ページ

2006年11月9日木曜日

Yahoo!ゆうパックにて思う

実はまだヤフオクで小銭を貯めているのです。まだパソコンの代金は貯りませんが、最近は本じゃなくて結構大物を売りに出しているのでそこそこ貯りだしました。と言う事で、最近御世話になっているのがYahoo!ゆうパックなのですが、これって使う側からすると、かなり便利なのですけど、ちょっと気になることもあるのです。

近所のローソンでYahoo!ゆうパックを頼んだのですが、その時対応してくれた店員のおばさんが、一度もYahoo!ゆうパックを扱ったことがないみたいで困った様子でした。とても困っている様子でしたので、大丈夫ですかと尋ねると私にやり方がわかりますかと聞いてきました。その時は私も1度しか経験がなく、しかも運悪く眼鏡を忘れてきてしまった状態だったのですが、見様見まねで何とか作業できました。本当は客がやっちゃいけない作業だったのかもしれませんけど。

その際おばさんと話したのですが、いろいろと覚えなくてはいけない事があり、この先やっていけるのかどうかと、とても気に病んでいる様子でした。何だか自分の親を見ているようで切なくなってしまい、「大丈夫ですよ。この作業自体が難しいだけですから」と、気休めの言葉をかけることしかできませんでした。実際、最近のコンビニエンスストアって、賃金以上の労働を強いられていると思いませんか?

そりゃ大部分が自動化されていて実際の作業は現金の徴収やラベルの管理などなんでしょうけど、学生さんならともかく、おばさん達にはかなりの負荷がかかる仕事だと思います。しかも賃金が見合うものならともかく、どうみても安いですし。ちょっと前に銀行業務の一部をコンビニでもできるようにするとかいった話があった気がしますけど、そこまでするなら、ちゃんとした雇用制度で行ってほしいですね。

はっきりいって日本の大部分のサービス業はおかしいですよ。というかパートのおばさん達の給料が安すぎますよ。まぁそれにはそれなりの理由があった訳ですけど。税金対策とか。ついでに言うと、若い人の派遣もやばいですね。人事じゃないですけど。この先どうなっていくのやら。悲しくなってきましたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