ページ

2009年12月31日木曜日

今年も最後

あと3時間ほどで2009年も終了ですが、正直、全然大晦日という感じがしません。ここ数年はまともにテレビを見なくなったので、余計そう感じるのかもしれませんね。本当は今年中にPandoraの話題でも書こうかと思っていたのですが、最近は全然追いかけていないので今から調べると来年になってしまいそうですし。気が向いたら三が日の間には書くかもしれません。まぁたいした話題はないですけどね。

あっ、一応CEテストを無事にクリアしたというニュースはありましたね。後はケースだけですが、下手すると、中国の正月スケジュールに巻き込まれそうで怖いですけど。気長に待つしかありませんね。流石に来年の春くらいには完成していると思います(笑)。

後は何かな。私的にはパソコンのパワーアップを正月中に行いたいですね。パーツがまだ届いていないので何とも言えない状況ですけど。そして念願のOblivion三昧かな。結局ゲームかいっていう感じもしますけど。まぁいいでしょう。そんな感じの正月も。ということで今年最後の更新はここまでにしたいと思います。皆様もよいお正月をお迎え下さい。今年一年ありがとうございました。そして、来年もまたよろしくお願いいたします。

東方儚月抄

楽天のポイントが切れそうだったので、東方儚月抄の小説版を購入しました。内容は連載時に読んでいたので、だいたい把握しているのですが、日頃、二次創作物で楽しませてもらっている(主にニコニコ動画)作品ということで注文しました。表紙も、きれいな輝夜だったし。

ちなみに東方儚月抄関係は4コマ含めて一応全部読んでます。正直、東方儚月抄本編より4コマの方がおもしろいですが、本編も何度か読み返すとおもしろいかもしれません。でも、三月精の方がおすすめできるかも(笑)。全体的にゆるいお話ですけどね。

#Amazon


東方儚月抄 ~月のイナバと地上の因幡 (上)
あらた としひら, ZUN
一迅社 ( 2009-08-22 )
ISBN: 9784758080354

PCパワーアップ

ここ数日ずっと悩んでいたパソコン強化かゲーム機(PS3 or XBOX360)購入かですが、結局パソコンをパワーアップする事に決めました。思ったより悩んじゃったな。というか今でもどっちがよかったのか分からずじまいですが……。とりあえずビデオカードと電源ユニットを発注しました。

ビデオカードは玄人思考の「GF9800GT-E512HD/GE (PCIExp 512MB)」。電源ユニットは韓国メーカーの500W。正直、名前すら聞いたことが無いメーカーだったので、かなり躊躇したのですが歳末セールでだいぶお安くなっていたのでダメモトで購入してみました。一応、「80PLUS認証電源」らしいので、最低限の品質は保たれているかなぁと。合計で14000円弱のポイント10%ちょいなんで、まぁまぁ良い買い物だったかな。

本当ならビデオカードはATIの方が良いのでしょうがLinuxでも使いたいので現状を考えるとNVIDIAの方がいいのかなと。とはいえATIも日進月歩で進化していますので後1年くらいすればLinuxでも安定したドライバーが供給されるかなぁと思っていますけど。実際、現行のEvergreenファミリーはかなり期待出来ますしね。

それと電源ユニットを500Wに変更するので旧世代のGeForce 9800 GTにする必要も無かったのですがLinuxでのドライバーの安定度、Windows環境もXPしか使わないので最新のDirectXに対応している必要が無いと判断しました。後グリーンエディションで消費電力も低いですし。勿論、低価格というのも大きな判断材料でした。ただ肝心のOblivionとGeForceはあんまり相性が良くないらしいのが気がかりですけど。Wikiとかを見るとメモリも1GBあった方がModを使う場合は良いと書いてありましたが、当分バニラ(オリジナル版)を日本語化するくらいだと思うので、今回は見送りました。

後欲しいハードウェアが1つだけあるのですが、それはもう少し考えてから発注しようと思っています。後はOblivionの入手方法なんですけどアマゾンでGOTYパッケージ版を買うかSteamでダウンロードするかどっちが良いのか迷っています。値段の事を考えるとSteamで買った方がお得だとは思うのですけど。日本語化とか問題点あるのかな。

#Amazon


#外部リンク
ASCII.jp:これからの電源ユニットのトレンド「80PLUS認証電源」とはなにか?
http://ascii.jp/elem/000/000/432/432066/

2009年12月28日月曜日

やっぱり電源か……

「電源容量 ☆ 皮算用 ☆ 計算機。」というウェブサイトで電源容量を予測してみたのですが、やっぱり12Vの供給量をオーバーしちゃうなぁ。ちなみにGeForce 9600 GTのGEを考えてたんですけど。Radeon HD 4550だとギリギリセーフか。でもこれだとOblivionが快適に出来なさそうだし。まいった。

一応Wiki(S70FL)の報告見るとGeForce 9600 GTでも大丈夫という情報もあったのですが、やっぱり不安だしなぁ。まぁあくまでピーク値での計算だから動くには動くと思うのですけどね。でも長時間プレイしていると死にそうだしなぁ。以前PC電源から火が出てた事があるから怖いしな。ちなみにSeventeam製でした。自宅に居たからいいけど、留守だったらヤバかったかも。そういった意味では、付属の電源の質自体は問題ないのですけどね。ただ電源容量が足りないという致命的な問題が……。

あぁアホだ。やっぱり完全自作した方が安くついたのかも。でも、もうだいぶ弄っちゃったからなぁ。今更自作しなおすのも嫌だし。いっそ全部売っ払って、身軽になろうかしら……。とはいえ今組むとなると中途半端ではあるのですよね。インテルもAMDも過渡期だし。はぁ。やっぱPS3かXBOX360買おうかな。

#外部リンク
NEC Express5800/S70 タイプFL - wiki@nothing
NEC Express5800/S70 タイプFL - wiki@nothing

Cost-Simulator.com - 皮算用計算機の倉庫
http://www.cost-simulator.com/eco/index.html

2009年12月27日日曜日

PS3かPC強化か……

ここ暫くPS3を買うかパソコンをパワーアップさせるかという問題で頭を悩ませています。発端はこの前書いた戯れ言なんですけどね。あの時はPS3購入一択だったのですが、Oblivionについてコメントいただいた事がきっかけで、また悩んでいるのです。

実は、あの時は全然調べずにOblivionやりたいと書いたのですが、やっぱりPC版とゲーム機版とだと自由度にだいぶ差があるみたいで、どうせハマるならどっぷりとハマれるPC版の方がいいのかなぁという気になってきまして。

正直、PS3でやりたいゲームもそんなになかったりしますし。いや、調べてないだけだとは思うのですけど。今のところやりたいゲームは以下くらいかなぁなんて。
Oblivion
Fallout 3
Call of Duty 4:Modern Warfare
Call of Duty 4:Modern Warfare 2
Bioshock
Demon's Souls
とりあえずこんなところかな。実はXBOX360の方が個人的には良作が多そうだなぁと感じています。マルチタイトル以外には、「デッドライジング」や「Gears of Warシリーズ」、「Left 4 Deadシリーズ」なんかが気になっています。ただハードウェアを含めると(現時点では)PS3の方が完成度が高いし、Blu-rayプレイヤーとしても使えるし、いいかなぁなんて思いまして。後、コントローラーも独自規格だし。

そう考えると私の好みは洋ゲーの方が濃いのかなぁ。個人的にはドラクエとかも好きなんですけどね。PS3がPS2互換だったら迷わずPS3行くのですけど。何せPS2持ってなかったもので。まぁいいや、そんな感じでゲーム機じゃなくてパソコン(Windows)で洋ゲーをやってもいいのかなという考えが新たに浮かび上がってきたのですが、そうなるとパソコンのパーツ構成で問題が発生してしまうのです。

普通ならミドルクラスのビデオカードを増設すればそれで済むのですが、私が使っているPCはちょっとばかり特殊でして、いろいろと縛りがあったりするのです。一番大きな縛りが「電源」です。ぶっちゃけ250Wしかないのです。まぁ安い電源を買ってきて交換してもいいのですが、そこまですると余計な出費が嵩むし、もともと安鯖をデスクトップに転用するというアイデンティティが発端ですのでこれ以上改造するのもそのポリシーに反する? とかいう訳の分からない意地みたいなものもありますし……。

いやそこまで改造していくなら、最初から完全自作した方が良かったのじゃないの的な葛藤が……。まぁ既にCPUはオリジナルから変更してますけどね。後メモリも。HDDも追加してるし。じゃもういいじゃん。でもなぁ。うーん。どうするかな。

2009年12月24日木曜日

平均年収1000万円

普段ブログで政治ネタは書かないし、これからも積極的に書くつもりはないのですが流石にこの動画を見て突っ込まずにはいられませんでした……。

#ニコニコ動画




ちょっと酷すぎませんか? 麻生さんの時にカップヌードルの値段を知らないで民主党やマスコミからさんざん叩かれていた気がするのですが、こっちの方がはるかに酷い……。もはや笑い事じゃないと思うのですけどね。

というか、こんな基本的な数字すら把握していない人が政治の中枢にいて良いのかと思っちゃいます。まして今一番望まれていることは経済の建て直しですよね? それなのにこんなズレた発言している人が総理大臣って……。ありえないです。

そりゃ今は流石に把握しているでしょうが多分これ数年前ですよね。鳩山さんって何年政治家やっているのでしょうか。こんなんで経済に対する政策を何年も論じていたなんて滑稽すぎますね。実態を全然把握してない机上の空論と言われても仕方がないレベルです。

そりゃ月に1500万円もママからお小遣い貰えるんじゃ理解できる訳ないかな。諸外国に1兆7500億円ポンと出しちゃう訳だ(苦笑)。久々に黒い部分出ちゃいましたよ。クリスマスイブだっていうのに……。聖夜だからかな:-P。みんなーしねばいーのにー☆

2009年12月21日月曜日

Pandora情報更新 #12.21

昨日書いた修正ケースですが、まだ出荷されていなかったようです。23日に出荷される予定らしいです。失礼しました。CEテストは28日で変更はないみたいです。あくまで予定ですけど。それと任天堂64エミュレーターの続報。Pandora向けのGPUプラグインを最適化しているAdventus氏がビデオを公開してくれました。音無し&CPUを850Mhzまでクロックアップした状態ですが「バンジョーとカズーイの大冒険」が17 - 20 fpsで動作するようです。Pandoraの400x240フレームバッファモードが使用できるようになれば、更に10%くらいのスピードアップが望めそうとの事です。

