人に返送されている最中らしいです……。何てこった。もしかしたら私の記入ミスかもと思い、相手からもらったメールを確認したのですが、どうやら間違いなさそうです。単純に相手のミスなのかなぁ。面倒な事になっちゃったな。別の取り引きでは領収書を請求されるし。参ったな。

2006年11月9日木曜日

年賀状

家族に年賀状の手配を頼まれました。もうそんな季節ですか。知人に年賀状を手配してくれる人がいるので、明日にでもお願いしておこう。とりあえず100枚くださいとここに書いてみたりして。実は携帯電話のアドレス帳が消えているからメールできないし。バックアップはあるのですけど、なんか面倒臭そうなので。もし見てたらメール下さい。インクジェット用でお願いします。

Yahoo!ゆうパックにて思う

実はまだヤフオクで小銭を貯めているのです。まだパソコンの代金は貯りませんが、最近は本じゃなくて結構大物を売りに出しているのでそこそこ貯りだしました。と言う事で、最近御世話になっているのがYahoo!ゆうパックなのですが、これって使う側からすると、かなり便利なのですけど、ちょっと気になることもあるのです。

近所のローソンでYahoo!ゆうパックを頼んだのですが、その時対応してくれた店員のおばさんが、一度もYahoo!ゆうパックを扱ったことがないみたいで困った様子でした。とても困っている様子でしたので、大丈夫ですかと尋ねると私にやり方がわかりますかと聞いてきました。その時は私も1度しか経験がなく、しかも運悪く眼鏡を忘れてきてしまった状態だったのですが、見様見まねで何とか作業できました。本当は客がやっちゃいけない作業だったのかもしれませんけど。

その際おばさんと話したのですが、いろいろと覚えなくてはいけない事があり、この先やっていけるのかどうかと、とても気に病んでいる様子でした。何だか自分の親を見ているようで切なくなってしまい、「大丈夫ですよ。この作業自体が難しいだけですから」と、気休めの言葉をかけることしかできませんでした。実際、最近のコンビニエンスストアって、賃金以上の労働を強いられていると思いませんか?

そりゃ大部分が自動化されていて実際の作業は現金の徴収やラベルの管理などなんでしょうけど、学生さんならともかく、おばさん達にはかなりの負荷がかかる仕事だと思います。しかも賃金が見合うものならともかく、どうみても安いですし。ちょっと前に銀行業務の一部をコンビニでもできるようにするとかいった話があった気がしますけど、そこまでするなら、ちゃんとした雇用制度で行ってほしいですね。

はっきりいって日本の大部分のサービス業はおかしいですよ。というかパートのおばさん達の給料が安すぎますよ。まぁそれにはそれなりの理由があった訳ですけど。税金対策とか。ついでに言うと、若い人の派遣もやばいですね。人事じゃないですけど。この先どうなっていくのやら。悲しくなってきましたよ。

PHSのハーフレートは法改正が必要

ハーフレートって法律を修正しなくちゃいけなかったのですね。何だぁこれじゃまだまだ時間掛かりそうですね。でも技術的には可能なので導入時期は案外早いかも。まぁ今まではハーフレートが必要になる程、PHSに需要がなかったってだけなんでしょうけど。あらためて音声定額の威力を思い知らされますね。早く導入されないかなぁ。

#外部リンク
総務省がPHSでのハーフレート方式を可能にする改正案を公開 | WILLCOM NEWS ウィルコム関連ニュース情報サイト
http://blog.willcomnews.com/?eid=394388

Dell Linux Community Web

デル公式のリナックスコミュニティウェブサイトらしいです。こんなのあったの知っていました? HPならわかりますけど、DellもLinuxに本腰を入れ始めたのでしょうか。いずれにしてもLinuxにとって、良い出来事であるというのは間違いないでしょうね。最近のデルはいい感じになってきましたね。AMD搭載機をだしたりLinux寄りになってきたり。HPに追い付かれそうなのが余程気掛りなんでしょうか。

#外部リンク
Dell - Dell Linux - Community Web
http://linux.dell.com/

Dell Community
http://en.community.dell.com/dell-blogs/direct2dell/default.aspx

Pygame 1.8 will be released 2006/12/01

もう少しするとPyGameの1.8がリリースされるみたいですね。PyGameでくだらないゲーム作りたいのになぁ。その前にPython自体を勉強しなくちゃいけないなぁ。全然はかどらないし。ていうか全然勉強していない。誰かPyGameの教科書書いてください。日本語で。買います。多分。

#外部リンク
News - pygame - python game development
http://www.pygame.org/news.html

2006年11月7日火曜日

病院へ行く

やっと常用の塗り薬を貰うことができました。実はこの前書いてから、更に症状が悪化してしまい、本当に参ってしまいました。あんまりアマルガムって関係なかったのかな。どうもストレスや風邪などで体調を崩すと症状も悪化するらしいのですが、もしかしたらそのせいなのかもしれません。やっぱり体調管理は大切ですね。早寝早起きって難しい。運動不足だしな。

2006年11月5日日曜日

体調悪化

最近また持病の症状が悪化してきました。実は今日、薬を貰いに病院へ行く予定だったのですが、何と今月から土曜日が休診になってしまったようです。何てこった。前回、病院に行ったときに、先生から午後の診療が無くなるよとは言われていたのですが、調べてみると毎日あった診療が週3日に減らされた上に全部午前のみ、更に馴染みの先生も知らない先生へと変更になっていました。

という事で、来週の月曜日まで塗り薬無しでいなくてはならなくなりました。正直きついです。痛いのはまだいいのですが痒いのがなぁ。掻くとひどくなるし掻かなくても患部が広がってきているし。死にそうです。私なんかより本格的なアトピーの人の方が地獄でしょうけど。早く治らないかな。

2006年11月4日土曜日

音楽CDデータベース”freedb” - ドイツMAGIXへ譲渡

今頃知りました。ひとまず、よい方向へ向かったと思っていいのかな。でもfreedb2.orgはどうなるのだろう……。

#外部リンク
音楽CDデータベース"freedb" - ドイツMAGIXへ譲渡 | エンタープライズ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2006/10/06/340.html

freedb楽曲情報提供サービス停止-どうなる?フリーのジュークボックスソフト | パソコン | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2006/07/04/340.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: freedb2.org
http://blog.minawa.net/2006/09/freedb2org_7027.html

2006年11月3日金曜日

Windows CE 6 arrives with 100% kernel source

何かきましたね。相変わらず長文書いていると落ちるので、とりあえずリンクだけ。

#外部リンク
Microsoft opens full Windows CE kernel source - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Microsoft-opens-full-Windows-CE-kernel-source/

Special Report: Windows CE 6 arrives with 100% kernel source - News - Windows for Devices
http://www.windowsfordevices.com/c/a/News/Special-Report-Windows-CE-6-arrives-with-100-kernel-source/

2006年10月29日日曜日

朝日がアサヒを持ってきた……

トイレで用を足していたらチャイムを鳴らされました。どうせセールスだから、居留守を使おうかと思ったのですが、既に出すものを出してしまっていたので、流さない訳にもいきません。仕方なく、水を流して玄関のドアを開けてみたら、ヤ*ザみたいな新聞の勧誘員さんでした。

正直しまったと思ったのですが、開けてしまったので仕方ありません。少し話をして帰っていただこうとしたのですが、相手はプロ。私の一枚も二枚も上手です。スルッと玄関の中に入り込み私に対して勧誘を始めました。話を聞いてみると、どうやら朝日新聞の勧誘員らしいです。そして彼は胸元から何やら札束のようなものを取り出して、私に渡そうとし始めました。よく見るとアサヒビールの引換券かなにかです。それを10数枚取り出して、これを渡すから一ヶ月でいいから入ってくれと言い出しました。

私を含め、家族全員がお酒も煙草もやらない健康家族? なので、全く意味のないサービスだったのですが、少しだけヤフオクで売り捌こうと思ってしまった私をお許し下さい。そんな感じで一方的に攻められてしまったのですが、何とかお帰りいただけました。結局、ビールの引換券だか割引券だかわかりませんが、一枚も貰えませんでした。終わり。彼らの強引さは凄いですね。半ばおっさんの私ならともかく、女性やお年寄りなんかだったら、無理やり押し切られてしまうのも無理はないかも。うーん、恐ろしい。

Frozen Bubble v2.0.0

OSSゲームの中でも一際輝いているゲームであるFrozen Bubbleがv2.0.0になったようです。実はあまり知らないのですが、どうやらネットワーク対戦が可能になった模様。素晴らしい。このゲームSDL製みたいですね。5人まで同時に遊ぶことができるみたいです。楽しそう。Mandrivaがスポンサーみたいですね。日本ではあんまり人気ないみたいですけどMandrivaって頑張っていますよね。一度潰れそうになったみたいですけど……。

#外部リンク
Frozen Bubble - the official home
http://www.frozen-bubble.org/home/

Nokia 770を継ぐモノ

何やらNokia 770の後継機についての議論が騒がしくなってきているようです。どうやらNokia 330という小型のデバイスが後継者になるという記事が出たようなのですが、見た目やコンセプトが明らかに違うので物議を醸していたところに、Nokia 870というデバイスの存在が明らかになってきたらしいのです。

こちらはデザインといい、大きさといい、まさしくNokia 770の後継者に相応しい容姿をしていますしね。個人的には少し野暮ったいですけど。それにボタン類が微妙だしなぁ。まぁこのあたりはいずれ書くかもしれませんけど。日本だと全然盛り上がりませんね。個人的にはW-ZERO3なんかよりも、こちらの方が楽しそうなんですけどね。それとGPSとかミュージックサーバーとの連携とかも計画されているみたいですし。何よりOSがLinuxベースのMaemoですしね。

#外部リンク
DailyTech - Nokia 770 Successor Spotted
http://www.dailytech.com/article.aspx?newsid=4687

Nokia 870 surfaces in the wild? -- Engadget
http://www.engadget.com/2006/10/26/nokia-870-surfaces-in-the-wild/

Maemoと770を携え、オープンソースと歩むNokia - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/06/04/12/0128256

2006年10月28日土曜日

玄箱でUbuntu 6.10祭り開催中

遂にUbuntu 6.10がリリースされたみたいですね。現在メインパソコンが故障中ですので私自身はCD版は試せませんが、少しでもお役に立てるように玄箱に仕込んだrTorrentで共有してみました。興味がある方はどうぞ。とりあえず、2GB超えるくらいまでは回していると思うので。と思ったら、もう少しで2GBいくなぁ。もう少し延長します。お風呂入っている間にスロットルを1600まで上げていたら、だいぶ加速していました。皆さんダウンロードしすぎです。玄箱だとこのくらいが限界値なのかなぁ。あんまりやっていると怒られそうですね。

#Picasa


2006年10月26日木曜日

ソニーが力生を潰す

Sonyが香港の大手輸入ゲーム販売業者Lik-Sangを廃業に追い込んだそうです。
Lik-Sangはアジアで先行販売された正規のPSPを輸入、欧州ユーザーに販売するというビジネスを行ってきた。ソニーはこの行為が著作権、商標侵害であるとして提訴、ロンドン高等法院は10月18日にソニーの主張を認め、Lik-Sangの欧州市場でのPSP販売を違法とする判決を下した。
これが決定打になったようです。4年前にMicrosoft, NintendoとSonyの3社からMOD-chip関係で訴えられ、廃業寸前にまで追い込まれたらしいのですが、今回とうとう潰されてしまったようです……。んーSonyの言い分もわからないではないですけど、少々厳しすぎる気がしますねぇ。力生はGP2Xなどのレア物を扱ってくれていた、数少ない優良店だったので悲しいです。

