ページ

2008年8月30日土曜日

GP2X Wiz

そう言えばGPHの新型も発表されましたね。GP2X Wizですか? 数週間前にリークされた画像そのままでしたね。正直、写真見てどう思いました? 申し訳ないけど、私としてはありえないデザインと言うほか無いですね。

スペック的には、まぁまぁでしょうか? 伝え聞く情報によると、SoCはGP2Xで使用されているMMSP2と同じく韓国のMagicEyes社製のSoC、「POLLUX」。メモリが相変わらず64MBと言うのがいただけませんが、性能的にはなかなか楽しめそうです。特にOpen GL ES 1.1に対応しているのはなかなかグッドです。ちなみに、このPOLLUXはPandoraがまだ「Craiginator」と呼ばれていた頃に話題になっていたSoCですね。当初はこのSoCでPandoraを作る予定だったのです。その後、紆余曲折があってOmap3になったのですけどね。今となってはそれで良かったと思います。

脱線しましたが、性能的には充分なんですけど、デザインが……。いや、デザインはそれほど悪くない気がします。でも、ゲーム機として肝心な部分であるボタンが……。正直、ありえないレイアウトなんですよ。何で十字キーが左右にあるの(苦笑)。百歩譲って十字キーはいいです。でも何でボタンが1ボタンしかないんすか? 最低でもファミコン互換であるAB、欲を言えばスーパーファミコン互換の4ボタンは欲しいところです。これじゃ、大部分のエミュ、ゲームで操作性の面で厳しくなりそうです。

まぁGPHとしては、あんまりエミュレーターで有名になって欲しくないみたいですけどね。でもね。それくらいのグレイさが無けりゃ、誰も買わないというのも又事実なんですよね。だって普通に考えたらDS買うし(笑)。まぁエミュに関しても最近はPSPの方が充実はしてますけどねぇ。多少面倒くさいですけど。

でも、今回の件で一番ウケるのはパンフレットに載っているComicsの画像ですけどね。ついつい、お前ら誰なんだとツッコミ入れてしまいます。

#追記
パンフレットを見ると、右側の十字キーがABXYのボタンを兼務しているのですね。うーん、実際の使い心地次第ですが、一応4ボタンとして動作するのかな? もう少し情報が欲しいところですね。

#外部リンク
次世代GP2x 「Wiz」 正式発表、有機ELディスプレイ採用 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/08/26/gp2x-wiz/

パンフレット(巨大)Wizintroduction.jpg (JPEG 画像, 700x14036 px) - 表示倍率 (6%)
http://gp2x-emulation.dcemu.co.uk/Wizintroduction.jpg

Core Logic
http://www.corelogic.co.kr/eng/

Pandoraのアナログスティック

この前言っていたPandoraの新しいアナログスティックの試作品が出来上がったみたいです。早速YouTubeで公開されています。ビデオを見た感じだとなかなかいい仕上がりみたいですね。

ちなみに、以前検討された代用品のビデオもあります。こちらだとすぐに納品出来たみたいなのですが、アナログスティックのトラベル(可動範囲)が1mmしかなく、フォーラムの投票で却下されたみたいです。ついでに書くと、金属部ありの従来品が2.5mm、今回の特注品は2mmだそうです。1mmのやつは可動範囲が短いかわりにビデオを見て分かるとおりボタンのセンタークリックが効くのが売りだったみたいです。確かに便利なのですが、Pandoraの場合ショルダーボタンとかいっぱいボタンついてますからね。たいした利点とは思われ無かったみたいです。

この前書いたSoCのバグですがスケジュール的にはそれほど遅れは発生しなさそうです。バグといっても、たいしたバグではないらしいです。ソフトウェア側で回避策もあるらしいですし、まぁそうすると性能が数%落ちるらしいですが……。Pandoraはバグ無しのバージョンで行くと思います。

#追記
2012年現在、残念ながらビデオが削除されていますので、リンクも削除しました。

2008年8月27日水曜日

Pandoraのリリースに遅れ?

未確認ですが、Pandoraのリリースがまた少し遅れるかもしれません。どうやら、Pandoraに使用しているSoCにバグ? があったらしいです。詳しくはわかりませんが、NEONのバグらしい(数%遅くなる?)。本当だとしたら残念ですね。勿論、少々遅れてもいいからバグ無しの製品の方が嬉しいのですけど(笑)。あれっ、ということは同じSoCを使っているBeagle Boardもバグ持ちなのかな……。どうなんだろ。

2008年8月23日土曜日

Acer Aspire oneって……

Acer Aspire oneって結構良さそうですね。って全然調べていませんけど。このEngadget Japaneseのニュースだと、日本じゃ予約しても買えないのに、海外だと逆に値下げらしい……。うーん、逆なら嬉しかったのに(笑)。

それにしても、海外での値段は半端無いっすね。XP付きで349ドル、Linuxモデルだと329ドルですか。XPの値段が約20ドル……。この値段なら保険の意味でもXP付き買いますね。というか、製品版との差がありすぎる……。購入者としては嬉しいことなんだろうけど、製品版買わされた人からしたらヒドい話ですよね。この値段は(苦笑)。まぁ私もXPのパッケージ版持っている訳ですが。しかもプロフェッショナル版と合わせて2つ……。というか、2000も98SEもパッケージ版ある……。

#外部リンク
Acer Aspire one、国内では予約者に行き渡らず ・米国では値下げ -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/08/22/acer-aspire-one/

Beagle Boardが日本で入手可能?

