ページ

2008年9月20日土曜日

H12HW

最近ネットで知ったのですがイー・モバイルの新しい端末らしい「H12HW」が結構気になっています。世間的には、HTCの「Touch Diamond」なんでしょうけど。確かにTouch Diamondも魅力的ではあるのですが、以前ブログにも書いた通り、将来的にPandoraを使用したいと思っている私としてはTouch Diamond級のいわゆるスマートフォンは値段的にも性能的にもオーバースペックなのですよね。

もし私がイー・モバイルに鞍替えするとしたら、一番求めている端末は、安価な音声端末兼、USB/BTモデムなのかなぁなんて思っています。その点でいけば、Huaweiの現行機種「H11HW」もかなり当てはまる部分が多いのです。ただHuaweiの端末が日本人的感覚から見ると、まだまだこなれていない印象が強かったですね。H11HWもUSB/BT端末として見れば、それほど悪くないのですけどね。

そんな事を考えていた矢先に、このH12HWの噂です。早速、ネット上で調べてみましたが、流石にまだ情報が新しすぎて、たいした情報はなかったです。原型となるモデルが「Vodafone 725/V725」という事だけがわかりました。そこまで解れば、あとはVodafone 725/V725の情報を探っていけば、だいたい何とかなるわけで。それから得た情報によると以下のような特徴を持った端末のようです。
タイプ:ストレート
画面:2.2インチQVGA液晶
カメラ:200万画素
BT:1.2
音楽:AAC/AAC+/EAAC
性能的にはなかなか良さそうです。唯一、BTが1.2というのが痛いですけどね。まぁいざと言うときはUSBで繋げばいいと心に言い聞かせるしかないです。写真も見ましたが、なかなか格好いい印象を受けました。私的には十分合格点。あとは日本語化の質(フォント、漢字変換等)が気になるところですね。おせじにもH11HWは良いとは言えませんし。まぁこの辺りは正式発表を待つしかありませんけど。

ちなみに、Vodafone 725の世界での評価は「可もなく不可もなく」っていう感じみたいです。良い意味で言えば、ソツがなく無難。悪く言えば、面白みの無い端末って感じですかね。まぁ価格(どうやらイギリスで1万円弱)から考えると十分合格点らしい。ただこれの前モデルについていたFMラジオが削られているのが評価が低い点みたい。確かにあったら便利ですもんね。

それにしても、Huaweiは着実に世界で認知され始めていますね。イギリスでもVodafoneが入門機向けに自らのブランドとして売り出しているみたいですし。この流れにイー・モバイルも乗っかる事ができれば、この後も安価な普及機を安定して調達する事ができそうです。イー・モバイル的にはいい選択なのではないでしょうか? ウィルコム辺りもこういうモデルを世界から調達出来れば、もう少しうまく立ち回れたのでしょうけど……。残念ですね。

#追記
リンクしたメイさんのブログを読み直してみると、若干違う部分もあるのかな。
サイズ:108mm×47.6mm×14.5mm
重さ:90g
形状:ストレート型
カメラ:AF対応?520万画素(モバイルライト付き:28番)
機能:国際ローミング(GSM)・Bluetooth・microSD
これってH12HWのスペックですよね? うーん、明らかにカメラがオーバースペックですね。このカメラ付けたら、値段的にだいぶ上がりそうな気がするのですけど……。これでH11HWと同じ価格帯だったら、それはそれで嬉しいのですけど。オリジナルのカメラの質はだいぶ悪いみたいですし。というかカメラ変えるならbluetoothを2.1に変更して欲しいのですけど。どうなんだろ。

#外部リンク
H12HWがFCCなどを通過していたことが判明。 - メイさんのブログ~ケータイ情報にツッコミ
http://may353.seesaa.net/article/106773803.html

0 件のコメント:

コメントを投稿