このままでは、もう一つの雄であるPlay-Asia.comにも魔の手が及ぶかもしれませんねぇ。残念です。ちらっとみたところ世界中のキワモノゲーマー達がソニーへの祝福の声をあげている模様です。下のリンク先にある力生のウェブサイトのコメント欄はソニーへの美辞麗句で埋めつくされているようです。ある方などは金輪際ソニー製品を買わないことを高らかに宣言したらしいです。

文字どおり「Sony、てめぇは俺を怒らせた」状態に。これは荒れる予感。少なくともヨーロッパのコアゲーマーは完全に敵に回りましたね。コメント欄みるとクラウザーさん並みの速さでF*ckされてるなぁ……。御愁傷様です。そういえばAppleも何か言い出したらしいですね。何たらPodって言うのを禁止するみたいな事。楽しくなってきました。

#外部リンク
Lik-Sang.com Out of Business due to Multiple Sony Lawsuits
http://www.lik-sang.com/

Lik-Sang.com shut down by Sony lawsuits -- Engadget
http://www.engadget.com/2006/10/24/lik-sang-com-shut-down-by-sony-lawsuits/

サイト閉鎖のゲーム販売会社、ソニーを非難 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/25/news018.html

社名や製品名に「Pod」というフレーズを入れてはいけません - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20060928_no_pod/

2006年10月25日水曜日

今日もヤフオク

雨が降っているせいか、今日は一段と寒さが厳しいですね。もう今年も終わりに近付いているのですね。また無駄な日々を過ごしてしまった。それはそうと昨日出したゆうパックがもう届いたようです。早いなぁ。出したの夕方ですよ。郵便局員の皆様、ありがとうございます。

それと二ヶ月くらい売れ残っていた某雑誌が落札されました。値段は100円でしたけど古本屋に持っていっても買い叩かれるか引き取り拒否されるようなものなので、読んでいただけるだけで本望です。今悩んでいるのが、これから出す品物の梱包方法をどうするかって事なんですよね。素直に段ボールとエアクッションを買えば良いのですけど、あらたまって買うとなると結構なお値段なので、なかなか踏ん切りがつきません。あからさまに貧乏ですので。

近所のお店で段ボールを貰う事もできなくはないのですけど、欲しいサイズがない可能性が高いのです。今考えているのが、通販でエアクッションとクラフト紙を買う事です。これが一番汎用的な梱包方法かなって気がするのですけど、もっと良い方法ありますかね? まぁ何を梱包するかとか、どのくらいの数を想定しているかで変わってくる問題だとは思うのですけどね。

ちなみにアスクルの個人向けウェブショップで買おうと思っています。品物だけなら他に安いところもあるのですが、送料も考えるとここが一番いいかなぁなんて思いましたので。アスクルでクラフト紙とエアクッションを揃えると約2000円くらいでしょうかね。大きさや長さにもよりますけど。

やっぱり、あと何回だすかって事によりますね。今のところ本以外で10個は出すと思うので、一梱包につき約200円ですか……。うーん、どうなんだろう。1万円くらいするやつならいいのですけどね。500円くらいで200円だと、とまどっちゃうなぁ。他に良いお店があったら教えてください。近所のホームセンターにも行ったのですが、エアクッションが10Mで1000円という高値でしたのであきらめました。

#外部リンク
生活用品のネット通販:アスマル 明日のeマルシェ! (アスクル グループの個人向け通販サイト)
http://www.asmaru.com/

TibiaのLinux版クライアントが出た

タイトル通りなのですが、長らくメンテナンスされていなかったTibiaのLinux版クライアントがひさしぶりにリリースされたようです。これでLinuxでも心おきなくMMORPGができる? まぁ私はまたやるかどうか微妙ですけど……。

#外部リンク
Tibia - Free Multiplayer Online Role Playing Game - MMORPG
http://www.tibia.com/mmorpg/free-multiplayer-online-role-playing-game.php

Tibia - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Tibia

Intel GMA 3000 Q965 Graphics Performance

以前書いたIntelのオープンソースドライバーの記事。詳しくはわかりませんが、まだまだパフォーマンスは悪いみたい。これから時間をかければ良くなってくるのかな。これは965シリーズでもビジネスユーザー向けのQ965なので、よりパフォーマンスが高いとされるG965だともう少し良くなるのですかね。そのうちG965の方もレビューするらしいので要チェックですね。んー、こういう記事を見てると、やっぱりインテルでニューマシンを組み立てたくなりますねぇ。でもお金無いし常用するにはC2Dともども、もう少し熟成されるのを待った方がいいのかなぁ。

#外部リンク
[Phoronix] Intel GMA 3000 Q965 Graphics Performance (Open-Source Drivers)
http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=571&num=1

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Intelがグラフィックカードのドライバをオープンソース化
http://blog.minawa.net/2006/08/intel_8922.html

カレーを食べた

今晩の夕食はカレーでした。今日はスゴく寒く感じていたので、カレーかシチューが食べたいなぁなんて思っていたので、内心とても嬉しかったです。こういった瞬間、家族っていいなぁなんて思います。というか毎日食事を作ってくれている母にですね。毎日、毎日、ありがとう。何か恥ずかしいので書くの止めようかと思ったのですが、偽らざる気持ちなので敢えて書いておきます。いつか恩返しできる日がきますように。

ソフトバンクの予想外割

あんまり調べていないので、詳しく述べるのは控えますが一つだけ。
予想外割を利用するには、新スーパーボーナスが必須だが、新スーパーボーナスの詳細や現行プランとの違いについては「26日をお楽しみに」(孫氏)として、今回は発表されていない。MNP開始日である24日ではなく、26日に発表する理由として孫氏は「今回の発表は、役員を含めてほんの数人で進めてきた。誰にも言うな、というのは我が社のここ1カ月くらいのキーワードだった。そのため店舗スタッフや営業スタッフに対しても、この発表会と同時に全国9 カ所で決起大会と称して説明を行なっている。店舗側の準備期間を設けた結果、26日に発表することにしたとしている。
と言う事は、店舗でお客さん相手に営業しているスタッフさん達は、26日までに全容を把握しないといけないのですか。これは厳しいですねぇ。ナンバーポータビリティだけでも、何かと大変そうなのに、ここにきて新スーパーボーナスとかも加わるのですか。

絶対にトラブル起きますね。だって新スーパーボーナスって違約金取られたりするんでしょ? 知らないけど。予想外割導入で、一番予想外だったのはソフトバンクモバイルの現場スタッフだったって事ですね。おあとがよろしいようで。スラッシュドットでおもしろいやりとりがあったので、引用させていただきます。
販売店や、端末登録スタッフとして働いてる友達に聞いてみましたが、皆「こんなの聞いてなーい」とのことでした。「予想外割引」ですから。
敵をだますにはまず味方から。(ぇ
孫氏の兵法ですか。
上手いかも(笑)。

#外部リンク
ソフトバンク孫氏、「日本のケータイに健全な活性化を」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31619.html

2006年10月24日火曜日

ヤフオクでミス

アイタタタ。ゆうパックの料金を見誤ったようです。郵便局の窓口で計られたら、一サイズ大きくなっていました。おかしいなぁ。確かに合っていた気がしたのですけど。まぁ仕方がない。こちらが正しいとも言い切れないし、3つも持ち込んでしまったので、迷惑かけましたし。このミスで先週の本の売上げ50円が一気に吹き飛びました……。おまけに雨も降ってたし。今日はついていなかったって事でしょう。

2006年10月23日月曜日

今日のヤフオク

今日は先週出した出品物の落札予定日でした。結果5個出したうちの4個が落札されました。ふぅ。今回は意外と大物を出したので結構食いつきがよかったです。もう一つも明日が締め切りなので落札されるかもしれませんし。今回はなかなかいい感じで売れたので良かったです。まぁ儲けがでたわけではないですけど。だいたい予測通りな値段で落札されたかな。これで少しはパソコンの足しになるかも。

なんて言っていたら、また来週の木曜日に出品無料日をやるのですね。まだまだ要らないものがあるので、明日からまた準備しなくては。って言っても、10円浮くだけですけどね。余談ですが、かんたん決済って出品者からするとスゴい便利ですね。今回の落札者さんも何人かかんたん決済で手続きしてくれたのですが、メールのやり取りをして数十分後には振込の予約が完了しましたから。有り難いことです。

PenguinTV

これも、この前紹介したDemocracyと同じようなアプリケーションみたいです。いわゆるビデオポッドキャストのプラットフォームって感じですかね。先日のニュースでGyaOがSTBを使って、家庭のテレビで見られるようにするとか言っていましたけど。段々とそういった方向に向いてきているのかもしれませんね。

ただGyaOのようにプロプライエタリなプラットフォームだと上手くいかない気がします。そういった取り組みは今までも何回かありましたし、ケーブルテレビや衛星放送と被るところが多いですしね。結局は既存のテレビ局の二番煎じにしかならない気がしますから。ぶっちゃけ、自由が無い。このあたりオプソ厨なのでご勘弁を。

私的な意見ですが個人や小規模団体がビデオや音楽を配信する為にはIcecastなどのストリーミングよりも、ポッドキャスティング系の方が何かと都合が良いと思います。勿論ストリーミングでなければ出来ないことや優れていることも多いのですが、やはり手軽に配信するとなると、コストの面やメンテナンスの面でRSS的なポッドキャスティング系の方が楽ですからね。

昔は容量の面で多少問題があったのですが最近はBitTorrentに代表されるP2Pによって、だいぶ解決されてきましたし。現にBTファイルをサポートしていますし。というかこれらのアプリケーションは単にポータルサイト的な役割を担っているだけですけど。BTもいろいろと問題がある訳ですけど。法律的な事以外でも。このあたりはいずれ書くかもしれません。

今のところYouTubeに代表されるアップロード系ウェブサイトが主流ですけれどもコストや法的リスクを考えれば、直接アップロードではなくポータル的な性質を持つウェブサイト、又は専用アプリケーションを用いたプラットフォームに移行するのではないでしょうかね。まぁ適当に考えただけですけど。

と云う事で、オプソ厨な私としては、ますますOgg VorbisやOgg Theoraなどのオープンメディアや、それらをサポートするソフトウェア、ハードウェアの隆盛を期待する訳です。だって世界的規模なオープンプラットフォームが出来つつ? あるのに、元になるコーデックやファイル形式、再生できる機器がクローズドだったら、おもしろくも何ともないじゃないですか。ちょっと違いますけど、素晴らしい内容のウェブサイトや、ウェブアプリケーションなのに、IEやFlashじゃないと弾かれるなんて悲しいですよね。素直にウィンドウズ使ってろって? それを言ったらおしまいよ。

#外部リンク
PenguinTV : podcasts and video blogs for Linux
http://penguintv.sourceforge.net/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Democracy
http://blog.minawa.net/2006/10/democracy_7540.html

2006年10月20日金曜日

RX420AL

そういえば出ましたね。W-OAM対応のW-SIMが。大方の予想通り、ABIT系メーカーの製品でしたね。んー、最近のウィルコムはWばっかりで、ややこしい。W-OAM対応という事で待望の音声BPSKに対応しているみたいですね。でも私が喚いていたハーフレートについては全く触れられていませんね。単にアナウンスされていないのか、それとも多少導入時期がずれるのか、最悪の場合全然実装されていなかったりして。

それとスロットダイバシティも触れられていませんね。これは、暇? 人さんのところで、GAMAさんという方がコメントされているので、おそらく実装されているとは思うのですけどね。ちなみにスロットダイバシティの効果はおよそ2dB前後らしいです。素人なので、この数字がどのくらいの効果を持っているのかは想像できませんが、以前ウィルコムの社長さんが、音声BPSKの効果についてコメントした際、その効果は最大で5dBと言っていた気がします。そう考えると2dBというのも十分体感できるレベルの効果なのではないかと思います。となるとW-SIM系音声端末も楽しみな気がしてきますよね。