そういえばPandoraの姉妹品であるBeagle Boardが既に日本で入手可能らしいですね。これは少し予想外でした。確かにDigi-Keyで検索すると出てきますね。気になるお値段は送料込みで18,000円くらいですか。関税とかも係わってくるみたいなので、まぁ妥当な値段ですかね。とか書きましたが、実はBeagle Boardが世界で一斉発売した時点からDigi-Keyで毎日検索していたので、大分前から気付いていたのですけどね。ただ、時々検索しても引っ掛からなかったりするのです。

IRCのログとか見ていると、どうもDigi-Key側で供給量に制限があるらしく、それを越えると一時的に注文不可になるらしいです。個人的には、Beagle Boardにはまだ手を出さない方がいいと思います。ソフトウェア環境的に、まだまだ開発段階ですしね。まぁこれに手を出そうなんて人は、自分で何でもやっちゃおうっていう人でしょうから、その辺は無問題かもしれませんけど(笑)。一番大きな問題は、現在のBeagle Board自体がまだ未完成という事です。今売られているBeagle Boardはrev.Bなのですが、既にrev.Cの発売がアナウンスされているのです。確か発売は11月だったかな。どうやらUSB関係での改訂があるみたいですね。以下引用文。
Revision C is same as revision B except:
* USB HOST (EHCI) will be operation on revision C.
* We are looking at replacing the HDMI connector with a DVI connector on revision C.

Note: Revision C is expected earliest at November 2008.
それとBeagle Boardの売り物の一つであるPowerVR SGXのLinux用ドライバーが今年の終わりにならないと公開されないらしいですし。

#外部リンク
DigiKey Corp. | 電子部品の販売業者 | 日本ホームページ
http://www.digikey.jp/?curr=JPY

Digi-Key - 296-23428-ND (Manufacturer - BEAGLE)
http://search.digikey.com/us/en/products/BEAGLE/296-23428-ND/1853401

BeagleBoard - eLinux.org
http://elinux.org/BeagleBoard

2008年8月21日木曜日

Pandoraのビデオ

この前言っていたPandoraの高精細ビデオが公開されたようです。早速見てみましたが、なかなか宜しいのじゃないでしょうか。要望の多かったLinuxのBoot画面も映っていますし。具体的なGUIは映ってませんけど。基本的にGeek(オタク)しか居ないフォーラム内だと、GUI要らないからこのままでいいなんて意見もありますね(笑)。

まぁそれは冗談として、小型Linux端末だと思えば、CLIのまんまでいい、というか、その方がいいという人も多そうです。せっかくBoot時に選べるんだからオプションでいいのでCLIも選択できるようにしてくれてもいいかもしれませんね。確かAngstromには、それ用の最小構成パッケージもあった気もしますし。

#外部リンク
動画:オープン携帯機Pandora 開発者向けプロトタイプ -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/08/20/pandora-mk0-dev-kit/

2008年8月20日水曜日

Pandoraのベースシステムを予想する #06

前回からだいぶ経ったので、久々にPandoraのベースシステムの考察でもします(笑)。といっても、前回からほとんど変化は無いですね。最近、きちんと調べていたわけでもないですし、かなりいい加減な感じなんですけど、おさらいも兼ねてメモしておきます。

#開発環境?
OpenEmbedded
これは99%くらい決定だと思います。理由は前回述べたとおり。

#ディストリビューション
Angstrom?(あるいはAngstrom互換のオリジナル?)
これも多分正解じゃないかなと思っています。少なくともバイナリレベルでのAngstrom互換は確実かなぁなんて思っています。

#GUI
X環境(デフォルト)
前回のシンプルモード/アドバンスモードの2タイプから、デフォルトでアドバンスモード(X環境)のみに変更されるようです。詳細は以下の引用文参照。
The original plan was keep the GUI simple and put as much time and effort in to gettting as much cool software running as possible, but after a poll we have changed direction.

Since most potential customers seem to want a more advanced GUI as standard it's likely the default will be kDrive (X11 derivative) and any CPU intensive apps/games/emus can just kill kDrive when ran, set their CPU speed, have the system to themselves and just reload kDrive on exit.

