ページ

2008年12月21日日曜日

地球防衛軍3

そういえばXBOX360のJasper版が日本にも出回り始めている(始めそう?)と言う事で、最近またXBOX360熱が再燃してきています。今日もネットでお薦めゲームの情報収集をしていたのですが、何気なく目にしたのが「地球防衛軍3」。名前からして馬鹿ゲーな香りがしたので、ニコニコ動画で検索したら結構ありました。そのうちの一本を面白半分に見始めたのですが……。

何か目から汁が出てました……。これはヤバいですね。無駄に熱い。熱すぎる。私のダメ中枢がビンビン刺激されてしまいました。漢すぎます……。ちなみにスパロボのタイトルシーンのテキストみて涙出てきそうになった男です。しかもファミコン版。正直グラフィックはショボショボなんですけど、途中途中で流れてくるセリフがヤバすぎますね。特にヤバいのが次の辺り。

壊滅したはずの各戦線に突如援軍が現れるところと、その正体を知った時の司令官の反応とかスカウト4が戦線に加わるところ。それを許可する司令官とか……。シチュエーションがベタ過ぎるのもいいんですけどセリフの言い回しが実に良いんです。特に上記のやりとりでの司令官の絶句とか間の取り方とか。勝手にバックストーリーが頭に浮かんでくるんですよね。例えばスカウト4なんか。

味方の苦境を知り、自分の装備が戦闘向きではない(斥候)のを知りつつ、自ら死地に赴く許可を求めるスカウト4とそれらを知りつつ(行けば確実に死ぬ)、敢えて許可する指令の一瞬の迷いとか(笑)。いや勝手に書いている妄想なんですけどね。こういう臭いやり取りって大好物なんですよ。頭の中は中学生なんで……。そんな感じで勝手に盛り上がっちゃったんですけど、特にヤバかったセリフがこれです。
隊員「本部! 応答願います! 負傷者多数! 戦線を離脱しました!」
本部「誰か戦場に残っている者はいるか?」
隊員「誰か……誰かが戦っている……誰かは分からない……どうぞ」
隊員「俺は見たぞ……ストーム1だ! ストーム1が戦っている……たったひとりで……!」
女性隊員「こちら、レンジャー7。生き残ったのはわたしだけです。戦線を離脱しました」
本部「レンジャー7、ストーム1を見たか?」
女性隊員「ストーム1はたったひとりで、マザーシップと交戦中。
繰り返します。ストーム1は、マザーシップと交戦中!」
熱すぎる……。

#ニコニコ動画




#Amazon

2008年12月20日土曜日

PandoraとMatchbox

予定通り? Pandora実機上でのMatchboxの動画が公開されました。いろいろ書きたい気もしますが、百聞は一見にしかず。ご自分の目でお確かめ下さい。ちなみにYouTubeの動画ですが、高画質版も見ることが出来ます。是非ともリンクを辿ってHDで見てみて下さい。

#YouTube
Pandora MK2 Devboard - Browsing in a Matchbox - YouTube
http://youtu.be/sKKMj37Psd8

2008年12月17日水曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #09

この前の続きです。というか、多少の手直し。

#OS(Kernel)
Linux 2.6

#ディストリビューション
Angstrom #NAND
Ubuntu(Handhelds Mojo) #SDカード

Angstromの方はようやく実機での動作が確認されましたね。Ubuntuの方はどうなんでしょう。何かあんまり力入れていない気がします。まぁおまけ程度でしょうね。少なくとも半年くらいは。

#DE/WM
Simple Mode(Launcher?) Matchbox #NAND
Advance Mode(PDA?) Matchbox #NAND
Desktop? XFCE #SDカード

この前はGmenuのシンプル・ランチャーが廃棄されて、MatchboxのPDAモード一本になるかもと書いたのですが、最近のフォーラムの流れを見ると当初の予定通り、シンプルモードとアドバンスモードがNANDに収納されるらしい。今まではシンプルモードは軽快さ重視でGmenuカスタム、アドバンスモードは機能性重視でMatchboxという風に別れていたのですが、先日書いたように諸々の事情により、両方のモードともにMatchboxで実装するという流れみたいです。

シンプルモードの方は、単純なアプリケーション・ランチャーの機能しかないと思います。こちらは以前紹介したビデオみたいな感じになりそう。多分完全にオリジナルなものになるでしょう。アドバンスモード(PDA)は、一から実装するにはあまりにも手間がかかるので、何かしら既存の枠組みを流用する事になると思います。こちらもまだ詳細は発表されていませんが、私見では以前考察したPoky Linuxからの流用になるのではないかと思っています。

理由は、Matchboxを使用した、きちんとした枠組みが揃っている環境が他にないからです。一応GPEとかありますが、最近は全然メンテナンスされていないみたいですし。それに、この前公開されたAngstromのビデオで使用していたPIMツールがPokyで使用されているものと同じだったもので。

まぁ素のPokyはPandoraのようなゲームコンソールとしての機能を考慮していないので、その部分の最適化は独自に行うだろうとは思いますけど。基本は同じになると思います。完全に妄想な領域ですけどね。

Pandoraのハードウェア支援 #03

Pandoraネタをもう一つ。皆さんもご存知の通り、Pandoraの心臓部とも言うべきSoCはTIのOMAP35xシリーズ。その中でも最高峰のOMAP3530な訳です。以前にも書きましたが、このシリーズにはいくつか種類があります。それぞれ、何かが足りなかったりする訳ですが最上位版であるOMAP3530は全て含まれているのです。
OMAP3503 ARM Cortex-A8
OMAP3515 ARM Cortex-A8,PowerVR SGX
OMAP3525 ARM Cortex-A8,TMS320C64x+
OMAP3530 ARM Cortex-A8,PowerVR SGX,TMS320C64x+
ざっとこんな感じですね。以前の考察でPowerVR SGXとTMS320C64x+が何らかの形で使用できるかもしれないと書いたのですが、最近になってようやく動きがあったみたいです。まずはTMS320C64x+ですが、ほぼ完全な形でフリーで使える環境がリリースされたみたいです。しかもこの機能を使用したデモがYouTubeで公開されています。PandoraではなくBeagle Board上でのデモですけど。SoC的には同じ物なので何の問題もないと思います。

その内容ですが、このDSPを使用して「720×400 MPEG-4 video at 24 fps」という動画を再生させているデモです。DSPを使用した場合、何とARM側のCPU使用量がたったの10%という驚愕の事実! 作者のコメントを読んでみると、まだまだ不安定な部分があるようですが、上手く行けば720pのH.264も再生できるかもしれないとの事です。素晴らしいですね。こいつを上手く使えるようになると、ARMのCPUパワーを消費せずに済む訳ですから、その分、バッテリーの消費(DSP側は消費しますが)が抑えられる訳ですから、結果的に駆動時間の延長に繋がる訳です。

また動画再生についてもDSPのプログラミングが出来るので、新しいコーデックの追加、例えばOgg Theoraのハードウェア再生支援等が可能になる訳です。ちなみにNVIDIAのSoC、Tegraにはこういった柔軟性はないらしいので、その点で既に魅力なしです。確か使用OSにもLinux入ってなかった気がするし。というか、追加するARMもOMAP3に比べると一昔前のやつだった気がするしなぁ。全然調べていないので間違っている可能性大ですが(苦笑)。後は、DSPの動画再生以外の使い道もあるかもしれませんね。前も書いた気がしますが、一部の3D処理とか、画像フィルターとか。まぁ短期間で出来上がる代物ではないでしょうが……。

作者の方もブログで書いていますが、このDSPのソフトウェア処理って結構デカい恩恵ですよね。特にOSS系のコーデックに関しては。何度か書いていますが、私はオプソ厨ですので、当然コーデック関してはOgg厨な訳です。パソコンで全てを完結させようとすると、Oggシリーズを使用する事は全然問題がない、むしろメリットの方が多い(日本語タグなど)のですが、外への持ち出し、オーディオプレイヤーでの使用となると、途端に厳しくなる訳です。DRMとか他製品とのポータビリティとかも厳しい問題ではあるのですが、何より、対応製品であっても、専用ハードウェア処理をしていないという事実が立ちふさがる訳です。

たいていソフトウェアでの処理な訳で、専用設計されているMP3やAACなんかと比べると、明らかにバッテリーの消費量が違う訳です。このDSPのソフトウェア処理は、その弱点をある程度まで埋めてくれる可能性がある訳です。個人的にこれはかなり大きな進歩です。実際、Neuros Technologyの製品ではOgg Theoraのハードウェア再生に取り組んでいる訳ですしね。どうなっているのかわかりませんけど。

長くなってしまったので、PowerVR SGXの方はシンプルにします。こちらの方も、完全にフリーという訳ではないですが、OpenGL ESを使えるドライバーがリリースされるみたいです。既にBBではリリースされているらしい? よくわかりませんが、ドライバー自体はバイナリでの配布みたいですが、バイナリとLinuxカーネルを繋ぐ部分はOSSでリリースされるらしい。これによって、カーネルのバージョンが上がっていっても、PowerVR SGXのバイナリを使用する事が可能になるみたいです。NVIDIAのLinuxバイナリみたいな扱いなのかな? この辺りはあんまり把握していません。

#YouTube
gst-openmax on the beagleboard v2 - YouTube
http://youtu.be/EH4ZSpehNQw



#外部リンク
gst-openmax demo on the beagleboard « Felipe Contreras
http://felipec.wordpress.com/2008/12/12/gst-openmax-demo-on-the-beagleboard/

Ogg Vorbis and Maemo 5; technical standpoint « Felipe Contreras
http://felipec.wordpress.com/2008/09/24/ogg-vorbis-and-maemo-5-technical-standpoint/

PowerVR kernel drivers available for testing - Beagle Board | Google グループ
http://groups.google.com/group/beagleboard/browse_thread/thread/44a0c0f5354afaab#

2008年12月16日火曜日

PandoraとAngstrom

何かと噂されていたPandoraのビデオですが、ようやく公開されたようです。気になっていたWM(ウィンドウマネージャー)でしたが、何とEnlightenment DR17でした。あれっ? 何でMatchboxじゃないの? って思われた方もいるかもしれません。私も少し拍子抜けした気持ち。でも、ある程度は予測できた事態ではありました。

結論から言ってしまうと今回のビデオのWMであるEnlightenment DR17は、製品版のPandoraでは使用されないです(多分)。簡単に言ってしまえば、客寄せパンダみたいなものです。案の定、本家エンガジェット辺りだとかなり好評みたいですし。でも実際は使わないみたいな。おそらくですが、このEnlightenment DR17は、Beagle Board上で使用されているKoen氏のAngstromイメージを多少手直ししたものだと思います。実際にPandoraで使われるデフォルトのWMは、従来通りMatchboxベースのものになると思われます。

まぁさすがに、数あるウィンドウマネージャーの中でも、派手さでは定評のあるEnlightenment DR17ですから、見た目の印象はかなりいいですね。実際、この環境のPandoraでもいいかなぁと思わせるものもあります。更にEnlightenment DR17にはモバイル環境に特化したIllumeというものがあり、実際にOpenMokoなどで使われだしています。ですので、あながち無理な話しでもないのですけどね。更にEFLというライブラリーを使用したアプリケーションにも、目をみはるものがありますし。特にNokiaのN8xxシリーズ向けに作られた、メディアプレイヤー「Canola2」は特筆物だと思います。

ただXFCE4にも言える事なのですが、やはり、Enlightenment DR17もPandoraのような液晶サイズが限られたデバイスで使用するには多少無理があります。まぁ前述のIllumeを使用したものならば、そう違和感はないだろうと思いますが、何分、実績の面でMatchboxと比べてはるかに劣ってしまうのも事実ですし。まして、Pandoraみたいに製品自体が未知数のデバイスの場合、初っ端から不安定だという評判がたってしまうと、死活問題になりかねませんからね。やはり、デフォルトの環境は、地味でも安定性重視な方が安全です。

それに何度も書きますが、Pandoraはファームウェアの書き換えについて、何の制限も掛けていません。ですから、デフォルトの環境が気に入らないと思えば、自分で用意した環境をNANDに書き込んでしまっても問題がないのです。もちろん転んでも泣かないだけの覚悟は必要ですけど。

簡潔に書くつもりが、何かグダグダと長文になってしまいました。何が言いたいかというと、このビデオの環境はデフォルトでは提供されないですという事です。多分ですけどね。ちなみにEnlightenment DR17はド派手で高機能ですが、単なるウィンドウマネージャーですので、このビデオでデモされているアプリケーションについては、製品版のPandoraでも使用可能だと思います。デフォルトで全部インストールされているかはまた別問題ですが。

#YouTube
Pandora MK2 Devboard - First Angström pictures - YouTube
http://youtu.be/oYf-I1UuWhk



#外部リンク
Enlightenment - Beauty at your fingertips
http://www.enlightenment.org/p.php?p=index&l=en

Canola 2 Beta
http://openbossa.indt.org/canola/index.html

Pandoraのキーパッド

ようやくPandoraのキーパッド(原型)が出来上がったみたいです。まぁだからどうしたっていう感じではあるのですが。こういった事についてあんまり詳しくないので、これといった感想を持たなかったのですが、どうやらこのキーパッドの形状、材質について一悶着ある模様。以前からキーパッドは一体型のゴム素材であると言われていたのですが、この事について一部の人達からクレームがついているみたいです。

ゴム素材だと、実際の使用感が最悪であるといった内容らしい。確かに打ちにくそうな印象はあります。それ以前に常時使用に耐えられる形状なのかすら微妙なところではありますが。まぁ最悪BTかUSBで外付け出来ますからね。使用頻度の高い十字キーやABXYボタン、アナログスティックの品質さえクリアしていれば、何とかなると思っていますけど。

ちなみに、このキーパッドですが十字キーとABXYボタン部分は上にプラスチック製の上物を被せるみたいです。他の部分は固いゴムで出来ているらしく、そのままむき出しで使うみたいです。更に付け加えると、このキーパッド部分は後で取り替えパーツとして注文できるようにするみたいです。その際に、表面に何も印字されていないものも用意するらしいです。

これは外国語用にキーマップを変更した時に自分で好きなように印字できるようにさせる為らしい。説明が下手なので上手く伝わるかわかりませんが。いずれにしろ、もう少しで組み立て済みの実機を公開するらしいので、その時に詳しい使用感などがわかると思います。早ければ明日くらいかも。

#追記
完全な組み立てかどうか迄、確信出来ていませんでした。失礼しました。

#Picasa

2008年12月10日水曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #08

この前のまとめからだいぶ経ちましたし自分自身のおさらいも兼ねて、もう一度Pandoraのベースシステムについてメモしておきます。相変わらずですが私個人の妄想も入り交じっていますので確実な情報ではありません。話半分程度に考えて下さい。

#OS(Kernel)
Linux 2.6

まぁこれは間違いないですね。既にOMAP3系のツリーにPandoraからのパッチも取り込まれている(取り込まれる?)らしいですし。

#ディストリビューション
Angstrom #NAND
Ubuntu(Handhelds Mojo) #SDカード

これも多分間違いないでしょう。ご存知の方も多いでしょうがAngstromはザウルス系のコミュニティ(実際にはその他のコミュニティも併合していますが)が開発しているモバイル端末(組み込みも)をターゲットにしたディストリです。ちなみにBeagleBoardもAngstromが主要なディストリビューションです。ですので、同じOMAP3系のPandoraにもBBからの派生物を適用しやすいのです。実際に、MPlayerの最適化はかなりのレベルで進められている模様。Pandoraでも初期のメイン・メディアプレイヤーはMPlayerを使用すると思うので、その点はかなり有利ですね。

Ubuntuに関してはまだこれといった発表はありませんね。おそらくXFCE(Xubuntu)ベースのものになると思います。はっきり言ってXFCEは軽量ではありますがPandoraのようなモバイル端末での使用に特化している訳ではないので、実際の使用についてはあまり快適ではないかもしれません。例えばユーザーインターフェースとか、明らかに画面設定がモバイル端末向けではないですし。まぁPandoraの場合、800x480というなかなかの大きさを持っているので、何とかなるかもしれませんけどね。

それとUbuntuがARMと協力して、次のリリースからARM端末向けのリポジトリも用意するらしいですしね。単に使えるというだけでなく、ARMのCortex-A8,A9系に最適化したパッケージと省電力機能等を考慮した設計になるらしい。これはかなり期待できますね。おそらく次のLTSくらいには、だいぶ熟れてくるかも。

#DE/WM
Matchbox #NAND
XFCE #SDカード

Ubuntu(SDカード)版はXFCEで多分変更はないと思います。でも、Angstrom(NAND)版はGmenuを使用したシンプル・ランチャーは廃棄されて、PDAバージョン(仮称)一本に絞る事になりそうです。その際のWMはMatchboxを使用するのが濃厚。あくまで予想ですが、Pandoraのスペックが向上した為に、機能を絞り込んだランチャーを使用する必要があんまりなくなった事も影響しているのかも。どうもPandoraに使用される、パッケージ管理システム? であるPXMLや、マルチタスクをGmenuに組み込むコストが高くつきそうなので、最初からX環境を使用していて、NokiaのLinux端末等で実績もあるMatchbox一本に絞って、PXML等を組み込んでいった方が、後々のコストを考えれば合理的だと判断したのかもしれません。

判り易く言うと、PSPメニューじゃなくて、ザウルスのようなメニューになるって感じかな(笑)。って余計わかりにくいか。要するにPandoraはPSPやDS、GP2Xなんかと比べると、大幅に汎用性が高いのでゲームやマルチメディアだけを考慮したメニューシステムでは追いつかないって事ですかね。多分ですけど(苦笑)。

#外部リンク
PXML specification - Pandora Wiki
http://pandorawiki.org/PXML_specification

2008年12月8日月曜日

早いなぁ

もう12月8日ですか。月日が経つのが早いなぁ。子供の頃はすごく長く感じたものですけどね。この前友達と「俺たちって、外見だけ年取っただけで、中身は中学生と変わらないね。」って話しをしていたのですが、こういったところだけ大人と同じ感覚だなぁ。はぁ本当にしょーもない人生ですわ。

未だにニコニコ動画とかみて喜んじゃってるし。というか今更東方厨。まぁ余談はこのくらいにして書いておきたいネタはいくつかあるのですけどね。特にPandoraとか。何かいざ書こうと思うと面倒臭くなっちゃって。もう少ししたら書こうかなとは思っているのですけど。

2008年12月2日火曜日

今週のPandoraニュース

久々にPandoraについての小ネタ。まず出荷日。残念ながら当初の予定から遅れる模様。というか本来の予定だと既に出荷している時期ですね。銀行関係のトラブルで思いの外、時間を取られているみたいですね。何かしら問題のある人にはメールが届いているみたいです。今現在、届いていない人は問題なさそうですが。私は予約していないので、把握していませんけど。

肝心の出荷予定日ですが現在でも未定みたいですね。噂だと早い人で今月末くらいらしい。まぁ完全に予想ですが来年の二月末くらいまでには第一期分は配布完了しそうな感じですね。それと完成品のビデオですが、主要デベロッパーであるDJWillisに新型ボード(メモリ256MB版)が届いた後になりそう。現在DJWillisがAngstromベースのファームウェアを作成中らしいです。

まぁ完成品という訳でもないのですけど。まだケースとキーパッドが届いていないみたいなので。この辺りはメインボードと比べればたいした問題でもないので大丈夫だとは思いますけどね。幸か不幸かPandoraはかなりオーソドックスなケースですし。キーパッドの質感等は多少不安が残りますが(笑)。

ちなみに下に新しいケースデザインのCGを掲載しておきます。今までのデザインより、だいぶ丸みが出ていますね。個人的にはいい感じです。まだCGなので実物とのギャップがありそうですけど。最後にZodTTD氏による最新のPSX4Pandoraのビデオ。新しい開発ボード上で動いていますね。ちゃんとサウンドも有りです。これから最適化していくそうなので、フルスピードで動くのも時間の問題なのかな。何にせよ来週以降にいろいろと動きがあるみたいなのでもう少し静観していようと思います。

#Picasa

#YouTube
psx4pandora - Sony Playstation 1 on the Pandora (MK2) handheld. Work In Progress. - YouTube
http://youtu.be/9RhWnyVSL58

2008年11月20日木曜日

KORG nanoシリーズ

ついさっき知ったのですが、もうすぐ超クールな製品が発売されるみたいですね。全然こういった商品について知識無いのですが、これは一目で気に入りました。うーん、欲しいかも。何か素人が買っても全然使いこなせない雰囲気ありますけど、これって詳しい人が使っても結構遊べそうな雰囲気出てますよね?