でも、よく考えると、このスロットダイバシティってW-SIMだけしか対応できない技術じゃないのですよね。多分ですけど。という事はWXシリーズのような通常の端末が持つ既存のダイバシティに加えることができるという訳です。なので音声端末としてみた場合、結局はW-SIM端末より、従来型の方が優れているという図式は変わらないって事ですね。

裏を返せば、このスロットダイバシティが、これから出るであろうW-OAM対応のWXシリーズに搭載されればBPSKを別にしても、今まで以上の通話性能を得られるという事ですね。W-SIMには悪いですが、私は通常端末の方に関心があったりします。この辺りについては、まだまだ話したいことがあるので、いずれ駄文を書いていこうと思っています。それにしてもハーフレートはどうなったのだろう。

それとWXシリーズの新作。んー、年末から年始にかけても楽しめそうだ。一つ言い忘れていました。RX420ALってだいぶ消費電力が低減されたようですね。特に待ち受け時はかなりの進歩みたいですね。これは本当に素晴らしいことだと思います。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: スロットダイバシティ
http://blog.minawa.net/2006/09/blog-post_5633.html

BLOG.MINAWA.NET: ハーフレートとW-OAM
http://blog.minawa.net/2006/09/w-oam_8398.html

FON

AtherosがFONのルータ「La Fonera」向けに無線LANチップを提供するらしいです。これは要チェックな気がします。FONって日本で定着するのでしょうかね。何か法律とかの縛りがありそうですけど。スペイン辺りが本場でしたっけ? 何やらActton製のルーターを5ドルで配っているとか……。もう少し調べてみないといけないなぁ。個人的には携帯電話の高速化よりも、こういった感じの無線LANソリューションの方が合理的な気がしているのですけどね。

後はMeshnodeなどのメッシュネットワークみたいなやつですか。まぁ私は多分にオプソ厨で夢想家な部分がありますので、夢物語かもしれませんけど(笑)。でもFONって海外だと、結構本命視されている感がありますよね。確かGoogleとかも出資していた気がするのですけど……。全然関係ないですけど、Stargazerって夢想家って意味もあるのですよね。何かいいなぁ。「星をみるひと」ですな(笑)。昔から星空を見上げる人は変り者扱いだったのでしょうね。でもそんな人達に憧れたり……。私には無理だけれど。

#外部リンク
無線LAN共有プロジェクトFon、GoogleやSkypeも投資 | エンタープライズ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2006/02/07/004.html

blog.fon.com | wifi for everyone
http://blog.fon.com/jp/

Atheros、FONのルータ「La Fonera」向けに無線LANチップを提供
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/15799.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: ウィルコム無線LANオプション
http://blog.minawa.net/2005/10/lan_6902.html

BLOG.MINAWA.NET: Meshnode
http://blog.minawa.net/2006/02/meshnode_1850.html

BLOG.MINAWA.NET: 新幹線でインターネット
http://blog.minawa.net/2006/06/blog-post_1881.html

2006年10月19日木曜日

ヤフオクの続き

結局、昨日も3つしか出品できませんでした。所詮、口先だけの男ですから。先日売れた50円の本、まだ一人しか振り込んでくれないし。一応、催促したら一人は返事をくれたのですが、もう一人は全然反応ありません。たかが50円の為に、我ながら情けなくなってきましたよ。まぁ自分でやった事ですので、仕方ありませんけど。ここまで数十回ですが、出品する側に回って思ったことは、結構な確立で評価してくれない人がいるって事ですね。まぁ別に評価はされなくても良いのですけど、せめて商品が無事届いたかくらいは返事していただきたいです。届いたかどうか不安になりますし。

2006年10月17日火曜日

ヤフオク再び

新パソコンの資金を得る為に再びヤフオクに出品致しました。どうやら今日と明日が出品無料のようなので。でも面倒臭くて2つしか出品完了していません。それと先日出した本がちょこちょこと売れたのですが、一冊50円くらいで落札されていました。明日がんばります。

Mark Shuttleworth Becomes the First Patron of KDE

UbuntuのパトロンであるMark Shuttleworth氏が、KDEのパトロンにもなるそうです。さすが億万長者。でも良いお金の使いかたをしますね。とか書きましたが、まだ見出ししか読んでいませんけど。後で読んでおこう。

#外部リンク
Mark Shuttleworth Becomes the First Patron of KDE | KDE.news
http://dot.kde.org/2006/10/15/mark-shuttleworth-becomes-first-patron-kde

2006年10月16日月曜日

ヘッドフォン、お前もか……

とうとう愛用のSHOP99のヘッドフォンまで壊れかけてきました。この金の無い時期にお前まで逝ってしまうというのか。みんな逝ってしまう。私を置いて……。R.I.P. EA619!

Picodrive 0.96

久々にGP2Xについて調べていたら、メガドライブエミュレーターであるPicodriveがバージョンアップしたみたいですね。しかも大きな進歩を遂げたらしいです。遂にデュアルコアのもう片方である、ARM940Tを使用するらしいです。御存じの方もおられると思いますが、GP2Xって2つのCPUを持っているのですよね。

当初、この2つめのCPUが、かなり有効に使われるのではないかと考えられていたのですが、解析が進むにつれ、この2つめのCPUであるARM940Tが全く役に立たない事が判明してしまったのです。どうやら、このARM940TはDivx等を再生する時に使用する事しか想定されておらず、汎用性がほとんどないらしいのです。ですのでGP2Xのデュアルコアは実質、ARM920Tの200MHzしか使いものにならなかった訳です。しかもメモリも64MBありますが、実際に使える部分は半分以下しかないらしいですし。(こちらはだいぶ曖昧ですけど)

なので、GP2Xコミュニティでは、だいぶ前から何とかこの二つ目のCPUを汎用的に使えないかという事を模索していたみたいです。例えば3Dグラフィック用の汎用コードに使用してみたり、Ogg Vorbisデコーダーとして使用してみたりって事らしいです。これらは既に研究されているみたいですね。あまり詳しくはしりませんけど。今回もサウンド関係に使われているみたいです。ARMに最適化されたYM2612コアをARM940T上で走らせているって事ですかね。他にもいろいろとパワーアップしているみたいです。

Here is the detailed change log:
Severely optimized MAME's YM2612 core, part of it is now rewritten in asm.
The YM2612's code now can be run in GP2X's ARM940T CPU, what causes large performance increase.
Accurate renderers are slightly faster now.
Using quadruple buffering instead of doublebuffer now, also updated framelimitter, this should eliminate some scrolling and tearing problems.
Fixed some flickering issues of 8bit accurate renderer.
craigix's RAM timings now can be enabled in the menu (see advanced options).
Added ability to save config for specific games only.
Gamma control added (using GP2X's hardware capabilities for this).
Volume keys are now configurable.
GnoStiC added USB joystick support, I made it possible to use it for player 2 control (currently untested).
squidgehack is now applied through kernel module (cleaner way).

#外部リンク
Picodrive 0.96 - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?showtopic=32632

2006年10月13日金曜日

OS選定中

疲れた。昨日からノートパソコンに入れるOSを探しているのですが、いろいろと大変でした。この前Debianのetchをネットワークブートで入れたと書いたのですが、あれから調べてみたら同じ流れを組むUbuntuにもPXEでブートできるイメージがある事を知りました。

ものはためしと、早速試してみました。ただ単純にDapperを入れるのは面白くないと思い、次期リリース版であるEdgyを試してみる事にしました。このPXEブート版だと一つのイメージでUbuntuやKubuntu、Xubuntuなんかを選択できるようになっているのですね。結構便利だなぁなんて思いました。他にもEdubuntuやLAMPサーバーなんて選択肢があった気がします。

まず最初にEdgyのUbuntuをインストールしてみました。インストーラーはほとんどDebianのsargeと同じ感じですね。私としては見慣れたものなので特に迷わないでインストールできました。肝心の中身ですが、正直期待していた程でもない気がしました。何か全体的にあまり変わっていない気がしましたし、むしろ地味になった気が。といってもあまり触れずに終了してしまったのですが。調子にのってATI謹製のドライバーを入れて再起動したら即死してしまったので。うーん、やり方が悪かったのかも。同じ方法でDebianのetchはいけたのですけどね。よくわかりません。

次にXubuntuを試してみました。だいぶ昔(多分、XFCE4.2くらいの時)に、Debianで試した時は確かに軽いのですが、正直素人には荷が重いかなぁなんて感じていたので、あまり期待せずにいたのですが、実際はかなりの好印象でした。私のノートパソコンはペンティアム2の333Mhのメモリが192MBというスペックなので最新のGnomeなんかだと、かなりキツイのです。

EdgyのXubuntuは、このスペックでも多少キツイ印象なのですがetchのGnomeやUbuntuと比べたら体感できる程の差で軽いですね。簡単なウェブブラウジングやメールくらいの用途なら十分実用的に使えるレベルだと思いました。流石にYouTubeでFlashを見たりDivxやWMVなどを再生させるというのはキツイですけど。

XubuntuはEdgyの次くらいから、かなり有望なディストリビューションになれるかもしれませんね。まぁその頃には、私のノートパソコンなんて捨てられているレベルでしょうけど。これからの進展とよりきめ細やかな日本語環境に期待したいところです。今でも基本的な部分は日本語化されていましたけどね。最後にXubuntuでもATIドライバーを試してみたのですが結局同じ結果になってしまいました。最後にDapperのUbuntuを入れてみたのですが、重さはともかく現状では一番使いやすいOSだと改めて感じました。やっぱりLTSだけの事はありますよ。特に日本語環境については本当に良いです。皆様に感謝です。

と言う事で、今の段階だと、このままDapperを使っていこうかなぁと考えております。動作が重いですけどね。それとATIのドライバーですがDapperで試してみたところ、同じくエラーが出て立ち上がりませんでした。うーん、残念。もう少ししたらネットワークブートについてメモ書き程度にまとめてみたいと思います。やり方が間違っているかもしれませんが自分用のメモくらいにはなるでしょうし。

2006年10月11日水曜日

Debian Etch

我が愛機が大破してしまったので秘密兵器であるマイノートパソコンを復活させました。スペックはペンティアム2の333。メモリは192MB。ちなみにCD-ROMは付いていません。かろうじてフロッピー装備です。おまけにディスプレイはSVGAです。

これに何のOSを入れようか迷っていたのですが、よく考えるとフロッピーで入れられるOSしか選択肢がなかったのです。となるとDebianかFreeBSDくらいしかわからなかったのですが、少しは馴染みのあるDebianにする事にしました。
でもせっかく入れるなら、SargeじゃなくてEtchにしてみようと思い、Debian-Installerを探してみたら、何かcd-drivers.imgとnet-drivers.imgしか見付かりませんでした。もしかして、メンテナンスされてないのかなぁ。

あきらめてSargeでも入れようかと思ったのですが、幸いな事に私のノートパソコンはネットワークブートに対応したLANカードを装備しているらしく、更に玄箱もあるので思いきってネットワークブートに挑戦しました。結果は……。
予想より、だいぶてこずりましたが、何とかインストールに成功致しました。

しかも特に何も弄らずにTaskで入れたGNOME環境が思いのほか快適に動作していることに感動いたしました。明らかにSargeのGnomeより速いです。それにデフォルト時の日本語環境も格段に進歩しています。最新のUbuntuよりは劣りますけど……。でも十分実用レベルだと思います。もう少し使い込んでみないとわかりませんが、今のところ低スペックでも何とか使いものになる感じです。ただ一つ残念なのは少し負荷がかかるとノートのくせに凄い五月蝿いファンが回り出す事くらいですね。

