ページ

2006年1月15日日曜日

PHSとWiMAX #04

最後に海外での事も書きます。現在インテルを中心にインドなどの通信環境が未発達な国々でWiMAXを普及させようという動きがあります。その流れにPHSも便乗できたらおもしろいと思っています。つまりWiMAXの音声通話オプションとしてPHSを売り込む事ができないかという事です。

前述のWiMAXとPHSの変換機を開発できれば、ナノセルシステムや既存基地局と一緒に売り込めるのではないかという事です。通信インフラとしてWiMAXを活用してもらい、そのインフラに乗っかる形の通話や低トラフィック用のサブシステムとしてPHSを活用してもらうという訳です。これなら既存のPHS設備や端末がそのまま使用できるので安価で供給できますしWiMAX陣営としても消費電力や端末供給の面でメリットがあるかと思うのですがどうですかね。

実はこの事は海外に限った事ではないと思っています。つまり日本国内においてもウィルコム自らが次世代PHSではなくWiMAXで高速通信サービスに乗り出しても良いのでは無いかという事です。別にウィルコム自らがインフラを構築しなくても良いのですがNTT東西がWiMAXで無線通信に進出なんていうきな臭いニュースもあったりするので。ウィルコム自身が高速通信分野に進出すれば無理にPHSの高速化をしなくても良い訳ですし、私が述べたようにPHSのバックボーン回線として使用できるかもしれないですしね。

それに全国一斉に始めなくても採算のとれる場所から投入していけますしね。適当に考えたので技術的に実現可能かなどは一切わかりませんが、ちょっとおもしろそうですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