正直「バンジョーとカズーイの大冒険」のオリジナルが何FPSくらいなのかわかりませんが、N64は意外と低FPSのものが多いらしいので、実際にプレイしてもそんなに気にならないレベルなのかもしれません。でも以前書いたようにOMAP3530のCPUのグレードが変更されてしまったので、セカンドバッチ以降は800Mhzくらいまでクロックアップ出来るかわからないのが痛いですね。ファーストバッチは多分大丈夫らしいのですけど……。

後はコミュニティのメンバーの1人が早速ED氏の自宅に押しかけてPandora実機を弄ってきたらしいです。何でも同じドイツの人でわざわざ500kmほどドライブしてきたらしい。ED氏は気さくに対応してくれたみたい。いい人だ。その方のレビューによるとケース部分は幾分問題点(例の修正箇所)が見受けられるけど、全体としてはかなりいい感じらしい。特にケースの頑健さは一目でわかるくらいらしい。ちょっとやそっとじゃ傷付かない感じとか。まぁこれは以前から言われていましたからね。開発者であるMWeston氏自ら、だいぶ肉厚に作るからと言ってましたからね。その代わりちょっと重量重くなったとも。

確かこういったモバイル系ガジェットを作った事が無いしどのくらいの厚さが適切なのかといった詳細なデータが無いので重さより頑強さを優先したとか言っていた気がします。それにどうせおっさんしか興味無いだろうから重くしてもいいでしょ的なノリも。任天堂レベルの会社なら詳細なデータも揃っているのでしょうけどね。まぁ最悪DS Liteの厚さをパクれば済むのかもしれませんが……。

実際のレビューは結構長いので、まだ全部読んでませんが、概ね満足出来るレベルだったそうです。ただ、同じようにトルコのFatih氏経由で触った人(特にPandoraに興味無い人らしい)の感想は、「悪くも無いけど、良くもないかなぁ」的なものらしい。その方によると液晶の質はそれほど良いものではないらしい。

それとキーボードも。Aの文字を取りこぼしたりしたらしい。まぁこれは以前から予想出来ましたけどね。特に液晶はシャープといった一流メーカー品では無いので仕方がないでしょう。キーボードもシンプルな構造上、押し心地は予想出来ましたし。ただ、コントローラー部分は気に入ったらしいです。特にアナログスティックは完璧らしい。USBの機能性も充分らしい。手持ちのUSBデータスティックも自動で認識したようですし。後、マルチメディア部分も? 多分Mplayerの事だと思います。

もう少しすれば開発者以外のレビューも増えてくるかもしれませんね。あまりにもヨイショ的な意見が多いのも信憑性に問題がありますし。もともと零細企業? が製作している半同人ハードですからね。ゲームコントロール部分がしっかりしているという情報だけでも良しとしなければいけないのかも。

#YouTube
mupen64plus - Banjo Kazooie.mp4 - YouTube
http://youtu.be/3bQL8hx77bg



#外部リンク
My Pandora Preview - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?/topic/51023-my-pandora-preview/

Pandora情報更新 #12.20

寝る前に更新。まずケースですが情報によるとケースメーカーでの修正が終わり修正版ケースがMWeston氏のいるカナダに輸送中とのこと。早ければ今週末に到着という話でしたが、今のところ何の情報も無いので月曜以降にずれ込みそうです。それとCEテストですが、どうやら今月の28日に本テストを行うらしいです。さてどうなることやら。

後は小ネタです。前回書き忘れましたが、新しいPandoraの写真が公開されています。ちょっとサイズが大きいので貼り付けは控えます。気になる方はOpenPandoraの公式ブログをご覧下さい。それだけじゃ何なので、フォーラムに掲載されていた別の写真を載せときます。何か格好いいかも(笑)。ちなみにこれはトルコにいるFatih氏のPandoraらしいです。

後は以前から気になっていた「Pandora」と書かれたプラスチックカバーの謎。バッテリカバーの新デザインかと話題になっていましたが、真相は予備バッテリーのケースだった模様。つまり、Pandora本体とは別にバッテリーを買うとついてくるバッテリーケースらしい……。何で無駄に豪華仕様(苦笑)。

最後に、最近話題にならないもう1つのGUI「Pmenu」ですが、もう少ししたら最新版のビデオが公開されるそうです。現在、開発者であるCpasjuste氏がPandoraのメインOSへ最新版を移植中らしいので、その作業が終われば、ED氏がビデオを作成するらしいです。ちなみに最新のPmenuですが有志の協力により、かなり格好が良いスキンが導入されるようです。現在有力なのが以下のスキン。なかなかいい感じですよね。今から楽しみです。とりあえず今日はそんなところかな。

#Picasa




#外部リンク
Out of nowhere
http://www.open-pandora.org/index.php?option=com_content&view=article&id=143%3Aout-of-nowhere&catid=2%3Ablog&Itemid=2&lang=en

2009年12月19日土曜日

Pandora情報更新 #12.19

完成が近づいたからかPandoraの話題もだいぶ頻繁になってきました。このまま順調に発売までこぎ着けてくれればいいのですけど。まずはCraig氏のビデオから。開発者用ボードを使ってMAMEを起動させるデモですね。開発者の人は興味深いかもしれませんが、私を含む、一般人にはあまり楽しくないデモかも。ちなみにこの開発者ボードですが、今のところ市販する予定は無さそうです。ただし、ある程度の需要が見込まれた場合は商品化するかもしれないとのこと。現在でも詳細なPDFが配布されていますので欲しい人は自作してくれとの事です。

次はED氏のビデオ。1つは先日までの続きですね。主にPNDシステムの紹介です。見て分かる通り非常にシンプルな動作が可能です。具体的にはSDカード(FAT32)に「Pandora」フォルダを作って、そこにゲームやエミュレーターの.pndファイルを置くだけです。この.pndファイルはゲームに必要なファイル群を1つ(ISO)にまとめたファイルらしく、ユーザーはダウンロードした.pndファイルをSDカードにコピーするだけでOKという手軽さです。コンフィグファイルも別途SDカードの「appdata」フォルダに作成されるので、Pandora本体のシステムを汚さずに済むという寸法です。主にゲーム用のシステムとしては結構良い感じだと思います。

だいぶ昔のフォーラムの議論で、Pandoraのシステムをどうするかという話題があり、その時に、「Linuxだからと言って、購入者全員がLinuxに詳しい訳ではないし、その知識を強要するべきではない。デフォルト環境は、初心者にも優しいシステムを模索すべし」的な意見が出ていました。このPNDシステムもその考え方に基づいたシステムだと思います。まぁXFCEが初心者向きとは思えませんけど、ゲーム用としてはPMenuがありますからね。

もう1つのビデオは主にハードウェアの紹介ですね。ビデオの質が高いので結構よくわかります。特にヒンジの出来は思っていたより良さそう。MWeston氏のビデオだとフニャフニャしてるかなぁと思っていたのですが、ED氏のビデオだとカッチリとして、結構頑丈な作りなのかもと思いました。以前も書きましたが、このヒンジ部分は任天堂 DS(Lite?)と同じメーカーが作ったモノらしいので、品質は一級品だと思います。DS Liteのヒンジも問題はあったみたいですけど……。

ただ、全く同じものは契約上の問題からか使用する事は出来なかったみたいで、類似品が使われているそうです。ちなみに、ABXYボタンの配置も特許の問題からなのか、SNESと同じ配置ではなく、GP2Xと同じ配置になってしまうらしい。残念ですが無用なトラブルを避けるためには仕方がない事なのかもしれません。どうしても気になる人は自分でケースを開けて入れ替えてくれとの事です。

小ネタとしては、アナログスティックの制御についてですかね。このアナログスティックをマウスのように振る舞わせる事が出来るのかという質問があり、開発者の一人であるNotaz氏の話によると、「可能」らしいです。ただし、まだ「動く」というレベルであり、安定して動作させるには、まだ暫く調整が必要との事らしい。D-PADと並んで、アナログスティックは他のOMAP3ハードウェアには無い、Pandora固有の部分であり、どうしてもデバッグに時間がかかってしまいますからね。今は他の部分の重要度の方が高いので、この部分は後回しにするしかないようです。Pandoraがリリースされれば、開発者以外の協力が得られるようになるので、案外早く安定化せさられるかもしれません。

最後に悲しい話題。GP32コミュニティの古参メンバーであるno_skill氏がお亡くなりになられたようです。私はコミュニティのメンバーでは無いので。どうこう言える立場ではありませんが、私がGP2X Wikiの日本語ページを作成した時に初めて声をかけてくれたのがno_skill氏でした。何もしらないでビクビクしながらWiki作りに参加した直後だったので彼のアドバイスにはとても勇気づけられました。もし、その時に罵声を浴びせられたりしたら小心者の私はそれ以上、Wikiの更新をする事もなかったと思います。そして、こうしてPandoraの情報をブログで追うこともなかったと思います。心よりご冥福をお祈り致します。Rest in peace. no_skill.

#Picasa


#YouTube
Pandora Basics - Running MAME on a Dev setup - YouTube
http://youtu.be/MDWkeCAbL-U



Pandora - Prerelease OS Snippet 3 - YouTube
http://youtu.be/O4fhYlEDW54



Pandora Prototype Showoff - YouTube
http://youtu.be/dD6gytB1iw8



#外部リンク
Hardware hacking - Pandora Wiki
http://pandorawiki.org/Hardware_hacking#Breakout_Board

Rest In Peace: Oneup, Aka Hufsky, Aka No_Skill - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?/topic/50992-rest-in-peace-oneup-aka-hufsky-aka-no-skill

2009年12月15日火曜日

Pandora情報更新 #12.15

早速Craig氏がPandoraを見せびらかしだしたようです。4分くらいしかないので、まだまだ満足出来ませんが結構はっきりと全体像を確認することが出来ます。さんざんダサいと言われているPandoraですが、こうやってみるとそうでもないかも。というか長い間見てたから慣れちゃったのかな(笑)。

ちなみに5台のPandoraですがCraig氏の他にED氏、Cpasjuste氏、DJWillis氏、Notaz氏あたりに送る(送った?)そうです。他の開発者も完成したら送られると思います。といっても既に開発ボードやBeagle Boardを持っている人も多いので、それほど多くは必要ないみたいですけど。ヒンジやショルダーボタン等の確認に必要なくらいなのかも。

とりあえずそんなところかな。今日はここまで。関係ないけど、Craig氏って結構若いですね。写真やビデオで何回か見たことがあるので、驚きはないですけど、こうやってみるとだいぶ若いですね。確か30くらいだったと思いますけど。というかPandoraチーム自体がだいたい30前後らしいです。若いですね。

