ページ

2008年11月10日月曜日

低価格サーバー?

某ショップからの宣伝メール見ていたら、なかなか魅力的な商品を発見しました。その煽り文句「人気の低価格サーバーに新機種が殴り込み!台数限定予約受付中!」って書いてあったのですけど、よく商品を見てみたら、これサーバーじゃないですね。既に格安パソコンになっちゃってます。

実は私が常用しているパソコンも某HPの激安サーバーをデスクトップ仕様にしたものなのですが、今回発売されたNECのやつはデフォルトでデスクトップとして使える状態です。何が違うかというと、私の使っているやつはサーバーって事でサウンドカードが搭載されていませんでした。他のサーバーだと更にメモリの種類が違ったり、ビデオカードの増設が出来なかったりするのですが、私のやつは、サウンドカード以外は一応、普通のパソコンと同じように増設出来る仕様だったのです。

それで一部のオタク達が貧乏人用パソコンとしてLinuxを入れたりして遊んでいた訳ですが、今回のNECのやつはサーバーと名乗ってはいますが、仕様を見ると何も足さずともデスクトップ用途に使えるみたいですね。しかもなかなか筋がよろしい。具体的に言うとインテル製のチップセットを使用していて、ビデオカードもオンボードで搭載しています。しかもサウンド機能も搭載されていますから、何の増設も無しでパソコンとして使えます。というかパソコンです。

オンボードのビデオも普通の用途(インターネット・ビデオ鑑賞他)には、充分な能力を持っていますし、OSもUbuntuのようなLinuxを使えば、おそらくドライバーはノートラブルで使えると思います。インテルはビデオカードのドライバーをOSSとしてリリースしていますからね。

まぁ気になる点もいくつかありますけどね。1つはメモリが何故か4GB(1GBx4)までしか使えないと書いてあること。これはBIOSで制限されていたら厳しいですね。公式サポートが4GBまでという事なら問題ないのですけど。それと、電源容量が250Wと今時としては少ない事。ビデオカードの増設とかをしなければ全然問題ないとは思いますけどね。後は、何故か保証期間が6ヶ月しかないこと。これはどういう事なんですかね。

素人考えですが一応台数制限での販売らしいから、売れ行き等の見極めをする為のテストケースとして販売するのかもしれません。だとしても、半年の保証期間というのは解せない気がしますけど(笑)。ということで、少しばかり気になる点はありますが普通に考えれば、かなりお得なパソコンだと思うので、こいつにUbuntuでも入れて遊んでみようかな、なんて思っている人は購入してみてもいいかもしれません。私は今使っているやつがあるので、買いませんけど。

#追記
某巨大掲示版の該当スレを見てみたのですが、おおむね好評なようですね。ただデザインがダサいとの意見がちらほら。私みたいなおっさんからするとシンプルでそう悪い見た目でもない気がしますけどねぇ。何かだいぶ前のソーテックみたいで懐かしい感じですけど(笑)。

#外部リンク
NEC Express5800/S70(タイプSD) N8-S720XMZCUUA1 - NTT-X Store
http://nttxstore.jp/_II_8-12683490?LID=mm&FMID=mm

0 件のコメント:

コメントを投稿