For less CPU intensive games/apps/emus they can just run within X, so you can have your desktop like GUI (if you chose to set it up like that) with multitasking (ideal for browsers, media, chat).
要約すると初めはシンプル/アドバンス構成で行こうと思っていたけど、フォーラムでの投票で多数がデフォルトでX環境のGUIがいいと言ったのでそちらに切り替えます。という所でしょうか。

X環境と言っても、フルではなく、前回予想した通り、サブセット版のkDriveになりそうですね。これには異論もありますが、おおむね賛成です。個人的には、初期のプラン(シンプル/アドバンス構成)の方がいいかな、なんて思っているのですけどね。まぁkDriveがどのくらいの起動時間、オーバーヘッドなのか、素人の私には想像出来ませんけど。

ちなみに引用文によると、オーバーヘッドに関しては、エミュレーターなんかの場合は簡単にkDriveをkillできるので問題は無いと書いてありますけど。起動に関しても、ある人の意見だと数秒で起動出来るらしい。かなり曖昧ですけど。

#DE/WM
これは完全に妄想ですが、おそらくPokyの環境に近いのではないかと思っています。具体的に言うとGNOME Mobile準拠で、WMはMatchboxのSato theme。何故かというと、以前にも書いた通り、DJWillis氏が実際に試している上に、だいぶ気に入っている事。それを抜きにしても、OSSで利用可能な環境で、そこそこ安定して動作できる枠組みが他に無いこと。というか、この構成が一番無難な事(適度に安定している)ですかね。

まぁ最近の流れだと、GTK+より、QT環境の方が、組み込み用途には向いているという評価ですけどね。でも、PDAの枠組みとしてみると、今のQTはまだ早い気がします。Zaurusが生きていれば、また別だったんでしょうけどね。

それに懸案事項として挙げられているGTK+は組み込みには重いという意見も、OMAP3くらい強力なプラットホームだと、力業で何とかなるような気がしています。確かにOpenMokoとかの迷走っぷりを見ていると、不安になる部分はありますけど。

とりあえずそんな所でしょうか? ついでに書いておくと、この前書いた通り、やっぱりFirefoxはOMAP3であっても厳しいらしいです。koen氏のブログを見ると、まだEpiphany-Webkitの方がマシだそうです。個人的にはブラウザー選定は結構苦労するかもなと思っています。基本的にはWebkitベースのブラウザーになるとは思いますけどね。midori辺りが安定してくるとアリだと思っているのですけどね。難しいかも。

2008年8月19日火曜日

ミニGP2X?

先ほど気づいたのですが、某所でCraig氏が気になる発言をしているみたいです。以下、引用文。
we will also soon have news of the new mini GP2X console which should be shipping in time for Christmas.
うーん、これはどう解釈していいのやら。以前フォーラムでGP2Xの販売終了に伴いPandoraのようにコミュニティ主導でGP2Xの後継機を作ろうみたいな話をしていたのですが、これがそのプロジェクトなのかな?

その時の話だと、GPHが新しいコンソールを出すけど、それはGP2XとはコンセプトもSoCの互換性も無い代物だから、せっかくコミュニティで作ってきたGP2Xの資産を生かせるように、ほぼGP2Xと同じ性能で、より小さくより使いやすいパッドを使用した安価なコンソール、ミニGP2Xを作ろうみたいなノリだったのですけど……。

確かに、Pandoraは330ドルという携帯ゲーム機というには高価なマシンですからね。それについて来ない、来れない人達から不満の声が挙がっていたのも事実です。実際、スペインのコミュニティはPandoraにあまり好意的ではないらしい。というか、完全に分断されているらしい。

私としては、今更GP2Xにあんまり興味がないのですが(もともとPDA派ですし)、もう少し手軽な値段(150ドル未満?)で遊べる小さいゲーム機があればいいって人も多そうですしね。とにかくもう少ししたら、詳細がわかるでしょう。それまで保留ですね。

久々にPandoraネタ #3

現段階での最新のPandora。実際の製品とは多少違うみたいです。具体的に言うと、アナログスティックが変更されます。製品版では金属部が無いそうです。これは発注していた業者が直前になって、コスト面で折り合いがつかないと製造をキャンセルしてきた為らしいです。リリースの遅れの主な原因はこれです。急遽、新たな業者に頼んだのですが、Pandoraに合わせるには新規に部品を製造しなければならない為、だいぶ遅れたらしいです。

それとケースがもう少し変更されるらしいです。これは確信が得られていませんけど。残念ながら写真が小さいので、細部までは確認できませんが、キーボード部分は取り付けられていないみたいですね。これはキーボードの印字をどうするかまだ最終決定していないからなのかな。よくわかりませんけど。まぁたいした問題じゃなさそうです。何故かって、Pandoraのキーボードレイアウトはソフトウェアで変更可能だからです。