USBで繋げるみたいですけど、Linuxでも使えるのかな。というかPandora……。うわぁ、何か妄想が膨らんできたぞ(笑)。もう少し調べてみる価値がありそうです。要チェックアイテムに指定しました……。関係ないですが、メチャクチャ安いですね。一つ5000円ですか。ウィンドウズ専用じゃないことを願いますよ。

#YouTube
KORG nanoKEY - YouTube
http://youtu.be/Hvr5a2MEI-U



#外部リンク
nanoシリーズ|KORG INC.
http://www.korg.co.jp/Product/Discontinued/nano/

2008年11月13日木曜日

Pandoraの日本コミュニティ

最近ニコニコ動画ばっかり見ているので、あんまりPandoraについて追いかけていなかったのですが、何やら日本関係で動きがあったみたいですね。よく把握していませんが外国の方が日本関係のコミュニティを立ち上げたのかな。それでMeloncokeさんに協力を求めたのだけど、やんわり断られたって感じなのかな?

ふむ。Meloncokeさんが管理を辞退したのも理解出来るし、外人さん(スペイン人?)の申し出も、Pandoraの日本語化という意味ではありがたい事だとは思いますね。本当なら、日本人自らが、こういった要望(日本語化とか、日本語関係のソフトウェアまわりの依頼等)を、本家のコミュニティへ申し入れていかなくてはいけない訳ですし。それを、本家側のコミュニティから気にかけてくれた訳ですからね。

一方、Meloncokeさんの言い分ももっともだと思います。やはり、日本人(日本語)のコミュニティを作る場合は、母国語である日本語がネイティブであるのが普通だし、中心となるメンバーも日本人である方が何かと便利ですしね。私もそうですが、日本人は基本的に引っ込み思案だし、平均的な日本人だと、日本語以外でのコミュニケーションなんて、そんな簡単には出来ませんからね。むろん、私もですけど(苦笑)。機械翻訳で、何とか意味合いは理解できますが、いざ、会話をしようとすると、まるっきりダメですから。

この問題を自分なりに考えてみたのですが、やっぱり、Pandoraを日本で広める為には、日本人が管理したポータルサイト(もどき)があった方がいいのかなぁと思いました。

GP2Xの時は、情報サイト(Wiki含む)は1つの所に集約しておいた方が分散しなくていいのかなぁと思い、自分の所でWiki等は置かずに、本家のWikiの日本語化だけを行ったのですが、今考えると、それだけでは、普通の人には敷居が高すぎて、コミュニティの確立といったところまで進めることが出来なかったのかなぁなんて思いますし。まぁ結局、私自身がGP2Xを買わず終了してしまいましたけど……。

そんな感じなので、今回(Pandora)の場合は、もう一歩踏み込んで、私のウェブサイトに、簡易的なポータルサイト兼Wikiを作成してみようかなぁなんて考えています。まぁそんな大それた事をする訳でもないのですけど(笑)。

具体策はまだ練れていませんが、今まで通り、本家フォーラム等で知った情報は、このブログで紹介して、基本的な情報は、本家のWikiをまるパクリする形で、私のウェブサイトのPandoraコーナーで日本語化して常設しようかなぁと思っています。開発者的な情報は、私には無理なので、そのまま本家のWikiを参照してもらうって感じでいいかなぁと思っています。勿論、件の外人さん中心の日本語コミュニティとも、出来る限り情報を交換していきたいですけどね。何せ、日本語しか喋れない男なもんですから……。

まぁちらっと考えてみただけで、どうなるかわかりませんし、何より、肝心のPandoraがきちんと発売される事が大前提ですけどね(笑)。 その前に、日本人でPandora欲しがっている人が何人くらいいるのかすら、知りませんけど……。もし居たら、一緒に手伝ってもらえませんか(笑)。

#外部リンク
Pandora Japan | Google グループ
http://groups.google.com/group/pandora-japan

2008年11月12日水曜日

玄箱のSAMBAがマウントできない

何かUbuntu 8.10のデスクトップから玄箱のSambaに入ることが出来なくなりました。最近のUbuntuはsmbbountでマウントしなくても、システムメニューから簡単にマウント出来ていたので全然試していなかったのですが、8.10になってから一部アプリから読み込めなくなってしまって……。確か8.04だと出来ていたのになぁ。ちなみにComixです。スケベな画像見れなくなっちゃった……。この際だから、Samba止めてNFSにしようかな。どうせ私しか玄箱に繋がないし……。というか、そろそろ玄箱もリプレイスしないとなぁ。お金無いからHDDも買えやしない。

2008年11月10日月曜日

低価格サーバー?

某ショップからの宣伝メール見ていたら、なかなか魅力的な商品を発見しました。その煽り文句「人気の低価格サーバーに新機種が殴り込み!台数限定予約受付中!」って書いてあったのですけど、よく商品を見てみたら、これサーバーじゃないですね。既に格安パソコンになっちゃってます。

実は私が常用しているパソコンも某HPの激安サーバーをデスクトップ仕様にしたものなのですが、今回発売されたNECのやつはデフォルトでデスクトップとして使える状態です。何が違うかというと、私の使っているやつはサーバーって事でサウンドカードが搭載されていませんでした。他のサーバーだと更にメモリの種類が違ったり、ビデオカードの増設が出来なかったりするのですが、私のやつは、サウンドカード以外は一応、普通のパソコンと同じように増設出来る仕様だったのです。

それで一部のオタク達が貧乏人用パソコンとしてLinuxを入れたりして遊んでいた訳ですが、今回のNECのやつはサーバーと名乗ってはいますが、仕様を見ると何も足さずともデスクトップ用途に使えるみたいですね。しかもなかなか筋がよろしい。具体的に言うとインテル製のチップセットを使用していて、ビデオカードもオンボードで搭載しています。しかもサウンド機能も搭載されていますから、何の増設も無しでパソコンとして使えます。というかパソコンです。

オンボードのビデオも普通の用途(インターネット・ビデオ鑑賞他)には、充分な能力を持っていますし、OSもUbuntuのようなLinuxを使えば、おそらくドライバーはノートラブルで使えると思います。インテルはビデオカードのドライバーをOSSとしてリリースしていますからね。

まぁ気になる点もいくつかありますけどね。1つはメモリが何故か4GB(1GBx4)までしか使えないと書いてあること。これはBIOSで制限されていたら厳しいですね。公式サポートが4GBまでという事なら問題ないのですけど。それと、電源容量が250Wと今時としては少ない事。ビデオカードの増設とかをしなければ全然問題ないとは思いますけどね。後は、何故か保証期間が6ヶ月しかないこと。これはどういう事なんですかね。

素人考えですが一応台数制限での販売らしいから、売れ行き等の見極めをする為のテストケースとして販売するのかもしれません。だとしても、半年の保証期間というのは解せない気がしますけど(笑)。ということで、少しばかり気になる点はありますが普通に考えれば、かなりお得なパソコンだと思うので、こいつにUbuntuでも入れて遊んでみようかな、なんて思っている人は購入してみてもいいかもしれません。私は今使っているやつがあるので、買いませんけど。

#追記
某巨大掲示版の該当スレを見てみたのですが、おおむね好評なようですね。ただデザインがダサいとの意見がちらほら。私みたいなおっさんからするとシンプルでそう悪い見た目でもない気がしますけどねぇ。何かだいぶ前のソーテックみたいで懐かしい感じですけど(笑)。

#外部リンク
NEC Express5800/S70(タイプSD) N8-S720XMZCUUA1 - NTT-X Store
http://nttxstore.jp/_II_8-12683490?LID=mm&FMID=mm

2008年11月5日水曜日

Theora 1.0 released

ついにOgg Theoraの正式なバージョンがリリースされましたね。仕様が固まってから約4年ですか。まさか、ここまで延期されるとは思いもしませんでした。この前も書きましたが、私がはてなダイアリーを使用し始めた時に、はてなキーワードのテストも兼ねて、Ogg TheoraとOgg Speex、ついでにGP2Xを作成したのが、2005年でしたから、既に3年近く経過している訳です。

今更愚痴っても始まりませんが、正直、せめて、あの頃(3年前)に正式にリリースされていれば、世間的なインパクトも結構あったろうになぁ、なんて思ってしまいます。流石に、今から大々的に普及するという流れにはなりそうもありませんしね。残念。

ただ、全く以て役に立たないという代物ではありませんので、他のOggシリーズと同じように、それなりには活用されていくのではないかなぁと、素人ながら考えております。だって、他にここまで自由に使えるビデオコーデックって無いですからね。まぁDiracとか、例のSunが開発中(であろう)コーデックもありますけどね。安定度からいったら、Theoraが一番でしょうし。何分、数年間掛けて開発している訳ですし(笑)。皮肉なもので、今となっては、H.264などの最新コーデックと比べて、比較的軽いコーデックになっていますし。インターネット環境での使用もそうですが、むしろ、KIOSK端末みたいなスタンドアローン環境での活用も多くなるのではないかなぁなんて思っています。

以前、本家のスラドで話題になった時に、「組み込み端末向けに、H.264を検討していたのだけど、ライセンス料的にペイできないし、H.264を再生させるスペックを考えると、今の端末じゃ無理なので、もっとグレードの良い端末に切り替えるしかなかったので、動画のレベルは落ちるが、Theoraなら、ライセンス料もかからないし、今のショボい端末での再生出来るから助かった。」みたいなコメントもありましたし。確か、公共施設向けか医療用のスタンドアローン端末の話だった気がします。

インターネット環境だと、ライセンス料よりも、帯域負荷の方が高くつく場合も多いので、一概にどちらがいいとは言えませんしね。だけど、上記のようなスタンドアローンな環境なら、その辺はあんまり考慮する必要も無さそうですし。あくまで、素人の考えですけどね。

それに、現行のTheoraは、贔屓目に見ても、Xvidと比べても7割くらいの能力しか無さそうですが、現在開発中の新エンコーダー「Thusnelda」は、8割から9割くらいの実力を持っていると、個人的には思っているので、この辺りのコーデックの代替は十分可能だと思います。そして、その需要も十分有ると私は思っています。

何かダラダラと妄想を垂れ流してしまいましたが、とにかく、ちゃんと正式リリースまで漕ぎ着けて良かったと思います(笑)。まずはFirefox 3.1での活躍を期待したいところですね。今から楽しみです。

#外部リンク
November 3, 2008: Xiph.Org releases Theora 1.0
http://www.xiph.org/press/2008/theora-release-1.0/

Xigh.org、オープンソースのビデオコーデック「Theora 1.0」をリリース - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/08/11/05/0629234

2008年11月1日土曜日

Theora 1.0 RC2

Ogg Theoraの方にも動きがあったようです。ようやくTheora 1.0 RC2がリリースされたみたいです。ここにきてRC2だったのが意表を突かれましたが、流石にこれ以上のリリース延期はないでしょう。おそらくですが今月中、遅くとも今年中には念願だったOgg Theora 1.0がリリースされると思います。正式なリリースが今から楽しみです。

#外部リンク
[theora-dev] Theora 1.0 RC2
http://lists.xiph.org/pipermail/theora-dev/2008-October/003732.html

2008年10月31日金曜日

メモリ増強は本当だった

どうやら、Pandoraのメモリ増量の噂は本当だったみたいですね。ガセネタじゃなくて良かった(笑)。フォーラムを見てみると、いろいろと書いてありますね。今だから書きますが、実はこのネタ2週間くらい前にもしかしてあるかもなと内心思っていたのです。何故かというとBeagleBoardの方で同じようなネタが話題になっていたからです。具体的には現在計画中のRevision Cが以下のようなスペックになるだろうと書かれていたからです。
Revision C is same as revision B except:

* USB HOST (EHCI) will be operational on revision C.
* It will use updated OMAP3 revision. BeagleBoard revision B uses OMAP3 ES 2.1 (engineering sample), while BeagleBoard revision C is supposed to use ES 3.0. OMAP3 ES 3.0 will fix minor issues:
o updated ARM Cortex A8 silicon (r1p3) fixing a very rare NEON issue that has not been seen in real code
o possible have 256MB of slightly faster RAM instead of 128MB SDRAM
o add interface for raw LCDs (mockup)

Note: Revision C is expected earliest at late December 2008 or early January 2009. There are some early revision C prototypes out there, but they still seem to have USB host issue.
どうやらOMAP3のESが変更されるのに伴い、例のCortexのバグと一緒にメモリが128MBから256MBに変更されるらしいのです。ちなみにCortexのバグの方はPandoraも解決済みです。

他の詳細に関してはEngadgetの方に書いてありますので割愛しますが、フォーラムでのCraigX氏の発言を読むと現時点でのPandoraの収支は完全に赤字だそうです。本当なら少しくらいの儲けは確保出来るはずだったらしいのですが、例の世界規模での金融危機のせいで、そんな微々たる儲けも一気に吹き飛んでしまったらしいです……。そんな状態なのに、何でメモリを増強したのかというと、これから先のPandoraの事を考えての事らしい。

ここからは私の推測も混えて書くので、妄想半分だと思って聞いて下さい。はっきり言えば、ここでのメモリ増強は完全に赤字です。当初の予定には完全に無い計画ですしね。ただengadgetの記事にも書いてあるように、気まぐれで公開したUbuntuの移植が思いの外、話題になってしまい、それを聞きつけたOSS系オタク達がIRCでしつこくメモリ増強を説得してきたらしい。今のまま128MBで出したら、中途半端な移植しかできないぞって。

Pandoraの開発者達は元々が市販ゲーム機上での自作ゲーム、エミュレーター関係の集まりだったので、そこまでメモリ増強に関心がある訳ではないですしね。彼らからしたら、余分なメモリはお金がかかるし、バッテリーの持ちも悪くしてしまう邪魔者ですからね。ちなみに、今回のメモリ改訂によって、Pandoraのバッテリー持続時間は理論上45分短くなるらしい。でも、これはフルアクセス状態での値なので、実際は25分くらいの損失になるのではないかとの事らしい。間違っているかもしれませんけど。

まぁそんな感じで、あんまり乗り気じゃなかったのですが、あんまりしつこいのと、さっきも書いたOMAP3自体の改訂もあって、現時点では赤字になるが、将来的には256MBの方がスタンダードになるだろうって事で導入を決めたらしい。

普通なら、初期ロットはそのまま128MBで出しちゃえばいいじゃんとか思うのですが、これから先の事を考えれば、128MB版と256MB版といった具合にPandoraを分断してしまうのは、開発環境的にまずいし、何より真っ先に予約してくれたフォーラムのコミュニティの皆に失礼だという考えらしい。確かに128MBと256MBじゃ、やれる事がかなり変わってしまいますからね。損して得取れみたいなものですかね。まぁ経営者的には、良い人過ぎる気もしますけど。

#追記
未確定ですが、今回の改訂による発売日の遅れは今のところないそうです。ただし、液晶パネルの確保がまだ完全ではないらしい。最低でも3800個必要なのに、未だに640個しか納品されていないらしいです……。これは意外な落とし穴になるかもしれません。

#外部リンク
オープン携帯機 Pandora、内蔵メモリ・フラッシュストレージを倍増 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/10/31/pandora-upgrade/

2008年10月30日木曜日

PANDORAヤバス

ちょっとはしたないタイトルで恐縮なのですが、何かPandoraが凄いことになりそうです。まだ確証は取れていないのですがPandoraにとんでもない変更が加えられそうです。その変更とは……。メモリ(RAM)とメモリ(NAND)の容量アップみたいです。「具体的に言うとRAMが128MBから256MBに、NANDが256MBから512MBになるらしい?」うおー、これが本当だったら名実共に最強のPDA、いや既にPDAの枠を越えた何かになりますよ。これがどのくらい凄いかを分かりやすくドラゴンボールで例えると「サイヤ人がスーパーサイヤ人になるくらい」の凄さです。何ていうか別次元。越えられない壁を越えちゃったくらいの衝撃度です。

一番大きいのがRAMの増加。これによりFirefoxが実用域のレベルで動作するようになると思います。画面の問題は残りますけどね。それにこの前発表されたXubuntu(XFCE)も何とか実用域に入ってくるでしょう。はっきりいって128MBではかなり厳しかったですからね。XFCEでも。ちなみにスリム化したXFCEでも256MBには入らないそうです。最低でも300MB以上はないと厳しいらしい。これはあんまり確証のないネタですけど。

