ページ

2008年10月31日金曜日

メモリ増強は本当だった

どうやら、Pandoraのメモリ増量の噂は本当だったみたいですね。ガセネタじゃなくて良かった(笑)。フォーラムを見てみると、いろいろと書いてありますね。今だから書きますが、実はこのネタ2週間くらい前にもしかしてあるかもなと内心思っていたのです。何故かというとBeagleBoardの方で同じようなネタが話題になっていたからです。具体的には現在計画中のRevision Cが以下のようなスペックになるだろうと書かれていたからです。
Revision C is same as revision B except:

* USB HOST (EHCI) will be operational on revision C.
* It will use updated OMAP3 revision. BeagleBoard revision B uses OMAP3 ES 2.1 (engineering sample), while BeagleBoard revision C is supposed to use ES 3.0. OMAP3 ES 3.0 will fix minor issues:
o updated ARM Cortex A8 silicon (r1p3) fixing a very rare NEON issue that has not been seen in real code
o possible have 256MB of slightly faster RAM instead of 128MB SDRAM
o add interface for raw LCDs (mockup)

Note: Revision C is expected earliest at late December 2008 or early January 2009. There are some early revision C prototypes out there, but they still seem to have USB host issue.
どうやらOMAP3のESが変更されるのに伴い、例のCortexのバグと一緒にメモリが128MBから256MBに変更されるらしいのです。ちなみにCortexのバグの方はPandoraも解決済みです。

他の詳細に関してはEngadgetの方に書いてありますので割愛しますが、フォーラムでのCraigX氏の発言を読むと現時点でのPandoraの収支は完全に赤字だそうです。本当なら少しくらいの儲けは確保出来るはずだったらしいのですが、例の世界規模での金融危機のせいで、そんな微々たる儲けも一気に吹き飛んでしまったらしいです……。そんな状態なのに、何でメモリを増強したのかというと、これから先のPandoraの事を考えての事らしい。

ここからは私の推測も混えて書くので、妄想半分だと思って聞いて下さい。はっきり言えば、ここでのメモリ増強は完全に赤字です。当初の予定には完全に無い計画ですしね。ただengadgetの記事にも書いてあるように、気まぐれで公開したUbuntuの移植が思いの外、話題になってしまい、それを聞きつけたOSS系オタク達がIRCでしつこくメモリ増強を説得してきたらしい。今のまま128MBで出したら、中途半端な移植しかできないぞって。

Pandoraの開発者達は元々が市販ゲーム機上での自作ゲーム、エミュレーター関係の集まりだったので、そこまでメモリ増強に関心がある訳ではないですしね。彼らからしたら、余分なメモリはお金がかかるし、バッテリーの持ちも悪くしてしまう邪魔者ですからね。ちなみに、今回のメモリ改訂によって、Pandoraのバッテリー持続時間は理論上45分短くなるらしい。でも、これはフルアクセス状態での値なので、実際は25分くらいの損失になるのではないかとの事らしい。間違っているかもしれませんけど。

まぁそんな感じで、あんまり乗り気じゃなかったのですが、あんまりしつこいのと、さっきも書いたOMAP3自体の改訂もあって、現時点では赤字になるが、将来的には256MBの方がスタンダードになるだろうって事で導入を決めたらしい。

普通なら、初期ロットはそのまま128MBで出しちゃえばいいじゃんとか思うのですが、これから先の事を考えれば、128MB版と256MB版といった具合にPandoraを分断してしまうのは、開発環境的にまずいし、何より真っ先に予約してくれたフォーラムのコミュニティの皆に失礼だという考えらしい。確かに128MBと256MBじゃ、やれる事がかなり変わってしまいますからね。損して得取れみたいなものですかね。まぁ経営者的には、良い人過ぎる気もしますけど。

#追記
未確定ですが、今回の改訂による発売日の遅れは今のところないそうです。ただし、液晶パネルの確保がまだ完全ではないらしい。最低でも3800個必要なのに、未だに640個しか納品されていないらしいです……。これは意外な落とし穴になるかもしれません。

#外部リンク
オープン携帯機 Pandora、内蔵メモリ・フラッシュストレージを倍増 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/10/31/pandora-upgrade/

0 件のコメント:

コメントを投稿