#追記
ちょっと使ってみたら、やっぱり厳しいものがありました。特に玄箱から何かファイルをコピーした時なんかは、かなり厳しいですね。あとはFirefoxも厳しいです。ただEpiphanyは若干スピードが速いです。動画はほとんど試していませんが、DivxならMplayerを使用すればギリギリ何とかなるかも。ATIなのでドライバーを見直したらもう少しよくなるのかなぁ。とりあえず今日はここまでです。

2006年10月10日火曜日

Democracy

詳しく調べていませんが、これはかなりおもしろいプロジェクトかも。XiphのQuickTime ComponentsであるXiphQTが使用されているみたいです。ということは、Ogg VorbisやOgg Theoraが関わっているという事ですね。

どうやらYouTubeみたいなものを専用アプリケーションを使ってやるって事ですかね。というかインターネット上に自由な音楽と映像のプラットフォーム(チャンネル群)を構築するって事ですか。Gyaoみたいなものか? それもOSSで。素晴らしい。そういえばSkypeのメンバー達も似たようなコンセプトのプロジェクトを始めたみたいですね。でも断然Democracyの方が魅力的だな。あまり調べていないので滅茶苦茶書いているかもしれませんが。

もう少し妄想を書くと、以前紹介したNeuros OSD Linux Media Recorder Betaってあるじゃないですか? 例えばこのDemocracyみたいなプラットフォームをNeuros上で再生する機能を追加できたら、楽しいですよね。可能ならばですけど。それとフリースケールの社長インタビューの時に書いたiPod後の世界の一つの答えもあるような気がします。

その為の夢の器として、GP2XのようなOSS系ハードウェアを育成したいのです。世界中のお金の無いアーティスト達が作った音楽や動画などの作品をパソコン上だけでなく、テレビや携帯機器を使って気軽に再生できる環境。そんな世界を見てみたい。その為には現状のiPodが支配する世界はおもしろくないのです。というかMP3やAAC、MPEG-4のみしか再生不可って事がです。

もちろん、それらが主流であっても良いのです。それらしか再生できないという事が問題な訳です。そういった意味合いからもiPodの独占はおもしろくないと思う訳です。その尖兵としての役割をGP2Xには担ってもらいたいのです。まぁGP2Xには荷が重過ぎますけど。ただNokiaのNokia770なんかはいい線いっている気がします。確かあれをベースにした世界戦略機をグーグルと組んで発売する計画があったような気が。どうなったかなぁ。少し妄想が過ぎました。いずれにしろ、もう少し詳しく調べてみる価値があるニュースですね。楽しくなってきたなぁ。

#追記
2012年01月現在、「Democracy」は「Miro」に名称が変更されています。

#外部リンク
Miro - Free, open-source music and video player.
http://www.getmiro.com/

Joost - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Joost

VoIPの次は動画配信--スカイプ創業者らが仕掛ける新プロジェクト「Venice Project」 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/sp/column_somethingnew/20263967/

ノキア、初のLinux搭載ネット端末を発表--通話機能は非搭載 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/tech/20083908/

ノキア、Linuxベースのインターネット端末「Nokia 770」を発売 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/tech/20090409/

グーグルとノキア、共同でWi-Fi端末を提供か--米紙報道 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/20111927/

ノキアの次期タブレットデバイス、ウェブカメラやWiMAXを搭載か - CNET Japan

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Neuros OSD Linux Media Recorder Beta
http://blog.minawa.net/2006/09/neuros-osd-linux-media-recorder-beta_9686.html

BLOG.MINAWA.NET: FreescaleとWILLCOM
http://blog.minawa.net/2006/09/freescalewillcom_5805.html

2006年10月9日月曜日

パソコン壊れる

何てこった。我が愛機が昇天なされたようです。今朝までは動いていたのに。どうしよう。お金も無いのになぁ。今は父親のノートパソコンを借用しているのですが私が常用する訳にもいかず。居間に姉の古いパソコンがあるのでそれを借りようかなぁ。デスクトップでAthlon 650ですけどメモリが256MBなのでウェブブラウジングくらいならできますから。一応メール環境はウェブベースに移行済みなので特に問題はないですし、その他の重要そうなデータも玄箱に置いてありますので何とかなりますし。いくつかサルベージしたいデータもありますけど。

多分ケースの電源が死亡しただけだと思うのでHDDは無事だと思います。ただ私のパソコンは省スペースのキューブ型だったので電源などに汎用性が無いのです。今考えると何故キューブ型に拘ったのか謎ですけど。Mac Miniに対抗しようとしたんでしょうな(笑)。我ながらアホです。やっぱり汎用性は大事ですね。電源だけ買い換えるというのも少々難がありますので次期愛機の選定基準に頭を悩ませているところです。お金があれば思い切ってレッツノートのRかTシリーズを購入したいのですが絶対に無理ですし。というかメイン機をデスクトップにするかノートにするかでも迷い中です。

ノートと言っても10、20万という金額は出せませんので必然的に中古になる訳です。幸いなことに気になっていたThinkPad X31がタイミング良く市場に出回っていますし。だいたい4、5万くらいで入手できそうです。その際Windows XPがプリインストールされたモデルを買えればなお良しです。中古なので品質や耐久性、バッテリーなどに問題がありそうですがIBMですしまぁ大丈夫かと。バッテリーもROWAの互換品で十分ですし。1万くらいしますけど。実はSOTECから出たC2Dのモバイルノートとかも気になるのですよね。10万越えますけど。

別にソーテックに拘らずにですけどね。でも自作パソコン愛好家からすると自作デスクトップも考えてしまうのです。今はほとんど利点がなくなったのですが、やはりパーツ単位での交換が可能というのは大きいですよ。まぁ私の場合は無理なのですけど。それにオプソ厨としても自作パーツの方が何かと制約が少なくて良いですし。ノートパソコンと比べた時に、その制約が結構大きいのです。例えばシンクパッドにしてもATIのチップセットを使っているのが気になるのです。普通に使う分には全く問題ないのでしょうがLinuxを使おうと思った場合ATIは結構鬼門なんですよね。ドライバーの問題で。

最近、私が思っている事にOSSに理解のある企業の製品を進んで選ぶ事が大切であるというのがある訳です。単純に製品としてみた場合、多少劣っている場合も多いでしょうが、そういった理解のある企業を選ぶ事によって将来的にメリットがあるのではないかと思うからです。敢えてコレジャナイモノを選ぶって事ですね。という事で私はiPodは選びません。多分ですけど。IBMはFOSSにだいぶ理解がある企業ですけれどね。ただデスクトップの方がよりパーツの選択権がユーザー向きって事なんですよ。

この前まではAMDのnVidia6100系で組もうかと思っていたのですが、Intelが自社VGAドライバーをOSS化した事により、私の中でインテル環境へ大きく傾いている訳です。それにCore 2 Duoも気になるし。ただ聞いた話によるとインテルの新統合チップセットであるG965の出来があまり宜しくないらしいのが気になっているのです。それにLinuxで使うにしてはC2DとG965の組み合わせは時期尚早なのではないかとも思いますし。何より肝心の資金が全く無いという現実が立ちはだかっている訳ですし。さてどうしようかなぁ。

レンタルサーバーの期限が切れそう

あと数日でみなわねっとで使用しているレンタルサーバーが期限切れで使えなくなりそうです。お金もないし、少し放置しておこうかな。だいぶ前にも書いたのですが、来年の頭あたりではてなダイアリーの更新を休止しようかと考えております。理由はいくつかあるのですが、私の天邪鬼な性格上、今のはてなダイアリーは少し違和感を覚えているからです。何と言うか微妙に居心地が悪いような。まぁ単なる気の迷いかもしれませんけどね。それと夜になるとだいぶ繋がりが悪いですし。まぁまだ具体的には決めていませんけどね。

2006年10月8日日曜日

Mission Impossible

結局アンテナ修理をやる事になりました。家族総出で始めたのですが、とんでもない強風で困難を極めました。屋上には父一人が登り、姉と私は梯子を押さえていたのですが、正直よく登れたなぁと思いました。梯子ったってボロい脚立ですからね。私も登ろうと思ったのですが、真ん中辺りの細くなっている部分でヘタれてしまいました。

私の体重と強風と足場の悪さを考えると勘弁して下さいって気持ちになってしまいました。我ながらヘタレです。更にご近所さんにジロジロ見られるし。一番ヤバかったのは、知らないお子様に立ち止まられて見られた事ですね。ぽかーんと口開けてましたから(笑)。何してんだこいつ等みたいな。恥ずかしかった。

しかもPHSでの通話も父親の使い方がわからないというスゴいオチで使用不可に。結局私の電話から掛けたのですが、私の電話はパケコミ契約なので無料通話じゃないのですよ。もう片方からしか無料になりませんから。だから登る前に通話状態にしてくれと。結局父親が弄ってみたらしいのですが、どこをどう弄れば良いのかわからない上に、あまりの強風の為、すぐに中止になりました。残念。まぁ怪我人がでなかっただけ良しとします(笑)。ちなみに馴染みの電気屋に電話してみたところ、明日強風じゃなかったら見に来るらしいです。

今日やるらしい

何と遊びに行っている父から電話があり、今日中に屋根に登って作業する気らしい。うーん、この強風の中ボロい梯子で屋根登りますか。止めさせた方がよいのだろうか。以前その梯子で作業中に落ちて救急車呼んだしなぁ。しかも私の部屋から屋上に出る気だし。正直、足の踏み場もないくらい汚いって。最近、歳のせいか聞き分け無くなってきたからなぁ。とりあえず母と姉が帰ってきてから止めさせるか決めよう。この風はかなり危ないし。ていうか遊びに行くなら先に直そうよ。手伝うからさ。

TV故障中

昨日の強風のせいで、我が家のアンテナが故障したらしく、一切テレビが映らなくなりました。父親が目視したところアンテナは倒れていないらしいので、おそらくはアンテナの位置がずれただけだと思われます。この際デジタルに移行してもよいのですが全てのテレビも変更しなくてはならないので多分やらないと思います。でも単にアンテナの調整をしてもらうにしても結構お金がかかりそうなので明日天気が良ければ父と私とで微調整してみようと思っています。

幸いウィルコムのPHSが二つありますので無線代わりに使えますし。以前CSのアンテナを調節する時に、友人が同じ方法で手伝ってくれた事がありますし。その時は、公衆網ではなく簡易トランシーバー機能ででしたけど。あれは便利だったなぁ。手伝ってくれた友達にも感謝です。まぁ私自体はテレビがなくともそれ程不便とは感じないのですが、他の家族はそうでもないですからね。どうなる事やら。

Trace Bundy

YouTubeで暇つぶしをしていたらTrace Bundyというギターの名手がいることを知りました。素晴らしい。それにしても、この人の腕の筋肉すごいですね。やはりこれくらいの名手になると必然的にこのような肉体になるのでしょうね。学生の頃、ギターに憧れた日々を思い出しました。やっぱりギターはかっこいいですね。昔はエレキに憧れたけど、最近はアコースティックに興味があります。いつかまたやりたいですね。いろいろあって挫折したままだけど。ギターに限らず、何かしらの楽器は弾けるようになりたいです。

#YouTube
Trace Bundy - Pachelbel's Canon - YouTube
http://youtu.be/N9to1auUNTk



#外部リンク
Trace Bundy
http://www.tracebundy.com/

2006年10月7日土曜日

病院へ行く

恒例の病院通いです。今月は歯の治療をした事もあってか中盤でかなり症状が悪化してしまいました。最近は歯の治療も終わり、生活態度もある程度改善してきたので、だいぶ良くなってきた気がします。私が通っている病院は週に2回しか午後の診療を行っておらず台風の中、薬を貰う為だけに出掛けてきました。すごい雨だったので傘をさしていったのですが途中にある橋を横断中に大破致しました。