ちょっと興奮しすぎて、レベルの低い文章になってしまいましたが、それくらい興奮するお話だという事でご容赦願いたい。まだ話の内容を掴みきれていないのでガセネタの可能性もありますが、いち早くお知らせしようと思いまして。ちなみに予約も一度キャンセルされるかもしれません。まだ詳細はわかりませんけど。って、ここまで書いたけど、あまりに話が上手すぎる気もしてきました。もしかして、詐欺?(笑)。

AX530S

久しぶりにウィルコムの話題。最近発表されたカード型端末「AX530S」って、情報どおりだったら、かなりいいスペックですね。以下に主だった特徴を抜粋。
【1】 未使用時はアンテナを本体に格納できるジャストPCサイズで、持ち運び時の破損を防止
【2】 USBアダプタとケーブルを同梱し、PCMCIA接続とUSB接続での利用も可能なデュアルインターフェイス対応。USBアダプタは3つのスタイルでの使用が可能
【3】 「W-OAM typeG」対応で、8xパケット方式ご利用時で最大約800kbpsの高速データ通信が可能
※1、RTT値※2(応答時間)50ms以下でクイック・レスポンス
特に3。AX530Sのレビューを読むと、光IP化完了エリアでの実測値が出ていますが、何とコンスタントに700kbpsが出ているとのこと。しかもデモ用の簡易基地局ではなく、実際の既存基地局との通信でこの値。複合ビル内12階の大きな会議場でデモしたとの事ですが、この基地局が室内型(ナノセル)じゃなくて屋外型とのやりとりだったとしたら、かなり驚異的な実測値を叩き出していますね。

私も無線の専門家じゃ無いので、実際のところは全然わかりませんが、ブレ幅の大きい無線で理論値800kbpsにたいして、実測値で700kbps出るなんて、なかなか無いレベルな気がします。これが全国、せめて政令指定都市レベルで使える状態になったのなら、もっと言えば、この値が24時間安定して出せるようになったのなら、高度化PHSでも充分やっていける気がしますね。次世代PHSの補助としても合格点なのではないでしょうか(笑)。

正直、今のウィルコムはかなり厳しい状況が続くと思いますが、地道に光IP化の整備等していってもらいたいですね。頑張って下さい。それとイー・モバイルのUSBモデムみたいにLinuxでも標準で使えるようにドライバーの提供もお願いしたいですね。またはBluetooth通信対応とか。

#外部リンク
WILLCOM|AX530S
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ax/530s/index.html

WILLCOM|データカード「AX530S」の発売について ~PHS高度化通信規格「W-OAM typeG」対応~
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2008/10/28/index_03.html

写真で解説する「AX530S」 (1/2) - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0810/28/news124.html

Θケータイのアレ: ウィルコムの「W-OAM typeG」光IP化基地局で約700kbps出してみた
http://sureare.com/archives/200809/20_000959.html

2008年10月25日土曜日

どう見てもPandoraです。

このニュース。きっかけは、どう見てもPandoraです。本当にありがとうございました。まぁ冗談はさておき、これでPandoraでAndroidが移植しやすくなりますね。と言ってもそんな事が出来る人なんて、そう何人もいる訳ないでしょうが。まぁやってくれそうな方はいますけど。

#外部リンク
米TI、「Android」向けにBluetoothと無線LANのドライバをオープンソースで提供 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/08/10/24/085207

2008年10月23日木曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #07

昨日書いたPandoraの衝撃ニュースですがズバリ、メインOSが「Ubuntu」になりそうって事です。これには私もかなりビックリしました。何故かって、この前までの大方の予想ではメインOSはOpenEmbeddedを使ったAngstromになるだろうって事だったもので。話の始まりは開発者であるEvildragon氏とSquidge氏がいきなり「PandoraのメインOSは、 Ubuntu(XFCE)になったから。」と言い出したからです。今までAngstromで行くって言っていたのに何で? って言うことでフォーラムに衝撃が走ったのです。

なぜ衝撃なのかというと、現状のUbuntu(Handhelds Mojo)とAngstromを比べた場合、モバイル用途に限れば明らかにAngstromベースの方がメリットが多いと感じていたからです。フォーラムを見ても私と同じ事を考えている人が多く、かなり荒れそうな雰囲気になっていたのですが、今日になって風向きが変わってきたみたいです。確定した訳ではないのですが、どうやら情報の伝達に齟齬が発生しているみたいです。ここで私が現在掴んでいる情報を纏めてみたいと思います。例によって幾分かの妄想も入っているので100%の信頼度はありません
#ディストリビューション
Angstrom #NAND
Ubuntu(Handhelds Mojo) #SDカード

#DE/WM
Gmenu2x #NAND
? #NAND
XFCE #SDカード
とりあえずこれだけ。えっと何が言いたいかというと、「PandoraのOSは(少なくとも)3つのモードを持っているらしい」って事です。何という力業(笑)。

ぶっちゃけて書くと、今までの路線であるAngstromベースの環境(1つはGmenu2x、もう1つは未だに未公表)に加えて、この前Notaz氏が公開したUbuntu(Xubuntu)も、SDカードからのブートという形で正式なOSとしてサポートするよって言う事らしい。ちなみにAngstromベースのものはPandora内のNANDメモリーにてサポート。モバイル端末では、NANDまでが正式なOSとするのが普通だと思いますけどね。ザウルスとかでも出来ましたが当然自己責任です。というかメーカーはそういった使い方は推奨しませんね。

もしこれが本当なら、私にとってはかなり理想的な形のOSサポートになります。ゲーム・エミュレーター・メディアプレイヤー機能のみだが、最速でブートするGmenu2xモード。限られたアプリケーションのみだが、PDAツールを厳選して搭載し、そこそこの速さでのブートが可能なPDAモード。更に、SDカードからのブートで、立ち上がりも遅いが、半面、フル装備のアプリケーションとOS環境を備えたUbuntu(Xubuntu)モード。これらを上手く使い分ける事で、あらゆる場面で活用できる最高のモバイルガジェットに仕上がる可能性があります。と、だいぶ希望的観測で書いてしまいました(笑)。実際のところは中途半端すぎて失敗する可能性もありますけどね。

ちなみにNANDからブートするOSはおそらく発売時の日本語環境のサポートは無理(といっても、ゲームコンソールモードであるGmenu2xは日本語表示だけで充分だとおもいますけど)だと思いますが、フル装備版であるUbuntuに関しては、最初から日本語環境で使える可能性がかなり高いと思います。あくまで推測ですけどね。何にしてももう少しで発売ですから、こういった情報もそのうち明らかになると思います。早く詳細が知りたい所ですね。

そろそろPandoraの話題でも

いきなりのウェブサイト変更だったので、未だに落ち着いていませんが、そろそろPandoraの話題でも書いておこうかと思います。まだ確定した訳ではないのですが、結構衝撃的なニュースを耳にしたもので……。少し長くなりそうなので、明日か明後日辺りまでに要領をまとめて書こうかなと思っています。

2008年10月21日火曜日

凍結中

このブログは更新停止状態です。コメント等されても気づかない場合が多いです。筆者の日記は、以下のアドレスにて続行しておりますので、もし宜しければそちらをご覧下さい。

#外部リンク
BLOG.MINAWA.NET
http://blog.minawa.net/

2008年10月20日月曜日

名前変更

ついでにインターネット上の名前(ハンドルネーム)も変更します。今までは「sanafrato」と名乗っていましたが、しばらくは「bonpu」と名乗ることにします。意味的には、そのまんま「凡夫」です。ヘタれみたいな意味合いで使います。ちなみに「sanafrato」というのは、私の本名と愛犬の名前から一字ずつ取ってそれをベースに無理矢理に熟語を作成して、なおかつ、それをエスペラント風味に捩ったものです。

自分としてはオリジナルの呼称なので目立っていいかなとか思っていたのですが、少し変テコすぎなので、自重することしました。まぁbonpuもどこまで使うかわかりませんけどね。という事で、これからは「bonpu」または「minawa_net」あたりを使用すると思います。宜しく。

BLOG.MINAWA.NET

久々にウェブサイトの構成を変更しました。しばらく試行錯誤するかもしれませんので、また何らかの変更があるかもしれません。

ブログが不調

うーん、何かブログの調子がおかしいみたいです。この前Wordpressの入れ替えをしたのですが、その時にサーバーを変えたのが原因かも。最近Xreaのサーバーも少しおかしいからなぁ。明日辺りにまた入れ直します。当分繋がらないかもしれません。

2008年10月17日金曜日

今更なゲーム

この前書いたゲームなのですが、実は「Tibia」です。誰も覚えていないでしょうが今から2年前に日記に書いたりしてました。今更なんでこんなゲームをやり始めたのかというと、前回書いたLinux版のクライアントを試してみようかなぁっていう、本当に軽い気持ちからだったのです。

既に記憶が曖昧なのですが、以前にもLinux版を試した事があったのです。その時は何故か上手くいかなくて諦めていたのですが、久々にTibiaの公式ウェブサイトを見てみたら、ちゃんとLinux版もメンテナンスされているみたいで、バージョンもWindowsと同じものが公開されていました。以前見たときは少なくとも1つ以上バージョンに差があった気がしていたのですが。意外とよくメンテナンスされているのかな。

という事で、愛用しているUbuntu 8.04の環境で試してみたのですが、これが拍子抜けするくらい簡単に起動。単にクライアントをダウンロードして適当なディレクトリに配置するだけでした。ぶっちゃけ、Windowsと同じ感覚です。Tibiaというバイナリをダブルクリックするだけでプレイ画面が出てきました。こりゃ便利だ。と調子にのって、そのままフリー会員の登録を済まして(電子メールとアカウント名だけ)プレイしてみました。

画面上は昔と変わりなし。若干、敵キャラとかのグラフィックスが綺麗になっていますけど。正直かなり古くさいです。おまけに音も出ませんしね。でも、スタート時のストーリーが2年前と比べて変化していました。昔はスタートしてすぐに初心者島に放り込まれてフリーダムって感じだったのですが、今のストーリーは初心者島の一歩手前からスタート。最初に漁師のおっさんに話かけて、いきなりチュートリアル風クエストに巻き込まれます。まぁ内容はおっさんの家の地下に大量のゴキブリが発生して困っているので、とりあえず踏み殺してくれという内容。かなりキモい感じですが、ゴキブリですから滅茶苦茶弱いです。一応ノルマがあって3匹殺してルート(お宝みたいなもの)に入っているゴキブリの足を3つ持ち帰るというクエスト。その際に、初期装備の武器とか貰えます。

まぁそんな感じであと2つほど、ショボいクエスト(お婆さんに枯れ木をプレゼントしたり、腹を空かせたおっさんの為に、兎や鹿を殺して肉をプレゼントしたり)をクリアするとようやく、初心者島への上陸を許されます。ちなみにこれらのクエスト中も他のプレイヤーと同時進行の場合がありますので、いきなり話しかけられたりします。運悪く? 私も話しかけられたのですが、英語が全然わからなくてほとんど無視してしまいました。なんか初っ端から嫌な感じです。

って、どうでもいいこと書いてしまいました。そんな感じで、ちゃんと動くか試すつもりだったのですが、そのままズルズルと続けてしまい、既にレベル10近いです……。Tibiaではレベル8になると、初心者島から出ることを許されて、より広大で殺伐としてメイン大陸へと出ていくことになります。ちなみに、通常は初心者島だけPK(対人プレー)が禁止されており、メイン大陸へと出ると即効で殺されたりします。ですが、私はヘタれなので、今回は初めからPK禁止のヌルイサーバーでプレイしております。以前これで嫌な思いをしたもので(苦笑)。

まぁ対人禁止だと、別の意味で酷いのですけどね。特に酷いのが物取りです。既に何回か妨害されています。敵を倒した後の宝物の横取りです。今日もやられて、帰りざまに「You NooB!!!!」とか煽られました……。日本語で言うと「お前ダサい初心者だなwww」みたいな感じでしょうか。知るか! 多分10代前半の子供なんでしょうけどね。どうせおっさんだからいいんだよ。鈍いのはデフォルトです。

はぁおもしろいと言えばおもしろいのですけどね。一切日本語が通じないのと、もう少しやり続けると無性に時間の無駄遣い感が出てくるのが難点ですね。まぁゲームなんてそんなものですけど。

#外部リンク
Tibia - Free Multiplayer Online Role Playing Game - MMORPG
http://www.tibia.com/mmorpg/free-multiplayer-online-role-playing-game.php

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Tibia
http://blog.minawa.net/2005/12/tibia_9300.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibia難しい
http://blog.minawa.net/2005/12/tibia_5461.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibia二日目
http://blog.minawa.net/2005/12/tibia_4594.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibiaで聞かれた事
http://blog.minawa.net/2005/12/tibia_2661.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibiaの盾
http://blog.minawa.net/2005/12/tibia_1222.html

BLOG.MINAWA.NET: 最近のTibia
http://blog.minawa.net/2006/01/tibia_8037.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibiaで初トレード成功
http://blog.minawa.net/2006/01/tibia_3466.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibiaやりすぎた
http://blog.minawa.net/2006/01/tibia_5259.html

BLOG.MINAWA.NET: ゲームは1日1時間
http://blog.minawa.net/2006/01/11_4031.html

BLOG.MINAWA.NET: Tibiaアンインストール
http://blog.minawa.net/2006/01/tibia_5281.html

BLOG.MINAWA.NET: TibiaのLinux版クライアントが出た
http://blog.minawa.net/2006/10/tibialinux_6508.html

2008年10月10日金曜日

Pandoraプロトタイプ上でのPSX4Pandora

これも実も蓋もないタイトルなのですが、PSX4PandoraをPandoraプロトタイプで動かしたビデオだそうです。残念ながら、このビデオではサウンドドライバが実装されたカーネルを使用していないので音が出ていませんが、実装したカーネルを使用すれば音も出るしUSBコントローラーも使えるそうです。当たり前といえば当たり前ですけど。

実際の映像ですけど正直前回のビデオからそう変化が無いようにも見えます。私がこのWipeout XLというゲームの事を全然知らないというのが一番の問題ですけど。ただコメントを見るとまだ完全な速度という訳ではないそうです。となると例のOpen GL/ES関係の実装に期待するしかないかもしれませんね。まぁ時間をかければ、まだまだ最適化してくれそうな気もしますが。

余談ですが、PandoraでPSXの動作がこのくらいだとすると、GP2X WizでのPSX完全動作はかなり難しそうですね。少なくとも発売後すぐというのは無さそうです。素人の見立てですけどね。

#追記
2012年現在、残念ながら動画が削除されていますので、リンクも削除しました。

2008年10月6日月曜日

久々にpsx4pandoraのビデオ

久々にZodTTD氏がフォーラムに顔を出したみたいです。早速、置き土産として現段階でのpsx4pandoraのビデオを公開してくれました。これといって前回からの変化はあまりなさそうですが、ZodTTD氏によると、Pandoraの製品版ではこれよりも更に速い速度でエミュレーターが動くだろうとのこと。おそらくですが、(最終的には)ほぼ全てのゲームがフルスピードで動作するみたいです。

何故これより速くなるのかというと、ZodTTD氏が持っているPandoraは実際のPandora(プロトタイプ)ではなく、純正のOmap3評価ボードなので、ソフトウェアで画面を回転させているのですが、これが意外とパワーを消費するらしいです。実際のPandoraでは不必要な処理なので、その分高速になるらしいです。

それと同じくソフトウェアで処理している画面描写も、現在Tinnus氏が取り組んでいるOpenGL ES 2.0のハードウェアアクセラレーションが完成すれば、かなりの速度増加が見込めるらしいです。無論、最適化にはかなりの時間と努力が必要ですけどね。それにしても、GP2X時代から考えると、すごいところまで来たなぁ。何か感慨深いです。初めてGP2Xでプレステが動くと聞いた時は、何のジョークだろうと思ったものですが……。技術の進歩はスゴいです。上がpsx4pandora、下がベータの頃のpsx4gp2xです。

#YouTube
Sony Playstation 1 on Pandora! psx4pandora in action! - YouTube
http://youtu.be/2xXtYmZa4yM



FINAL FANTASY VII GP2X PSX4ALL Beta 1 By Estopero - YouTube
http://youtu.be/xpuWmFxg_c0



#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: GP2Xでプレステ?
http://blog.minawa.net/2005/12/gp2x_6979.html

BLOG.MINAWA.NET: ZodTTD氏がPandoraを入手
http://blog.minawa.net/2008/05/zodttdpandora_9125.html

BLOG.MINAWA.NET: psx4pandora
http://blog.minawa.net/2008/05/psx4pandora_3370.html

2008年10月5日日曜日

Theora 1.0 RC1

ようやくOgg Theoraが1.0 RC1になったみたいです。この前のbeta3が今年の4月でしたから、半年近くですか。正直、長かったですね。beta3の時に何もなければ数週間後に次のリリースがあるとか聞いた気がするのですけど(笑)。まぁ何はともあれ、お目出度いことには変わりませんし。

今度こそ、何もなければ来週中に「1.0」が出る予定みたいです。うーん、ここまで来るまで本当に長かったですね。前も書いたけど、数年越しですか。まさかのDirac 1.0に追い越されましたからねぇ。まぁあっちも多少時期尚早気味らしいですけど。

多分ですが、このリリース時期はFirefox3.1でのOgg Vorbis,Ogg Theoraのネイティブサポートに合わせる意味合いもあるのかな? 難産続きのTheoraの事だから、実際にリリースされるまで気は抜けませんけどね。まぁ今回は既に1.1(Thusnelda)も控えているから、大丈夫だとは思いますけどね。

#外部リンク
[theora-dev] Theora 1.0 RC1
http://lists.xiph.org/pipermail/theora-dev/2008-October/003713.html

2008年10月4日土曜日

Pandora TV CableはただのTV出力ケーブルじゃない

身も蓋もないもないタイトルで恐縮なのですがウェブサイトで購入できるPandora TV Cableは、ただのAVケーブルじゃないみたいです。この前20ドルは少し高いと書いたのですが、どうやら一種のEXTケーブルとして使用するみたいです。といっても普通の人にはそれほど必要な機能はついていないですけど。今、前フォーラムがダウンしているので、詳細は忘れましたが確かTV/Sビデオ出力とAV入出力(オーディオのみ)が可能で開発者向けにUART? が使用出来るようになっているらしい……。

正直、開発関係は全くの素人なのでUARTだったか他のものだったかイマイチ確証はないのですけど……。ご免なさい。と言う事なので、もしPandoraでテレビ出力がしたい、あるいは何かしらの開発をしたいという方がいらしたら20ドルほど高くつきますが一緒に注文した方が良いと思います。ついでに余裕がありましたら開発者への寄付金もお願いします。こちらは単なる寄付金なんですけど、この資金を元手に懸賞金を懸けて、なかなか開発者が現れない分野(地味だけど重要なライブラリー等)の拡充に充てるそうです。

#追記
ご免なさい。どうやらPandora TV CableはSビデオ出力とオーディオ入出力にしか対応していないみたいです。UART云々は未搭載みたいです。失礼しました。

Pandoraの予約は日曜日まで……

Pandoraの事前注文が日曜日まで延長されたみたいです。日曜までに注文すれば3000個限定じゃなくても大丈夫なのかな? フォーラムのコメントを見てみたら今日の段階で2800個くらいは予約が入っているみたいですね。日曜日までだとどのくらい伸びるかな? 3500くらい行くかもしれませんね。そのフォーラムですが、GP32X.COMが急激なアクセス数の為にサーバーが一時的に強制停止させられたみたいです。なので停止期間中は公式ウェブサイトの方で臨時フォーラムを設けているみたいですね。

私としては、そのまま公式フォーラムにしてもいいかなとか思っているのですが、昔からのフォーラムメンバー(GP32から)には受け入れがたいらしい。まぁぶっちゃけフォーラムのドメインがどうだろうとそう問題はないですけどね。気分的には統一してもらいたいのですけど(笑)。

#外部リンク
OpenPandora Boards
http://boards.openpandora.org/

2008年10月3日金曜日

Pandora売れ行き好調?

