ページ

2006年8月20日日曜日

Joystick

早速、到着したSuper Joy Box 3 ProをUbuntuで使ってみました。その結果すんなりと認識してくれました。どうやら「WiseGroup.,Ltd TigerGame PS/PS2 Game Controller Adapter」として認識されるようです。一応、各種エミュレーターで試してみたのですが、やり方が悪かったのかいくつか問題のあるエミュレーターもありました。

問題の無かったエミュレーターはNESのFCE Ultra、SNESのZSNES、GBAのVisualBoyAdvanceです。Snes9xはボタンは反応するのですが、何故か十字キーが設定できませんでした。ePSXeはGUIから設定できないので挫折しました。まだまだ理解できていないので、もう少し粘ってみようかなぁ。

私の環境だとZSNESとVisualBoyAdvanceがかなり音が悪いのです。ZSNESの方はローパスフィルターをハイクオリティにしたらだいぶ改善しましたけど、VisualBoyAdvanceはほとんど良くなりませんでした。絶対的にCPUパワーが足りていないのか、環境のせいなのか区別がつかないのが残念です。

まとめとしてはUbuntuを含めたLinuxでゲームをしたいならSuper Joy Box 3 Proは買いだと思います。やはり世界的に流通しているので必然的に誰かが対応させてくれますし、何よりも安いです。すぐ壊れたとしても、1000円弱なので気軽に買い直せますし。関係ないですけど、MacOSXでも使えるそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