ページ

2006年2月7日火曜日

感謝

先日書いた身内の災難の事なのですが、現時点では最悪の事態は免れたみたいです。本当に良かった。無傷という訳にはいかなかったのですが、生命に別状が無かっただけでも感謝しなくては。生まれてきてから恩返しらしき事すら満足にしていませんから。この状態でさようならなんて情けなさ過ぎますから。これからの人生は健康に気をつけて長生きして下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