ようやく事前予約が始まったPandoraですが、どうやらなかなか好調らしいです。昨日辺りまで、ウェブサイトに繋がり辛い状態でしたし。というか、フォーラムには未だに繋がらない状態です。先ほど公式ウェブサイトを見てみたら、6時間で2000台くらい予約が入ったらしいですね。これはなかなかに好調と見て宜しいのじゃないでしょうか。今、急いで初期販売数を3000台から4000台に変更出来るか、検討中みたいです。

以前、私がフォーラムで聞いた話だと、販売元の代表であるCraig氏は最大で3万台くらい売れたら、夢のような成功だと話していたので、この勢いが続いたら、夢が現実になる日もそう遠くないかもしれませんね。ただ、世界情勢がかなり悪くなってきているから、こういった遊び心のある製品にまで、皆さんの関心が及ぶのか少々不安ではあるのですけど。まぁPDAとして考えると、そう高いものでもないのですけどね。一般人的感覚だと、ゲーム機の亜種に4万近くはちょっと高いですしね。難しい問題です。

私個人としては、これだけのスペックのモバイルガジェット、しかも、シャープやhpといった大企業が手掛けている訳ではない、たった数人(しかも本職ではない)の同好会的集まりが作った割りには、奇跡的に安価かつ、有望な商品に仕上がっている気がしますけど。まぁこの段階で完全な完成品が出来ていないというのは、ちょっとどうかなとは思いますけどね。まして実際にお金が絡んだ約束を結ぶというのは……。

ただ、今までに何度か書いていますが、Pandoraの核となるSoC、OMAP3530は既に製品化されているものですし、キーボード無しのプロトタイプでの実機でのデモンストレーションも、いくつかお披露目されていますし、あからさまに動かないというような出来ではないと思います。

前回に続いて、Notaz氏がUbuntu上でのFirefoxビデオをYouTubeで公開していますし。これを見る限り、予想していたよりスムーズなスクロールをしますね。多分、製品版ではFirefoxではなく、サブセット的な位置づけのFennecや、WebkitベースのMidori、Poky付属のブラウザー辺りがインストールされていると思うので、機能的には劣りますが、さらにスムーズなブラウジングがPandora上で見られると思います。

#YouTube
Ubuntu on Pandora devboard (2) - YouTube
http://youtu.be/I47F87FeLV8

2008年10月1日水曜日

Pandoraの事前予約始まる

予定通り、Pandoraの事前予約が開始されたみたいです。一応、日本へも出荷してくれるみたいですね。まだよく調べていませんが、クレジットカードとPaypalは使えるみたいです。それと、送料がわかりませんがUPSのみ対応しているみたいです。いくらかかるのかなぁ……。

肝心の値段ですが、事前の予告通り330ドルみたいです。結構頑張ってますね。これはこれから先の世界情勢で多少変化するかもしれませんね。わかりませんが、上がることはあっても、下がることはなさそう。少なくとも1年くらいはですが。根拠はありません。

1つ残念なのはテレビ接続ケーブルが別売りみたいです。こちらは20ドルと少し高めですね。まぁ本体に充電アダプター付いてるらしいから、仕方がないかな。テレビ接続要らない人もいますしね。ただ、替えのバッテリー単体が30ドルと、こういったスキマ商品としては、破格といっていい値段なので嬉しいですね。これはだいぶ安いと思います。多分、送料の方がかかると思いますから、もしここから買う人がいたら、ついでに買っておいた方がいいかもですね。

ちなみに、第一弾は全世界で3000台なので、ここで予約してもすぐに買えるかどうかはわかりません。一応、第二弾も考えているみたいですが、今年中の販売はもうないそうなので、レア物好きな人は迷わずいっておいた方がいいですね。

最後になりますが、このPandoraは無線LANがついているので、日本国内では扱いが難しいですね。詳しくはわかりませんが、多分違法になると思います。日本から予約できるサイトは以下にリンクしたウェブサイトだけみたいなので、気をつけて下さい。ちなみに私はまだ買い(え)ません。

2008年9月30日火曜日

PandoraでUbuntu他

久々にPandoraの話題。遂に明日から事前予約の始まるPandoraですが、ソフトウェアの面でいろいろと動きがあったみたいです。まずはPandoraの実機上でサウンドドライバーが動作した事。今までのカーネルにはサウンド部分が未実装だったので、どのビデオを見ても音が出ていなかったのです。

今回のビデオから、サウンドが出るようになったので、その辺りを心配していた人も安心ですね。ちなみに、USBホスト部分も実装されたみたいです。ビデオではプレイステーションのコントローラーをUSBの変換器で使用している場面も登場しています。後はキーボードとコントローラー関係だけですね。心配な部分は(笑)。

次にタイトル通りですが、Pandoraの開発ボード上で例のUbuntu(Handhelds Mojo)が動いているビデオが公開されました。これは、picodriveの開発者であるNotaz氏が戯れで移植したもので、公式にPandoraがUbuntuをサポートしているという訳ではありません。いわゆる、Proof of conceptというヤツですね。流石にPandoraでUbuntuというのは実用的とまではいかないようです。

まぁCPU的にはそこそこ動きそうですけど、やっぱりメモリや液晶サイズな面で厳しい部分がありますからね。ちなみにDEはXFCEで、Firefoxも動かそうとしたらしいですが、2分くらい待っても立ち上がらない(エラーかもしれないけど)ので諦めたらしいです。でも、Gimpの立ち上がりとか見ると、それほど遅いっていう訳でもなさそうですけどね。画面的に厳しいですけど。

それと、GUIの件ですが、やはり当初はOpen2x的というか、GP2Xでもお馴染みのGmenu2xの改良版がデフォルトになるみたいです。GP2XのGmenu2xはダイレクトバッファ上で動作している? のですが、Pandora版ではkDrive上で動作する予定みたいですね。

それと、ED氏がPXMLという概念を発表したみたいです。これはPandoraのアプリケーション管理をXMLベースのシステムで行うっていう事なのかな? あんまりXMLに詳しくないのでよく分かりませんが、コミュニティ内でも意見が別れているみたいです。大半は賛成みたいですけど。まだまだ意見の叩き台って感じみたいなので、この辺りに詳しくて英語で意見できる人は、フォーラムに参加してみるのも良いかもしれません。私は知識も無いし、英語も得意じゃないので無理ですけど。そんなところですかね。

#YouTube
Pandora with USB Joypad and Sound - YouTube
http://youtu.be/QDbLQI91510



Ubuntu on Pandora devboard - YouTube
http://youtu.be/zOPNurKei0I



#外部リンク
Powerful frontend for the GP2X, Wiz and Caanoo - GMenu2X
http://mtorromeo.github.com/gmenu2x/

2008年9月21日日曜日

次のNokia N8xxシリーズは3G&OMAP3

これもlinuxdevices.comの記事。まぁタイトル通りなんですけど、どうやら次のNokiaのLinuxタブレット「Nokia N8xx」シリーズはOMAP3製で3G内蔵型になるみたいです。3Gについては内蔵型と非内蔵型の2種類併売かもしれませんけど。予想されていましたが結構いいニュースですね。

何故かというとPandoraやBeagle Boardと環境が同じになる事で、ソフトウェア部分の改良が大幅に向上する可能性があるからです。具体的に言えば、Pandoraの成果物によってゲームや3D関係のソフトウェアが充実しますし、BBやN8xxシリーズでPDA関係や、Linux Kernelそのものの充実が予想されます。現にNokiaは3G関係の成果物をOSSコミュニティに寄贈するみたいですし。ありがたい事ですね。あとはGPS関連やナビ関連もフィードバックされると嬉しいのですけどね。

#外部リンク
Nokia Linux tablets go 3G, OMAP3 - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Nokia-Linux-tablets-go-3G-OMAP3/

PandoraはAngstrom?

毎度お馴染みのlinuxdevices.comの記事。久々にPandoraの話題が出てました。内容的にはおさらい程度の話ですが、一点だけ。
OpenPandora has also provided more hints about the Linux distribution. The latest from the Pandora wiki is as follows: "We derive our current filesystem from Angstrom with lots of custom Pandora buildrules, and string the whole lot together with Open Embedded." (The Angstrom Linux distribution borrows from OpenEmbedded, which is an automated build environment aimed at providing a repository of everything needed to cross-compile embedded filesystem images from scratch -- toolchains, sourcecode, XML-based "recipe" files, and automated "bitbake" make scripts.)
おおっこれは良い情報! 私の予想通り、ベースシステムはAngstromになりそうです。我ながら、なかなかの洞察力(笑)。

ちなみに、基本的なGUIはkDriveベースのGmenu2x改良版になるだろうというのが、今現在の予想です。Gmenu2x自体はX環境に依存している訳ではなく、フレームバッファ上でも動作するのですが、今後の事も考えて、あえてX環境上に展開するらしいです。これも以前から言われていた通りですね。早くPandoraのソフトウェア部分の全貌が知りたいですね。今の状況でも、だいぶ推測は出来ているのですけど。確証がほしい。

#外部リンク
Cortex-A8 gaming handheld runs Linux - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/CortexA8-gaming-handheld-runs-Linux/

Pandora gaming handheld runs Ångström | The Ångström Distribution
http://www.angstrom-distribution.org/pandora-gaming-handheld-runs-%C3%A5ngstr%C3%B6m

2008年9月20日土曜日

Ubuntuでスーパーファミコン

前回はプレステを紹介したので、今回はスーパーファミコン。Ubuntuで使えるエミュレーターはいくつかありますが、有名なのはSNES9xとZSNESです。BSNESというのもありますけど、これはまだ重いです。ただこれでしか動かないロムとかもありますので、その辺りは臨機応変で。今回はBSNESは置いておきます。

で、そのSnes9xとZSNESですが、私の環境では両方共微妙な問題を抱えています。SNES9xはコントローラー設定がおかしいし、ZSNESはサウンドがおかしい。ZSNESはGustyまではおかしくなかったのですけどね。どうやらSDL関連で問題があるらしい。

そこで登場するのが、「snes9x GTK port」。これはSNES9xにGTK+のGUIフロントエンドを追加したものです。現段階だと、まだUbuntuのリポジトリに追加されていませんが、有難いことに有志の個人リポジトリで公開されています。今回はそちらを使用する事にしました。インストール方法は以下の通り。

deb http://ppa.launchpad.net/bearoso/ubuntu hardy main
deb-src http://ppa.launchpad.net/bearoso/ubuntu hardy main
をソフトウェア・ソースから追加する。後は、apt-get installでも、aptitude installでも、synapticからでもいいので、「snes9x-gtk」をインストールするだけです。簡単ですね。私の環境だとsnes9x-gtkを使用した場合はジョイパッドの十字キーもきちんと動作するのです。何故かオリジナルのsnes9xだと十字キーが認識しないのですよね。私の勉強不足もあるのでしょうけど。

#追記
Ubuntuでプレステのコントローラーを使いたい時は、Super Joy Box 3 Proがオススメです。実際私が使用していますし、Play-Asia.comで買えば、送料込みで1000円くらいですし。スゴい安い。

#外部リンク
Snes9x.com :: View topic - GTK/X11 Port (aka Linux/UNIX GUI)
http://www.snes9x.com/phpbb2/viewtopic.php?p=22874

snes9x GTK port - Ubuntu Forums
http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=595007

PPA for Brandon Wright : Brandon Wright
https://launchpad.net/~bearoso/+archive/ppa

購入する Super Dual Box Pro (Windows PC) - Play-Asia.com
http://www.play-asia.com/SOap-23-83-3vp8-71-6m-49-jp-84-j-70-qc3.html

Ubuntuでプレイステーション

個人的メモ。Ubuntuでプレイステーションのエミュレーターの動かし方です。エミュレーターはいくつか種類がありますが、一番良いのはpSXです。プラグイン形式じゃないので導入が楽ですし、OSSではないですが、開発者がLinuxに理解がある方なのでLinuxで使うことも考慮に入れて作られています。そして何より、ボランティアの手によって、Ubuntu用のバイナリが用意されている事が大きいです。導入はとっても簡単。まず以下のコードをコピペでもいいので、端末に入力。
echo "deb http://rowdy.dfreer.org:8080 gutsy main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
wget http://packages.dfreer.org/7572013D.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo apt-get update
特にエラーが出なければ、以下のコマンドを端末に入力。
sudo apt-get install psx
sudo apt-get install psxfrontend
これだけです。後はアプリケーション>ゲーム>pSX or pSX Frontendから実行出来ます。設定はそんなに難しくないと思います。ググれば出てきますし。お約束ですが、プレステのBIOSが別途必要です。あしからず。ちなみに、詳しい情報は以下のリンク先から辿れます。リンク先のコードと一部違うところがありますが、現在だと私の書いたコードの方が正しいと思います。多分ですけど(苦笑)。

#追記
少し分かりにくいところがあったので、もう少し簡単なやり方。まずはソフトウェアソースで、以下のapt-lineを追加する。
deb http://rowdy.dfreer.org:8080 gutsy main
次に、以下のコードを端末から入力する。
wget http://packages.dfreer.org/7572013D.gpg -O- | sudo apt-key add -
最後にapt-getか、aptitudeまたはSynapticから「psx」と「psxfrontend」をインストールする。

#追記
2012年現在、上記の情報は役に立ちません。「pcsxr」が公式リポジトリに収録されていますので、そちらをインストールした方が良いです。

#外部リンク
How-To: install pSX on AMD64 - Ubuntu Forums
http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=394097

pSX emulator
http://psxemulator.gazaxian.com/

H12HW

最近ネットで知ったのですがイー・モバイルの新しい端末らしい「H12HW」が結構気になっています。世間的には、HTCの「Touch Diamond」なんでしょうけど。確かにTouch Diamondも魅力的ではあるのですが、以前ブログにも書いた通り、将来的にPandoraを使用したいと思っている私としてはTouch Diamond級のいわゆるスマートフォンは値段的にも性能的にもオーバースペックなのですよね。

もし私がイー・モバイルに鞍替えするとしたら、一番求めている端末は、安価な音声端末兼、USB/BTモデムなのかなぁなんて思っています。その点でいけば、Huaweiの現行機種「H11HW」もかなり当てはまる部分が多いのです。ただHuaweiの端末が日本人的感覚から見ると、まだまだこなれていない印象が強かったですね。H11HWもUSB/BT端末として見れば、それほど悪くないのですけどね。

そんな事を考えていた矢先に、このH12HWの噂です。早速、ネット上で調べてみましたが、流石にまだ情報が新しすぎて、たいした情報はなかったです。原型となるモデルが「Vodafone 725/V725」という事だけがわかりました。そこまで解れば、あとはVodafone 725/V725の情報を探っていけば、だいたい何とかなるわけで。それから得た情報によると以下のような特徴を持った端末のようです。
タイプ:ストレート
画面:2.2インチQVGA液晶
カメラ:200万画素
BT:1.2
音楽:AAC/AAC+/EAAC
性能的にはなかなか良さそうです。唯一、BTが1.2というのが痛いですけどね。まぁいざと言うときはUSBで繋げばいいと心に言い聞かせるしかないです。写真も見ましたが、なかなか格好いい印象を受けました。私的には十分合格点。あとは日本語化の質(フォント、漢字変換等)が気になるところですね。おせじにもH11HWは良いとは言えませんし。まぁこの辺りは正式発表を待つしかありませんけど。

ちなみに、Vodafone 725の世界での評価は「可もなく不可もなく」っていう感じみたいです。良い意味で言えば、ソツがなく無難。悪く言えば、面白みの無い端末って感じですかね。まぁ価格(どうやらイギリスで1万円弱)から考えると十分合格点らしい。ただこれの前モデルについていたFMラジオが削られているのが評価が低い点みたい。確かにあったら便利ですもんね。

それにしても、Huaweiは着実に世界で認知され始めていますね。イギリスでもVodafoneが入門機向けに自らのブランドとして売り出しているみたいですし。この流れにイー・モバイルも乗っかる事ができれば、この後も安価な普及機を安定して調達する事ができそうです。イー・モバイル的にはいい選択なのではないでしょうか? ウィルコム辺りもこういうモデルを世界から調達出来れば、もう少しうまく立ち回れたのでしょうけど……。残念ですね。

#追記
リンクしたメイさんのブログを読み直してみると、若干違う部分もあるのかな。
サイズ:108mm×47.6mm×14.5mm
重さ:90g
形状:ストレート型
カメラ:AF対応?520万画素(モバイルライト付き:28番)
機能:国際ローミング(GSM)・Bluetooth・microSD
これってH12HWのスペックですよね? うーん、明らかにカメラがオーバースペックですね。このカメラ付けたら、値段的にだいぶ上がりそうな気がするのですけど……。これでH11HWと同じ価格帯だったら、それはそれで嬉しいのですけど。オリジナルのカメラの質はだいぶ悪いみたいですし。というかカメラ変えるならbluetoothを2.1に変更して欲しいのですけど。どうなんだろ。