今日使っただけの新品だったのに。おかげでずぶ濡れになるし、こんなんだったら持っていかなかった方がマシでした。しかも先生に聞いたら今月で午後からの診療も無くなるとか言っているし。あぁ午前中からだと、とんでもなく時間かかるのですよ。最低でも3時間は待つことになるなぁ。最悪ですよ。早く完治しないかなぁ。

Mednafenがパワーアップ

以前にも書いたマルチエミュレーター「Mednafen」ですが、どうやら更にパワーアップするようです。現在開発中のスクリーンショットを見ると、何とPC-FXに対応するみたいです。まさか伝説の名機? にまで対応するとは……。どうなるのか今から楽しみです(笑)。

#外部リンク
Mednafen - Multi-system Emulator
http://mednafen.sourceforge.net/

2006年10月4日水曜日

お風呂完成

ようやく我が家のお風呂が完成致しました。やっぱりお風呂はいいですね。数日入らなかっただけで、お風呂のありがたみが身に染みました。こんなに入らなかったのは、中学の部活で骨折した以来です。肝心のお風呂ですがユニットバスのせいか、以前のお風呂より全体的に狭くなってしまったようです。しかも我が家は鉄筋住宅の為、窓の位置をずらすことができないようで窓枠が窓と少しずれたところに設置されてしまいました。

何か微妙に嫌な感じなのですが、どうしようもないことなので、諦めることにします。まだ一日目で細かい事はわかりませんが、今のところ不満点はそんなところですかね。まぁ狭さや窓枠のずれは慣れればどうって事なくなると思いますし。とりあえず綺麗なお風呂になっただけでもよかったです。

2006年10月3日火曜日

お風呂解禁?

どうやら、明日の夜には我が家のお風呂も完成するみたいです。やったぁ。ようやく、ゆっくりとお風呂に入ることができそうです。何とかT-ウイルスの脅威に打ち勝つことができそうです。それにしても、あと一日早く完成していたらよかったのに。

歯医者に行く #14

実は今日、歯医者に行く日だったのです。しまった。昨日だけでもお風呂に入っておくべきでした……。まぁ約束なのでしょうがない。ちょっと? 汚いけど行ってきました。前回の約束通り、今回の診察で全ての治療が完了致しました。やっと終わりました。いやぁ本当に長かった。

一番最初に行ったのが4月の終わりですから、およそ5ヶ月ですか。長かった。そして高かった。でも思い切って治療して良かったです。これでアマルガム問題の方も片付いてくれればよいのですが。とにかく一通り治療できたので良しとします。ちなみに今回の治療費は1500円弱でした。

IPAフォント

沖縄県浦添市が全PC約1000台をオープンソースのシンクライアントに移行するというニュース。これ自体は、それ程驚くべき事ではないのですが、この記事の最後におもしろい事が書いてありました。引用させていただきます。
課題としては,一部のプリンタでLinux用のドライバが提供されていないことや,Linuxデスクトップで「~」という文字がうまく表示できないことなどが挙げられた。IPA OSSセンター長の田代秀一氏は自治体担当者からの声に対し「フォントの問題について対応を考えている」と答えた。現在IPAで「IPAフォント」を配布しているが,アプリケーションとセットでのみ配布を許可している。この配布ライセンスも含め,IPAフォントに関して見直しを検討しており,近くパブリック・コメントの募集を計画していることを明らかにした。
ついに念願のIPAフォントのライセンス見直しが……。これは日本のOSSにとってかなり大きな進歩になるのではないでしょうか。早く詳細が知りたいですね。せめて単独配布を認めて欲しいです。

#外部リンク
沖縄県浦添市が全PCをオープンソースのシンクライアントへ移行 | スラッシュドット・ジャパン
沖縄県浦添市が全PCをオープンソースのシンクライアントへ移行 | スラッシュドット・ジャパン

2006年10月2日月曜日

風呂使用禁止

実は数日前から、家のお風呂が工事中なのです。従って通常なら温泉なり銭湯なりに行かなくてはならないのですが、貧乏なので家の台所で頭を洗ったり、身体をお湯で拭いたりして凌ぐ事にしました。ちなみに他の家族は銭湯や温泉に行っています……。なあに、かえって免疫力がつく……。もちろん五木寛之先生へのリスペクトですよ……。

実は市内に格安で入れる浴場があるらしいのですが、かなり老朽化している上に毎日のようにお年寄りの常連がいっぱい来ていて、落ち着いてお風呂に入れないらしいのです。更にお尻とか全く洗わないで湯船につかるらしいし。まぁ入れるだけよいのですけどね。
余談ですが、彩雲国物語の話で書いた「なんて素敵にジャパネスク」ですが、あの時代って貴族の女性は十二単を着ていたじゃないですか。平安時代って感じで優雅なのですけど実は大変だったらしいですね。

まずとにかく重い。重さで一人では歩けない人もいたとか。更に暑い。京都ってだけで暑そうなのに、あの枚数の着物ですよ? ですから、かなりの数の女性が何かしらの病気にかかってしまったらしいです。特に皮膚病。とっても痒かったらしいです。一説には貴族の女性の主な死因の一つに数えられていたとか。恐ろしいですね。皮肉なことですが、十二単を着ていた貴族の娘より、薄着だった平民の女性の方が、よっぽど健康だったとか(笑)。

古代ギリシア・ローマ時代の貴族も、かなりの数が水銀・鉛中毒だったとか……。古代中国でも水銀を仙薬と称して、珍重していたらしいですからね。皮肉なものです。お金持ちなのに逆に不健康になるなんて……。ベートーベンも晩年は極度の水銀中毒で苦しんで、最後はすごい幻覚に悩まされていたとか。まぁ私もアマルガム? のおかげで苦しんでいますけど(苦笑)。だいぶ話が長くなってしまいましたね。という事で終了します。こころなしか少し痒くなってきたかも……。

……
……
May 19, 1998
やと ねつ ひいた も とてもかゆい
今日 はらへったの、いぬ のエサ くう
May 21, 1998
かゆい かゆい スコットーきた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。
4
かゆい
うま

彩雲国物語

今更の告白ですが、実は彩雲国物語を見ています。なかなかおもしろいですね。普通のおっさんが見るものでは決してないのですが、こういった温めの歴史恋愛モノって結構好きなのです。原作は一切知らないで見始めたのですが何となく既視感が……。同じNHKでやっていた十二国記は単に衣装や中国っぽさが似ているだけですし。何て考えていたら思い出しました。

そう、懐かしの「なんて素敵にジャパネスク」でした(笑)。自分でも何か納得できました。こっちは中国であっちは日本みないな。うんうん、どうりで見た感じがしたのだな。どっちも好きなタイプですけど。彩雲国物語の方は更にアンジェリークっぽさが加わっている感じでしょうか。いいですね。ベタな感じで。ハーレム万歳って感じです。逆ハーレムだけど。

#Amazon
彩雲国物語  一、はじまりの風は紅く (角川文庫)
雪乃 紗衣
角川書店(角川グループパブリッシング) ( 2011-10-25 )
ISBN: 9784044499235

彩雲国物語 第1巻 (あすかコミックDX)
由羅 カイリ
角川書店 ( 2006-06-23 )
ISBN: 9784048539692

彩雲国物語 第1巻〈初回限定版〉 [DVD]
桑島法子, 関智一, 緑川光, 森川智之, 檜山修之
ジェネオン エンタテインメント ( 2006-08-04 )


なんて素敵にジャパネスク (1) (花とゆめCOMICS)
山内 直美, 氷室 冴子
白泉社 ( 1989-04-01 )
ISBN: 9784592112426




#外部リンク
彩雲国物語 - Wikipedia
彩雲国物語 - Wikipedia

なんて素敵にジャパネスク - Wikipedia
なんて素敵にジャパネスク - Wikipedia

アンジェリーク - Wikipedia
アンジェリーク - Wikipedia

2006年10月1日日曜日

Automatic Photo Pop-up

どうやら写真を自動的に立体的に描画するソフトウェアらしいです。とりあえずリンク先のビデオを見てください。ちょっとびっくりしますね。ちょっと違うけどSFなんかで出てくるホログラフィーみたいな感じですか。少し無理矢理な感じもしますけど、これを自動的に変換してくれるのだったら凄いですね。なんとなく未来を感じます。

ちなみに発明者はCarnegie Mellon Universityの研究者らしいです。さすがCMU、レベル高いですね。昔紹介したPANDA3Dもカーネギーメロン大学だったし。この前やっていたDARPA Grand Challengeの無人ロボットカーでは、企業からいっぱい支援を受けていたのに市販品で安くあげたスタンフォード大学に負けたけど……。

やっぱりアメリカは凄いですよね。こういった企画に国や企業が予算をかけて支援しますもの。日本だったら鳥人間やロボコンで精一杯ですからね。まぁあちらは軍事目的がほとんどですけど……。それにこういった企画は規模の大小というよりノウハウ作りの意味合いの方が強いですからね。やっぱり先生や仲間達との貴重な体験が将来、大きな意味を持つのでしょうし。正直羨ましいです。何せ無駄な学生生活を送っていましたから……。

#YouTube
Transforming a 2D image into 3D - YouTube
http://youtu.be/VuoljANz4EA



#外部リンク
Automatic Photo Pop-up
http://www.cs.uiuc.edu/homes/dhoiem/projects/popup/

Carnegie Mellon Press Release: June 13, 2006
http://www.cmu.edu/PR/releases06/060613_3d.html

DARPA Grand Challenge:優勝はスタンフォードチーム, 賞金200万ドルを獲得 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2005/10/09/darpa-grand-challenge-winner/

Listen, a music management and playback for GNOME

またまたUbuntuでのミュージックプレイヤーのご紹介です。今回紹介するのはListenというGNOME用アプリケーションです。簡単に紹介するとGNOMEのAmarokでしょうか。そのくらい多機能です。iPodとの連携やWikipediaからの情報取得、lyrics、いわゆる歌詞の表示など様々な機能があるようです。私はiPodも持っていないので、上手く連動するかはわかりませんけど。残念ながら日本語環境は考慮されていないみたいでWikipediaや歌詞などは英語だけしか検索できないようです。ただ日本語の翻訳をLaunchpadのRosetta上で行っている方がいらっしゃるのでメニューなどはもう少しで日本語化されそうです。ご苦労様です。Ubuntu用のapt-lineも用意されているので下記のapt-lineを追加すれば、簡単に試すことができます。
For ubuntu dapper a unstable repository is online
deb http://theli.free.fr/packages/ dapper listen listen-unstable
and for musicbrainz update python-binding
deb http://users.musicbrainz.org/~luks/ubuntu dapper main
ある方が述べていましたがLinuxのメディアプレイヤー戦争が、かなり過熱してきましたね。今のところAmarokが頭一つ抜き出ている印象でしょうか? ただ各アプリケーションとも、開発のスピードが速いのでまだまだ先はわかりませんね。特にGNOME環境はまだまだ荒れそうです。それとこれからのトレンドはGstreamer準拠になるでしょうね。KDEだとPhononですか? でもPhononはGstreamerの一つ上のレイヤですね。どうなる事やら。余談ですがアニオタ専用インターネットラジオを聴いていたら久々に暁の車が流れてきました。やっぱり良い曲ですね。外人さんもお気に入りのようです。今度借りてこようかな。