#YouTube
Mass Production Pandora - YouTube
http://youtu.be/AMZsJIyv4ys

2009年12月13日日曜日

Pandora情報更新 #12.13

あんまり動きはないですが、一応更新。前回書いたMWeston氏自らが組み立てるという話ですがどうやら5台だけだったようです。その結果ケースの若干の不具合(というか、改良点)を発見したので、残念ながら生産開始のゴーサインはまだ出されていないようです。

気になる不具合ですが下部パーツに小さなヒケがあるそうです。この問題はケースメーカーも把握しており、既に修正が施されているらしい。次にLCDケーブルを通す穴が少し小さすぎるので大きくするようです。このままでも組み立ては可能ですが、大量生産の効率を上げる為の措置らしい。もしかしたら、CEの模擬テストの時に追加した電磁波対策のカバー分狭くなったのが原因なのかも。

次に不具合とまではいかない改良点ですが、ショルダーボタンの可動部分の微調整が必要らしい。自動車のブレーキの遊び調整みたいなものなのかな? このままでも問題ないのですが、何人かで実際にテストしてみて、どのくらいの「遊び」がベストなのかを探るみたいです。後はよくわからないですが、多少のシェービングが必要らしい。もしかして「ヒケ」を調整する為の措置なのかも。Pandoraは結構肉厚に作ってあるので、ヒケの発生率が高いのかも。それを修正するには熟練工の技が必要で、解決法としては見えない部分(内部)を少し薄くしたりして調整するらしい? ので。これは完全に私の憶測ですけどね。

いずれも重大な不具合という訳ではないので、それほどの遅れはないらしい。まぁ実際のところテストケースを1日で検査しろという方が無理がありますからね。ショルダーボタンの微調整とかは実際に使い込んでみないとわからない部分ですし。私としては、ここで無理してゴーサインを出さない事に少し安心しました。焦ってケアレスミスを起こされるより、じっくりと検査してもらった方が、後々有利ですからね。ここにきて1、2週間遅れてもたいして変わりませんし。Craig氏によると月曜日辺りにケースメーカーから不具合についての返答があるらしいです。どうなりますやら。

他にはMWeston氏が組み立てた5台のPandoraの集合写真とビデオとか。まぁ内容はどうという事はないのですが、見どころとしては、どうみても電子レンジのターンテーブルが使われているってところですかね。こういうところが手作り感覚でおもしろいですね。後は任天堂DS Liteとの比較写真とか。こうやってみるとPandoraも結構小さいですね。さすがに厚さは半端ないですけど。まぁバッテリー容量がアホみたいに多いから仕方ないですけど。

WikipediaによるとDS Liteのバッテリーが3.7V/1000mAh。対するPandoraは3.7V/4000(4200?)mAhですからね。約4倍ですか。それと、上で書いた5台のPandoraですが、とりあえずCraig氏やED氏といった主要メンバーに届けられるそうです。というか、既にCraig氏には到着した模様。これでYouTube上でのデモ動画が一気に増えると思います。楽しみですね。とりあえずこんなところかな。

#Picasa




#YouTube
Multiple Pandora units - YouTube
http://youtu.be/eh306irDaVo

2009年12月10日木曜日

Pandora情報更新 #12.09 その2

今日はビデオの公開が多いです。またED氏が公開してました。前回はPandoraの初期設定画面についてのビデオでしたが、今回はログインしてからのXFCEのデモですね。んー特に見どころはないですが、思っていたよりはキビキビとした動作かな。ソリティアの立ち上げはなかなかですね。

ただ何回も言ってますが、やはりXFCEだとPandoraのような小さな画面用に設計されていませんので実際に操作するには結構慣れが必要そうです。このあたりは以前デモされていたMatchboxやE17の画面の方が優れていますね。XFCEにもE17のような携帯用表示モジュールみたいなのがあるといいのですけど……。

それと直接はPandoraと関係ないのですが、個人的に気になった動画もいくつか紹介しておきます。まずはZodTTD氏のiPhone 3GSをWiiリモコンで操作するビデオ。これはBTなので、そのままPandoraでも応用出来そう。まぁPandoraは普通にコントローラー内蔵ですが、家でテレビで繋ぐ時のリモコンとしてや、多人数で遊ぶ時のコントローラーとして使えそうです。ちなみにPS3のコントローラーもBTで使えますので、ゲーム用のコントローラーとしてはそちらの方が良さそうです。

次はNokiaのN900上でのWebGLのデモ。Firefoxのモバイル版であるFennec用のプラグインとして実装されているのかな? 基本的にN900とPandoraは同じハードウェア性能とみていいので、Pandoraでも似たようなパフォーマンスは期待出来そうです。まぁMaemoというのが多少厄介そうではありますけど。ついでにN900上でのOpenArenaのデモ等を行っているレビュー。こちらもかなり素晴らしい出来です。流石にMaemoも磨かれてきていますね。

最後にそのMaemoを使ったNokia以外のメーカーのデバイス。こちらはOMAP3じゃないのであまり参考にはならないかもしれませんが、将来的にはPandora向けのMaemo環境が出て来るかもしれませんからね。というか多分出て来るでしょう。そうなるとPDA的な使い方をしたい人はかなり期待出来るのではないでしょうか? まぁそうなると厄介なのが日本語環境なんですけどね。

#追記
ちょっと気になる情報としては、例のケースですがテストケースだとツヤ有りですが、製品版だとマット仕上げ(ツヤ消し)になるという話は以前書きました。あくまで可能性の話なんですが、ツヤ消しの場合、シルクスクリーンの印字が綺麗に仕上がらない場合があるという話がフォーラムで出ていました。MWeston氏はその可能性について、ケースメーカーに再三尋ねていたのですが、その度に「OK,OK」と言われたそうです。ただ実際に印字されたものを見た訳ではないので一抹の不安はあるそうです。その場合は余計な時間が掛かるのですが、最悪、シルクスクリーン無しのバージョンも考えられるかも……。うろ覚えなのでかなり間違っているかもしれませんが一応……。

それと今見たらエンガジェットに、早速今日のニュースが掲載されていました。毎度ありがたい事です。前回も取り上げてくれてましたし、私のような素人のブログよりもよっぽど集客力がありますからね。少しでもPandoraの知名度が上がって、いつかは日本でも簡単に手に入れることが出来るようになってくれればと思います。

#追記
何か恐ろしい情報が……。なんと105(103?)枚の基板全てがMWeston氏の手元にあり、更に他のパーツも105個分、MWeston氏が持っているのだそうです。そして今日ケースも到着したのですが、どうやらそのケースも105個あるらしいのです……。更に更に現在MWeston氏自らが105個のPandoraをテストを兼ねて組み立てているそうです。何という家内制手工業! Craig氏の話によると明日中には105個全てのPandoraの組み立てが終わり、それを世界各地にいる「選ばれた開発者」と「Pandoraチーム」に発送する予定らしい……。

と言う事は、少数とはいえ、明日(今日)が記念すべきPandoraの発売日となるのかも? まだCEテストを受けていないので厳密には違いますが一応完成品という扱いになるらしい。ついでにケースもマット仕上げじゃない「レアもの」という事にするらしい……。適当にみただけだから、間違っているかもしれませんが、一応メモしておきます。

#追記
更に追記。ケースが105個というのは間違いらしい。いくつかのケースが届いただけ? それをPandoraチームへ発送するだけかも。適当でゴメンなさい。もう寝ます。

#YouTube
Pandora - Prerelease OS Snippet 2 - YouTube
http://youtu.be/i--xlwE8UlY



iPhone - Playing mame4iphone with a WiiMote over BlueTooth - YouTube
http://youtu.be/2AqgIWPnrlc



HTML5 in Firefox: WebGL Demo On the Nokia N900 - YouTube
http://youtu.be/Q-73zYoUsd4



Nokia N900 High-definition Overview - YouTube
http://youtu.be/xOaIQt4UEp4



Optima OP5-E Maemo Linux MID video-review - YouTube
http://youtu.be/lpdvPdzuy6M



#外部リンク
動画:オープン携帯機 Pandora、量産モデルが完成 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2009/12/09/pandora/

オープン携帯機 Pandora、今度こそ量産開始へ -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2009/11/25/pandora/

Pandora -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/tag/Pandora/

2009年12月9日水曜日

Pandora情報更新 #12.09

本当に長い間見守りつづけていたPandoraですが、ようやく「実機」と呼んでもいいマシンが出来上がったようです。まさかここまで時間が掛かるとは思わなかったですが、ここまで辿り着けた事を素直に喜びたいと思います。Finally...Congrats! OpenPandora Team!

#Picasa




#YouTube
Pandora production case video - YouTube
http://youtu.be/K6m1y01LXtM



Pandora - Prerelease OS Snippet 1 - YouTube
http://youtu.be/GQOPzVytaDI




Pandora情報更新 #12.08

久々にPandora情報。でも特に変化無し。何か以前書いたケース完成のニュースですが、ある部分に収縮が見られたので、それを直してから出荷という状態だったのですが、ようやく解消して既にカナダにいるMWeston氏の元に送ったらしいです。以前は12月1日に出荷すると約束してくれたと書きましたが、結局一週間くらい余計に掛かってしまいましたね。まぁいつもの事ですが。

情報によると現地時間の8日に到着予定との事らしいので、日本時間で明日か遅くとも明後日にはケースについての情報が得られると思います。スケジュールとしては、MWeston氏が直にケースをテストしてみて、それがOKであれば、中国にある金型を使ってケースの生産に入る予定になっています。ケース自体は1日に1000個くらい作れるので、その最初の1000個をすぐに飛行機でテキサスの組み立て工場に持っていって組み立てるという感じですかね。正直、年内はかなり厳しいと思いますが、Craig氏はまだ楽観的に考えているみたいです。まぁいつもどおりですね。

後はPandora用のアプリストアを考えているみたいですね。ウェブベースらしい。まだアイデア段階なので、詳しい話はまた後でわかると思います。まずはケースが無事、お披露目出来るのを祈りたいと思います。では。

2009年12月8日火曜日

エンコ職人への道は遠い

現在ビデオのエンコード方法を調べているのですが、思ったより面倒くさい作業なんですね。いい加減にやればいくらでも方法はあるのですが、逆にいろいろありすぎてどれがベストか容易には判断出来ない状態です。一応、今考えているのはDVDからのエンコードなんですが、Linuxでやろうとすると、HandBrakeというアプリが一番いい感じかなぁと思っているのですが、なかなか上手くいかない。

何か最新版のHandBrake 0.9.4だと、エンコード出来るコーデックやコンテナが極端に少なくなってて。以前見たときはxvidとかaviとかが選択出来た気がするのですが、最新版だとコーデックはH.264とMPEG-4、コンテナだとMKVとMP4しか選べないみたいだし。2chのスレとか見るとメンテナンスが面倒くさいという理由で、これ以外の選択肢は外されたらしい……。それもアリだとは思いますがちょっと残念だなぁ。