#外部リンク
H12HWがFCCなどを通過していたことが判明。 - メイさんのブログ~ケータイ情報にツッコミ
http://may353.seesaa.net/article/106773803.html

2008年9月18日木曜日

Ubuntuでダンジョンマスター

先日ダンジョンマスターの事をちらっと書いたのですが、何故か無性にダンジョンマスターがやりたくなってしまいました(苦笑)。で、以前どこかでダンジョンマスターのクローンがフリーソフトとして配られているという話を聞いたのを思いだし、現在デスクトップとして使用しているUbuntuでも出来ないかなぁと調べてみました。

どうやら、クローンもいくつかあり、一番有名なReturn to Chaosというソフトは、残念ながらWindows専用みたいでした。もしかしたら、Wine辺りで動くのかもしれませんけど。次にJavaで作られた、Dungeon Master Javaというのを試してみたところ、起動はしました。多分プレイもできそう。(何故かそれ以上プレイせずに消去。)で、最後に試したのが、Chaos Strikes Back for Windows (and Linux, MacOS X, Pocket PC)というソフト。これは題名からして、マルチプラットフォームに対応していそうで、一番期待が持てました。

さっそく、このソフトを調べてみたのですが、他の2つと違って、クローンソフトというより、本物を逆アセンブラして作った、ほぼ本物レベルの代物らしい。これは凄い。詳しく説明されたウェブサイトに、各OS用のバイナリとソースコードを発見。残念ながら、Ubuntu用のバイナリは用意されていませんでした。しかし、Debian用のバイナリを作っている方がいるらしく、ご丁寧にもリンクされていました。深く考える事もなく、そのDebian用のバイナリをDLして、Ubuntu 8.04で試してみましたが、一部のライブラリの互換性がないみたいでエラーが出てしまい、インストール出来ませんでした。残念。

物は試しと、試行錯誤した結果、1つ前のUbuntu用ライブラリを使用する事で、何とかインストールする事ができました。一応、以下にその手順をまとめておきます。他のやり方もあるとは思いますが、参考程度にご覧下さい。

http://debian.frodo.looijaard.name/csb/から、以下の3つをダウンロードする。
chaos-strikes-back-game
chaos-strikes-back-data-dm
chaos-strikes-back-data-csb
一応、etchの方がいいかも。

http://packages.ubuntu.com/gutsy/libglib1.2から、i386用のバイナリをダウンロードする。どうもhardyから、名前がlibglib1.2ldblに変更されたらしく、Debian用バイナリと互換性が無くなっている? ちなみに、libglib1.2ldblをインストールしようとすると、gustyのlibglib1.2と競合してしまう。他にlibglib1.2ldblを使うソフトがある場合は、この方法は使えないと思います。

ここまで終わったら、chaos-strikes-back-gameから順にインストールする。私の場合は、この手順で一応、ゲームが動いています。

ちなみに、ゲームをスタートするには、ダンジョンマスター(初代)の場合、「dungeonmaster」、続・ダンジョンマスター カオスの逆襲の場合、「chaos-strikes-back」と端末から入力するだけで起動します。詳しい情報は、それぞれ、manかオプションで--helpすればわかります。ちなみに全部英語です。当たり前ですけど。

ここで、重大なミス。この前、大昔にPC98でダンジョンマスターをやったとか書きましたが、どうやら、私が購入したのは続・ダンジョンマスター カオスの逆襲の方みたいでした。何故かというと、仲間にしたのがケンタウロスみたいなやつだったからです(笑)。後、2人いるスペシャルキャラとか選べましたし。おかしいなぁ。まぁ子供だったからそこまで覚えていなかったのかな。

#Picasa



#外部リンク
Dungeon Master Encyclopaedia
http://dmweb.free.fr/

Chaos Strikes Back for Windows (and Linux, MacOS X, Pocket PC) | Dungeon Master Encyclopaedia
http://dmweb.free.fr/?q=node/851

Dungeon Master and Chaos Strikes Back ported to Linux
http://debian.frodo.looijaard.name/csb/

ダンジョンマスター - Wikipedia
ダンジョンマスター - Wikipedia

2008年9月16日火曜日

鳥人間コンテスト2008

今年も見ました。去年はあんまり記憶に無いなぁなんて思って、自分の日記を検索してみたら書いていない。もしかしたら見なかったのかな……。記憶が曖昧です。それにしても凄い記録が出ましたね。何と折り返してスタート地点まで帰ってきちゃいました(笑)。来年からどうするのでしょうか(笑)。数年前の日記で書きましたが、飛行機設計に関しては、あのくらいの距離(数十キロ)レベルで考えると、もう限界値くらいまで来ている気がします。むろん、予算等の制限がありますけど。

琵琶湖というプラットフォームを使用する限り、安全面も考えればこれ以上の距離延長も難しいでしょうしね。まぁ再度折り返すというのも出来なくはないでしょうけど……。何よりスケジュール(1チームにかかる時間等)で無理がありそうですし。個人的にはタイム差くらいしか優劣のつけようが無くなるかもしれないなと思いました。それにしても、よくぞここまで高めたという気がします。何というか、あらゆる意味での蓄積って偉大なんだなぁ何て思いました。

少し気になったのが、日大チームが出ていなかった事です。テレビを見ていて、「あれっ、見過ごしたかなぁ」なんて思っていたのですが、どうやら最初から不参加だったようです。ちらっと調べてみたら、何か主催者側とトラブル? があったみたいですね。日大だけでなく、早稲田も災難だったみたいですね。残念ですね。ちなみに、今年も高校生クイズは見ませんでした……。多分、もう見ることもないだろうなぁ……。

#外部リンク
鳥人間2011│読売テレビ
http://www.ytv.co.jp/birdman/index.html

鳥人間コンテスト選手権大会 - Wikipedia
鳥人間コンテスト選手権大会 - Wikipedia

asahi.com:鳥人間コンテスト、あの日大不出場 TV局の条件のめず - テレビ・ラジオ - 文化・芸能
http://www.asahi.com/culture/tv_radio/TKY200805120290.html

Xbox 360が気になってきた

この前のXbox 360が値下げしたというニュースを聞いてから、何故か無性にXbox 360が気になりだしています。某巨大掲示板のゲーム板とかの情報によると、残念ながら今回の価格改訂には新基板が投入されてはいないらしいのですけど、おそらく年末商戦では例のJasperが投入されるでしょうからね。買うとしたら、その辺りが狙い目でしょうか。

いろいろとXboxについて調べているのですが、これ、意外と良作ありそうじゃないですか? いやWiiとかPS3とか全然調べていないので、適当な事書いているんですけどね。素人目に見て、Xbox 360がハード、ソフト両面から見て、一番充実している気がしないでもないです。基本的なゲームソフト販売だけじゃなくて、XBLA(Xbox Live Arcade)とか、Xbox クラシックスとかにも、佳作や旧作ながらおもしろいゲームがありそうですし。

一般的な印象として、Xbox/Xbox 360は洋ゲー好きなコアなゲーマーが多そうって感じなので、ちょっと躊躇する部分もありますけどね。何せ、私自身がドラクエ(2D時代)とかが好きなぬるい男なもので。でも、子供のころにパソコン雑誌に載っていたマイト・アンド・マジックとかウルティマとかの記事とか読んで凄くやりたかったのも事実だしなぁ……。大昔にPC98版のダンジョンマスターをやった事くらいしかないですけど……。いずれにしても、クリスマス以降までおあずけだな。金銭的にもJasper的にも(笑)。

スパムが半端ない

久しぶりにログインしてみたら、コメントスパムが凄いことになっていました。その数、なんと「1,199件」。数年間日記を公開していますが、この数は今まで経験した事がなかったです(苦笑)。何か14日に集中しているみたいですけど、勘弁して欲しいですね。全部英語スパムだったけど。もしかしたら、まともなコメントもあったのかも知れませんが、流石に全部見るわけにも行かなかったので、もしコメントしたのに無視されたと思う方がいらしたら、お手数ですが、もう一度コメントして下さい。ゴメンなさい。

2008年9月11日木曜日

久々に病院へ

先日、持病の治療の為に久々に病院へ行ったのですが、いろいろと大変な目にあってしまいました。実は以前患った傷跡が悪化し、そこから別の病気を患ってしまったらしいのです……。正直かなりショックです。

どうやら体質的にできやすいらしく、以前の処置が甘かった事が災いしたらしいです。しかもその病気はそう簡単に治るものでもないらしい。何だかなぁ。今更だけど、以前治療してもらった時、ちゃんと治療してもらっておけばなぁ。その時治療してもらった先生には悪いけど、素人目にも「これで治るのかなぁ」みたいな気はしていたのです。本当に今更ですけどね……。

しかも、いつも行っている病院じゃ治療できないから、他の病院へ行ってくれとか言われるし。朝から4時間待たされて診察3分みたいな(苦笑)。それで何もせずに終了ですよ。しかも他行ってくれって言われて、紹介状も何も書いてくれないし……。極めつけは帰りの請求額です。何もしないのに数千円ってどういう事ですか……。

まぁ料金に関しては、冷静になれば納得出来なくもないですけどね。ただ紹介状くらいはアドバイスして欲しかったです。後から貰えるか聞いたら、今更言うなとか看護師のおばちゃんに怒られるし……。いろいろと厳しいですわ。皆さんも健康には充分気をつけて下さい。

2008年9月6日土曜日

ブラザーが“らき☆すた複合機”を試作

どういうことなの……。そんなブラザー(兄貴)が大好きです。

#外部リンク
ねとらぼ:ブラザーが“らき☆すた複合機”を試作 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/05/news102.html

2008年9月3日水曜日

GP2X Wizの利点

わざわざ別トピックで書くほどでもないのですけど、ふとGP2X WizがPandoraに対して持っている利点について考えてしまいました。

1つは価格。Pandoraが約4万円弱に対して、Wizは約2万円。更に持ちやすさ(デザイン)。正直言ってPandoraは多少持ちにくいし、ダサいかもしれません。一方、Wizは現行のジャケット写真から判断すると、大きさもいい感じだし、持ちやすそうです。最後に液晶画面。Pandoraは800x480という大画面だし、液晶の質もなかなか良いです。エミュレーターに限れば、そこまで大きな画面は必要ありません。あくまで他の用途として考えればこその利点です。

一方、Wiz。こちらは320x240という画面で、GP2Xと同じです。でもスペック表を見ると液晶のタイプが「OLED」となっています。これが所謂「有機EL」だとしたら、吉と出るか凶と出るか。実機の情報が出るにつれ、次第に分かってくると思います。吉と出てくれるといいのですけどね。

GP2X Wizが仕様変更?

今、フォーラムを見ていたら、なかなか興味深いニュースが飛び込んできました。何と、GP2X Wizの仕様が変更されるらしいです。具体的な変更例は以下引用。
The 2nd DPad of the Wiz will be replaced with 4 proper buttons! AND the 2.5mm headphone jack will be replaced with a 3.5mm one.
意訳すると片方の十字キーを普通の4ボタン(ABXY)に変更して、ヘッドフォンも3.5mmに変更する。おおっ! これは良い! この変更が本当なら、確実にGP2Xより良いですね。惜しいのはワークメモリが64MBな事くらいですね。

多分ですが、GP2X WizならGP2Xで不完全だったスーパーファミコンのエミュレーターが完全に動作するレベルになるでしょうから、その辺りが購入ポイントになりそうです。プレステはどうだろうな。SoC的にはかなり最適化されればいけそうという感じだけど、ワークメモリの面で多少不安かも。まぁPSPで動作しているからその点は問題ないかもしれませんけどね。

となると、Pandoraとエミュレーター能力的にはそれほど変わらなくなるかも知れませんねぇ。勿論、すべての面においてPandoraの方が上なんですけど。ぶっちゃけ、SNESとかやるならGP2X Wizで充分ですし。Pandoraと言えど、プレステ2とかドリキャスとかは無理ですからね。後はPDA的な側面に価値を見出せるかどうかですかね。さてさて、どうなる事やら。

ちなみに、この変更で販売が約一ヶ月遅れるそうです。あしからず。

Xbox 360が値下げ

ついにXbox 360が2万円切りましたね。廉価版のアーケードですけど。この値段なら充分買いですね。実は今頃PS2でも買おうかななんて思っていたのですけど、Xbox 360がこの値段なら考えちゃうなぁ。って、どんなソフト出ているのか全然調べてませんけどね(笑)。出来れば、もう一段シュリンクされてからの方がいいかな、なんて思ってもいるのですけどね。確かそのうち出ますよね?

#追記
シュリンク版は年末商戦向けが65nm / 65nm世代ボード「Jasper」で、未定なのが45nm世代・CPU + GPU 統合版の「Valhalla」らしいですね。となると「Jasper」待ちで、春くらいまでに発売なら「Valhalla」まで待つのも手ですかね。まぁ買うかわかりませんけど。

#外部リンク
Xbox 360の国内値下げ 正式発表 9月11日から -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/09/01/xbox-360-new-price/

2008年9月2日火曜日

Ubuntu 8.10からIPAモナーフォントがデフォルトから外れる

うーん、これは残念だなぁ。そう言えば以前話のあったIPAフォントの開発者向けライセンスってどうなっているんだろ? まさか頓挫しちゃったのかな。ちなみにUbuntu 8.10の日本語版も、本家と同じくVLゴシックになるみたいです。別にVLゴシックに恨みはないのですけど、今更IPAフォントから変更となると、少し厳しい気がしますね。早くIPAフォントが外国語フォントと同様なライセンスで使用できるようになるといいのですが……。

#外部リンク
IRCMeeting/20080819 - Ubuntu Japanese Wiki
https://wiki.ubuntulinux.jp/IRCMeeting/20080819

2008年9月1日月曜日

OpenedHandがIntel入り

そういえばOpenedHandがIntelに買収されたみたいですね。これは少し驚きました。ちなみにOpenedHandというのは、NokiaのN810等に採用されているWM「Matchbox」とかを開発している企業ですね。個人的にPandoraのPDA部分のベースになるだろうと思っている「Poky」や「Clutter」もOpenedHandで開発しているので、Pandora的にはというかARM的には、あまり良い事ではないのかもしれません。

素人の読みですが、これはNokiaのモバイル戦略と関わり合いがあるのかもしれませんね。元々NokiaのMaemoの開発の為の会社だったみたいですし。そのNokiaがGnome Mobileに見切りを付けて、Qtの開発元であるTrolltechを買収してしまった訳ですから。必然的にNokia端末(ARM)に対するOpenedHandの重要性は下がったと言ってもいいと思います。

そこでIntelです。今やPCの世界で宿敵AMDを撃破して勢いにのるIntelが次の主戦場であるモバイル/組み込み環境に乗り込んできた訳ですが、そこでライバルとなるのがARM、ひいてはNokiaな訳です。

先ほども述べたように、既にNokiaはGnome(GTK+)からKDE/Qtopia(Qt)に移行しつつあり、更にARM環境に合わせたUbuntuを作成しているHandhelds Mojoのスポンサーになったりしています。

一方、Intelは今話題のATOMでARMと渡り合おうとしています。日本ではほとんどがWindows環境でしか売り込んでいませんが、海外ではATOM用のOSである「Moblin」を発表しています。ちなみにこのMoblinですが、最初はUbuntuベースでしたが、2.0からはFedoraベースに移行することが発表されています。これもHandhelds Mojoと関係があったりして。

そして更に、IntelのOpenedHand買収。これによって主にARM環境での開発を得意としていたOpenedHandが、一転してIntelのATOM専用のMoblinの開発に専念するみたいです。いずれはMoblinもPokyベースになるのかな? OpenedHandがARM環境から手を引くだけでもARM界隈にとっては大きな痛手でしょうしね。

何を書いているのかわからなくなってきましたが、これによってPandoraのPDA部分も、長期的にどうなるかわからなくなってくるかも? 

幸い、pandoraはNAND部分まで自由に書き換え可能な設計になっているので、デフォルト(発売時)の環境に拘る必要性はあんまりないのですけどね。大げさな言い方をすれば、1年後にGnome Mobileより、Qtopiaが優れていると判断されれば、環境をそちらにそっくり乗り換えることも充分考えられる訳です。勿論、GoogleのAndroidでも良いのですけど。

#外部リンク
Intel acquires Linux distro developer - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Intel-acquires-Linux-distro-developer/

Moblin switching from Ubuntu to Fedora - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Moblin-switching-from-Ubuntu-to-Fedora/

OpenedHand » Intel acquires OpenedHand
http://o-hand.com/index.html

moblin.org
http://moblin.org/

MeeGoユーザー会 | MeeGoのための日本語情報共有
http://www.meego-users.jp/

大企業が注目した小さなオープンソース・ウィンドウマネージャ - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/05/06/20/0138205

レンタルサーバー変更しました

久しぶりにレンタルサーバーを変更しました。単にWordpressを最新版にしたついでなんですけど。特に問題無いと思いますが、もしもエラー等ありましたら、コメント欄で教えて下さると助かります。ついでに携帯電話からも見られるようにしてみました。といっても確認していないので、こちらもおかしかったら教えて下さい(笑)。何せホワイトプランのみなもので……。

2008年8月30日土曜日

GP2X Wiz

そう言えばGPHの新型も発表されましたね。GP2X Wizですか? 数週間前にリークされた画像そのままでしたね。正直、写真見てどう思いました? 申し訳ないけど、私としてはありえないデザインと言うほか無いですね。

スペック的には、まぁまぁでしょうか? 伝え聞く情報によると、SoCはGP2Xで使用されているMMSP2と同じく韓国のMagicEyes社製のSoC、「POLLUX」。メモリが相変わらず64MBと言うのがいただけませんが、性能的にはなかなか楽しめそうです。特にOpen GL ES 1.1に対応しているのはなかなかグッドです。ちなみに、このPOLLUXはPandoraがまだ「Craiginator」と呼ばれていた頃に話題になっていたSoCですね。当初はこのSoCでPandoraを作る予定だったのです。その後、紆余曲折があってOmap3になったのですけどね。今となってはそれで良かったと思います。

脱線しましたが、性能的には充分なんですけど、デザインが……。いや、デザインはそれほど悪くない気がします。でも、ゲーム機として肝心な部分であるボタンが……。正直、ありえないレイアウトなんですよ。何で十字キーが左右にあるの(苦笑)。百歩譲って十字キーはいいです。でも何でボタンが1ボタンしかないんすか? 最低でもファミコン互換であるAB、欲を言えばスーパーファミコン互換の4ボタンは欲しいところです。これじゃ、大部分のエミュ、ゲームで操作性の面で厳しくなりそうです。

まぁGPHとしては、あんまりエミュレーターで有名になって欲しくないみたいですけどね。でもね。それくらいのグレイさが無けりゃ、誰も買わないというのも又事実なんですよね。だって普通に考えたらDS買うし(笑)。まぁエミュに関しても最近はPSPの方が充実はしてますけどねぇ。多少面倒くさいですけど。

でも、今回の件で一番ウケるのはパンフレットに載っているComicsの画像ですけどね。ついつい、お前ら誰なんだとツッコミ入れてしまいます。

#追記
パンフレットを見ると、右側の十字キーがABXYのボタンを兼務しているのですね。うーん、実際の使い心地次第ですが、一応4ボタンとして動作するのかな? もう少し情報が欲しいところですね。

#外部リンク
次世代GP2x 「Wiz」 正式発表、有機ELディスプレイ採用 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/08/26/gp2x-wiz/

パンフレット(巨大)Wizintroduction.jpg (JPEG 画像, 700x14036 px) - 表示倍率 (6%)
http://gp2x-emulation.dcemu.co.uk/Wizintroduction.jpg

Core Logic
http://www.corelogic.co.kr/eng/

Pandoraのアナログスティック

この前言っていたPandoraの新しいアナログスティックの試作品が出来上がったみたいです。早速YouTubeで公開されています。ビデオを見た感じだとなかなかいい仕上がりみたいですね。

ちなみに、以前検討された代用品のビデオもあります。こちらだとすぐに納品出来たみたいなのですが、アナログスティックのトラベル(可動範囲)が1mmしかなく、フォーラムの投票で却下されたみたいです。ついでに書くと、金属部ありの従来品が2.5mm、今回の特注品は2mmだそうです。1mmのやつは可動範囲が短いかわりにビデオを見て分かるとおりボタンのセンタークリックが効くのが売りだったみたいです。確かに便利なのですが、Pandoraの場合ショルダーボタンとかいっぱいボタンついてますからね。たいした利点とは思われ無かったみたいです。

この前書いたSoCのバグですがスケジュール的にはそれほど遅れは発生しなさそうです。バグといっても、たいしたバグではないらしいです。ソフトウェア側で回避策もあるらしいですし、まぁそうすると性能が数%落ちるらしいですが……。Pandoraはバグ無しのバージョンで行くと思います。

#追記
2012年現在、残念ながらビデオが削除されていますので、リンクも削除しました。

2008年8月27日水曜日

Pandoraのリリースに遅れ?

