ページ

2006年4月7日金曜日

ウィルコム位置検索サービス

最近ウィルコムのPHS網を利用した位置検索サービスがいくつか発表されていますが、とうとう本家のサービスが登場したようですね。類似サービスのイルカーナやどこ・イルカと比べて使用料も安価なようですし、意外と使い勝手が良いかもしれませんね。まぁ他のサービスと違って別途PHSの基本使用料がかかる訳ですけど。ただウィルコムの音声端末は基本的な部分でのバラツキが大きすぎますね。紹介ページで記されている注意書きを読むとサービスをフルに活用できる端末がサンヨー製と日本無線のWX310Jだけというのは駄目駄目です。京セラ端末でもPS-C1/C2ならば使えるようですけど……。古すぎます。

安心だフォンは使えるようですね。AH-K3001VやWX310Kなんて単一局測位方式とか書いてありますけど、電波を掴んでいる基地局の位置を表示しているだけですよね? 東京みたいにたくさん基地局があるのなら誤差少ないかもしれませんが郊外だと全然使い物にならない可能性高いですよね。もしかしたら考え方が間違っているのかもしれませんけど。ウェブ中着信問題や今回の問題点などは、下手するとウィルコムの評判そのものを落とす事にもなりかねないので、次機種からはウィルコム主導で擦り合わせして欲しいものです。まして基本的な部分なのですから。

#外部リンク
WILLCOM|ウィルコム位置検索サービス
http://www.willcom-inc.com/ja/service/location/index.html

2 件のコメント:

  1. 久しぶりです。
    コストが懸かるとはいえGPSに比べると精度は落ちますよね。
    WILLCOM端末にもそろそろGPS搭載機音声端末があってもいいような気がしますがね。
    どうせバックボーンコストも安くなったんですから。
    そうじゃないと田舎じゃ使い物にならないですよ。どうもWILLCOMは東京や政令指定都市くらいのことしか
    真剣に考えていない気がする。

    返信削除
  2. 多分もう見てるとは思いますがITXのPDFファイル
    こちらにありましたので、当サイトにアップしておきました。
    http://www.tone21.net/blog/files/ITX_1.pdf

    返信削除