ページ

2007年10月3日水曜日

Dillo with FLTK2

キタキタキタ。遂にDilloのFLTK2バージョンが動き出したようです。って、あんまり関心の無い人にはたいしたニュースには聞こえないでしょうが、個人的にはかなりのインパクトがあるニュースなのです。DilloというのはLinuxで動く最小/最速のウェブブラウザのことです。一説によるとテキストブラウザであるW3Mよりも立ち上がりが速いと言われるぐらいですし。

そのDilloが現行のGTK+バージョンの開発を中止して、FLTK2バージョンに移行すると言われたのが1年以上前の事です。その際に、Dilloの主要メンバーが膨大な労力の一部を既にあるいはこれからのバージョンに助けられるであろう組み込み系の企業に寄付という形で協力を求めた(この行為には賛否両論だった模様)のですが、結局思うように賛同を得られず、半ば完成していたFLTK2バージョンもお蔵入りという状況に陥っていたのです。

私はその記事を読んだ時に、とても残念に思っていたのです。デスクトップ環境で今更Dilloを使う事はまず無いでしょう。いくら速いといっても現代のデスクトップマシンをもってすれば、Firefoxなどの近代的ウェブブラウザでも簡単に駆動させる事ができますからね。

では何故Dilloの復活が待ち遠しかったのか? 既に上で書いてしまいましたがモバイル端末等の組み込み系におけるウェブブラウザ、とりわけOSSの選択肢がほとんど無いからなのです。かつてはFirefox系のMinimoが有望視されていたのですが、現状を見る限り無理そうですし。最近になって注目されているのはWebKit系でしょうか?

OSSに拘らなければ、OPERAやNetFrontなどがある訳ですけどね。とりわけOPERAは素晴らしい出来ですし。実際Dilloの開発者もプロプライエタリでも構わなければOPERAにすればいいと書いていた気がします。うろ覚えですが。ただそれじゃつまらない訳でして。例えば100ドルPC、いわゆるOLPCでも、せっかくのOSS環境の中、軽量級ブラウザが無い事によって画竜点睛を欠く状態に陥っています。他のモバイル系プロジェクトもほぼ同じ状況です。

何故Dilloの開発者はGTK+2に移行しなかったのか? ウェブ上のコメントを読むと、残念ながら、GTK+2自体が重量級で貧弱なモバイル環境では重過ぎるのだそうです。まぁ最近のSoCなんかはかなり強力にはなってきていますけど、おおむね同感です。その点、FLTK2は軽量な仕組みながら、実用上、必要十分な機能を提供してくれるシステムらしいです。まぁ私は素人なのでよくわかりませんが(苦笑)。

文章の組み立てとか考えないで書いてきたので、まとまりにかけますが、そういった経緯で開発が中断していたFLTK2版Dilloですが、遂に解禁になったようなのです。まだベータでもないアルファリリースですが、十分期待ができる内容みたいです。

何でこんなに長い駄文をダラダラ書いたのかって? それは例のマシンのシステムに、このFLTK2とDilloが採用されたりしないかなぁなんて妄想しているからです。例のGP2X後継機に。通称「ビースト」にです。いや後継機というか別物なんですけど。それにビーストってあだ名でもないのですけどね。何かフォーラムでやたら「beast」って言葉を使っている人がいて個人的に嵌っちゃいまして。「野獣」ですよ。強そう。「早くこの「野獣」を乗りこなしたいぜ。」とか書いてあるし。外人さんってこういった表現好きですよね。私も好きですけど。どんなケモノが出てくるか、今から楽しみです。

ちなみに、このFLTK2版Dilloは、以前記事にしたLinux BIOSをマザーボードのBIOSにぶち込んじゃった人とかも関心を寄せているみたいです。彼はMBのBIOSにこのDilloを含んだOS自体を載せちゃう事に興味があるみたいです。そうなったらスゴイですね。でも大学の論文が忙しいのでいつになるかわからないとか書いてありました。残念。

#外部リンク
Dillo Web Browser :: Home Page
http://www.dillo.org/

[Dillo-dev] Dillo FLTK2 alpha release for developers
http://lists.auriga.wearlab.de/pipermail/dillo-dev/2007-October/003214.html

Fast Light Toolkit (FLTK)
http://www.fltk.org/index.php

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: LinuxBIOS with X11 server
http://blog.minawa.net/2007/03/linuxbios-with-x11-server_2951.html

0 件のコメント:

コメントを投稿