ページ

2006年2月23日木曜日

PHSの仕組み

次世代PHSも発表された事ですし、以前書こうとして頓挫したままのPHSの仕組みについてのおさらいを我流で行いたいと思います。PHSの流れを大雑把に分類すると、コア網、アクセス網、無線基地局、PHS端末の4つに分けられると思います。
コア網
NTT局以降の回線。現在はNTT回線を使用。

アクセス網
無線基地局からNTT局までを結ぶ回線。現在はISDN回線を使用。

無線基地局
無線区間。PHS端末との通信。

PHS端末
いわゆるPHS。
これがW-OAM(高度化PHS)世代のシステムになると多少変化してきます。
コア網
ITXを経由して流せるものは独自IP網へ(KDDIの次世代ネットワーク網ペルセウスを借りるのか? )

アクセス網
現在はISDN回線を使用。基本的に2B+Dx2の256Kbps。足りない分は2B+Dx2を追加したり、ドライカッパ、ダークファイバを使用する?

無線基地局
高度化が必要。つまり新設する。

PHS端末
高度化が必要。つまり買い換え。
こうなると思います。基地局だけ交換とはいかないようです。今回の次世代PHSですが、これは別のトピックに分けます。なお記事の内容についての正確性は全くもって保証されていないのであしからず。あくまで素人の当てずっぽうですので。詳しい方からのご指摘お待ちしています。

#外部リンク
Mobile:AirH"つなぎ放題の詳細は?(1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/news/0105/28/airh_m.html

DDIポケット、体感1Mbps超のPHSデータ通信をアピール
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/21955.html

0 件のコメント:

コメントを投稿