ページ

2006年5月23日火曜日

GP2X関連ニュース

それほど目立った話題は無いのですが、気になった話題を適当に紹介します。まずは以前にも書いたGP2X向けの商業ゲームの話。どうやら5つほど発売されるようです。RPG、アクションゲーム、パズルゲーム、カーレーシングゲーム、そしてギャルゲー(笑)。ジャンルは結構多彩ですね。ちなみに韓国、英国、フランスのゲームメーカーだそうです。それと新しいSDKも出たようです。

他にはSNESエミュレーターを開発しているSquidge氏がパソコンで動くGP2Xのエミュレーターを開発している模様。完成したらGP2Xでの開発に弾みがつきそうです。更にSquidge氏がGP2Xのファームウェア2.0を解析したところ、何とMP3をハードウェアでデコード? できる事を発見したようです。詳細はまだわかりませんが、上手く行けばMP3の再生時間が更に伸びる可能性がありますね。Ogg Vorbis派の私としては微妙ですけど。

更にハードウェアだけで処理できれば、MP3を使用するゲームやエミュレーターでのCPUの節約が見込まれますしね。他にもWMVもデコード可能になるかもしれないそうです。後はPCエンジンのエミュレーターが日々更新されている事ですかね。だいぶ完成度が上がってきたようです。楽しみですね。最後にネットワーク接続について。ファームウェアでのサポートに合わせて、ネットワーク関連のアプリやゲームが出始めたようです。

例えばPyGameを使用したRSSリーダーや、対戦機能付きのテトリスなどですね。GP2Xは無線LANどころか有線LANすら付いていないのでメイン機能にはならないでしょうけど、興味深い機能ですよね。個人的な妄想ですけど、次世代機あたりでは無線LANが標準装備されて、最近開発がスタートしたUNIX向けのKailleraクライアントを実装したNESやSNESエミュレーターなんかが出てきたら面白いなぁなんて思っています。マニアックすぎて誰もやらなそうですけど……。

0 件のコメント:

コメントを投稿