というのも、これからの動画コレクションについて考えてみると、現状だと解像度はSDサイズ、コーデックはDivx or Xvid、コンテナはAVIという無難な組み合わせがまだ必要な気がするのですよね。あくまで私の状況はですが。何故かはまた今度。特におもしろい話しでもないですが引っ張ります。

#外部リンク
HandBrake
http://handbrake.fr/

2009年12月6日日曜日

Phoronix Test Suite、ふたたび

コメントでオブリビオンについてのアドバイスをいただいたので、久々にPhoronix Test Suiteを動かしてみました。まぁ久々といっても、一ヶ月くらい前にいくつか登録してみたのですけど。結果はやっぱり散々なモノでした。実はここ1、2ヶ月でちょっとだけパソコンをパワーアップさせていたので、以前やった時よりもまともに3Dゲームが動くかななんて期待していたのですが、インテルのオンボードでは全然役に立たないという事だけがわかる内容でした。3D系以外の用途はかなり満足出来る結果なんですけどね。とりあえずいくつか結果を張り付けておきます。Linux(Ubuntu)で遊んでみようと思っている人の役に立てれば幸いです。

まずは以前挑戦して1FPSも出なかったNexuiz。HDRとサウンドはONですが、正直、音出ませんでした……。しかも5FPS。まぁ完走出来ただけでも大きな進歩です。ちなみに、解像度を落としてHDR無しだと24FPS。確か音も出てた気がします。記憶があいまいですけど。あとあんまり解像度は関係ないかも。ハードウェアで処理だから?

#Picasa
#Nexuiz(HDRオン、サウンド有り)

#Nexuiz(HDRオフ、サウンド有り)

次にEnemy Territory。これは全解像度で試してみましたが、一貫して10FPSでした。正直、Enemy Territoryでも10FPSしか出ないなんて、かなり期待外れでした。これってQuake3派生エンジンですよね? HDならともかく、800x600でも10FPSなんて……。何かおかしいのかな? それともこんなものなの。余談ですが、このテスト時間かかり過ぎ。何か2時間くらいかかっちゃったし。もうやらないぞ。

#Enemy Territory(全解像度でほぼ同じなので1920x1080のみ)

最後にQuake3エンジン派生のOSS改良版であるioquake3使用のゲーム達。面倒なのでまとめて紹介。上からOpenArena、Tremulous、Urban Terrorの3つです。解像度は1920x1080。OpenArenaだけちょっとFPSが低くて約19FPS、TremulousとUrban Terrorはほとんど同じで約21FPSでした。ちなみに見た目はTremulousよりUrban Terrorの方が綺麗でしたが、Tremulousは3年くらい更新されていませんので、その差が大きいのかもしれません。とはいえ、Tremulousも結構綺麗ですけどね。それに噂では年末か来年頭くらいに久々に更新されるらしいですし。見た目もかなり更新されるみたいです。楽しみですね。

#OpenArena

#Tremulous

#Urban Terror

何かグダグダな内容になってしまいましたが、言いたいことは例えLinuxだとしても3Dゲームをまともに遊ぼうと思ったら、インテルのオンボードは避けるべしという事です。古いとはいえ、現状で選べる最高のオンボードビデオ(X4500HD)ですらこのレベルですし。現在開発中のClarkdaleも、X4500HDの延長線レベルらしいので動画再生支援はともかく3Dゲーム用としては正直かなり厳しそうですしね。かといって外付けのLarrabeeも、まだまだ当分先みたいですし。現状でLinux用のビデオカードを選ぶとしたら、個人的には残念ですが、NVIDIAのクローズドドライバー使用が一番無難という事になるのかなぁ。特にiDTECH系はNVIDIA向けらしいですし。

AMD/ATIは以前よりだいぶマシになってきたとはいえ、まだまだビデオカードの性能を出しきっているとはいえないみたいですしね。ただPhoronixの記事とかを読んでみると、現行のEvergreenシリーズは開発段階からLinuxを主要なプラットフォームとして位置づけているらしいので、あと半年くらいしたら、かなりいい感じで動作するようになるのかもしれませんね。まぁ完全に素人の当てずっぽうですが(苦笑)。

ちなみにPhoronix Globalで物好き達が投稿しているので、どのくらいのスペックが自分の用途に必要なのかくらいの参考にはなると思います。私も少しだけですが投稿しているのでよかったら参考にして見てください。暇な人はベンチマークを実行して投稿すると誰かの役に立つかもしれません。よかったらどうぞ。

今見たらTremulousの1.2ベータ版がリリースされてました。もうすぐって感じですね。時間が出来たら、このあたりのゲームエンジンについて自分なりにまとめてみたいと思います。あくまで素人レベルですけどね。何せFPSなんて、この前始めてDP版Quake1やっただけですから。しかも2面まで……。

#追記
Urban Terrorも4.1だと2007年リリースみたいですね。といっても2007年12月みたいですが。Tremulousの1.1が2006年3月だから言うほどの差はなかったかな。OpenArenaの0.8.1が2008年10月ですし。単純にグラフィックのレベルに差があるだけか。

#外部リンク
Phoronix Test Suite - Linux Testing & Benchmarking Platform, Automated Testing Framework, Open-Source Benchmarking
http://www.phoronix-test-suite.com/?k=home

Phoronix Global - Linux Benchmarking & Results Database
http://global.phoronix-test-suite.com/?k=results

Alientrap – Independent Game Studio
http://www.alientrap.org/

OpenArena
http://www.openarena.ws/smfnews.php

T R E M U L O U S :: NEWS
http://tremulous.net/

Urban Terror
http://www.urbanterror.info/home/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Phoronix Test Suite
http://blog.minawa.net/2009/05/phoronix-test-suite_2928.html

BLOG.MINAWA.NET: Phoronix Test Suite #02
http://blog.minawa.net/2009/05/phoronix-test-suite-02_4118.html

2009年12月4日金曜日

PS3買っちゃうかも……

ヤバい。何か無性に新型PS3が欲しくなってしまった。正直メチャクチャお金無いのですけど、先日からヤフオクで不用品を売りさばいて貯めたお金で買えなくもない状況。もしかしたら逝ってしまうかもしれません。オブリビオンとかFallout3とかやりたいよー。CoD4:MW2も。どうすればいいんだ。

#Amazon
PlayStation 3 (160GB) チャコール・ブラック (CECH-3000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント ( 2011-07-04 )

2009年11月29日日曜日

エグザムライ

これはヒドい……。今日のニコニコ動画鑑賞で一番笑わされたのがコレです。しかもパート2まであるし。最近、友人と会う度に話題になるキーワードが「EXILE(エグザムライも可)」です。あと何故か帰り際に出てくる話題が「コルカス」。何故かは私たちにもわかりません。ちなみにTSUTAYAに行った時に話題になるのが「ドス竜」です。そんな大人でゴメンなさい。

#追記
エグザムライ初めて見たけど、予想してた内容と8割方合ってたし(笑)。私が「エグザムライ」というお題でアニメ作ってもだいたい同じ内容になってたろうな。エグザイルの中の人誰が誰だかわからないけど。というか、飛ばされたWoWのビデオの出来が凄くてそっちの方がビックリです。

関係ないけど、ニコニコ大百科の「ファンファンウィーヒッタステーッステー」ていう項目もヒドい。特にメンバー推移。これ私と友人が数年前に考えてた、地球の歴史にさりげなくアニメの嘘歴史を盛り込んで年表作るってネタとちょっと被ってるし。宇宙世紀とか樹雷皇家とか……。ちなみに最後が56億7000万年後に緑の星、フォーチュンで離ればなれだった2人が再会して終了です。めでたしめでたし。自分で書いてて頭悪そうだ。

#ニコニコ動画








#外部リンク
ファンファンウィーヒッタステーッステーとは (ファンファンウィーヒッタステーッステーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ファンファンウィーヒッタステーッステーとは (ファンファンウィーヒッタステーッステーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

2009年11月26日木曜日

Pandora情報更新 #11.25 その2

続きです。Cpasjuste氏がPmenuにビデオ再生機能を組み込んでみたらしい。中身はMplayer。思い付きで組み込んだだけなので、実際に採用するかは未定らしいですが、フォーラムでは概ね好評なので実装されるかもしれません。

後は昨日書こうとしてめんどくさくなってやめたニュース。主にソフトウェアです。Pmenuのスキン職人を募集しているみたい。既に何人かがコンセプトアートを公開しているので、その中から公式スキンが決まると思います。我はという方はフォーラムに書き込んでみるのもいいですね。ついでにXFCEで使う壁紙も募集中らしい。

他にはXのログインマネージャーが変更されたみたい。今まではCpasjuste氏が開発した独自ログインマネージャーだったのですが、今は「SLiM」という汎用のログインマネージャーに変更されたらしい。変更の理由は書かれていませんが、おそらく機能性、拡張性の問題とメンテナンスの問題だと思います。ただし、デメリットもあり、独自のログインマネージャーよりも、多少ブートに時間が掛かるみたいです。だいたい60秒くらい? 以前は40秒くらいだったので、多少伸びてますね。まぁいずれ短縮されると思います。

後はサスペンドとハイバネーションの問題。残念ながら今現在のファームウェアでは両方共機能しないらしいです。ただハイバネーションは対象がSDカードという事もあり、復帰するのにブートするのと同じくらい時間が掛かるかもしれないので、実装されてもあんまり意味がないかもとの事。

サスペンドはED氏が1月くらいのアップデートで修正可能とか書いてますが、カーネル担当のNotaz氏から「そんなに簡単じゃねーよ!」と小言を言われてましたので、実際はもう少し時間が掛かりそうです。どうやら復帰時のドライバーが問題らしい。

後はOMAP3の省電力機構も手こずっているみたい。TIの専用チップを使っているが原因で、このチップがかなり複雑な動作をしており、モニターするのが大変らしい。ただ、機能自体は動作しているのでいずれはモニターも出来るようになる見込みとか? ちょっと専門的過ぎて私には理解しがたいですけど。

サスペンド問題ですが、一応の解決策として、使用しない時はバックライトを消灯して、出来るだけCPUを使わない省電力モードに移行するスクリプトを作ったからそれで代用してちょとの事らしい。何かこのスクリプトを使うと、CPUのクロックが14MHzまでダウンするらしい。違うかもしれませんが、携帯電話の待ち受けみたいな感じ? 結構持ちそうな予感。無線LANとかもオフにするのが前提ですけど。後はPNDファイルが今のところ読み込みのみとか。これはAUFSの問題らしい。いつのまにかUnionFSからAUFSに変更してたみたい。そんなところかな。

#YouTube
pmenu embedded video player - YouTube
http://youtu.be/7vplFbqycMg



#外部リンク
SLiM - Simple Login Manager
http://slim.berlios.de/

2009年11月25日水曜日

Pandora情報更新 #11.25

昨日言っていたケースですが、どうやら完成したみたいです。少しだけですが、Craig氏が写真を公開してくれています。といっても中国のケースメーカーの中の人が撮った写真ですけど。残りはもう少したってかららしいので日本時間的には明日の夕方くらいかも。一通り組み立ててくれないかなぁ。オラ、ワクワクしてきたぞ!