#追記
上のapt-lineはunstableです。stableなapt-lineは公式サイトにありますので、ご自分でお確かめ下さい。

#外部リンク
Listen
http://www.listen-project.org/

GStreamer概要 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/03/06/16/1621207

PhononとKDEマルチメディアの今後 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/06/05/11/0223246

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: AmaroK最強なんだけど……
http://blog.minawa.net/2006/09/amarok_1645.html

Yahoo!ゆうパック

先月解約したプロバイダーにモデムを送るのを忘れていました。イーアクセス製だったので送料自己負担だし、ヤフオクで小銭稼いでから送ろうと思ったのですが、全く売れないし。そんなこんなで躊躇していたのですが、さすがにこれ以上はまずいと思ったのでYahoo!ゆうパックで送ることにしました。ちょうど100円引きキャンペーンやっていたし。

登録や宛先設定なんかは楽なのですが、宛先欄が個人名しか想定していないらしく英数字が入っているとエラーになるので困ってしまいました。だってモデムの返却先に英数字入っているから。それに氏名欄を別々で記入しなくちゃいけないし。少々強引な方法で記入しましたけどね。近くに対応コンビニがあれば、24時間いつでも出せるし、支払いもクレジットカードでできますしね。何と言っても宛先を手書きしなくて済みますから。字が汚すぎる私には一番の利点です。うまく使えば結構良いサービスですね。

レッスルコロシアム’06

テレビをつけたら、今年もやっていました(笑)。今年もHBKこと草野仁さんの野獣っぷりが見られると期待していたのですが、最後にまさかの展開が。相手が関根勤さんだったので何かあるとは思ったのですが、久々の超展開でびっくりしました。この驚きはまほろまてぃっく~もっと美しいもの~のナジェーナエンド以来かも。まぁつぶやきシローと猿岩石の有吉の限界バトルが見られたのでよしとします。

個人的にはこういったお馬鹿番組って好きな方なんですが流石にゴールデンタイムのコンテンツとしては少々厳しい気がします。芸人の本気レスリングって、一般人からみてどうなんだろ(笑)。しかも今年は目玉のHBK戦があんな展開だし……。それと女性ゲストがいた気がしますが正直いらなかったです。ていうか彼女らもどうすれば良いか困ってそうだし。なんか浅草キッドの番組内でやった方が盛り上がったかも。どうみても、深夜向けだし。

個人的に気に入っているシーンは、HBKがマッスルポーズを決めた瞬間ですね。後ろにHBKの義理の娘であるヨーコゼッターランドさんもいましたし。でも全体的に去年の方が破壊力ありました。草野さんがあまりに印象的だったので……。

2006年9月29日金曜日

もう一つの100ドルPC?

台湾のE-Way Technology Systemsという企業がMini PCを99ドルで売り出すみたいです。これもなかなかおもしろい製品ですね。といっても、99ドルですから今どき200MHzという低スペックな訳です。何がおもしろいのかというと、アーキテクチャがx86互換だという事。x86互換ならば、既にGeodeがある訳ですけどね。記事を見ると、SiS550というSoCを使用しているらしく、統合されたx86互換のCPUはRise mP6というものらしいです。

少し調べてみると、このSiS550の設計は結構前らしいですね。2001年9月の記事にも載っているくらいですから。それにRise mP6というのも、なかなかおもしろいCPUだったみたいです。結構日本での情報もありますし。昔から玄人好みらしいですけど。それと99ドルというのは、1個単位での注文らしいです。普通こういった製品だと数千単位での発注じゃないと購入できないらしいですから、128Mのメモリや一通り揃っているコネクタなんかを考えると、ケース付きの完成品としては破格かもしれませんね。x86版玄箱みたいなものかな。

私のような一般人には使いこなしが難しいでしょうがプロの組み込み屋さんや変なガジェット大好きな変人さんにはおもしろいアイテムかもしれませんね。ちなみに大口顧客なら85ドルくらいまで下げられるそうです。製造元はシンクライアントや特定サーバー、工業用コントローラー、セットトップボックスなんかを想定しているみたいです。これでAsteriskのAstLinuxとかMeshnodeみたいなプロジェクト用PCに使えないだろうか。結構楽しそうだなぁ。私には無理ですけど。

#外部リンク
Mini Linux PC breaks $100 barrier - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Mini-Linux-PC-breaks-100-barrier/

【COMPUTEX TAIPEI 2002レポート】統合チップSiS550のアプリケーション | ネット | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2002/06/06/10.html

【レポート】SiS、CPUまでをも統合した「SiS550」を国内でお披露目 | ネット | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2001/09/26/19.html

AKIBA PC Hotline! HotHot REVIEW
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/990409/hotrev05.htm

どっこい生きてたmP6
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0421/esc04.htm

2006年9月27日水曜日

歯医者に行く #13

久々の歯医者です。今回は前回削った大きな虫歯に金属の詰め物を入れる作業でした。今までも何回か金属の詰め物を入れたことがあったのですが、今回が一番痛かったかも。というか今でも痛いのですけど。今までは治療が終われば、ほとんど痛みはなかったのですけどね。やっぱり今までで一番大きな虫歯だったからかも知れません。

噛んだり、熱いお湯や冷たい水を口に入れたときにズキズキと痛むのです。今日だけなのかも。それにしても剥き出しの神経を弄られるのってキツイですね。詰め物を入れる時、水分を飛ばす為か風を吹き込まれるのですが滅茶苦茶響きました。接着剤みたいな薬品を塗られた時も。先生の話だと、ようやく虫歯関係の治療は終了したみたいなので、次回は歯石取りらしいです。はぁ本当に長かった。ちなみに今回も3000円弱でした。

FreescaleとWILLCOM

先日、WILLCOMコアモジュール フォーラムの会員になったフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンの社長さんのインタビューの中で、ウィルコムのお話が出ていたのでご紹介します。ウィルコムに限った話ではないのですけど。このインタビュー、かなりの長さなのですが、読み応えあります。

ウィルコムについてもそうなのですが個人的にはコンシューマ機器向けマーケットのお話が興味深かったです。特にiPod後の世界はどうなるのかというお話は、私自身もぼんやりとですが、常々考えている話題だからです。私が考えている妄想を語ると、話が長くなるので自制しますが、要するに音楽の次はどうなるのかって事ですね。ビデオだけに留まるのか更に統合された何かになるのかって感じでしょうか?

まぁ少しだけ語ると、昨日のNeuros OSD Linux Media Recorder BetaやGP2XやOggって事なんですよ。意味わかりませんけど。この妄想話はまたの機会にお話するかもしれません。とにかくフリースケールはウィルコムにとって結構重要なパートナーになるかもしれませんってお話です。

#外部リンク
Freescale Semiconductor Japan - Freescale
http://www.freescale.co.jp/

WILLCOM CORE MODULE FORUM
http://www.wcmf.jp/index.html

【インタビュー】「一言で言えば、面白い」 - フリースケール高橋恒雄社長に聞く (1) 自動車向けマーケット(1) | エンタープライズ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2006/09/17/freescale/

NP22XとかPicoDriveとか

今更のネタなのですが、GP2XにPC98エミュレーターのNeko Project IIを移植された方がいらっしゃるのです。もちろん日本人の方です。その名もNP22X。素晴らしい。それとメガドライブエミュレーターのPicoDrive。これは元々、数年前にWinCE用に開発されたエミュレーターらしいです。最近W-ZERO3でも動くやつが開発されたらしいですね。詳しくは知りませんけど。このPicoDriveってGP2X用エミュレーターであるDr.MDの元になっているエミュレーターらしいです。オープンソースさまさまですね。

どちらも素晴らしいエミュレーターなのですが、これからはPicoDriveが主流になるかもしれません。というのもDr.MDの開発者であるReesy氏が開発を停止したらしいからです。残念な事ですが仕方がないですね。Reesy氏は最後にソースコードを提供してくれたみたいですし。有り難い事です。それとMELONCOKEさんのウェブサイトによると、次回入荷分のACアダプタが変更されて、変換プラグ無しでも使えるようになるらしいです。他にもGP2Xクレードル(BoB)にも動きがあるらしいです。何と無線が関係しているとか。どうなっているのだろう。楽しみです。

2006年9月26日火曜日

MOVIE COWBOYのGPL問題

久しぶりにDIGITAL COWBOYのウェブサイトを見てみたら、一部の人達の間で話題になっていたGPL違反の疑いについてのお知らせが出ていました。どうやらGPLに基づき、MOVIE COWBOYのファームウェアのソースコードが配布されているみたいです。しかしながら、配布は製品のシリアル番号を入力しなければ入手できないようです。更にこのソースコードを使用した場合、販売元であるハンファ・ジャパン株式会社に対して製品に関するあらゆるサポートを受ける権利の放棄を約束せねばならないようです。

ソースコードの入手については有志が代理配布すれば済みますけどね。問題はあらゆるサポート業務の放棄ですか。まぁわざわざこんなものを入れようなんて輩は、端からサポートなんぞ入らないくらいでしょうけど、初期不良やハードウェアそのものの不具合なども考えられますからねぇ。難しいところです。多少問題がある気もしますが、GPL違反に対して何らかの形で答えただけでも一定の評価はできるのではないでしょうか。某エレコム社とかに比べれば。

#外部リンク
DIGITAL COWBOY 【サポート】
http://www.digitalcowboy.jp/support/index.html

GPL違反容疑による告訴、訴訟が増加中 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/06/09/19/044206

ハーフレートとW-OAM

某巨大掲示板からの引用です。
BPSKの16kbpsのコーデックは、標準化されている。
PHSで使ってるITU-T G.726のADPCMは、16/24/32/40kbpsの4種類。
QPSKフルレートで32kbpsを使ってるので、BPSKフルレートで16kbpsを使うだけ。
どちらにしろ有線部分は回線交換にしろVoIPにしろ、ITU-T G.711の64kbpsのPCMに変換して伝送してるだけだし。
QPSKハーフレートでの16kbpsや8PSKハーフレートで24kbpsなんかもサポートされるんかいなぁ? 
素晴らしい。書いてある通りに事が運んでくれれば、W-OAMの音声投入は大正解ですね。以前BPSKやハーフレートの事をちらっと書いたのですが、W-OAMのもう一つの効果である8PSKってあんまり音声と関係ないかもと思っていたのです。だって音声は既に充分綺麗ですから。でも、8PSKとハーフレートが合わさることによって、ハーフレート時でも24kbpsという高音質を保てる訳ですから。

例えば駅なんかにW-OAM対応のナノセルシステムを導入したとします。平常時はQPSKで現行通りの使い方。BPSKで低音質ながらも広いエリアをカバー。更に電車到着時の混雑時はハーフレートでキャパシティを高める。この際、基地局が近い場合は8PSKのハーフレートで24kbpsの比較的良い音質を保つ事ができると。素晴らしい。

まぁ全くの妄想なので、こうなるのかはわかりませんけどね。それにしても、音声端末のW-OAM対応っていつなのでしょうか。今から楽しみです。余談ですがウィルコムスレって凄い事になってますね。久しぶりに行ったらフレーミングが多すぎました。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: スロットダイバシティ
http://blog.minawa.net/2006/09/blog-post_5633.html

ubuntu Linux入門キットの感想

先日、衝動買いしたubuntu Linux入門キットが到着したので、一通り読んでいました。感想から書くとまぁまぁですかね(失礼)。総ページ数が310ページと、この手の本としてはお手軽な方ですね。中身もUbuntuの成り立ちやUbuntu Japanese Teamの役割や貢献などが丁寧にかかれていて好感が持てました。

