ページ

2006年3月7日火曜日

どうするイー・モバイル

先日のソフトバンクによるボーダフォン買収話でやり切れない思いなのは同じ新規参入組みであるイー・モバイルでしょうね。ただでさえ不利なのにローミング問題などで共闘するはずだったソフトバンクが貸す側のキャリアになってしまった訳ですし、何より国民の関心がソフトバンクだけに集中してしまいましたから。

早速1.7GHz帯の返還を求めています。イー・モバイルには酷ですけど余程の事がない限り自主的に返還する事はないでしょうね。既得権益の最たるものである電波なら尚更です。それに既存キャリアも強くは言えないでしょうし、ツーカーやドコモPHSの扱いもありますし。詳しくは知りませんけど。そこで私が提案した解決策の出番です。

そう、まさかの新規参入組みとウィルコムのコラボレーションです(笑)。ぶっちゃけMVNOですよ。簡単に説明すればイー・モバイルはウィルコム回線を使用する事で全国をカバーでき、ウィルコムはイー・モバイルの持つ090のMNPにより、間接的ナンバーポータビリティを実現するという事です。その際にW-SIMを活用する事で端末コストを削減しインセンティブを抑制させるのです。そうあの伝説の名機? ドッチーモの復活です……。うーん我ながら冴えてます。なんちゃって……。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: 新規参入組みとウィルコム #01
http://blog.minawa.net/2005/11/blog-post_1699.html

BLOG.MINAWA.NET: 新規参入組みとウィルコム #02
http://blog.minawa.net/2005/11/02_1842.html

BLOG.MINAWA.NET: 新規参入組みとウィルコム #03
http://blog.minawa.net/2005/11/03_8356.html

BLOG.MINAWA.NET: おサイフケータイでクレジット決済サービス
http://blog.minawa.net/2005/11/blog-post_7781.html

0 件のコメント:

コメントを投稿