#Picasa




2009年11月24日火曜日

Pandora情報更新 #11.24

今週のPandora情報更新。まずはケースの話題。どうやら問題のあった部分の金型が完成した模様。今日(か明日)中にテスト成型してみて、ケース会社的に問題が無かったらカナダにいるMWeston氏へ発送するみたい。で、MWeston氏もOKを出したら、そのまま中国でケースの生産に入るらしい。ようやくですね。長かった。って、まだ油断出来ませんけどね。

次にケース生産スケジュールに変更があったみたいです。最初の計画では中国で1万個生産し終わってから、まとめて(船で?)送る予定だったらしいですが、特別に最初の1000個を(飛行機で?)早めに送ってくれる事になったらしい。近日中にあるMWeston氏の最終判断が予定通り行われたらだと思いますが、最初の1000個を12月1日までに出荷する事を約束してくれたらしいです。

ちなみに、この変更でどのような変化があるのかというと、ずばり日数の短縮です。って当たり前ですけどね。ケースが完成した後は一日につき約1000個の生産能力があるらしいのですが、先ほども書いた通り1万個まとめて送る契約だったので、実質10日(1000 x 10) + 船便(約5日)の約15日程掛かる予定だったのが今回の変更により生産1日 + 航空便(最速2日)の約3日から5日くらいに短縮されるらしい。まぁ1000個だけですけど。ただ、組み立てスケジュールにも多少余裕が出来るので、全体としては良い事尽くめだと思いますけど。とりあえずここで区切ります。

2009年11月23日月曜日

Ubuntu + プリントマジック + HL-5350DN = 駄目かも……

うーん、マズいことになりました。以前、タイトル通りの組み合わせで年賀状が簡単に作れそうと書いたのですが、全然簡単じゃありませんでした。というか、まだ成功してません……。以前の実験でA4用紙に印刷した場合は、ちゃんとハガキサイズで印刷出来ていたので、実際に年賀状を使っての印刷までしていなかったのですが、今夜初めて実際の年賀状(と同じサイズの紙)で印刷して見たところ全然上手く印刷出来ませんでした……。

まいったな。実際に年賀状を使っての印刷で試してみたいのだけど、意外とお金掛かっちゃうからなぁ。仕方なく余っていたB5用紙をハサミで切ってハガキ大にしてテストしているのですけど、結構面倒くさい。しかも、変な切り方していたのか、紙詰まり起こすし……。まぁ一回だけですけどね。

急いでネット上で手がかりを探しているのですが、何かプリンターによって印刷出来てたり出来なかったりするらしく、下手したらプリンターのドライバー次第で運命が決まってしまうのかもしれません。そうなると、素人にはお手上げだなぁ。参った。昨日まで余裕こいて家族に話してたから、これで印刷出来なかったら面目丸つぶれです。

適当にCUPSの設定弄っているのですが、サイズを「A6」にして、オプションで「用紙に合わせる」すると、文面を印刷する事は出来ました。ただ、非常に小さいサイズで印刷されてしまうのですよね。「用紙に合わせる」を外すと、文面すら印刷されないし。

あと気になるのが、プリントマジックで印刷した後に出る印刷サイズのメッセージ。うろ覚えですが、縦「2xxmm」とか出て、印刷サイズも[2xxmm」とか出てたのですが、明らかにハガキサイズをオーバーしている(A4サイズ?)。多分この事が関係して、「用紙に合わせる」すると縮小されちゃう気がするのですが、全然違うのかもしれません。プリントマジック側でのプリンタ設定って無いのかな? うーん、謎が多すぎる……。

2009年11月20日金曜日

Pandora情報更新 #11.19 その2

続きです。と言っても、小ネタですけどね。まずはPandoraという訳では無いのですが、私が個人的に追いかけているOgg Theora関係で動きがありました。どうやら、ある企業がOMAP3のDSPを使ってOgg Theoraのデコード(ともしかしたらエンコード)出来るように働いているらしいです。

これはEntropy Waveという企業が、あのMozilla Corpから依頼を受けて、OMAP3のDSPである「TI C64x+」を使用して、主にFennec(Firefox)上でのOgg Theora再生をスムーズに行えるようにする為の措置らしい。素晴らしいですね。以前にも、MozillaからXiph.orgへの資金提供が行われたというニュースがありましたが、これもその流れなのかもしれません。MozillaのOgg Theoraに賭ける気持ちは思った以上に大きいのかもしれません。

まぁその流れに便乗して、同じDSPを搭載しているPandoraでも恩恵に預かれる訳ですから上手い話ではありますね。ちなみに、Ogg Theora以外のデコード、エンコードも開発が進んでいるようです。gst-dspの仕組みを使ったTIのバイナリを最新のカーネルでも使えるようにしようという試みですかね。ちょっと専門的過ぎて私には完全に理解できませんが、そんな感じだと思います。ただ、バイナリを無理やり動かしている状態なので、少し不安定らしいです。これからの改良に期待したいところですね。

ちなみに、このgst-dspという仕組みを使って、Beagle Boardで再生させたWVGA (800x480)のビデオを同じDSPを使用している、NokiaのN900のビデオ(848x480)で録画したデモが公開されています。これ考えるとスゴいですね。もしPandoraにビデオカメラが内蔵されていたら、同じような事が出来るのになぁ。USBカメラでも同じような事が出来ると楽しいのですけどね。いずれ判明するとは思いますが。

ついでに書くと上記のOgg Theoraデコードですが、現在は限られたDSPの情報しか使えないので、それほどパフォーマンスは良くないらしいです。具体的には640×360 24fpsの動画を約100%の速度で再生させるくらい。ただ、いろいろと解析が進んでいけば、まだまだ性能は上がる可能性があるので、将来的にはより高解像度の動画もデコードさせる事が出来るのではないかとの事です。楽しみですね。

Pandoraだとウェブビデオ以外にも、ゲームやアプリケーションにもOgg Theoraを使用出来るかもしれませんからね。例えば日本人が大好きなビジュアルノベルとか。実際にギャルゲーでOgg Theoraを使用しているゲームもありますからね。まぁ数は少ないですけど。そういったゲームも簡単に移植出来る可能性はある訳です。まぁ他のコーデックでも再生は可能だとは思いますが、Ogg Theoraは煩わしいロイヤルティーが無いですからね。その辺りでゲームとの相性はいいと思いますし。

後は、XFCE以外のGUI候補である「enlightenment」について。どうやら、enlightenmentにスポンサーがついた模様。しかもあのSamsungらしい……。これは大きなニュースですね。Samsungと言えば、最近新しいモバイル用のbadaというプラットフォームを発表していましたが、その流れなんでしょうか? 何にせよ、大企業によるバックアップにより、より一層開発が進むことに期待したいと思います。特にCJKサポートとか……。後はPandoraでの日本語環境についての質問がフォーラムにあった事くらいかな。この件は今週末あたりに書こうと思います。書く元気があったらですけど。

#YouTube
gst-dsp beagleboard hd - YouTube
http://youtu.be/CjxkNIHBGdI



#外部リンク
Entropy Wave, Open Video Technology Specialists
http://entropywave.com/

Theora on TI C64x+ DSP and OMAP3 « Passing on the Left
http://www.schleef.org/blog/2009/11/11/theora-on-ti-c64x-dsp-and-omap3/

New project: gst-dsp, with beagleboard demo image « Felipe Contreras
http://felipec.wordpress.com/2009/10/13/new-project-gst-dsp-with-beagleboard-demo-image/

gst-dsp - GStreamer elements to use DSP algorithms - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/gst-dsp/

bada - Samsung's Smartphone Platform
http://www.bada.com/

[Phoronix] Samsung Sponsors The Development Of Enlightenment
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=NzcxNQ

Samsung Sponsors the Development of Enlightenment - Slashdot
http://tech.slashdot.org/story/09/11/18/1816247/Samsung-Sponsors-the-Development-of-Enlightenment

Japanese On The Included Os? - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?/topic/50472-japanese-on-the-included-os/

2009年11月19日木曜日

Pandora情報更新 #11.19

適当にPandora情報更新。まずは基板の情報。先行して製作した105枚の基板ですが、厳しいテストをようやく終えたみたいです。105枚ある基板のうち、103枚が無事テストをパスしたようです。成功率約98%は充分合格圏内だそうなので残りの3895枚も引き続き製作されると思います。ちなみに以前の情報だと、今月末に残りの基板が出来上がるらしいです。もしかしたら間違っているかもしれませんが。105枚の「population」だったかも? 「population」というのは素の基板にD-PADやアナログスティック等の各部品を追加する事だったかな? この辺りだいぶいい加減です(苦笑)。

後は「Light pipes」のテスト。ようするに無線LAN等のLED部分ですね。赤色が少しまぶしすぎるけど他はだいぶいい感じとか書いてありますね。あと今の素材だと少し光を通しすぎるので製品版はもう少し曇らせる感じで光を抑えたいとか何とか。まぁたいした問題じゃなさそうです。でも、この「Light pipes」の写真見ると、ダサダサな感じのPandoraのデザインも結構格好良く見えてきます。やはり黒色はいいですね。多分、画面に写っているのはキーコントロールのテストプログラムですね。大昔にデモされた記憶があります。あの時より格好良くなってますね。

お次はPandoraのOSについて。やはり今のところデフォルトはXFCEになりそうです。ED氏が最終段階のOSをテストしたらしいですが、既にかなり安定しているらしい。まぁ安定している事と、機能性は別なので、実際に使ってみないといい感じかわかりませんけどね。XFCE自体は大昔に体験した事がありますが、軽さはいいとして、Pandoraのような低解像度にマッチングした作りでは無かったですからね。PDA的な使い方を期待するとがっかりするかもしれません。後、壁紙ですか。無難な感じでいいんじゃないでしょうか? まぁいつでも変えられるので無問題ですし。

後はPandoraのシルクスクリーン問題。SDカードとかの印字ですね。これは結構荒れてますね。いくら何でも「BT」はないんじゃない? 何でBluetoothの正式なロゴを使わないの? とか「First Batch」ってダサくね? とか、そもそもフォントがダサいとか諸々……。斜め読みですが、ED氏がいちいち説明してくれたみたい。