肝心の本編ですが、入門書という事もあり、スクリーンショットを多様してわかりやすい方だと思います。ある程度知っている人にはページ数の割に内容が薄いと感じてしまうかもしれませんね。私自身も初心者に近いですが、もう少し詳しく知りたいなぁなんて思いましたし。

ただVMware PlayerやFreeNXについての説明など、少し専門的な解説もありましたので個人的には満足ですけど。それとAppendixのTips&Tricksやコミュニティへの参加方法、パッケージリスト一覧なんかは大変参考になりました。Launchpadについても書いてありましたし。最後に値段ですが、正直言うともう少し安かったらなぁなんて思っちゃいました。1500円から2000円くらいなら嬉しいなぁと。

勝手にアマゾン風に評価すると、星3つ半くらいでしょうか(失礼)。私が本当の素人ならば4つでも良いかなぁと思いました。まぁ入門書ですし。でも筆者の方々のUbuntuに対する貢献や、Ubuntuそのものに対する感謝という意味も込めて、購入してよかった書籍だと思います。できれば中級者以降のシリーズもお願いします。

#追記
2012年01月の見直し時に、Amazonのリンク先を最新版の書籍に変更しました:-P

#Amazon
Ubuntu Linux入門キット―10.04対応 (INTRODUCTION KIT SERIES)
小林 準, 村田 信人
秀和システム ( 2010-07 )
ISBN: 9784798026817

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: ubuntu Linux入門キット
http://blog.minawa.net/2006/09/ubuntu-linux_1854.html

LaunchpadはZope製

へぇ。LaunchpadってZope3で構築してるのですね。素晴らしい。あれ程のウェブアプリケーションになると開発や運営も大変でしょうしね。

Neuros OSD Linux Media Recorder Beta

MOVIE COWBOYのGPL問題と関係があるお話なのですが、海外では逆に積極的にFOSS、OSSと関わっている会社もある訳です。大きなところで言えばIBMやhp何かですね。他にも今回取り上げるNeurosもそうです。しかもNeurosの場合よりハードウェア寄りですし。このNeuros OSD Linux Media Recorder Betaは、Linuxベースのメディアプレーヤーボードです。

簡単に言うと、OSにLinuxを採用した録画もできるマルチメディア再生機ですね。MOVIE COWBOYに録画機能もついたようなものです。ちょっと違う気もしますけど。このNeuros OSD Linux Media Recorder Betaの凄いのは、全てオープンなところです。むしろ、このBeta機を有志に配布して開発を促していますし。ユーザーがソフトウェアを開発しやがれって事ですね。しかも課題を実装してくれれば賞金も出すそうです。ちなみに以下のような課題が出されているようです。
YouTube or Google video Browser
Bounty: $1000
Flickr Photo Browser
Bounty: $600
Implement a wireless remote using a WiFi PDA (or PSP) as the remote.
Bounty: $500
TiVo style functionality for radio. Hook up the OSD to a FM/AM or Satellite receiver and do timed recordings or FF/RW and Pause Live Radio.
Bounty: $700
Voip on the OSD. Plug a USB phone into the OSD and make calls without touching any of your PCs.
Bounty: $500
これですよ! 私がこの前、言っていたことは! そうです。コンバット越前です(笑)。「せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ!」って事です。って違いますね。無理やりハックじゃなくてハック前提のハードウェアを選ぼうって事です。少し前に、日本でもOpenPVSという、Linuxベースのビデオレコーダーを作ろうという企画がありました。

当時、私も感銘を受け、VIAのEdenで組もうかなぁなんて考えていました。でもOpenPVSは完全にパソコンベースで、全体のコストからすると当時出始めていた民生のレコーダーの方が安かったので躊躇してしまいました。実は別にコストの問題だけでもなかったのですけどね。というのも日本のテレビ放送がアナログからデジタルへの移行に伴い、テレビというもの自体に昔ほど執着しなくなってきていたからです。敢えて興味があるとすれば、スカパーくらいだったでしょうか。今ではスカパーでさえ、それ程興味がなくなってきていますけど。

話がずれてきましたが、結局はハードウェアがオープンになったとしても、テレビ放送がそれを受け入れないという事実に絶望してしまったという訳です。コピーワンスやら何やらと考えてまで、録画しなくちゃならないのかと。じゃあイラネって思っちゃったんですね。でも最近はいろいろと問題はありますけど、インターネットベースでの音楽やビデオ等が増えてきているので、録画というよりも、蓄積型の再生機として、こういったモノに関心が出てきたのです。

何か適当に書いていたら、まとまらなくなってきました。という事で今日はここで終了します。考えがまとまったら、あらためて書くかもしれません。

#外部リンク
The Neuros LINK - The Most Powerful Way to Connect the Internet to your TV | Neuros Technology
http://www.neurostechnology.com/

OdNT - open.neurostechnology.com | The Power of Freedom
http://open.neurostechnology.com/

Main Page - The Neuros Technology Wiki
http://wiki.neurostechnology.com/index.php/Main_Page

Linux hackers get first dibs on next-gen DVR - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Linux-hackers-get-first-dibs-on-nextgen-DVR/

自由を手にしたビデオサーバ『OpenPVS』 | スラッシュドット・ジャパン
自由を手にしたビデオサーバ『OpenPVS』 | スラッシュドット・ジャパン

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: テレビ時代の終焉
http://blog.minawa.net/2005/02/blog-post_4350.html

BLOG.MINAWA.NET: スカパーについて考える
http://blog.minawa.net/2005/03/blog-post_3308.html

BLOG.MINAWA.NET: AMDのPICがハックされた
http://blog.minawa.net/2006/09/amdpic_7858.html

2006年9月24日日曜日

鳥人間コンテスト2006

今年も見ました。今回はなかなか面白い大会でしたね。優勝した東北大学のパイロットも良いキャラでしたし。素晴らしい。新種目のタイムトライアルも数こそ少なかったですが、熱かったです。特に大阪府立大学は熱かったですね。折り返しまでは本当に凄かった。最後に力尽きてしまったのは残念でしたけど、何か熱いモノは伝わってきましたよ。是非、来年もチャレンジして下さい。

全体としてはとても良い印象だったのですが、一つだけ悲しい出来事があったみたいですね。毎年、我々を楽しましてくれていた強豪、東工大Meisterが事故に遭ってしまったらしいのです。とても強いチームなのに、今年はほとんど触れられていなかったのが奇妙だとは思っていたのです。

東工大Meisterといえば、強豪チームというだけでなく強烈な個性を発揮しているチームなので印象に残っている方も多いと思います。そう、あの伝説の國府田マリ子Tシャツです(笑)。今年もハルヒネタあたりで、SOS団Tシャツなんかを仕込んできてくれると思っていたのに残念です。

まぁ冗談はそのくらいにして、実は某所に上げられていた事故のビデオを見たのですが、確かに危険な事故でした。幸いパイロットの方は命に別状は無いみたいですが、足に重傷を負ってしまったようです。鳥人間コンテストは、安全面にもかなり気をつかっている印象だったのですが、これからは更に厳しい心構えで望まねばならないでしょうね。

私としては、これからの大会運営に支障をきたすかも知れませんが、それでも敢えて公にして欲しかったです。最近でもTBS系の番組で事故があったり、テレビ局のアナウンサーが不祥事を起こしたりして、一般人のテレビに対する不信感が募っている訳ですから。それに鳥人間たちはこの競技が危険とも隣合わせである事を充分理解して参加していると思います。ですので、大会事務所やテレビ局側もこの事実を隠さずにいて欲しかったのです。失敗があれば来年の成功に向けて努力を重ねていく。そういった気概こそが、鳥人間の本質だと私は思うからです。素晴らしきヒコーキ野郎たちに栄光あれ!

#外部リンク
鳥人間2011│読売テレビ
http://www.ytv.co.jp/birdman/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: 鳥人間コンテスト
http://blog.minawa.net/2004/08/blog-post_1591.html

BLOG.MINAWA.NET: 高校生クイズ
http://blog.minawa.net/2004/09/blog-post_2704.html

BLOG.MINAWA.NET: 鳥人間コンテスト2005
http://blog.minawa.net/2005/09/2005_3063.html

2006年9月22日金曜日

曽我部和恭さん死去

曽我部和恭さんもお亡くなりになったのですね。今年は本当に厄年ですね。古谷徹さんの情報によると、曽我部和恭さんは6年前に一身上の都合で声優を引退していたとか。実は数年前に、某巨大掲示板の声優板で曽我部さんの話題が出た事がありました。その時は声優を引退して、どこかの工場で働いているらしいと書いてあり、曽我部さん程の役者でも声優を生業にするのは厳しいのかと暗澹たる思いになってしまいました。その頃と同時期だったか忘れましたが、声の二次使用料支払い訴訟とかありましたし。

他の方も同じ気持ちだったようで、その書き込みの真偽についての小競り合いが起こっていました。結局、真相はわからずじまいで曽我部さんの近況もわからない状態でした。しかしながら断片的な情報によると、どうやら昔の声がでない事が引退の理由らしいですね。引退後は後進の指導にあたられていたとか。悲しいことですが、役者として潔い引き際だと思いました。

実は曽我部さんは私の世代だとあまり印象に残る方ではなかったのですが、聖闘士星矢やGS美神などで記憶に残っています。おそらく私の世代より一つか二つ上のアニメファンの方たちの方がショックでしたでしょうね。パタリロ!やJ9シリーズ、破裏拳ポリマーなどでの活躍が目に浮かぶ世代ですね。鈴置さんの時も書いたのですが、何と癌の多いことか。私も身内や知人で癌になった人がいるので、本当に他人事ではないのです。一日も早く癌の特効薬が見付かることを願っています。

#外部リンク
曽我部和恭 - Wikipedia
曽我部和恭 - Wikipedia

2006年9月20日水曜日

ubuntu Linux入門キット

前から気になっていたのですが思わず買い物カゴに入れちゃいました。あぁクレジットカードの請求を見て、お金が無いので節約しようと思っていた矢先に。何で買っちゃったかって言うと、Amazonの読者レビューがあまりにも酷かったからです。これはひどい。まぁこの方の本心からのレビューなのでしょうが。とりあえず自分の目で確認したくなったので……。

#Amazon

Linux版Google Earthも日本語対応

Linux版のGoogle Earthも日本語に対応してくれたようです。やっぱり日本語だとイメージが全然違いますね。これは良いです。

#Picasa

Kung Fu Man VS Yuki Nagato

数年振りにM.U.G.E.N.がやりたくなったので、Linux版のMUGENをUbuntu上で試してみました。幸いな事にMUGENはLinux版もあるのですが、オープンソースではないので、バイナリ版しかないのです。しかも、だいぶ昔のソフトなので正直正常に動くかどうかわからなかったのですが、すんなりと起動できました。ラッキー。

遊んでいたのがだいぶ前だったので、設定の仕方とかほとんど忘れていたのですが、とりあえず動かすことだけはできました。せっかくなので長門さんを追加して、伝説のKung Fu Manと対決させてみました。Kung Fu Man、以外と強いし……。しかし、これ程のソフトが事実上停止状態というのは勿体ない事ですね。もしも活動停止前にOSS化してくれていたら、MUGENコミュニティも、とても賑わっていたでしょうに。本当に残念です。

#Picasa

#YouTube
Yuki Nagato in MUGEN - YouTube
http://youtu.be/WUq3Ihewyj4



#外部リンク
elecbyte.com
http://www.elecbyte.com/

コメントが多い

今日は日記への書き込みが二つもあって、とっても嬉しいです。って2つで喜んでいるのかよ。1つはいつも拝読しているAllStarMovesさん。もう1つは何と先日ちらっと書いたFreeCastの製作者チームからです。うわっびっくりした。おっさんの声がどうのとかPeercastの方がいいとか、とても無礼な事書いた気がするし。ごめんなさい。わざわざこんなしょぼい日記にまで目を通していただけるなんて。感激です。 To FreeCast team:Thanks for the comment.hope it gets even better.

