ページ

2006年1月15日日曜日

PHSとWiMAX #02

私はYOZANのWiMAX戦略はなかなか良いと考えています。WiMAXそのものを提供するのではなく、バックボーン回線として活用しクライアントには無線LANとして活用してもらうやり方の事です。このやり方ならばクライアントカードに安価な無線LANカードが使用できますし、1つのWiMAXをシェアできます。1クライアント辺り、最高でも無線LANの通信速度までしか占有されませんから。

まぁYOZANの場合、上限9Mみたいですけど。更にクライアントは無線LANなので消費電力もWiMAX自体よりも低いでしょうし。個人的にこれを応用してクライアントを無線LANではなくPHSにできたらおもしろいと考えています。PHSなら無線LANより速度が遅いですから、より多くのクライアントでシェアできますし無線LANより広いエリアをカバーできます。

それにマクロセルであるWiMAXとマイクロセルであるPHSの連携は他のケースよりも相性が良いと思うのですがどうでしょうか? ここで言っているWiMAXとは固定用のIEEE 802.16-2004です。IEEE802.16eのモバイルWiMAXだとまた違ってくると思います。大雑把に説明するとルーラルエリアやマンション群などでの足回り回線に固定型WiMAXを導入して工事期間や回線費用を圧縮できればおもしろいという事です。WiMAXを無線エントランスみたいに使えないかという事です。

0 件のコメント:

コメントを投稿