ページ

2006年2月17日金曜日

AH-J3003S

最近AH-K3001Vの電池の減りが激しくなってきたので本格的に機種変更を考えています。W-OAM対応機が普及価格帯になるまで次機種で凌ぎたいのですが、現行機種で決定打が見つかりません。これまで何度か書いているように京ぽん改ことWX300Kに決めようかと思っていた矢先に2xの開放宣言が出されたのが嬉しい誤算でした。

皆さん仰っていますが何でWX300Kを1x限定機にしてしまったんでしょう。正直4xチップと1xチップとでそれ程の値段差は無いと思うのですけど……。まぁ4x対応によるその他の部分のコストが原因なんでしょうけど。私は携帯電話のフルブラウザにはあまりこだわりはありませんので、パソコン接続だけでも2xの恩恵に預かりたいのです。

そうなると残念ながらWX300Kは候補から外さざるを得ません。同時にWX310シリーズもイニシャルコストとW-OAM非対応(現時点の情報)の点から不満が残りますし。残るはW-ZERO3なのですが電話としても使いたいので却下という事に……。後は旧機種しか残らないのですよね。通話限定ならばH-SA3001Vでも良いのですがUSB接続ができない事と多少の端末ウェブ機能、パソコン接続もしたいので却下。

必然的に残るのは日本無線のAH-J3003Sという事に……。ただ画面が小さい事やアイコンやフォントがダサい事(笑)、更にOPERAからの乗り換えによるダメージなどを考えると少し躊躇してしまいます。それに肝心の2x接続時でパフォーマンスが出るのか気になりますし……。この点は誰かの報告があれば大変助かるのですが。何でWX300Kが4x非対応なんだよぉ。こういう所はしっかり話し合っておいて欲しかったです。惜しいなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