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: FreeCast
http://blog.minawa.net/2006/09/freecast_1868.html

static recompiler for 8086 (IBM PC) to ARM

久しぶりにGP2X関連のニュースです。何やらザウルスのpdaXromを弄っているhilarycheng氏から素晴らしいニュースが飛び込んできたようです。この記事のタイトルにも書いてある通り、static recompiler for 8086 (IBM PC) to ARMです。これによりARM上でIntel 8086を使用したエミュレーターの速度がかなり向上する可能性が出てきたのかな?

私には良く理解できませんけど、多分そういう事だと思います。元来Zaurus C860の為に書かれたコードのようですが、GP2XのPSXエミュレーターの作者であるzodttd氏が早速GP2Xに移植しだしたようです。同じARM系なのでそれ程問題にはならないでしょうけど。どのような展開をしていくか、今から楽しみです。

#YouTube
"Romance of Three Kingdom 1" on Zaurus C860 - YouTube
http://youtu.be/-7UidW2tMtQ



#外部リンク
8086 (ibm Pc) Static Recompiler For Gp2x - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?showtopic=31966

X86 -> Arm Dynamic Recompiler For Dosbox? Maybe. - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?showtopic=32002

Wip Static Recompiler For 8086 At Zaurus C860 - OESF Forums
http://www.oesf.org/forum/index.php?showtopic=21465&hl=hilarycheng

2006年9月19日火曜日

エバーグリーンからMac miniが出た

またまたエバーグリーンから怪しげな商品が発売されるようです。見た目まんまかよって感じでいいですねぇ。ソーテックの某製品を彷彿とさせます。今だとAOpenのアレ。是非とも、このコンセプトでMini-ITXのガワを用意していただきたい。まぁここまで露骨だと問題があるかもしれないので、もう少しソフト路線でお願いします。というかコバルトキューブでお願いします。HDD2つにしたいので。

#外部リンク
エバーグリーン、Mac miniライクなNAS自作キット
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0915/evergreen.htm

Launchpad

Ubuntuに限らずOSSの活動を何かお手伝いしたいと思い、いろいろ検索していたらLaunchpadというウェブサイト? を知りました。日本語での説明を探していたら、どうやらUbuntu等の翻訳を手がけているプロジェクトみたいですね。私でも何かお役に立てるかもと、早速登録してみたのですが、なかなか全容が掴めず苦労しております。

どうやらLauncpad内で翻訳を司っている部分はRosettaというウェブベースの翻訳システムみたいですね。日頃、御世話になっているUbuntuの翻訳も簡単な単語なら辞書片手にお手伝い出来ると思ったのですが、まだまだ知識が不足しているようです。もう少し、調べてみる必要がありそうです。

#外部リンク
Launchpad
https://launchpad.net/

コーディングは無理でも、バグ報告ならできる――1 - インターネットコム
http://japan.internet.com/linuxtutorial/20060825/1.html

2006年9月18日月曜日

ヤフオクショック

衝撃の事実。何と先日ヤフオクで売り払った某漫画の単行本セットが近所(といっても隣の市ですが)の古本屋の買取価格を下回っていた事が判明致しました。しかも500円程。何てこった。手間かけて梱包作業した上に手数料まで取られたのに近所に売りに行った方が高いなんて。不覚。

Google Earthで我が家発見!

Ubuntuに仕込んだGoogle Earth beta4で、我が家を発見致しました。まぁそれだけなのですが何かすごい嬉しいです。全世界規模のソフトウェアで、私が住んでいる家が表示できるとは。すごい時代になったものだなぁ。Linux版のbeta4でもガソリンスタンドとか駅名は日本語化されていたのですね。

最寄駅とか近所のガソリンスタンドが表示されるのも変な感じです。前回はLinux版へのリンクが無いと書いたのですが、下記のリンクから行くとLinux版のbeta4が今でもダウンロードできますね。英語版ですけど。レイヤをいろいろ選択すると更におもしろいですね。私が出た小学校や中学校も日本語で表示されるし。これははまる人ははまりますね。

#外部リンク
Google Earth
http://www.google.com/earth/index.html

みえるひと打ち切り

週刊少年ジャンプに連載していたみえるひとって打ち切られちゃったのですね。まだまだ続きそうな雰囲気だったのに、残念だなぁ。確かに霊力バトル全開になってきて、BLEACHとかその他諸々のジャンプ系バトル漫画と被りまくりでしたからねぇ。でも全体的には好印象な漫画だったのでこれからの展開に期待していたのですがね。作者の岩代俊明さんは充分一線で活躍できる人だと思うので、これからも良い作品を描きつづけてくれると信じています。お疲れさまでした。

狂四郎2030

徳弘正也さんの狂四郎2030を一気読み。流石に全20巻を一気は無理しすぎました。目が痛い。徳弘さんの漫画を読んだのはジャングルの王者ターちゃん以来だったのですが、相変わらずの下ネタ全開っぷりで安心しました。話自体は単純明解で、崩壊した世界を背景に心に傷を持つ男と女が様々な困難、苦悩を乗り越えながらも愛を深めていくという、ある意味王道な内容です。

言葉にするとだいぶ陳腐な感じがしますけど、流石にベテランなので己の持ち味を生かしつつ、グイグイと物語を引っ張っていきます。全20巻なのですが、いくつかの章に別れておりダラダラとした印象は受けません。ただ物語が進んで凄惨な内容になってくると、流石にギャグや下ネタでもあまり笑えなくなってきますね。というかそれらを投入する雰囲気じゃないというか。まぁ無理もないですけど。

いくつかの伏線の謎解きがされずに終わってしまったのも残念です。例えば初期の悪役である赤堀大臣の娘とか。初登場のSM嬢時のセリフからして何かあると思ったのですが、あっさり殺されちゃいましたし。バベンスキーが語ったタイムマシンの謎とか、海外のレジスタンス組織とか(これは微妙かも)。

アマゾンのレビューとか見ると結末が納得いかない方が多いみたいですね。確かに上記のような謎やゲノム党のその後とか気になる所ですが、作者も後書きで書いている通り、物語の本質は狂四郎が世界そのものを救う事じゃないのですよね。狂四郎にそこまでの力はありませんし、彼自身、惚れた女と犬(笑)を守ることで精一杯だと言うことを充分理解していますしね。その変わりその小さな幸せは、たとえ世界中を敵に回してでも守り抜くと。まぁ読者からしたら、あんな中途半端で終了されても困るって言うのは充分理解できますけど。あんな悪党達を残しておいていいのかよって感じで。

私見ですが、徳弘さんて理知的ですごく照れ屋さんなんだろうなぁって気がしています。主人公に正論を吐かせたり、感動的なシーンなんか書いちゃうと、自分で恥ずかしくなっちゃうのかすぐにネタに走りますし。終盤はさすがに少ないですけど、途中までは数ページに一度は必ず下ネタやベタな落ちにしますからね。こんなに頻繁にネタに走る人って少ないような……。まぁそれがこの人の持ち味でもあるのですが。ちょっと違いますが、椎名高志さんに印象が近いかなぁ。この人もとても理知的なんだけど、天邪鬼なところがあるし(笑)。そういう人、私は好きですけどね。

#Amazon


2006年9月16日土曜日

Google Earth

Google Earthが日本語化されたというので早速見に行ったのですが、Linux版が無くなっているじゃないですか。どういう事ですか。日本語ページに飛ばされるだけで英語ページにはあるのかな。まぁいいや。面倒臭いから。そのうちわかるでしょう。

DivX Stage6のLinux対応が復活

久しぶりにDivX Stage6を覗きに行ったら、Firefoxとmplayerplug-inの組合せで視聴もダウンロードも両方できるようになっていました。良かった。ただDivx Stage6の公式ウェブサイトだとかなり重いので、DivX Stage6 Viewer経由か、敢えてダウンロードした方が安心して観られるかも。ストリーミングだとバッファが切れてストレス溜まる場合がありますし。

#外部リンク
High-quality DivX video in your browser
http://www.divx.com/stage6/

2006年9月13日水曜日

FreeCast

Javaで実装されたP2Pのストリーミングソフトみたいです。簡単に言えばJava製の簡易Peercastみたいなものですかね。早速試してみましたが、Windows環境では上手く音声が再生できました。何かおっさんがフランス語みたいなので話しているだけでしたけど。んー、正直、Peercastに比べたらまだまだって感じですかね。

ストリーミングの切り替え方法とかわかりませんでしたし、英語版のWikipediaだとOgg Theoraのストリーミングにも対応しているみたいなのですけど。試しようがありませんでした。残念。一応メモって事で。何かNAT Traversalに対応しているって書いてありますが、NAT Traversalって、所謂ポートを空けないでも自動的に対応してくれる機能って事ですかね。UPnPとかって事ですか? 

#外部リンク
Freecast - Peer-to-peer streaming | Home
http://www.freecast.org/

FreeCast - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/FreeCast

歯医者に行く #12

またまた歯医者に行ってきました。前回で主だった治療は終わりのはずだったのに、何やらまた虫歯が発見されてしまいました。えー、どういう事ですか。先生の話だと奥歯の歯と歯の間に虫歯があってよく観察しないとわからなかったそうです。そんなぁ。しかも少し削ってみないと、どのくらいの虫歯かわからず、もしかしたらだいぶ大きいかもしれないといわれました。更に歯と歯の間なので麻酔をしなければいけないと言うし。本当に踏んだり蹴ったりでした。

で、人生で二度目の歯茎麻酔をされて軽く削ったところ、でてきましたよ。ラスボスみたいな大きな虫歯が。何てこった。しかもぶつかりあっている歯の両方に虫歯があるらしいです。更にそのうちの一本はかなり危険な状態との事。まぁここまで来たら、徹底的に治してもらった方が良いと思い、一気に2本とも削り倒してもらいました。麻酔をしていたとはいえ、今までで一番激しかったです。削りカスが喉につまるし、うがいしたら血の色になっているし。結局またまた銀歯が装着されるようです。

でも結構大きな虫歯なので、次回に患部の様子をみてからどうするか決めるようです。うまく治っていれば良いのですが。それにしても激しくお金がかかるなぁ。今回も3000円弱で次回は銀歯2本だからなぁ。ヤフオクの儲けなんかすぐに吹っ飛んじゃうなぁ。まぁそれでも健康になれるなら良いかな。今まで放っておいた自分が悪いんだし。皆さんも歯のメンテナンスは、こまめに行いましょう。放っておいても1つも良いことなんてないですよ。特にお子さんをお持ちの方は気を付けてくださいね。後々まで引き摺る事になりますから。

蒼弓さんが何か始めるらしい

カスタムOgg VorbisエンコーダーのaoTuVで有名な蒼弓さんが、Ogg活用研究という名のGoogleグループを立ち上げたそうです。日本語でOgg関係のフォーマット、関連ソフトウェアなどの話題を話し合う場として活用していくようです。まだ立ち上げたばかりなので今後どうなるかわかりませんが日本語でOgg関係を話し合える中心的フォーラムになったら素晴らしい事ですね。

私のような素人は話題を提供できそうにありませんが、マルチメディアコーデックに関心がある学生さんなんかは第一線で活躍されている蒼弓さんと交流を深める良いきっかけになるのではないでしょうか。個人的にOggシリーズには期待しているので、上手く行くことを願っています。

#外部リンク
蒼弓ノート
http://www2.atword.jp/aooa/

Ogg活用研究 | Google グループ
https://groups.google.com/group/oggjapan?hl=ja