曰くBluetoothロゴは確かに格好いいけど、その為に余計に3000ユーロ払う事になるけどいいのかい? とか、「First Batch」もダサいけど、みんなの投票で決まったことなんだぜ? CraigとかMWestonといった開発者側すら、「First Batch」印字はいらないと投票したんだけど、みんなの意見なんだから仕方ない。とか、フォントがダサい? そうかもしれないけど、誰もが自由に使えるフォントだと、これが一番良かったから……。とかそんなんだと思います。

適当なので、間違ってるかもしれませんが、とにかく、フォーラムの投票で決めた事と、デザインに余計なお金掛けられる程の余裕はないので勘弁してよ的な事が書かれていると思います。そんな所かな。あと他にもあるけどお風呂入って暇だったらまた書きます。では。

#Picasa






2009年11月14日土曜日

Pandora情報更新 #11.14

前回書いた通り、ようやくPandoraの製品版ケース(サンプル)が、カナダにいるMWeston氏の元に届きはじめたようです。「届きはじめた」というのは、例のパーツ不具合の件でとりあえず完成しているパーツから順に届けるようにしているみたいです。後述の写真を見てもらえば分かるとおり、まだ少ししか届いていません。

金型が完成していたボタン類の小物や裏蓋のバッテリーカバーくらいですね。でもサンプルとはいえ、完成品と同じ素材で作られているので実際の質感等は見てとれますね。見た感じ充分な質感ではないでしょうか? 少なくとも飛び抜けてレベルが低いという風には見えませんね。安心しました。

で、残りのパーツですが、何処が完成していないのかというと、どうやら本体側の上側らしいです。要するに一番肝心なところですね。やっぱりキーマットやD-PAD等といった細かいくり抜き部分があるので上手くプラスチックが流れ込まないのでしょうか? それともヒンジ系統のトラブルなのかな。そうなると結構手間がかかりそう。Craig氏のコメントによると、急遽「tweak」が必要になったとか書いてあったのですが、それがどのようなtweak(ひねり、微調整)なのか、詳しい説明が無いのでわかりませんし。

ちなみに今日がMWeston氏の誕生日らしく、今週末はこれ以上のリークは無さそうです。少なくともMWeston氏からは。というのも誕生日ですからね。仕事抜きで、家族とのんびりと週末を過ごすのが当たり前でしょうから。皆さんも良い週末を。といっても日本は生憎の天候ですけどね。寒いし。

2009年11月13日金曜日

Pandora情報更新 #11.12

とりあえず今のところ掴んだ情報。まずはPNDシステムから。開発者の一人であるskeezix氏が実機でのPNDシステムのデモビデオを公開してくれました。といっても、PNDシステム自体は以前にも何回かお披露目されてますけどね。今回の目玉はXFCE環境下での実演というところでしょうか。以前はpmenu(簡易ランチャー)からの起動と、E17からpmenuを呼び出してからの起動というデモだったと記憶していますが、今回はXFCEから直接起動させていますね。

これは以前チラッと書いたと思いますが、PNDシステムがLinux標準というか、freedesktop.orgの基準に従った動作を目指しているというのに関係していると思います。即ち、freedesktop.orgに則ったデスクトップ環境を使用するならば、互換性が保てるという事ですね。まぁ実際にデスクトップ環境なんて数えるくらいしかないですけど。有名どころではGNOME、KDEくらいかな。

お次は、ケースの進捗状況。フォーラムの情報によると、どうやらMWeston氏にパーツが送られて、向こうの時間で明日には届く予定らしい。まぁ差し引いて、今週末くらいには何らかのアクションがありそうと思っておくのが無難ですかな(笑)。何かいつのまにかクリスマスくらいが予定になってるし。気長にいくしかないですね。

#YouTube
Auto-discovery of PND files on SD and running them in xfce via libpnd - YouTube
http://youtu.be/h_6DE_14b4o



#外部リンク
freedesktop.org - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Freedesktop.org

2009年11月10日火曜日

Pandora 1.5

なんかiControlPadの新デザイン見てたら、以前私が書いた戯れ言に近いデザインになったなぁなんて思っちゃいました。
それにコントロールパッドを追加するだけではなく、例えば大容量のバッテリーも搭載できたりしたら、それだけでも需要あるかもなと思ったり。まぁiPod 系が持っているデザインのクールさは損なわれてしまいますけどね。でも、これなら充分PSPの代わりとか務まりそう……。

というか、基本的にiPod touchみたいにキーボードもボタンもなしで、タッチスクリーンのみの本体に、もう少しキレイな形でのはめ込み型ガジェット(ゲームパッドだったり、無茶してクラムシェル型のケースだったり)との統合ができると、かなりいい感じの次世代携帯電話になりそうな気が……。

補足しておくと、新しいiControlPadは大容量の予備バッテリーも内蔵されるらしいです。明言はされていませんが、もしかしたらPandoraのバッテリーをそのまま流用するのかもしれませんね。で、やっぱり下部のコントロール部分はそのままで、上部のiPhone接続部分だけを取り替え可能になるらしい。確証はありませんが、おそらくアタッチメントみたいなので、新型に対応出来るタイプになるんじゃないかなぁなんて思います。以前書いた戯れ言の続き。
ぶっちゃけ、この考えを元にしたPandoraも見てみたかったり……。正直、キーボードはBTで繋げた方がスマートだなぁなんて思っている訳で(苦笑)。中途半端なキーボードになっちゃいますからね。どうしても。
昨日のフォーラムのやりとりを眺めていたら「現状は物理的にケーブルで接続しているけど、Bluetoothで無線接続できた方がいいよね」みたいなやりとりがありました。詳しく無いですが、iPhone OS 3.0からBluetooth利用可能になった? らしいというやり取りがあり、MWeston氏も色々と調べているらしいのですが、確証がとれなかったらしいので取りやめたとか何とか。何か出来るには出来るけど、アップルが認可したメーカーしか許可が降りないとかなんとか。詳細はわかりませんけど。

でも、もしBTでも接続出来るようになったら、おもしろいですよね。もしかしたら、Pandoraの次世代機とか、改良版とかは、本体とキーボード or コントローラー部分に分離したタイプになったりして。ちょっと馬鹿げて見えますが、意外とメリットもあるのではないかと思っています。

まずは本体と分離する事によって、キーボード(コントローラー)のライフサイクルが大幅に延長される事。将来的にも、現在のキーボード配列、あるいは、コントローラーのボタン類が大きく変化する事は無いと思いますからね。わざわざ次世代機用に作り替える必要は無いと思います。

本体の可動部分(ヒンジ部等)を無くす事によって、故障率が低下すると思います。分離する事によって比較的故障率が高いキーボードやコントローラー部のみを交換すれば済みますからね。壊れたら新しいのに交換みたいな感じで。本体とは別に予備バッテリーを内蔵する事によって、可動時間を延長可能。キーボード部分のみでの充電が可能になれば、予備バッテリー充電器としても使用可能。

デザインにもよるが、持ち運び時はキーボードで本体カバー(折りたたむ感じ?)。単純にBluetooth接続出来るモバイルキーボード or コントローラーとしても使用可能。他のデバイス用のコントローラーとしても使える。あるいは、多人数プレイ用のコントローラーとして本体とBluetooth接続。

何か思いつくままにダラダラと書いてしまいましたが、案外メリットある気がしませんか(笑)。まぁかなりダサい感じにはなりそうですが、腕のいいデザイナーに頼めば、そこそこダサい感じまでは引き上げてくれそうな気がします。何もアップル製品レベルにしなくても、実用主義のオタクなら気にしませんて。

#追記
書き忘れましたが本体の設置位置も自由度が上がりますね。レトロゲーム好きには課題だった、縦画面表示とか。見た目は悪いですが再現できないよりはマシでしょうし。

iControlPadの新デザイン

Pandoraという訳じゃないですけど、以前紹介したiControlPadの新しいデザインが公開されましたね。エンガジェットの記事を見ても分かるとおり、ボタン類はPandoraの流用品です。よく見るとセレクト、スタートボタンも完全にPandoraと同じみたいですし。というのも、これを作っているチームの大半(ほぼ全員?)がOpenPandoraチームと同じですからね。企画人はCraig氏だし実際のハードウェア担当もPandoraと同じMWeston氏だし。ちょっと違うと言えばソフトウェア担当兼広報担当みたいな立場がZodTTD氏という事くらいかな。

フォーラムの中には「これはiPhoneとPandoraの間に出来た禁断の子供だ」とか「Pandora 1.5が出来ちゃった」みたいに茶化す人もいますけど、評判は上々みたい。あくまでコアなゲームマニアが集まるフォーラムの意見なので、普通の人達とは少し(だいぶ)違いますけど。でも、あんまり快く思っていない人たちもいますね。無理やり例えると「何でウチの子の為に集めたお金で作ったパーツを、iPhoneに使ってる訳?」とか「流用はまだいい。でもウチの子より先に発売するとか無いよね?」みたいな(笑)。

まぁわからないでもないですけどね。せめて、Pandoraが発売されてからにして欲しいっていうのは。他のメンバーからは「いいんじゃないの? これでPandoraのパーツが売れれば、安定供給にもつながるしさ」とか「iPhoneはiPhone。PandoraはPandoraだろ? 別に丸被りする商品じゃないんだからいいんじゃないの」的な意見もありますね。確かに。

ここからは私の憶測ですが、Pandora用のパーツを流用する事で、今後のパーツ供給計画にも余裕がうまれるのが第一のメリット。何せPandoraはファーストバッチで約4000台しか無い訳です。それに対して、iPhoneユーザーは世界中に何百万人といる訳で。噂ではZodTTD氏のエミュレーターアプリは既に数十万回ダウンロードされているみたいですし。単純にこの1割が本当にiPhoneで遊びたいと思ったなら、数万個単位で需要が生まれる訳ですからね。まぁ数万はオーバーかもしれませんが、それでもPandoraの小さいコミュニティに比べたら遥に大きな需要がある訳ですし。

次にiControlPadのレイアウトがPandoraと同じ(LRボタンは不明)に同じになる事によって、将来的にiPhone向けにゲームを開発しているデベロッパーのPandoraへの誘致が簡単になるかもしれないという事。現状でもiPhoneにはおもしろいゲームがあるでしょうが、やはり従来からある伝統的なキーレイアウトを使ったゲームの方がパイが大きいでしょう。もしiControlPadが成功して、iPhoneにPandoraと同じキーレイアウトのゲームが定着すれば、おこぼれでPandora向けに手直ししたゲームが製作されるかもしれません。基本的に同じキーレイアウトなら移植の手間が省けますし。実際に、Craig氏とZodTTD氏が手を組んで、iPhoneとPandora向けの商業ゲームを手掛けているらしいですし。まぁこれはiControlPad前提では無いでしょうが。

