ページ

2007年3月13日火曜日

Linux Mint

前から気になっていたUbuntuの派生ディストリビューションであるLinux Mintの日本語訳レビュー。簡単に言うとUbuntuにプロプライエタリ系の便利ツールを掛け合わせた、ある意味最強のデスクトップOSですね。確かコンセプトとして「今、実現できる最高の環境を提供する」みたいなものがあったと思います。

つまりUbuntu、Kubuntu、Xubuntuのようにデスクトップ環境による区別ではなく思想的にUbuntuと違うみたいな。Debianのポリシーとは間逆みたいな感じですかね。私のようなオプソ厨からすると、あまり歓迎すべきOSではないのですが、ぶっちゃけキレイ事ばかりでは解決できない部分もある訳ですし……。

そういった意味で十分需要はあるでしょうね。まぁUbuntuでもAutomatix2とか使えば半自動化できますけどね。とにかく私が言いたいことは、ミントさんは腹黒いって事です。結局、名前オチかよ……。

#外部リンク
Main Page - Linux Mint
http://linuxmint.com/

Ubuntuを爽やかな味わいにしたLinux Mint - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/07/03/12/0150230

0 件のコメント:

コメントを投稿