ページ

2008年10月30日木曜日

AX530S

久しぶりにウィルコムの話題。最近発表されたカード型端末「AX530S」って、情報どおりだったら、かなりいいスペックですね。以下に主だった特徴を抜粋。
【1】 未使用時はアンテナを本体に格納できるジャストPCサイズで、持ち運び時の破損を防止
【2】 USBアダプタとケーブルを同梱し、PCMCIA接続とUSB接続での利用も可能なデュアルインターフェイス対応。USBアダプタは3つのスタイルでの使用が可能
【3】 「W-OAM typeG」対応で、8xパケット方式ご利用時で最大約800kbpsの高速データ通信が可能
※1、RTT値※2(応答時間)50ms以下でクイック・レスポンス
特に3。AX530Sのレビューを読むと、光IP化完了エリアでの実測値が出ていますが、何とコンスタントに700kbpsが出ているとのこと。しかもデモ用の簡易基地局ではなく、実際の既存基地局との通信でこの値。複合ビル内12階の大きな会議場でデモしたとの事ですが、この基地局が室内型(ナノセル)じゃなくて屋外型とのやりとりだったとしたら、かなり驚異的な実測値を叩き出していますね。

私も無線の専門家じゃ無いので、実際のところは全然わかりませんが、ブレ幅の大きい無線で理論値800kbpsにたいして、実測値で700kbps出るなんて、なかなか無いレベルな気がします。これが全国、せめて政令指定都市レベルで使える状態になったのなら、もっと言えば、この値が24時間安定して出せるようになったのなら、高度化PHSでも充分やっていける気がしますね。次世代PHSの補助としても合格点なのではないでしょうか(笑)。

正直、今のウィルコムはかなり厳しい状況が続くと思いますが、地道に光IP化の整備等していってもらいたいですね。頑張って下さい。それとイー・モバイルのUSBモデムみたいにLinuxでも標準で使えるようにドライバーの提供もお願いしたいですね。またはBluetooth通信対応とか。

#外部リンク
WILLCOM|AX530S
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ax/530s/index.html

WILLCOM|データカード「AX530S」の発売について ~PHS高度化通信規格「W-OAM typeG」対応~
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2008/10/28/index_03.html

写真で解説する「AX530S」 (1/2) - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0810/28/news124.html

Θケータイのアレ: ウィルコムの「W-OAM typeG」光IP化基地局で約700kbps出してみた
http://sureare.com/archives/200809/20_000959.html

0 件のコメント:

コメントを投稿