最後にiPhone以外への対応。今回の新デザインは、今後のiPhoneのモデルチェンジにも(出来るだけ)対応出来るようにしたらしいです。具体的に言うと、ケース密着型のデザインではなく、上下に別れたようなデザインで、基本的に下(コントローラー部分)は弄らずに、上(iPhone等との接合部分)だけで対応出来るように工夫したそうです。ですので、新型iPhone/ipod touchのみならず、同じようなレイアウトのハードウェア(iPhoneライク)にも、対応出来る「可能性」は高いと思います。例えば、Androidとか、PalmのWebOS対応機とか……。そういった基本的にゲームコントロール機能を持っていないデバイスにも、Pandoraと同じキーレイアウトを強制させる事が出来るので、ゲームデベロッパー的にもついでにPandoraにも移植してやるか的な考えが生まれるかもしれません(笑)。あくまで可能性ですが。

まぁ実際はなかなか難しいでしょうけどね。iPhoneにしたって、実際に使うには脱獄しないといけませんし、いずれは公式に似たようなパーツが出て来るかもしれません。というか、その可能性の方が高いでしょう。iPhone以外のメーカーも、どこまで自由度が与えられるかはわかりませんからね。まぁiPhoneよりは可能性は高いでしょうが。長々と妄想を書きましたが、あくまで素人が小一時間考えただけの代物です。あんまり本気で突っ込んだりしないでくださいね。では。

#YouTube
New iControlPad prototype playing Super Mario Kart on snes4iphone! - YouTube
http://youtu.be/WhyHk83R828



iControlPad Prototype running psx4iphone - Wipeout XL - Ridge Racer - YouTube
http://youtu.be/FSPUP59Qnvc



#外部リンク
iControlPad - Bluetooth gaming controls for your smartphone
http://www.icontrolpad.com/

iPhoneに十字キーとアナログスティック2本、バッテリーを追加する iControlPad -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2009/11/09/iphone-x2-icontrolpad/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: iControlPad
http://blog.minawa.net/2008/05/icontrolpad_3829.html

BLOG.MINAWA.NET: Pandoraに動きがありそう
http://blog.minawa.net/2009/01/pandora_6220.html

BLOG.MINAWA.NET: iPhone 3GSとPandora
http://blog.minawa.net/2009/06/iphone-3gspandora_8320.html

2009年11月8日日曜日

プリントマジック

もうそろそろ年賀状の季節ですね。私も去年からパソコンでの年賀状作りを始めた(といっても、家族に頼まれてですけど)のですが、今年はプリンターも新しいモノに変更したので少し早めに準備に取りかかっています。まぁ今日なんですけど。一番の気掛かりは以前ブログに書いた、OpenOffice.orgの文字抜け問題。OpenOffice.orgで年賀状作る人ですら少ないでしょうが、それに輪をかけてUbuntu(Linux)、かつモノクロレーザープリンター(HL-5350DN)という環境ですからね。おまけに、何を思ったのか、先日リリースされたUbuntu 9.10をインストールしてしまい、なおかつAMD64(64bit)OSに変更する始末。もう奇跡を信じて新環境に賭けてみた訳です。

まずはブラザーのウェブサイトからHL-5350DNのUbuntu/Debian用ドライバーをダウンロード。日本語ページにインストール方法が載っているのですが、そのままだとインストール出来ません。でも、英語ページを見てみると解説されてます。時間があったら、いずれやり方をまとめたいと思いますが今回は割愛。32bit版ながら何とか64bitで動かすことが出来ました。

で、次はOOo。とりあえず文字抜けするというサンプルを9.10のOOoで開いてみて、ネットワーク上から印刷してみましたが、残念ながら以前と同じような文字抜けが発生しておりました。今のところ、PDFにエクスポートする方法で正常に印刷出来るのですが、今回は年賀状が相手ですので、1枚1枚手作業で宛名とかを印刷したくないのですよね。ということで、サクッとOOoでの年賀状作りは諦めました。ちなみに去年はhpのプリンターをUSB接続したヤツだったのですが、UbuntuのOOoで宛名自動化出来てました。文面も文字抜け無しでしたし。もうやり方忘れましたけどね。ちゃんと記録しとかないと駄目だな。

で、以前から気になっていた「プリントマジック」というソフトを試してみる事にしました。でも、このソフト、Adobe AIR何ですよね。一応Linux版のバイナリもあるのですけど、今回からは64bitだからなぁなんて思っていたのですが、調べてみると案外簡単にインストール出来ました。こちらも後でまとめたいと思います。一応、アドビのウェブサイトに64bitOSへのインストール方法が書いてあったのですが、インストール出来なかったし(苦笑)。まぁバージョンが上がって、より簡単にインストール出来るようになっただけみたいですけど。

ダラダラと書いてきましたが、ようやくUbuntu 9.10かつAMD64というゲキアツな環境でAdobe AIR製のプリントマジックが使えるようになりました。実際使ってみましたが、これはスゴい楽ですねー。去年までの頑張りが嘘みたい。本当に簡単に年賀状が作成出来るようになりました。まだ実際の年賀ハガキに印刷した訳じゃないですけど、多分何の問題もなくハガキに印刷出来そうです。しかも、住所録とかもありますし。メチャクチャ簡単そう。しかも、無料で使えるなんて……。素晴らしい。これでまた1つウィンドウズ環境から解放されました。ありがたい事です。

一応注意点としては、私が愛用中のレーザープリンター「HL-5350DN」ではインクジェット用の年賀ハガキは使えないという事ですね。昔ながらの普通ハガキ(年賀状)を使用しなくてはいけません。といっても、まだ注文していないので、何の問題も無いですけど。そろそろ注文しないとな。連絡しておかなくては……。

#Picasa


#外部リンク
プリントマジック
http://www.print-magic.net/

Linux 対応状況|サポート|ブラザー
http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/index.html

Adobe AIR 3
http://www.adobe.com/jp/products/air.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: プリンター購入計画 #01
http://blog.minawa.net/2009/06/01_2873.html

BLOG.MINAWA.NET: OpenOffice.orgで文字抜け発生
http://blog.minawa.net/2009/06/openofficeorg_2214.html

アドエス落っことした……

昨日の話なんですが、家の玄関でアドエスを床に叩き落としてしまいました。一瞬、空気が止まった感じがするほどショックでした。何ていうか、「夢?」みたいな感覚。で、下見たら固い石の床にアドエスが転がってて、おまけに蓋が開いてて……。「終わったな」って思いながら、恐る恐る拾ってみたんですが……。

何か左上の角の部分が少し削れただけで、液晶他は無事みたいでした。良かった。これで液晶にヒビでも入ってたら買いなおさないといけなくなるところでした。何せ中古なので、保障効きませんし。元からボロかったけど、愛着湧き出してきたところでしたからね。キーボード部分も今のところ壊れてませんし。まぁ見た目だけなんで、暫く使っていると異常が出てくるかもしれませんが、壊れるまで使うつもりです。まだ2年契約のうち、半年くらいしか使ってませんからね。大事に使わなくては……。

2009年11月4日水曜日

Pandora情報更新 #11.04

昨日お伝えしたPandoraのケース問題ですが、今日になってCrig氏から制作中と思われるケースの写真が公開されました。多分ですが、コミュニティの間で不満が高まることを懸念しての行動なのかもしれません。懐疑派からは、本当にケースが作られているのかという疑問もありましたからね。本当は資金が底をついて、のらりくらりと引き伸ばしているのではないかとか。正直、あり得ない話ではないなと内心思ったりもしたのですけど(苦笑)。

そんな不安も今回の写真が公開されて吹き飛んだようです。確かにここまで作っておいて詐欺というのは考え辛いですからね。単に複雑なパーツ作りに苦戦しているだけなのでしょう。写真を見ると、上蓋やボタン類は既に完成しているみたいですし。多分、細部に上手くプラスチックが流れ込まない内に冷えて固まるとかそういう不具合だと思います。細かいところは難しいんですよね。私も多少経験がありますので……。

それと基板のお話。何やら11月末に基板が全て出来上がるらしい。この全てというのが4000個の事なのか今一わかりませんが、多分全部って事なのでしょう。ちなみに、この基板を作っているメーカーは、あのBeagleBoardを作っているメーカーと同じところらしい。「作る」というのは、基板の最終工程の事であり、元となる部分にアナログスティックやSDカードスロット等を組み込む作業の事らしい。もちろん組み込むだけじゃなくて、実際に使って問題がないかといったテストも含まれるようですが。

適当にYouTubeを漁ってみたら、BBを作っているメーカーらしきビデオが出てきました。このメーカーもテキサスにあるみたいだし、多分このメーカーでPandoraの基板が作られているのでしょう。ビデオの中にもバーニングテストというのもありますし。これもPandoraが105枚の基板でやったテストの事だと思います。あくまで私の憶測ですけどね。関係ないけど、このメーカーなんかノリがいいな。最後のビデオは大昔見た時はちゃんと音がついてて、小芝居している様子が見れたのですけどね。残念です。

#Picasa



#YouTube
Beagle Assembly Inspection - YouTube
http://youtu.be/9LLjDovIG2M



Beagleboard Hospital - YouTube
http://youtu.be/LCdCrcaj0Lk



#外部リンク
Circuitco.com
http://www.circuitco.com/index.html

2009年11月3日火曜日

Pandora情報更新 #11.03

まずは予定されていたお披露目の話題から。結論から言いますと今週のお披露目は中止になってしまいました。何故かというとケース製作がまだ終わってないかららしい。MWeston氏の話によると、本当なら、今日中国のメーカーからカナダに出荷される予定だったらしいのですが、メーカーから連絡があり、ケースのパーツのうちの1つに不具合がある事が発覚したと告げてきたそうです……。何てこった。これは嫌なフラグですね。メーカーの話では不具合解消にあと数日(多分今週末くらい)待ってくれないかとの事らしい。

と言う事で、お披露目は来週に延期になると思うのですが、MWeston氏は余計な心配を避ける為、確実に到着するとわかるまで、カウントダウンは自粛する事にしたらしいです。確かにカウントダウンしていると外れた時のダメージが大きいですからね。事実、私もかなり残念な気持ちになりましたし。それにしても、思いの外、ケース製作に時間が掛かりますね。こうも遅れると大丈夫なのかと不安になってしまいます。予算的に納期を守れるメーカーには依頼出来なかったのでしょうけど、品質の方も気になってきました……。