未確認ですが、Pandoraのリリースがまた少し遅れるかもしれません。どうやら、Pandoraに使用しているSoCにバグ? があったらしいです。詳しくはわかりませんが、NEONのバグらしい(数%遅くなる?)。本当だとしたら残念ですね。勿論、少々遅れてもいいからバグ無しの製品の方が嬉しいのですけど(笑)。あれっ、ということは同じSoCを使っているBeagle Boardもバグ持ちなのかな……。どうなんだろ。

2008年8月23日土曜日

Acer Aspire oneって……

Acer Aspire oneって結構良さそうですね。って全然調べていませんけど。このEngadget Japaneseのニュースだと、日本じゃ予約しても買えないのに、海外だと逆に値下げらしい……。うーん、逆なら嬉しかったのに(笑)。

それにしても、海外での値段は半端無いっすね。XP付きで349ドル、Linuxモデルだと329ドルですか。XPの値段が約20ドル……。この値段なら保険の意味でもXP付き買いますね。というか、製品版との差がありすぎる……。購入者としては嬉しいことなんだろうけど、製品版買わされた人からしたらヒドい話ですよね。この値段は(苦笑)。まぁ私もXPのパッケージ版持っている訳ですが。しかもプロフェッショナル版と合わせて2つ……。というか、2000も98SEもパッケージ版ある……。

#外部リンク
Acer Aspire one、国内では予約者に行き渡らず ・米国では値下げ -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/08/22/acer-aspire-one/

Beagle Boardが日本で入手可能?

そういえばPandoraの姉妹品であるBeagle Boardが既に日本で入手可能らしいですね。これは少し予想外でした。確かにDigi-Keyで検索すると出てきますね。気になるお値段は送料込みで18,000円くらいですか。関税とかも係わってくるみたいなので、まぁ妥当な値段ですかね。とか書きましたが、実はBeagle Boardが世界で一斉発売した時点からDigi-Keyで毎日検索していたので、大分前から気付いていたのですけどね。ただ、時々検索しても引っ掛からなかったりするのです。

IRCのログとか見ていると、どうもDigi-Key側で供給量に制限があるらしく、それを越えると一時的に注文不可になるらしいです。個人的には、Beagle Boardにはまだ手を出さない方がいいと思います。ソフトウェア環境的に、まだまだ開発段階ですしね。まぁこれに手を出そうなんて人は、自分で何でもやっちゃおうっていう人でしょうから、その辺は無問題かもしれませんけど(笑)。一番大きな問題は、現在のBeagle Board自体がまだ未完成という事です。今売られているBeagle Boardはrev.Bなのですが、既にrev.Cの発売がアナウンスされているのです。確か発売は11月だったかな。どうやらUSB関係での改訂があるみたいですね。以下引用文。
Revision C is same as revision B except:
* USB HOST (EHCI) will be operation on revision C.
* We are looking at replacing the HDMI connector with a DVI connector on revision C.

Note: Revision C is expected earliest at November 2008.
それとBeagle Boardの売り物の一つであるPowerVR SGXのLinux用ドライバーが今年の終わりにならないと公開されないらしいですし。

#外部リンク
DigiKey Corp. | 電子部品の販売業者 | 日本ホームページ
http://www.digikey.jp/?curr=JPY

Digi-Key - 296-23428-ND (Manufacturer - BEAGLE)
http://search.digikey.com/us/en/products/BEAGLE/296-23428-ND/1853401

BeagleBoard - eLinux.org
http://elinux.org/BeagleBoard

2008年8月21日木曜日

Pandoraのビデオ

この前言っていたPandoraの高精細ビデオが公開されたようです。早速見てみましたが、なかなか宜しいのじゃないでしょうか。要望の多かったLinuxのBoot画面も映っていますし。具体的なGUIは映ってませんけど。基本的にGeek(オタク)しか居ないフォーラム内だと、GUI要らないからこのままでいいなんて意見もありますね(笑)。

まぁそれは冗談として、小型Linux端末だと思えば、CLIのまんまでいい、というか、その方がいいという人も多そうです。せっかくBoot時に選べるんだからオプションでいいのでCLIも選択できるようにしてくれてもいいかもしれませんね。確かAngstromには、それ用の最小構成パッケージもあった気もしますし。

#外部リンク
動画:オープン携帯機Pandora 開発者向けプロトタイプ -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/08/20/pandora-mk0-dev-kit/

2008年8月20日水曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #06

前回からだいぶ経ったので、久々にPandoraのベースシステムの考察でもします(笑)。といっても、前回からほとんど変化は無いですね。最近、きちんと調べていたわけでもないですし、かなりいい加減な感じなんですけど、おさらいも兼ねてメモしておきます。

#開発環境?
OpenEmbedded
これは99%くらい決定だと思います。理由は前回述べたとおり。

#ディストリビューション
Angstrom?(あるいはAngstrom互換のオリジナル?)
これも多分正解じゃないかなと思っています。少なくともバイナリレベルでのAngstrom互換は確実かなぁなんて思っています。

#GUI
X環境(デフォルト)
前回のシンプルモード/アドバンスモードの2タイプから、デフォルトでアドバンスモード(X環境)のみに変更されるようです。詳細は以下の引用文参照。
The original plan was keep the GUI simple and put as much time and effort in to gettting as much cool software running as possible, but after a poll we have changed direction.

Since most potential customers seem to want a more advanced GUI as standard it's likely the default will be kDrive (X11 derivative) and any CPU intensive apps/games/emus can just kill kDrive when ran, set their CPU speed, have the system to themselves and just reload kDrive on exit.

For less CPU intensive games/apps/emus they can just run within X, so you can have your desktop like GUI (if you chose to set it up like that) with multitasking (ideal for browsers, media, chat).
要約すると初めはシンプル/アドバンス構成で行こうと思っていたけど、フォーラムでの投票で多数がデフォルトでX環境のGUIがいいと言ったのでそちらに切り替えます。という所でしょうか。

X環境と言っても、フルではなく、前回予想した通り、サブセット版のkDriveになりそうですね。これには異論もありますが、おおむね賛成です。個人的には、初期のプラン(シンプル/アドバンス構成)の方がいいかな、なんて思っているのですけどね。まぁkDriveがどのくらいの起動時間、オーバーヘッドなのか、素人の私には想像出来ませんけど。

ちなみに引用文によると、オーバーヘッドに関しては、エミュレーターなんかの場合は簡単にkDriveをkillできるので問題は無いと書いてありますけど。起動に関しても、ある人の意見だと数秒で起動出来るらしい。かなり曖昧ですけど。

#DE/WM
これは完全に妄想ですが、おそらくPokyの環境に近いのではないかと思っています。具体的に言うとGNOME Mobile準拠で、WMはMatchboxのSato theme。何故かというと、以前にも書いた通り、DJWillis氏が実際に試している上に、だいぶ気に入っている事。それを抜きにしても、OSSで利用可能な環境で、そこそこ安定して動作できる枠組みが他に無いこと。というか、この構成が一番無難な事(適度に安定している)ですかね。

まぁ最近の流れだと、GTK+より、QT環境の方が、組み込み用途には向いているという評価ですけどね。でも、PDAの枠組みとしてみると、今のQTはまだ早い気がします。Zaurusが生きていれば、また別だったんでしょうけどね。

それに懸案事項として挙げられているGTK+は組み込みには重いという意見も、OMAP3くらい強力なプラットホームだと、力業で何とかなるような気がしています。確かにOpenMokoとかの迷走っぷりを見ていると、不安になる部分はありますけど。

とりあえずそんな所でしょうか? ついでに書いておくと、この前書いた通り、やっぱりFirefoxはOMAP3であっても厳しいらしいです。koen氏のブログを見ると、まだEpiphany-Webkitの方がマシだそうです。個人的にはブラウザー選定は結構苦労するかもなと思っています。基本的にはWebkitベースのブラウザーになるとは思いますけどね。midori辺りが安定してくるとアリだと思っているのですけどね。難しいかも。

2008年8月19日火曜日

ミニGP2X?

先ほど気づいたのですが、某所でCraig氏が気になる発言をしているみたいです。以下、引用文。
we will also soon have news of the new mini GP2X console which should be shipping in time for Christmas.
うーん、これはどう解釈していいのやら。以前フォーラムでGP2Xの販売終了に伴いPandoraのようにコミュニティ主導でGP2Xの後継機を作ろうみたいな話をしていたのですが、これがそのプロジェクトなのかな?

その時の話だと、GPHが新しいコンソールを出すけど、それはGP2XとはコンセプトもSoCの互換性も無い代物だから、せっかくコミュニティで作ってきたGP2Xの資産を生かせるように、ほぼGP2Xと同じ性能で、より小さくより使いやすいパッドを使用した安価なコンソール、ミニGP2Xを作ろうみたいなノリだったのですけど……。

確かに、Pandoraは330ドルという携帯ゲーム機というには高価なマシンですからね。それについて来ない、来れない人達から不満の声が挙がっていたのも事実です。実際、スペインのコミュニティはPandoraにあまり好意的ではないらしい。というか、完全に分断されているらしい。

私としては、今更GP2Xにあんまり興味がないのですが(もともとPDA派ですし)、もう少し手軽な値段(150ドル未満?)で遊べる小さいゲーム機があればいいって人も多そうですしね。とにかくもう少ししたら、詳細がわかるでしょう。それまで保留ですね。

久々にPandoraネタ #3

現段階での最新のPandora。実際の製品とは多少違うみたいです。具体的に言うと、アナログスティックが変更されます。製品版では金属部が無いそうです。これは発注していた業者が直前になって、コスト面で折り合いがつかないと製造をキャンセルしてきた為らしいです。リリースの遅れの主な原因はこれです。急遽、新たな業者に頼んだのですが、Pandoraに合わせるには新規に部品を製造しなければならない為、だいぶ遅れたらしいです。

それとケースがもう少し変更されるらしいです。これは確信が得られていませんけど。残念ながら写真が小さいので、細部までは確認できませんが、キーボード部分は取り付けられていないみたいですね。これはキーボードの印字をどうするかまだ最終決定していないからなのかな。よくわかりませんけど。まぁたいした問題じゃなさそうです。何故かって、Pandoraのキーボードレイアウトはソフトウェアで変更可能だからです。

全体的には、以前のビデオ等からあまり変化はありませんが、予想していたよりも、組み立てがしっかりしてそうです。特に3枚目の写真はいい感じです。まぁ予想通り、ふとましい感じはしますけどね。これは今更言っても仕方がないですし(笑)。

掩護射撃すると、Pandoraは普通のPDAと比べるとかなり大きなバッテリーを搭載しています。だから、どうしても本体と比べてバッテリーの面積が大きくなってしまうのです。それでも最後の写真から分かるとおり、全体で2,7cmに納めています。これに4000mAHのバッテリーが搭載されているから仕方がないですね。このお陰で、約10時間近い駆動時間を確保している訳ですし。いかにもオタク好みの武骨なデザインって感じでしょうか(笑)。

もしかしたら、今週中により高精細な写真とビデオが公開されるらしいので、最終的な評価はそれまで持ち越したいと思います。

#Picasa









2008年8月18日月曜日

久々にPandoraネタ #2

続けてPandoraネタ。少し前の話題ですが、YouTubeにPandora実機で動作するエミュレーターの動画がいくつかアップされていますね。やはりこの中で目立つのは、Squidge氏が開発しているSquidgeSNESのPandora移植版、その名も「PandaSNES」の勇姿ですかね。余裕でChrono Triggerをほぼ倍速で動かしています。ちなみに半透明有りで、なおかつフレームスキップ無しでこの速さらしいです。まぁ音は出てませんけど。音に関しては大した問題じゃないそうですから。

それとNotaz氏のPicoDrive。こちらもヤバい速さで動いていますね。何か部分的に200FPS越えてるし。あとQuake2ですか。こちらはダーティポート(荒い移植)状態なのでまぁまぁな感じですか。詰めればだいぶ速くなりそうですね。そういえばSquidge氏のFBAもあったな。あっちも期待できそうですね。

このように、エミュレーションに関しては、間違いなく期待が出来るレベルで出荷されそうです。ちなみにPandaSNESですが、どのくらいバッテリーが持つかテストしたら、500mhz駆動、液晶の輝度最高で「約8時間半」持ったそうです。しかも様々な最適化(バッテリー管理等)を施せば、恐らく10時間くらいは持つんじゃないかとの事です。

あと面白いのは液晶のハーフモード。これは通常800x480の液晶表示を半分の400x240にするモード。ぶっちゃけテレビゲームにこれほどの高解像度は必要ない訳ですし。少々粗くなりますが、より速い速度=低クロック駆動が手に入りそうですね。

#YouTube
PandaSNES - Chrono Trigger double speed - YouTube
http://youtu.be/a5XGMrv25G0



PicoDrive on PSP, GP2X and Pandora devboard - YouTube
http://youtu.be/8HhIt8A-d34



PicoDrive on PSP, GP2X and Pandora devboard (2) - YouTube
http://youtu.be/ZuLLYzaZaJ4



Quake2 on Pandora devboard - YouTube
http://youtu.be/TGz52EIVN8s

久々にPandoraネタ #1

さて、早速ですが我等がPandoraの開発状況から。いくつか情報が出てきているのですが、まずは一番大きな話題から。どうやらPandoraの発売日、それに伴う予約開始日が決まったみたいです。以下、引用文。
Preorders will begin September 30th, 2008
Pandora will begin shipping Nov. 13th, 2008
うむ。事前予約が9月30日で、11月13日に出荷予定らしいです。ちなみに11月13日というは、ハードウェア担当であるMWeston氏の誕生日らしいです。ですので、実際は11月中旬くらいというニュアンスらしいです。一番最初の頃は、4、5月と言われていたので、だいぶ遅れてしまった事は事実ですが、正直、実際に発売にまでこぎ着けた事の方が嬉しいですね。ぶっちゃけ、同人ハードウェアですから。素晴らしい。

ちなみに、9月15日頃にフォーラムメンバー限定の特別事前予約を計画中? らしいです。実際のところ、初期ロット3000台がどのくらいで捌けるのか誰にも予想できないので、難しい所です。それと、余程の事が無い限り、欧米、トルコ以外には出荷しないと思うので、日本から買うのは難しいかもしれませんね。初期ロット分は。まぁ2回目があるかも微妙といえば微妙ですけど(笑)。無事成功して欲しいところです。

もう8月中旬

いやぁ早いですね。もうお盆も終了ですか。何もせずに時間だけが過ぎていくな……。最近、体の調子がずっと良くなかったのですが、ようやく改善されてきました。ずっと放置しっ放しだった、このウェブサイトもゆっくりとですが更新して行こうかと思っています。いくつか書いておきたいネタもありますしね。Pandoraネタとか。

2008年6月13日金曜日

Icecast Release 2.3.2

久しぶりにIcecastのウェブサイトを巡回したら、何と新しいバージョンがリリースされていました。2.3.1が2005年の11月だから、約2年半ぶりのリリースですか。もう更新しないのかと思ってました(苦笑)。ちらっとみたところ、それほど大きな変更はなさそうですけど、これからも開発していくのかなぁ。そうだとしたら嬉しいのですけどね。もう少しでOgg Theoraも正式にリリースされるでしょうし……。多分……。

あぁ、またウェブラジオやりたくなってきたかも。数年前に試してみたのですよね。俺ラジオ……。内容はおっさん(私)がボソボソと「これはテストです」とか言っているだけ……。リスナー1人(友人)だったけど。危険な香りがしてますよ。

#外部リンク
Icecast.org
http://www.icecast.org/

2008年6月12日木曜日

EMONSTER lite(S12HT)

いきなりですが、先日発表になったイー・モバイルの新端末「EMONSTER lite」(S12HT)が少し気になり出しています。無論、ソフトバンクモバイルのiPhone 3Gも気になる訳ですけど、私としては、その内(いつになるかはわかりませんが)モバイル端末としてPandoraをメインにしたいと考えているので、正直iPhone 3Gは微妙な存在なんですよね。それにSBMだとiPhoneのみの運用ですらランニングコストが1万近くになりそうなので……。そう考えるとイー・モバイルの方がデータ端末として考えると無難ですし。幸い私の生活エリアは圏内になっていますし。

で、イー・モバイルの端末とPandoraの組み合わせを考えた時に、今までのラインナップだと微妙なものしかなかった訳です。一番無難なのはUSB端末だと思うのですが、Pandoraとの接続にUSBしか使えないのが、かなり痛いかも……。次に音声端末(EM・ONEα含む)。これはBTが使えるのでいいのですが、EMONSTER以外はバージョンが1.2なので、通信速度がかなり制限されてしまいますし。EMONSTERが理想的なスペックではあるのですが、端末の価格が高いですしPandoraと併用するにはキーボード付きの端末だとオーバースペックなんですよね。私としてはですけど。

そこで出てきたのがEMONSTER lite(S12HT)。スペック的にはなかなか良さそうです。Pandoraとの併用ならQVGAで充分ですし。というかむしろそれでいい。キーボードもいらないです。私としては普通の音声端末タイプの方が都合がいいのです。一番いいのはNokia製のシンビアンOS搭載機がいいのですが、この際WMで我慢します。日本の独自OSよりも国際的なWMの方がノウハウ等が溜まってそうですし。

肝心の価格がまだ発表になっていないので、何とも言えませんが、少なくともEMONSTERよりは低価格だと思うので、もう少し注目してみます。まぁまだまだ先ですけどね。買うとしても。

2008年6月9日月曜日

ホワイトプラン改悪開始?

