ページ

2006年5月1日月曜日

GP2Xの新ファームウェアが出た

予定通りファームウェア2.0.0がリリースされたようです。どうやらブートタイムは10秒から14秒くらいという事で8秒とまではいかないようです。ちょっと残念。でも十分速くなりましたね。それとUSBホストですか。これはBoBが出るまで本領発揮とはいかないでしょうね。でもGP2XのUSBホスト機能は1.1らしいので、あまり期待しすぎない方が良いみたいですね。キーボードやゲームパッドを繋げるだけなら十分ですが。もちろん遅いとはいえネットワーク機能が使える訳ですし。これによって新たな可能性が生まれましたしね。これから楽しみな機能です。

更にSambaやFTP、おまけにウェブサーバーまで追加されています。このウェブサーバーですが、どうやらthttpdらしいです。ここまでくるとゲーム機の範疇を越えていますね。それと早速GP2Xから使えるSamba Clientがリリースされたようです。仕事早いなぁ。こういった展開になってくると以前紹介した恵安のKMC01 MediaCubeの存在が惜しまれますね。もう少しメモリを多くしたり開発元がオープンな環境を用意してくれたのならお手軽マルチメディアLinux Boxとして盛り上がれたのに……。据え置き型と割り切れば、だいぶ楽しめる装備とスペックなんですけどね。

ちとメモリが厳しすぎますけど。他のメーカーに期待しましょう。今更言うのもなんですけどGP2Xももう少しマシなデザインにして欲しかったですね。だいぶ前にも書いたのですがジョイスティックのセンスの無さやボタン配置の駄目さ等が目に余ります。中身のSoC自体はまぁまぁなのですから外見を頑張って欲しいですね。その辺りが日本のメーカーとの違いなんでしょうね。次回の製品では頑張ってもらいたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