全体的には、以前のビデオ等からあまり変化はありませんが、予想していたよりも、組み立てがしっかりしてそうです。特に3枚目の写真はいい感じです。まぁ予想通り、ふとましい感じはしますけどね。これは今更言っても仕方がないですし(笑)。

掩護射撃すると、Pandoraは普通のPDAと比べるとかなり大きなバッテリーを搭載しています。だから、どうしても本体と比べてバッテリーの面積が大きくなってしまうのです。それでも最後の写真から分かるとおり、全体で2,7cmに納めています。これに4000mAHのバッテリーが搭載されているから仕方がないですね。このお陰で、約10時間近い駆動時間を確保している訳ですし。いかにもオタク好みの武骨なデザインって感じでしょうか(笑)。

もしかしたら、今週中により高精細な写真とビデオが公開されるらしいので、最終的な評価はそれまで持ち越したいと思います。

#Picasa









2008年8月18日月曜日

久々にPandoraネタ #2

続けてPandoraネタ。少し前の話題ですが、YouTubeにPandora実機で動作するエミュレーターの動画がいくつかアップされていますね。やはりこの中で目立つのは、Squidge氏が開発しているSquidgeSNESのPandora移植版、その名も「PandaSNES」の勇姿ですかね。余裕でChrono Triggerをほぼ倍速で動かしています。ちなみに半透明有りで、なおかつフレームスキップ無しでこの速さらしいです。まぁ音は出てませんけど。音に関しては大した問題じゃないそうですから。

それとNotaz氏のPicoDrive。こちらもヤバい速さで動いていますね。何か部分的に200FPS越えてるし。あとQuake2ですか。こちらはダーティポート(荒い移植)状態なのでまぁまぁな感じですか。詰めればだいぶ速くなりそうですね。そういえばSquidge氏のFBAもあったな。あっちも期待できそうですね。

このように、エミュレーションに関しては、間違いなく期待が出来るレベルで出荷されそうです。ちなみにPandaSNESですが、どのくらいバッテリーが持つかテストしたら、500mhz駆動、液晶の輝度最高で「約8時間半」持ったそうです。しかも様々な最適化(バッテリー管理等)を施せば、恐らく10時間くらいは持つんじゃないかとの事です。

あと面白いのは液晶のハーフモード。これは通常800x480の液晶表示を半分の400x240にするモード。ぶっちゃけテレビゲームにこれほどの高解像度は必要ない訳ですし。少々粗くなりますが、より速い速度=低クロック駆動が手に入りそうですね。

#YouTube
PandaSNES - Chrono Trigger double speed - YouTube
http://youtu.be/a5XGMrv25G0



PicoDrive on PSP, GP2X and Pandora devboard - YouTube
http://youtu.be/8HhIt8A-d34



PicoDrive on PSP, GP2X and Pandora devboard (2) - YouTube
http://youtu.be/ZuLLYzaZaJ4



Quake2 on Pandora devboard - YouTube
http://youtu.be/TGz52EIVN8s

久々にPandoraネタ #1

さて、早速ですが我等がPandoraの開発状況から。いくつか情報が出てきているのですが、まずは一番大きな話題から。どうやらPandoraの発売日、それに伴う予約開始日が決まったみたいです。以下、引用文。
Preorders will begin September 30th, 2008
Pandora will begin shipping Nov. 13th, 2008
うむ。事前予約が9月30日で、11月13日に出荷予定らしいです。ちなみに11月13日というは、ハードウェア担当であるMWeston氏の誕生日らしいです。ですので、実際は11月中旬くらいというニュアンスらしいです。一番最初の頃は、4、5月と言われていたので、だいぶ遅れてしまった事は事実ですが、正直、実際に発売にまでこぎ着けた事の方が嬉しいですね。ぶっちゃけ、同人ハードウェアですから。素晴らしい。

ちなみに、9月15日頃にフォーラムメンバー限定の特別事前予約を計画中? らしいです。実際のところ、初期ロット3000台がどのくらいで捌けるのか誰にも予想できないので、難しい所です。それと、余程の事が無い限り、欧米、トルコ以外には出荷しないと思うので、日本から買うのは難しいかもしれませんね。初期ロット分は。まぁ2回目があるかも微妙といえば微妙ですけど(笑)。無事成功して欲しいところです。

もう8月中旬

いやぁ早いですね。もうお盆も終了ですか。何もせずに時間だけが過ぎていくな……。最近、体の調子がずっと良くなかったのですが、ようやく改善されてきました。ずっと放置しっ放しだった、このウェブサイトもゆっくりとですが更新して行こうかと思っています。いくつか書いておきたいネタもありますしね。Pandoraネタとか。