ページ

2006年12月14日木曜日

deluge-torrent

つい最近BitTorrentがμTorrentを買収というニュースがありましたね。またJava製のAzureusもバージョン3.0からはZudeoというYouTube系のメディアファイル共有のP2Pプラットフォームを始めるみたいです。詳しくは調べていませんが、ZudeoはDemocracyやPenguinTVの時にちらっと書いた通りの展開ですね。

私だけかもしれませんが、Azureusって企業化してたのですね。知らなかった。というか昔から企業だったのかな? BitTorrent本家が企業化したのは知っていたのですが、AzureusとμTorrentまで企業が開発しているとは思いませんでした。折しも、日本ではWinnyの作者の有罪判決が出たりしてますが、何だかんだいいつつも、しっかりビジネスにしていこうというアメリカっていうのは呆れるやら、羨ましいやら。とにかくただじゃ起きませんって感じでしょうかね。

大半のBitTorrentクライアントはOSSとして公開されているのは事実なのですが、P2Pの本命らしきBitTorrentが軒並み企業化してくるとなると、オプソ厨の私としては何となく釈然としないのもまた、事実な訳でして(笑)。まぁそれを言ったら、Ubuntuなんかも微妙な訳なんですけど。そこで気になるのが、OSS環境、特にUbuntuでの主要BitTorrent技術な訳です。現在のメインは本家の実装な訳ですが、今後あからさまに企業化してくるとなると、Azureusともども微妙になってくる訳です。少なくとも私個人としては。

そんな感じで、ちらほらと検索してみたら、何となく今後の主流になりそうなモノを発見できました。それがこのdeluge-torrentです。deluge-torrentは、以前、私が玄箱で快適に動作するBitTorrentを探していた時に知った、rTorrentと同じC++製のBitTorrentライブラリであるlibTorrentを使用したGnome環境向けのGUIクライアントです。ちなみに、Comixと同じPyGTKで作られているようです。しかも、rTorrentで使用されているlibTorrentとは少し違ったlibTorrentらしく、現在のrTorrentがまだ実装していない、様々な機能も備えているようです。例のDHTとからしいです。詳しくは調べていませんけど。

ここからは私の勝手な妄想ですけど、恐らくFeistyかその次のリリースあたりから、このdeluge-torrentがUbuntuのメインクライアントになるのではないかと思っています。1つめは上で挙げた各BitTorrentの企業化。2つめは現在Feistyにしかないパッケージを、わざわざEdgyにBackportsさせる事。これは単に偶然かもしれませんけど(笑)。3つめは、deluge-torrentプロジェクトのUbuntuとの強い関係性です。deluge-torrentの開発者がUbuntu Forumsのメンバーですし、public support forumも、Ubuntu Forums内で運営していますし。まぁ適当な意見ですけどね(笑)。

まだ実際に使用した訳ではないので、どうなるかわかりませんけど、Gnome環境に相応しいシンプルで使い易いクライアントになりそうです。私個人としても、本家やAzureusよりも、玄箱で使っているrTorrentの方が使い易いし、速度も速い気がするので、是非ともdeluge-torrentがメインクライアントになって欲しいと思います。

更にZudeoに関してですが、一社集中になりそうなZudeoよりも、PenguinTVのようなポータル化されていない専用アプリケーションの方がいいかなぁと思っています。まぁある程度はポータル化されている方がおもしろいかもとはおもいますけど。各人が変更、追加し易い方がいいでしょうし。そういえば、OLPCにもPenguinTVのカスタマイズ版が搭載されているみたいですね。

#外部リンク
Deluge BitTorrent Client
http://deluge-torrent.org/

BitTorrentがクライアント・ソフト「μTorrent」を買収,テレビや携帯電話にも進出へ - ニュース:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20061211/256499/

Azureus、ビデオ検索・共有のZudeoをローンチ
http://jp.techcrunch.com/archives/azureus-launches-zudeo/

Rasterbar Software | Products | libtorrent
http://www.rasterbar.com/products/libtorrent/

3 件のコメント:

  1. deluge-torrentをここではじめて知りました。しばらくbittornadoを使っていました。どうでしょうか? deluge-torrent_0.4.0-2_powerpc.debのパッケージでも快調でしょうか?

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。deluge-torrentはGUIアプリなので、残念ながら、玄箱では使えません。私が玄箱で使用しているのはrTorrentです。こちらはtelnetから使用できるので、玄箱での使用にはもってこいだと思います。分かりづらくてすみません。

    返信削除
  3. すばやいお返事、ありがとうございます。サーバーで玄箱を使用していましたが、KDE gnome両方使用可能ということで、GUI環境上でbittornadoを使用していました。Azureusも使用可能ですがIBMのjavaを使用しないといけないのと、恐ろしくおもいのでbittornadoを使用していました。ただ、5個同時に転送できないのがデメリットです。一まとめにtorrentファイルを管理できるソフトを探していましたがなかなか、ないみたいですね^^;最近ではルーターにbittorrentがついていますが……。玄箱に使えそうなクライアントがあればブログに書いてもらえるとうれしいです。もし複数管理できるのがありましたらよろしくです。http://amedias.org/~koke/gnome-torrent/ これも開発してるみたいです

    返信削除