ページ

2006年1月25日水曜日

一大事

身内に大変な災難がふりかかってしまいました。これから先どうなるのかわかりませんが、これ以上事態が悪化しない事を願うのみです。私自身も今までのような腑抜けた生活から抜け出す良い機会だと捉えて、前向きに考えていきます。真面目に生きてこなかったからなのか、いざ危機的状況になってもドラマのようにはいきませんね。どういう態度をとればよいのかすらわかりませんでした。人生経験が圧倒的に不足しているからなのか、あるいは人として何かが欠落しているのかもしれないなぁ……。

0 件のコメント:

コメントを投稿