とうとうソフトバンクモバイルがホワイトプランの改悪に本格的に乗り出してきたようです。特にソフトバンクモバイル同士のメールでもS!ベーシックパック加入必須なのは痛い人も多そうですね。でもSMSは大丈夫なのかな。まぁ私はS!ベーシックパック加入しているので損害は無しですけど。私としてはメール先行受信97文字→50文字が一番痛いですけど。受信確認が出来るだけ良しとします。

#追記
個人的メモ
〓SoftBank改悪史
・デュアルパケット定額→パケットし放題
上限4095円を4410円へ値上げ
パケット通信料0.0525円/1パケットを0.084円/1パケットへ値上げ
・アフターサービス→スーパー安心パック
月額料金315円→498円へ値上げ
ポイント付与140P→100Pへ減
・端末メール受信初期設定「手動受信」→「自動受信」へ
・明細郵送無料→100円
・外装交換頻度制限適用
・オレンジプランX廃止
・スーパー安心パック→あんしん保証パック
外装交換費用100%補償→80%補償(SBアフターサービス時は90%補償)
ポイント付与100P→なし
・外装交換費用6300円→15750円に値上げ
・急速充電器標準付属品→オプション品
・料金プラン他社追随終了
・新規スパボ特別割引が2200円→2000円に減額(08春モデルから)
・ブループラン「パケット定額Biz」終了
・104番号案内夜間早朝料金105円→157.5円に値上げ
・S!メールはS!ベ必須に(自網S!べ廃止)←今ココ
・メール先行受信97文字→50文字
・メール送受信5段階課金→パケット課金へ実質値上げ
#外部リンク
「ただともメール」をより快適・安全に利用できる メールサービスの拡充について | ソフトバンクモバイル株式会社
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080606_01/

ソフトバンク、迷惑メール対策やメールの課金体系変更など実施
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/40287.html

2008年6月8日日曜日

ニコニコ動画で東方厨

タイトル通りなんですが、最近の日課はニコニコ動画で東方Project関係の動画ばかりみております……。最近までニコニコ動画のアカウントを取るのを躊躇していたのですが、正直もっと早くアカウントを取っておけばよかったかもと思っています。あー、完全にハマりましたわ。立派な東方厨の出来上がりなのでした……。

2008年5月31日土曜日

ubuntu 7.04 on OMAP3

YouTubeを探索していたら、こんな動画を発見しました。OMAP3430でHandhelds Mojo(Ubuntu)を動作させている模様。予想していたよりも、スムーズな動作をしている感じです。さすがに動画再生とか、GIMPとかは遅いですけどね。敢えてFirefoxを立ち上げていないところなんかはお察し下さいって事なのかな。まぁメモリが128MBしかないのが、致命的ではありますからね。この動画の場合PandoraというよりもBeagle Boardと言った方が正解かな。DVI出力だし。何となくですがOMAP3の実力を垣間見ることが出来たと思います。

#YouTube
ubuntu 7.04 on OMAP3 - YouTube
http://youtu.be/5i9cWOK1spw

Pandoraにまさかの仕様変更

正直、このニュースには驚きました……。Pandoraのハードウェア担当であるMWeston氏のウェブサイト「http://openpandora.ca/」にある、Pandoraのハードウェアスペック表にある変化が起こったようです。普通に見るだけでは特に変化は無いのですが、中段くらいにある以下の部分を反転させると……。
- integrated Wifi 802.11b/g」
- 800x480 resolution LTPS LCD with touch screen, 4.3" widescreen, 16.7 million colors (300 cd/m2 brightness, 450:1 contrast ratio)
#外部リンク
Pandora Handheld Gaming and Entertainment System
http://openpandora.ca/

New Led Light In Render On Openpandora.ca? - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?showtopic=42344&st=0

2008年5月25日日曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #05

特に書くこともないのですが、せっかくなので今現在の私の妄想でも書いておこうかと思います。まぁ前回書いたことから、あまり変化ないのですけどね。

#開発環境?
OpenEmbedded
これはほぼ確実だと思います。実際、PandoraのOS部分を担当しているDJWillis氏がBeagleBoard.orgのIRCで言及していましたし。まぁまだテスト中なのかもしれませんけどね。

ただ、OpenEmbeddedはPandora以外の組み込み系プロジェクトでも、かなり使われているので多分間違いないと思います。(例、BeagleBoard、Openmoko、Poky、Mamona、The Neuros OSD?)

#ディストリビューション
Angstrom?
これはまだ確信が持てません。ただDJWillis氏が頻繁にBeagleBoard.orgのIRCに顔を出しており、その際にOpenEmbedded、Angstromのメイン開発者のkoen氏らと話をしているので、他のディストリビューションよりも確率は高いと思います。

#GUI
シンプルモード(フレームバッファ)
AND
アドバンスモード(X環境)
これもほぼ確実だと思います。何故なら、DJWillis氏が以下のコメントをIRCで書いているからです。
[17:58:31] DJWillis christian00: that is what I am working on. Open Embedded based build env. at the moment. Non X default GUI with an advanced option to pop into X for an advanced/PDA mode
この辺りもまだまだ不確定要素がありまして、何とも言えない状況なのです。例えば、アドバンスモードのX環境ですが、フルのX環境ではなくサブセット版のKDriveの可能性も捨てきれていません。そうなると通常のX環境で動くアプリをそのまま移植という訳にもいかないらしく、互換性と言う意味では薄れるかもしれません。まぁ素人なので、当てずっぽうですけど。それと前回書いた、ウィンドウズマネージャとしてのMatchboxですが、もしかしたら使われないかもしれません。というか、GTK+自体がデフォルトではなくなるかもしれません。

これは完全な憶測なのですが、最近の流れとして、どうやら組み込み関係ではGnome(GTK+)よりも、Qtの方が選ばれる傾向にあるからです。後はE17。実際、Openmokoでも、GTK+環境から、QtとE17環境へと乗り換える意向らしいです。他にもNeuros OSDも、独自のフレームワーク? からQtへと乗り換えたみたいですし。後は、言うまでもなくNokiaがQtの開発元自体を買収しちゃいましたしね。おそらくMaemoプロジェクトにも大きな影響を与えるでしょうし。

Openmokoのニュース等を見てみると、一番大きいのはGTK+と比べて、Qtはフットプリントが小さくて、より組み込み向けな点が評価されているみたいです。それにちゃんとした企業が開発の中心ですので、ドキュメントや安定性の部分も優れているみたいですし。更に、最新のバージョンだとWindows Mobile環境にも対応しているので、より高い移植性も約束されていますしね。

それと企業からみたライセンス面からの扱いやすさ。まぁ一番大きいのは何といってもNokiaが動いたって事でしょうけど。X抜きでも大丈夫ってのも大きいかも。何にせよ、熟成の度合いが段違いってところでしょうかね。確かにザウルスとかも考えると歴史が違いますし。と言うことで、GUI環境に関しては、まだまだ不透明な部分が大きいです。E17こと、Enlightenmentも未知数ですし。意外と評判はいいらしいですけど。ちなみにAngstromにパッケージあります。

#パッケージ管理システム
OPKG
これも妄想部分ですが、おそらくOpenmokoコミュニティが開発しているOPKGが採用されるのではないかと思います。よく調べていませんが、OPKGというのはザウルス等で使用されているIPKG(DPKGの組み込み特化版)の亜種らしいです。というのも、IPKGがライセンス問題で、使用不可になっているのと、全然メンテナンスされていない事から、新たにフォークしたみたいです。基本的にはIPKGと同じみたいですね。

#その他
ここは適当に書きます。GTK+だろうが、Qtだろうが標準のウェブブラウザはおそらく、Webkitベースになるでしょうね。組み込み向けとして見るとこれが一番無難な選択でしょうし。それとマルチメディア関係ですが、当分はMplayerがメインになりそうですが、DSPやNEONの解析が進めば、それらを使用できる環境(OpenMAX関係?)を使ったソフトウェアが中心になるかもしれません。まぁ純粋にソフトウェアしか使用しないMplayerでも、大半の動画なら再生できそうですけど。後はPandoraのプロトタイプですが、実際にはまだ2台くらいしかないそうです。多分ですけど。この分だと、実際の小売りは8月以降にずれ込むかもしれませんね。まぁ焦って売る必要性がまったくないので、全然気にしませんけど。

とりあえずこんなところかな。かなり適当かつ、要点をまとめきれずにいますけど。

#外部リンク
FSO - Openmoko
http://wiki.openmoko.org/wiki/FSO

OpenMoko Linux mobile phone ditches GTK+, gets Qt and E17
http://arstechnica.com/hardware/news/2008/05/openmoko-linux-mobile-phone-ditches-gtk-gets-qt-and-e17.ars

OSD Moves to Trolltech's QT | OdNT - open.neurostechnology.com
http://open.neurostechnology.com/content/osd-moves-trolltechs-qt

opkg - Open PacKaGe Management - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/opkg/

Enlightenment - Beauty at your fingertips
http://www.enlightenment.org/p.php?p=index&l=en

freedesktop.org - GstOpenMAX
http://freedesktop.org/wiki/GstOpenMAX

GTK+からQtopiaへ - Linuxケータイ「OpenMoko」のUIが大胆に変わる | 携帯 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2008/05/21/011/index.html

iControlPad

ZodTTD氏のウェブサイトを見ていたら、とんでもないモノが紹介されていたので便乗して報告。その名も「iControlPad」。名前からも分かるとおり、iPhoneにコントロールパッドを装着しちゃおうという代物です。一瞬トンデモ商品と思いますが意外とコレ、当たりかもと思いだしています。

普通なら、こういった装着系のガジェットって、かなり分厚くなるので見た目的にかなりいただけない代物になる訳ですが、iPhoneとかiPod touchくらい薄いと、充分アリかなって気がするのでしょうがどうでしょう?

それにコントロールパッドを追加するだけではなく、例えば大容量のバッテリーも搭載できたりしたら、それだけでも需要あるかもなと思ったり。まぁiPod系が持っているデザインのクールさは損なわれてしまいますけどね。でも、これなら充分PSPの代わりとか務まりそう……。

というか、基本的にiPod touchみたいにキーボードもボタンもなしで、タッチスクリーンのみの本体に、もう少しキレイな形でのはめ込み型ガジェット(ゲームパッドだったり、無茶してクラムシェル型のケースだったり)との統合ができると、かなりいい感じの次世代携帯電話になりそうな気が……。

iControlPadのウェブサイトを見て、咄嗟に考えが浮かんだだけなので、何を言いたいのか今一不明瞭かもしれませんが、意外とこの取り合わせというのは、相性がいいのではないかなぁと個人的には思ったりしています。

ぶっちゃけ、この考えを元にしたPandoraも見てみたかったり……。正直、キーボードはBTで繋げた方がスマートだなぁなんて思っている訳で(苦笑)。中途半端なキーボードになっちゃいますからね。どうしても。

1つ気になるのが、このiControlPadをDiggにタレこんだのが、Pandoraのcraigix氏らしいのですよね。ちょっとおもしろかったり(笑)。というか、craigix氏やGP2Xコミュニティのメンバーが絡んでいるプロジェクトなのかも。

#外部リンク
iControlPad - Bluetooth gaming controls for your smartphone
http://www.icontrolpad.com/

2008年5月15日木曜日

Pandoraの最新イメージCG

フォーラムをうろついていたら、Pandoraの新しいイメージCGが公開されていたので、便乗して紹介します。

やっぱりプラスチックの質感と角のカクカクが修正されていますね。まぁもとからCGの方は光沢有りバージョンでしたけど。残念ながら厚みの方はたいして変更がなされていないみたいですね。この前も書きましたが、このサイズにしては特大のバッテリーと普通のUSBコネクターが付いてますからね。どうしても厚さが出ちゃうのは仕方がない事なのですけど……。

個人的にmini USBじゃなくて普通のUSBが付いているのって、こういったガジェットには画期的だと思っています。普通mini USBだけですからね。Pandoraの場合、普通のUSBとMini USB(OTG)がそれぞれついていますからね。これは凄い事ですよ。

例えば普通のUSBに薄型のBluetoothドングルを付けてみたりとか、イー・モバイルのD02HWを付けてみたりとか出来ますからね。勿論、ドライバーは別途必要ですけど。

#Picasa



2008年5月13日火曜日

美味しんぼ、連載終了

読んでいないのですが、美味しんぼって、今週で連載終了したんですか? 最近、全然読んでいなかったので、今、どうなっているのか全くわかりませんが、そのうち最終巻だけでも読んでみようかな。

私が美味しんぼをリアルタイムで読んでいたのは、山岡さんと栗田さんが結婚する直前くらいまでだったのですが、あの時点で45、6巻なんですかね? 最終巻が102巻? すごいな。あれでまだ半分も言っていなかったのか……。さすがに今から全巻読む気にはなりませんけどね(笑)。正直、後半はグダグダしてそうだしね(苦笑)。

何か最近の美味しんぼは、かなりネタ漫画としての扱いが多い(主にネット上)ですが、昔は本当におもしろい漫画、というか、アニメだったのです。特に浪花節系の話は、今見ても、おもしろいと思います。

またアニメの再放送してくれないかなぁ……。それと、新シリーズ。せめて結婚のエピソードくらいスペシャルでやってもらいたいのですけど(笑)。

あぁ、またとんかつ慕情が見たくなってきた……。

#追記
適当に書いてしまったのですが、別に連載終了って訳でもなさそうですね。単に山岡さんと海原雄山の関係が一段落ついたってだけなんですか? 全然見てないから適当で申し訳ありません。

余談なんですが、ウィキペディアで美味しんぼについて調べていたら、アニメの中川警部の声って、アナウンサーの福留 功男さんなんですね? これはビックリしました。自称、アニオタである私が、まさか美味しんぼの声優で福留さんの声を把握できなかったなんて……。何気にショックだったり……。もう、ハマタの事、馬鹿にできないかも……。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: トンカツ慕情
http://blog.minawa.net/2005/06/blog-post_8969.html

BLOG.MINAWA.NET: ハウルの動く城
http://blog.minawa.net/2006/07/blog-post_2347.html

2008年5月12日月曜日

Pandoraプロトタイプのビデオ

ようやく、Pandoraのプロトタイプの実物が公開されました。うーん、やっぱりDS Liteと比べると若干? 「ふとましい」ですね(笑)。それとケースのプラスチックがマット(艶消し)なので、DSと並ぶとかなり安っぽいです。更に言うと、蓋を閉じた状態がかなり厚いし、角がカクカクしているので余計威圧感があります。

艶消しは製品版でDSみたいなクリア仕上げに変更される(みたい)だし、角のカクカクも解消する(かも)しれないらしいですけど。ただ蓋の厚みは、ほとんど変更無しかもしれませんね。特に下はまずないでしょうね。下はやたらとデカいバッテリー(4000mAH)を積んでいるから仕方がないんですけどね。上はもう少し薄くする事が出きるかもしれないとの事です。

私はデザインはそれほど気にしないオタクなので、平気ですけどね。中身がしっかりしてればそれで充分ですし。それと、DS Liteと比べるとデカいですが、ノートパソコンとかと比べれば普通に小さいサイズですし。下記にEEE PCと対比させたイメージ写真がありますので、よかったら見てください。ついでに、製品の想像図(CG)も。

#追記
イメージCGを新しいものに変更しました。ついでに追加分もあります。

#YouTube
Pandora Prototype next to a DS Lite - YouTube
http://youtu.be/1WOMFrOCti4



#Picasa




2008年5月11日日曜日

psx4pandora

先日、Pandoraの開発環境を手に入れたZodTTD氏ですが、早速psx4allをPandoraに移植した模様。実質、psx4gp2xを改良してOmap35xx上に持ってきただけみたいですが、既にフルスピード(に近い)で動作しているようです。ちなみにこれはPandoraのデフォルトである600Mhzで動作させているようですが、テストでは900Mhzまで回せたそうです! 紹介しているビデオはファイナルファンタジー7ですが、他のビデオもYoutube上にアップされているので、興味のある方は自分の目で確かめて下さい。

ZodTTD氏によると、この後の予定ではTinnus氏が取り組んでいるPowerVRのOpenGL ES支援、そしてZodTTD氏が取り組んでいるNEONの最適化が加わる予定らしいです。ただNEONは、まだまだ未知数な部分なので、そう簡単に最適化できるものではないらしいです。NEONの情報が公開されれば、更なる進化が期待できそうです。楽しみです。

#Youtube
Pandora gaming handheld running Final Fantasy 7 via psx4pand - YouTube
http://youtu.be/a7sx8CrVLW8

2008年5月8日木曜日

Ogg TheoraとDaVinci Technology

もう誰も覚えていないかもしれませんが、以前「Neuros OSD」というオープンソースモデルの据え置き型ビデオプレイヤーについて紹介した事があります。実はそのNeuros OSDにもうすぐ新型が登場するらしいのです。その名も「OSD 2.0­ Archiver II」。内容は後で紹介するPDFで確認してもらうとして、このOSD 2.0に使われているSoC? がPandoraでも使用されているTIのDaVinci Technologyを搭載しているチップらしいのです。全然別物かもしれませんが、これはOmap3530に搭載されている「TMS320C64x+」DSPと互換性があるチップなのかなぁと個人的には思っているのです。

