ページ

2006年12月3日日曜日

Core 2 DuoでUbuntu

早速、姉の新パソコンでUbuntuを試してみました。といってもLiveCDだけですけど。感想としては速いって事ですね。ってWindowsでも同じこといってますけど。あまり試していませんけど、何か立ち上がりがやたらと速くなったのと、たいして変わらないのがありますね。速いのはLiveCDだからっていうのもあるかもしれません。

LiveCDってメモリの量が大きく影響するのですよね? 今回のパソコンはメモリが1GBなので、そう感じたのかもしれません。特に速いと感じたのはBlenderですかね。まぁBlenderは使い方が全くわからないので、実作業は一切しなかったのですが、立ち上がりが滅茶苦茶速かったです。

それとC2Dだからデュアルコアってやつですか? システムの使用状況を見てみたら、ちゃんとデュアルになっているし。ごめんなさい。正直どこがどうなっているのかわかりませんでしたけど、デュアルコアの使用量とかが表示されていただけで、スゴイと思っちゃいました。実際どう作用しているのか全く理解できませんでしたけど。とにかくインパクトは十分ありました。

普通の作業も速いですね。以前使用していたGeode 1750とnForce2の組み合わせだと、ギリギリだったGBAエミュレーターなんかも使用量15%ぐらいですし。これはMednafenだからVGBAで設定もきちんとすれば、もっと楽でしょうし。動画再生なんかも余裕でした。ペンティアム2の333MHzだと、玄箱に置いてあるファイルをSMB越しで再生するのにMplayerでオプション付けまくりのフレームドロップさせてギリギリって感じなのに、C2Dだと何のオプションも無しで余裕ですから。しかも、CPU使用量が3%とかだし。

自分用に一台欲しくなっちゃいました。おまけに発熱も少ないみたいだし。C2DってLinuxでも問題なく使えるレベルなのかなぁ。午後からLiveCDじゃなくて、HDDに入れて本格的に試してみようと思います。3Dデスクトップも試してみたいですし。EdgyってDapperで駄目だったUSBキーボードとマウスの組み合わせでもインストールできるかなぁ。たまたま私の環境だけNGだったのかもしれませんけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