ページ

2008年4月15日火曜日

Engadget JapaneseにPandoraの話題

もう4月も半ばですか。早すぎる! こりゃ、死ぬのもあっという間だな。本当、歳取ると月日が経つのが早いですね。まぁこれといったネタもないので絶賛放置中な訳ですが、日本における数少ないPandora情報がEngadget Japaneseに掲載されていたので、この情報の補足でもしておきます。

えっと、まずこの動画ですが両方(MplayerとFBA)とも、ネタ元はSquidge氏です。開発ボードはPandoraのプロトタイプという訳ではなく、先日発表されたTIの評価ボード「OMAP35x EVM」だと思われます。まぁ中の人的にはPandoraそのものですけど。ちなみに現段階のMplayerはピュアARMコードみたいです。つまり、OMAP3530が持っている、いかなるハードウェア的支援も一切使用していないらしいです。

それでも、この動画を再生させるのに500Mhzしか必要としていないらしいです。適切に処理すれば、もっと低い数値で再生させる事もできそうです。確かOMAP3530のデフォルトCPUが600Mhzだったから、100Mhzほど余裕がありますね。補足としては、この液晶は800x480ではなく、640x480。動画自体は640x352。ちなみにコーデックはXvid。

FBAの方は、多分ですがSquidge氏がGP2X用にカスタマイズしていたお手製のFBAだと思います。こちらも一切ハードウェア的支援は活用していない状態だと思います。でも、以前の話だとGP2Xと比べて素で3倍くらいの数値を叩きだしていたので余裕ですね。しかも、Cortex-A8用の最適化すらしていない状態だった気がします。ちなみに、ハードウェア支援ですが、こちらの方は未確認情報ですが、何らかの形でTIから活用できる状態になるみたいです。完全にオープンソースという訳にはいかないでしょうが。こちらについての妄想は、いずれまた書こうかと思います。一応、ネタはあるので。

#追記
2012年01月現在、残念ながら動画が削除されたので、リンクも削除しました。

#外部リンク
オープン携帯機Pandora ゲーム・動画再生デモ -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/04/13/pandora-video/

0 件のコメント:

コメントを投稿