で、このNeurosという会社のおもしろいところは、TIと組んで自社製品の積極的な「ハック」を禁止するどころか、逆に賞金まで出して応援しているところなんです。そのバウンティのいくつかにとても興味深いものがありましたので、いくつか紹介します。まずは「FFMPEG VLC DaVinci porting and optimization with audio codec support for Ogg/WMA/AC3/AAC/FLAC/MP3」。DaVinci上にFFMPEG VLCを移植して、Ogg/WMA/AC3/AAC/FLAC/MP3といったオーディオコーデックを最適化しようというプロジェクト。これが上手く行けば、そのままPandoraにも持ってこれるかも? そうだとしたら、これらを使ったアプリケーション、ゲームのCPU使用量が抑えられ、結果的にバッテリーの持ちが伸びるかもしれませんね。CPUを別の処理にまわせますし。後はOSD20の開発環境に、例のOpen Embeddedを移植すること。これは既にKoen氏が動いているらしい? しかもかなり簡単に移植できるらしい? 直接Pandoraとは関係ないかも(笑)。

で、最後に気になったのが、先ほど書いたDaVinci上でのOgg Theoraコーデックの移植作業。これはバウンティという訳ではなく、NeurosのGSoCの1つらしいです。でも、このプロジェクトが上手くいったら、PandoraやOSD 2.0­ Archiver IIで、Ogg Theoraがハードウェア処理で再生できるかもって事ですよね? いやぁ、個人的にはかなり嬉しいのですけど。これでようやく、Theoraも実用的な使い方が出来るってもんです。SoC上でサポートされれば、いろいろと使い方がありそうですもんね。例えば、KIOSK端末上でのビデオ再生とか、勿論、Pandoraでのビデオ再生、ゲーム上でのビデオ部分を担当したりも出来そうです。パテントフリーで使えるとなると、いろいろと楽そうですもんね。それと、本筋であるOSD 2.0­ Archiver IIでのIPTV配信。パテントフリーのOgg Theoraもサポートされていれば、商用サービス以外のIPTVにも道が開けてきそうですもんね。素人の劇団のビデオとか、アマチュアのスポーツの中継とか……。

#外部リンク
OdNT - open.neurostechnology.com | The Power of Freedom
http://open.neurostechnology.com/

Summer of Code 2008/Ogg Theora Codec - The Neuros Technology Wiki
http://wiki.neurostechnology.com/index.php/Summer_of_Code_2008/Ogg_Theora_Codec

Neuros and Texas Instruments create new bounty program for next-gen Open Internet Television Platform | OdNT - open.neurostechnology.com
http://open.neurostechnology.com/content/neuros-and-texas-instruments-create-new-bounty-program-next-gen-open-internet-television-pla

Bounties | OdNT - open.neurostechnology.com
http://open.neurostechnology.com/category/projects/bounties

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Neuros OSD Linux Media Recorder Beta
http://blog.minawa.net/2006/09/neuros-osd-linux-media-recorder-beta_9686.html

BLOG.MINAWA.NET: FreescaleとWILLCOM
http://blog.minawa.net/2006/09/freescalewillcom_5805.html

BLOG.MINAWA.NET: GP2X F-200 Game System
http://blog.minawa.net/2007/11/gp2x-f-200-game-system_6294.html

Pandoraのハードウェア支援 #02

続きです。Pandoraというか「Omap3530」のハードウェア支援ですが、まず第一は「ARM Cortex-A8」です。これにはいろいろとおまけ機能がついているのですが、一番大きな特徴は「NEON」というSIMD命令セットの搭載らしいです。簡単に言っちゃうとMMXみたいな機能でしょうか。ちらっと調べたみたら、このNEONに最適化したコードを使うとMP3のデコード処理がたったの9.4MHzで出来ちゃったりするみたいです。その他にもOn2がこのNEONを使って最適化した高性能ビデオ・コーデックを公開したらしいですね。まぁOn2のやつは無料で使えるって訳じゃなさそうですが(笑)。そのNEONについての情報も、徐々にですが公開されだしていますので、すぐにとはいかなくとも、いずれは有能なコーダーによって使用可能になるかと思います。

次に「PowerVR SGX」。実はこれが一番厄介でして、残念ながらドライバー自体はオープンソースとして公開されることは無いと思います。ただし、TIのドキュメントを見ると、LinuxカーネルのOmapツリーに対応したドライバーが提供されるらしいので、少なくともTI純正のLinuxカーネルを使用する場合は、OpenGL ESに対応したドライバーが使用可能になるのではないかと思います。多分ですが、Linux環境における純正nVidiaドライバーのような存在になるのかな? 大満足とはいかないけど、完全に使えないよりはだいぶマシだと思います。

最後に「TMS320C64x+」ですが、これはなかなか期待できるのではないかと思っています。というのも、このDSPは単体でもかなり強力なパワーを持っているらしく、特にビデオのエンコード、デコードでは、かなりのパフォーマンスが期待できるからです。しかも、こちらは「PowerVR SGX」と違って、無料で使えるコンパイラや、Linuxカーネルと連携できる「DSP Gateway」といったツールが公開済みだからです。無論、公開されたからといって、誰もが簡単に活用できる訳ではないですが、幸い、Pandoraのデベロッパーや有名コーダーの人たちには、これらの機能を生かせるくらい有能な人材が何人かいるので、時間はかかるでしょうが、何らかの形で、この強力なDSPを生かす事ができるのではないかと思います。

具体的に言うと、第一はやはり、新たなビデオ、オーディオコーデックのDSPによる処理。ぶっちゃけちゃうと、「Ogg Theora」のハードウェアデコードです。こちらは既に計画されているようです。ちょっと長くなるので、また別の記事で書きますけど。後はDSPによるエミュレーターの画像フィルタとかですかね。2xSaIとか?最後にもう一度書きますが、すべて素人の妄想です。かなりの間違いが含まれている可能性大ですので、ネタ記事だと思ってください。

#外部リンク
Open source projects supporting Texas Instruments products fostering innovation | Texas Instruments
http://www.ti.com/corp/docs/oss/opensource.html

Neon Instructions - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?showtopic=41883

Slides from TI developer conference (TIDC) open source session(PDF)
http://www.beagleboard.org/uploads/tidc_opensource.pdf

Pandoraのハードウェア支援 #01

以下の文章は、私の妄想に過ぎない専門家からみたら嘲笑ものの意見かもしれません。でも頭に浮かんできちゃったので本能に任せるまま毒電波を出しつづけることにします。例によって素人の戯言なのであまり本気に考えないでください。

さて我らが夢のハード、Pandoraですが皆さんもご存知のとおり、中の人はTIの最新SoC「Omap3」シリーズの一つ、「Omap3530」です。この「Omap35x」シリーズは現在4つの製品が発表されています。
OMAP3503 ARM Cortex-A8
OMAP3515 ARM Cortex-A8,PowerVR SGX
OMAP3525 ARM Cortex-A8,TMS320C64x+
OMAP3530 ARM Cortex-A8,PowerVR SGX,TMS320C64x+

簡単に分けると以上のような特徴を備えている訳です。「ARM Cortex-A8」は基本となるARMコア、「PowerVR SGX」はOpenGL ES、「TMS320C64x+」は強力なビデオ・アクセラレータ能力を持つDSPです。Pandoraは「Omap35x」シリーズの中でも最高峰の能力を持つ「Omap3530」ですので、ハードウェア的には全ての能力を備えた万能SoCという事になります。

ここで問題になってくるのは、その強力なハードウェア能力を遺憾なく発揮できるのかという事です。ここでパソコンを思い出して下さい。皆さんが通常使っているパソコンは、たいていウィンドウズというOSが使われています。このOSのシェアは非常に強力でほぼ100パーセントに近いと言っても過言ではないでしょう。ですのでOSメーカーが頑張らなくともハードウェアメーカーからウィンドウズで自社の製品を動かすためのドライバーを用意してくれたりする訳です。

しかし、それ以外のOS、例えばLinuxなんかはそう簡単にドライバーを用意してくれないハードウェアメーカーも多いのです。最近ではインテルのお陰で、だいぶ進歩してきましたけどね。現に、私がデスクトップとして使っているパソコンのビデオカードである「Radeon」なんかは、同じビデオカードでもウィンドウズ環境と比べると、かなり挙動がおかしかったりします。まぁAMDに買収されてから、かなりの進歩は見せていますけどね。それでも、まだ厳しい面もあります。

と、このように同じハードウェアでも、それを上手く使えるかはメーカー、あるいはコミュニティが提供してくれるドライバーの出来に大きく左右されてしまうのです。で、肝心のパンドラ向けのドライバー(その他もありますが)ですが、伝え聞く情報によると、TIのOSSに対する理解が進んでいるせいか、かなり明るいみたいです。余計な事ばかり書いていたので、長くなってしまいました。一旦終了します。

2008年5月4日日曜日

ZodTTD氏がPandoraを入手

最近iPhoneとiPod Touchばっかり弄くっているZodTTD氏ですが、昨日Pandoraのデベロッパーバージョンを受け取ったみたいです。まだ弄くっていないみたいですが、かなり印象は良さそうです。これでPandoraでのプレイステーションとOpenTTDは安泰ですね(笑)。
Today I am working with a very cool upcoming gaming handheld. It will run all the emulators you see here and much much more. It should be capable of fullspeed Sony Playstation 1, with the ability to beat out the PSP in performance of emulators such as N64. It's a beast, and best of all it's 100% homebrew friendly. No jailbreaking needed, no unlocking, no fuss.
やっぱり野獣ですか(笑)。何かいい響きですね。ビーストって……。まぁPandora上でのpsx4allは、現在ZodTTD氏というより、Tinnus氏が中心みたいですけど。というかpsx4allは個人の作品というより、数人のデベロッパーが取り組んでいるチームでの開発らしいです。

で、そのTinnus氏によると、現在の段階でpsx4allのOpenGL ESバージョンの移植はほぼ終わっており、後は実機でのバグ出しといった状況らしい。Pandora向けの解像度での描画なども考慮されており、なかなかの仕上がりみたいです。多分最初のリリース時から、フルスピードに近い状態でプレイできそうです。楽しみだな。

ついでに書くと、Squidge氏もSNESエミュレーターの移植(ダイレクトポート)を完了しているそうです。まだ最適化は行われていないと思いますけどね。素でGP2Xより3倍くらい速いと思うので、解像度のオーバーヘッドを考えても既に遊べそうです。多分ですが。

#外部リンク
ZodTTD: Home Of Homebrew
http://www.zodttd.com/wp/

Pandoraのベースシステムを予想する #04

もう5月ですね。温度も段々と暖かくなってきたしすぐに夏になっちゃいそうだな。早いなぁ。私はと言えば、懲りずにPandoraのソフトウェアについて考えている訳です。他にやる事ないのかい。以前書いた時と状況はそんなに変わっていないのですが、今までで掴んだ情報を自分なりにメモしておきたいと思います。例によって、大半が妄想混じりなので、あんまり鵜呑みにしないでください。
#開発環境?
openembedded

正直、openembeddedがどういった役割なのか今ひとつ理解していませんが。組み込みLinux環境を整える為のフレームワーク? 包括的なツール群? ビルトツール? プログラマじゃないのでよく理解出来ていません。

#ディストリビューション
Angstrom
Poky
Mamona(一応)

この中で一番可能性が高そうなのが「Angstrom」でしょうか。「Poky」というのはopenembeddedの派生プロジェクト? Angstromより、自由度は無いがその分枠組みがきっちりしている? 基本的にGNOME Mobileに準拠? 「Sato」というMatchboxのテーマを使用しており、とても綺麗な外観。

MamonaはMaemoのOSS実装? 基本的にMaemoからプロプライエタリ部分を除去している(Wifi部分の実装とか?)Mamonaはデフォルトでの搭載はあまり無いかなぁ。

#GUI?
Open2x-style(シンプルモード)
and
Matchbox? (アドバンスモード)

フォーラムの情報をみると、発売時はやはりエミュレーター用の「シンプルモード」とPDA環境の「アドバンスモード」の2つの環境が用意されるみたい? シンプルモードはX環境を含まないGP2Xと同様な感じ。ブート時間の速さ、余計なものをロードせず純粋にパフォーマンス(主にエミュレーター)重視の環境を目指す? X環境ではなく、フレームバッファ。シンプルなランチャーのみ?アドバンスモードは、いわゆるPDA環境。純粋なパフォーマンスでなく、利便性を重視。PIMやウェブブラウザ、ワードプロセッサーなども視野にいれている? もちろん、X環境。

ちなみに、フォーラムの主要メンバーであるDJWillis氏は上述のPoky環境を試してみたらしいです。かなり気に入ったらしい。ちなみにSatoっていうのはOLPCの「Sugar」に引っ掛けてるのかな。「砂糖」だし。それとPokyと関連したプロジェクトで「Clutter」というOpen GL /ES のライブラリ? があるのですが、これとWebkitの組み合わせは、かなりクールだそうです。Clutterのウェブサイトに、それらしきデモビデオがあるのですが、確かにスゴいです。

もしこの環境がPandoraで正常に動作するなら、私もPokyとClutterの組み合わせは正式導入して欲しいですね。まぁDJWillis氏によると、まだほんのお遊び程度で入れただけなので、実際にどの環境が実装されるのかは全然、決まっていないみたいですけど……。

Mamonaも気になると言えば気になりますね。何が一番気になるかって、最近、発表されたAdobeのFlash環境の大幅緩和。あれにより、モバイル環境でのFlashプレイヤーのライセンスが無料化されるみたいなのです。運良く、Maemo用のARM版Flashプレイヤーが開発されたみたいなので、Nokiaのタブレットシリーズに搭載されるのならば、同じOMAPシリーズであるPandoraでも動く可能性が高いですからね。Maemoとほぼ同じであろうMamona環境なら、尚更です。まぁ適当な考えですけど。

でも、ほとんどの環境はARMv7用に作られていないので、パフォーマンス的にはあまりよくないかもしれませんね。Angstromは、BeagleBoardのお陰で、テストイメージが既に作成されているみたいですけど……。

#外部リンク
OpenedHand » Intel acquires OpenedHand
http://o-hand.com/index.html

Poky Platform Builder
http://pokylinux.org/

Clutter Toolkit
http://www.clutter-project.org/

Blog | Clutter
http://www.clutter-project.org/blogs

2008年4月25日金曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #03

今日もしつこくPandoraのベースシステムについて妄想している訳ですが、やっぱり当初はディストリビューションにAngstromというのが本命な気がしてきました。何故かというと現在Angstromというか、OpenEmbeddedを引っ張っているkoen氏が、既にBeagleBoardを入手している事。

更にBeagleBoard上でAngstromが動いていること。その場にいたTIの社員? であるJason氏がPandoraのフォーラムのメンバーであるJadon氏と同一人物らしい事。更にGP2Xのオープンファームウェアプロジェクト「Open2x」のメインメンバーであるDJWillis氏が、フォーラムでテストボード上でAngstromを走らせたという情報が出ていること。あくまで私の推測というか希望的観測ですけどね。もしkoen氏がPandoraに協力してくれるのなら、PDA系のシステムが大幅に強化される事は間違いないですからね。是非ともそうなってほしいです。

#外部リンク
Angstrom running on the beagleboard | Koen's blog
http://dominion.thruhere.net/koen/cms/angstrom-running-on-the-beagleboard

Beagleboard in the wild | Koen's blog
http://dominion.thruhere.net/koen/cms/beagleboard-in-the-wild

beagleboard/cortex-a8 performace - Beagle Board | Google グループ
beagleboard/cortex-a8 performace - Beagle Board | Google グループ

Main Page - Open2x
http://wiki.open2x.org/open2x/wiki/index.php?title=Main_Page

2008年4月24日木曜日

Handhelds Mojo

最近Pandoraについて、いろいろと調べていたらスゴい魅力的な情報ばかりが目に飛び込んできます。今回紹介する「Handhelds Mojo」もその1つ。簡単に言っちゃえば「ARMアーキテクチャに特化したUbuntu(Debian)」でしょうか。Debian本家にもarmアーキテクチャのバイナリが用意されていますが、そのバイナリが「OABI」と「EABI」という2つがあり、現行のアーカイブは古い「OABI」なんだそうです。徐々に「EABI」に対応したバイナリを増やしているみたいですね。

ちなみに、Pandoraのシステムも、新しい「EABI」に準拠するみたいです。また、Debianにアーカイブされているバイナリは、いくつかあるARMアーキテクチャを1つにまとめたもの。よくわかりませんが、x86で言う所のi386とかi686とかを引っくるめて、「i386」にしているみたいな状況らしいのです。多分ですが。

そこで思い切ってARMアーキテクチャだけのディストリビューションというか、バイナリのアーカイブを作っちゃおうというのが、この「Handhelds Mojo」らしいです。その際にいろいろ分かれているARMアーキテクチャをそれぞれ別々にコンパイルして配布もしちゃおうという計画らしいです(XScale, ARMv5EL, XScale 2, ARMv6, ARMv6el-vfp, ARMv7みたいな感じで)。正直、スゴくないですか?

確かPandoraのCPUであるARM Cortex-A8はARMv7でしたから、いずれはCortex-A8用のバイナリも用意されるって事だと思います。今はまだ無いようですが。ちなみに配布されるディストリビューションは以下のようです。
Frisky Firedrake
Based on Ubuntu 7.04 "Feisty Fawn".
Stable.
Grumpy Griffin
Based on Ubuntu 7.10 "Gutsy Gibbon". In progress.
Hasty Hippogriff
Based on Ubuntu 8.04 "Hardy Heron". Not yet started.
現在はUbuntu 7.04相当のFrisky Firedrakeしか用意されていないみたいですね。しかもARMv5ELのみみたいです。残念。でも、これってスゴいですよね。コンパイルもクロスじゃなくて、ネイティヴらしいし。どうもクロスだと互換性に問題が出やすいらしい。これ、個人でやってたら、時間がいくらあっても足らなそう。ちなみにNokiaが出資してくれているらしいです。あと多分ですがTIも。やっぱり来るべきインテルのAtomとの最終戦争に向けて、各社ともいろいろと動き出しているみたいですね。いい加減な憶測ですが。

#外部リンク
Ubuntu ported to ARM - News - Linux for Devices
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Ubuntu-ported-to-ARM/