ページ

2006年5月20日土曜日

玄箱でBitTorrent

この前、玄箱でTorrentFluxをどうのこうのと書いたのですが、実はまだ玄箱でBitTorrentを動かす事をあきらめていなかったのです。TorrentFluxのようなウェブインターフェースだと初代玄箱のスペックでは厳しいそうなので、ここは基本通りCUI/CLI版のBitTorrentクライアントで挑戦してみる事にしました。

ご存知の方も多いでしょうが、俗に言うBitTorrentクライアントは1つではありません。もちろん狭義で言えばオリジナル版BitTorrentの事なのでしょうが、BitTorrent自体がOSSなので多くの人達により改良版が開発されているのです。OSSの醍醐味ですね。オリジナル版やBitToranadoでも良かったのですが、Debian BackportsにrTorrentと言う見慣れぬクライアントがあったので今回はこれを導入する事にしました。

詳しくは知らないのですが、rTorrentは本家よりもハイパフォーマンスで綺麗なコードを主眼に置いて作られたC++製のライブラリ、libTorrentで作られたクライアントだそうです。ちなみに作者の方はノルウェーの名門、オスロ大学の学生さんだそうです。何やら碁が大好きなようで。何となくですが「日本文化」が好きそうです。

公式ウェブサイトの説明によると、本家の3倍種蒔きが速いそうです。キャスバル兄さん並みの速さです。実際使ってみましたが確かに速いかもしれません。何より玄箱でも無理なく動作してくれます。これはスゴイ。操作方法も直感的ですし、かなりお勧めです。

ちなみにrTorrentを動かしながら、玄箱に仕込んだSambaサーバーに置いてあるDivx動画をウィンドウズパソコンで視聴してみたのですが、特に途切れることなく観ることができました。SambaとrTorrentの組み合わせは、ある意味ベストな組み合わせかもしれません。あまり突っ込まないで欲しいですけど……。

#外部リンク
The libTorrent and rTorrent Project
http://libtorrent.rakshasa.no/wiki

0 件のコメント:

コメントを投稿