ページ

2006年9月9日土曜日

Mednafen

Ubuntuでのエミュレーターライフを充実させる為に、いろいろ調べていたらMednafenというマルチエミュレーターの存在を知りました。MednafenはLynx、GameBoy、GameBoy Color、GameBoy Advance、NES、PC Engine(TurboGrafx 16)、SuperGrafx、NeoGeoPocket、NeoGeoPocket Colorをカバーする脅威のマルチエミュレーターです。

早速UbuntuやDebianのパッケージを探してみたのですが、あるのはTestingやEdgyばかりで肝心のDapper向けのパッケージはありませんでした。いつもならここで諦めるのですが、今回は何故か諦めが悪く、一度も試したことが無いソースからのコンパイルに挑戦してみました。ソースからのコンパイルなんて、数年前に入門書を見ながらやったFreeBSDのカーネルコンパイルしかなかったのですが、ウェブ上の情報を見ながら試してみたら、何とか動作だけはするモノができあがりました。

正直、何がどうなってコンパイルされたのか理解できませんでしたが、テストしてみたGBAとNESは正常に動いているようです。ただし本当に何が何やら理解できていないので、もう少し基本的なところからコンパイルの仕方を勉強してみたいと思っています。何せ、Debianばっかりだったからソースからコンパイルなんてしたことないもので。

#外部リンク
Mednafen - Multi-system Emulator
http://mednafen.sourceforge.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