ページ

2006年10月1日日曜日

Automatic Photo Pop-up

どうやら写真を自動的に立体的に描画するソフトウェアらしいです。とりあえずリンク先のビデオを見てください。ちょっとびっくりしますね。ちょっと違うけどSFなんかで出てくるホログラフィーみたいな感じですか。少し無理矢理な感じもしますけど、これを自動的に変換してくれるのだったら凄いですね。なんとなく未来を感じます。

ちなみに発明者はCarnegie Mellon Universityの研究者らしいです。さすがCMU、レベル高いですね。昔紹介したPANDA3Dもカーネギーメロン大学だったし。この前やっていたDARPA Grand Challengeの無人ロボットカーでは、企業からいっぱい支援を受けていたのに市販品で安くあげたスタンフォード大学に負けたけど……。

やっぱりアメリカは凄いですよね。こういった企画に国や企業が予算をかけて支援しますもの。日本だったら鳥人間やロボコンで精一杯ですからね。まぁあちらは軍事目的がほとんどですけど……。それにこういった企画は規模の大小というよりノウハウ作りの意味合いの方が強いですからね。やっぱり先生や仲間達との貴重な体験が将来、大きな意味を持つのでしょうし。正直羨ましいです。何せ無駄な学生生活を送っていましたから……。

#YouTube
Transforming a 2D image into 3D - YouTube
http://youtu.be/VuoljANz4EA



#外部リンク
Automatic Photo Pop-up
http://www.cs.uiuc.edu/homes/dhoiem/projects/popup/

Carnegie Mellon Press Release: June 13, 2006
http://www.cmu.edu/PR/releases06/060613_3d.html

DARPA Grand Challenge:優勝はスタンフォードチーム, 賞金200万ドルを獲得 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2005/10/09/darpa-grand-challenge-winner/

0 件のコメント:

コメントを投稿