ちなみに、ケースの製作ですが、任天堂DS Liteのブラック(ジェットブラック?)を色見本に使用しているらしいです。といっても、外側のテカり有りではなくて、内側のツヤ消しですけど。どっちかって言うと、DSiのブラックかな? とにかく全体がマット仕上げ(ツヤ消し)になるらしい。おっさん向けだからちょうどいいかも。

それと、以前も書いた気がしますが、MWeston氏はヒンジの強度不足を心配しているらしく、Pandoraのヒンジはかなりしっかりしたモノになる予定らしい。一応、任天堂に納入実績のある業者に依頼しているみたい。全く同じモノは使えないですけどね。DSと同系統のヒンジになるらしい。とにかく、色も作りもDS(Lite)をお手本にしているって事ですね。DS Liteもヒンジ部分が問題だったみたいですけど(笑)。

後はソフトウェア部分のお話。何かデフォルトのGUIがまた変更になるらしい。この前はenlightenment E17になると書いたのですが、今の流れだと、XFCE 4.6.xに変更になるみたい。まだ詳しくは説明されていませんが、PandoraのGUI部分の権限を持っている? DJWillis氏がXFCE 4.6系を押していたからなのかもしれません。まぁまだ流動的な部分なので、実際にどうなるかはわかりませんけど。

それと、PNDシステムの概要がWikiに書き込まれています。PNDシステムの開発者であるSkeezix氏とVimacs氏による記述(主にSkeezix氏)ですので、かなり詳細に説明されています。興味のある方は読んでみて下さい。そんなところかな。

#外部リンク
Libpnd hub - Pandora Wiki
http://www.pandorawiki.org/Libpnd_hub

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Pandora情報更新 #08.23
http://blog.minawa.net/2009/08/pandora-0823_9275.html

2009年11月1日日曜日

Pandoraお披露目まで、あと7日?

もう寝るので、とりあえずメモだけ。何かMWeston氏のウェブサイトで謎のカウントダウンが始まったみたいです(笑)。
Countdown to production unit showcase: 7 day(s)
こんな感じ。これはPandoraの完全体(製品版と同等品)のお披露目とみて間違いないのかな? スケジュール的にはそろそろ中国のケース製作会社からケースのサンプルが発送されるくらいですからね。それがカナダのMWeston氏に届けば、一応完成品と同じものが組み上がるはずなんですけど。

まぁあと一週間で真相がわかるでしょうから、もう暫く待ちたいと思います。長かったPandora物語も終盤に差し掛かってきましたね。ハッピーエンドで終わってくれると嬉しいのですけど。

#外部リンク
Pandora Handheld Gaming and Entertainment System
http://openpandora.ca/

2009年10月27日火曜日

何これスゴい……

これはスゴい。ニコニコ動画で話題の動画ですが確かに騒がれるだけはあると思いました。久々に感動したかも。アップルのCMっぽいですけど、ここまで完成度高いと脱帽ですね。やっぱりセンスって大事なんだろうな。勿論、技術もですけど。さすがに嫉妬するレベルを越えてますね。素晴らしい。

とりあえずYouTubeの方も張り付けておきます。毎度ですがご本人が公開している訳では無いので、罪悪感がありますが眠らせておくには勿体ない出来ですからね。是非ともオリジナルの方もご覧になってください。

#追記
うーん、見れば見るほどスゴい。そして、シルエットだけで全員わかってしまう自分がいる……。それはそれでどうなんだろうとは思いますけど。

#ニコニコ動画




#YouTube
Touhou - Bad Apple!! PV - YouTube
http://youtu.be/G3C-VevI36s

2009年10月26日月曜日

Pandora情報更新 #10.26

今週のPandora情報。まずはMupen64Plusから。今日になって2つほど新しいビデオが公開されています。1つはAdventus氏という方が開発中のOpenGL ES向けのビデオプラグインを使用しているビデオ。特にNEON向けの改良が行われているそうです。まぁビデオを見てもらった方が早いですね。

でビデオを見た感想。何というスピードアップ! よく読んでいませんが最高で25FPSくらい出てるらしい。任天堂64についてあんまり詳しくないのですが、N64は実機でも最高で30FPSくらいのゲームしかなく、ほとんどがそれ以下のフレームレートらしい? ので、ゲームによっては既に実機と同じくらいのスピードになっているのかもしれません。ちなみにビデオにはサウンドがありませんが、エミュレーター上ではサウンドも処理しているそうです。

次のビデオは、Adventus氏のビデオプラグインを使用したPandora実機での動作デモ。こちらはお馴染みのMWeston氏が公開しているビデオですね。ちなみにAdventus氏のビデオの方も、Pandoraの基板らしいです。確かrev.4だったかな? おそらく最新の基板ですね。

最初の方はCPUの速度が600MHzで動作させたモノ。後半が800MHzまでクロックアップしたモノですね。流石に200MHzも違うと体感的にも差が出てますね。サウンドの処理が最適化されれば、フルスピードとまではいかないかもしれませんが、十分プレイ可能なレベルで動作しそうです。

ただ、以前も書いた通りOMAP3のグレードが変更されてしまったのが痛いですね。ファーストバッチのOMAP3はかなりの確率で800MHzまでクロックアップ出来るでしょうが、セカンドバッチ以降は新たに720MHzというグレードが出来てしまったので、選別で弾かれたモノがPandoraが使用するOMAP3になる「可能性」が高いですからね。まぁあくまで推測なんですけど。そういった意味でもファーストバッチの方が何かとお得なのかもしれません。納期的な意味でも(笑)。

その納期問題ですが、どうやら遅れの原因はTIの在庫管理によるものらしいです。普通に部品を注文しても平気で20週くらい掛かってしまう状態らしいです。素人なので憶測ですが、これがNOKIAのような大企業からのオファーだったら、TIも重い腰をあげてくれるのでしょうが、たかだか4000個単位の注文しか出来ないOpenPandoraチームじゃ、「おとなしくまってろや」みたいな扱いなのかもしれませんね。残念ですけど、セカンドバッチの納期はTI次第ってところが大きいのかもしれません。でも7ヶ月は流石に遅すぎますけどね(苦笑)。別に設計変更とかないだろうから、部品と組み立ての契約が取れたら簡単に製造出来るんでしょうけどねぇ。本当に残念です。奇跡を待つしかないですね。

それと、以前書いたPandoraの無線LANの不具合(ソフトウェア)ですが、どうやら解決したらしいです。これはDJWillis氏が手助けを申し出てくれていたもので、NOKIAの中の人がOSSで公開してくれていた成果物を元にPandora向けに改良したドライバが動いたって事なのかな? 素晴らしいですね。ソフトウェアとしてはNetworkManagerを使用するらしい。これはUbuntuでも使われているソフトウェアだから、私のような素人でも使いやすいですね。ちゃんと動いてくれればですけど。

後は予定どおりだと今週半ばくらいにケースのサンプルがMWeston氏に届くくらいかな。そうしたらほぼ完全体のPandoraがようやく完成するでしょうから、コミュニティ的には大事な日になるでしょうね。何か情報が入ったら、また日記に書こうとおもいます。お楽しみに。

#YouTube
Pandora mupen64plus + gles2n64 NEON optimised - YouTube
http://youtu.be/O_EXdG5x7j0



An evening with Mario - YouTube
http://youtu.be/DgP6PEhH4uQ



#外部リンク
NetworkManager - Linux Networking made Easy
http://projects.gnome.org/NetworkManager/

2009年10月23日金曜日

Pandoraのセカンドバッチは滅茶苦茶遅い?

ちょっと時間が無いので、手短に。何かCraig氏がPandoraのセカンドバッチ(第2期納入分)についてコメントしていますけど、その内容がとんでもない事になっています。何とセカンドバッチの納入は「28週後」になるかもしれないらしい! 28週って事は単純に考えても約7ヶ月後って事ですか? いやぁ、いくら何でも遅すぎますね。半年以上? これはキツいなぁ。

とりあえず今日はここまで。今週末辺りで真相が掴めるかもしれませんが、ちょっと信じられないなぁ。これじゃ日本で買えるようになる前に終了かもしれないなぁ。ちなみにまだファーストバッチがいくらか残っているらしいので、本当に欲しい人はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

2009年10月18日日曜日

Pandora情報更新 #10.18

久しぶりにPandora情報更新。まずはCE(模擬)テストから。どうやら無事にテストに合格した模様。といってもLCDケーブル部分が微妙に怪しいのでケーブルにシールドを施すみたいです。ただし基板部分は修正無しでOKみたいなので、予定通り、残りの約4000個も発注したらしいです。良かったですね。これで基板作り直しだと余計なお金と時間が更に掛かってしまうところでしたし。

ただケーブルにシールドを取り付ける事で余計なコストが掛かってしまうのが気掛かりです。よく分かりませんが既に4000個分のケーブルも手配済みだったからケーブル自体を遮断出来るタイプに変更しなかったのかな? だとしたらセカンドバッチからはケーブル自体が新しくなるのかも? でも、そうなるとCEテスト自体を受けなおさないといけなくなって、余計にコストが掛かったりして? CEテストに数十万円は掛かるみたいですしね。まぁわかりませんけど。

ちなみに今回のテストはCEテストそのものではありませんが、CEテストと同じレベルの検査結果が得られるテストなので、ほぼ間違いなく本番も合格するらしいです。本番は検査以外の書類等に時間が掛かるだけみたいで検査内容自体は(ほぼ)同じもののようですし。一安心ですね。

次に以前書いた任天堂64のエミュレーターの続報。Pickle氏が最新版のMupen64PlusのPandora移植版のビデオを公開しています。ビデオを見ると、サウンド無しでも実機レベルのスピードには達していないみたいですが、まだ開発が始まったばかりであり、いくらかの改善の余地が残されているらしいので、将来的には遊べるレベルまで到達出来るかもしれません。特にOpenGL ES関係はまだまだ伸びる可能性があるらしい? といっても、そう簡単には最適化出来なさそうな雰囲気ですけど。ちなみにビデオに入っている可愛らしい喋り声ですが、Pickle氏の娘さんらしいです(笑)。可愛いですね。

最後にケースの話題。どうやらまだ完成していないらしい。間に長期休暇が入っていたとはいえ、思ったより時間掛かりますね。まぁお金の面で妥協しなくちゃいけない部分だから、時間的ロスは仕方ないのかな……。一度出来上がっちゃえば品質だけが問題になる訳ですけど。

そんなケースですが、どうやら今月の25日辺りにいくつかのサンプルが完成するらしいです。その後サンプルをMWeston氏に発送するので、カナダにいるMWeston氏が手にするのが2、3日後になるでしょうね。と言う事でケースで何らかのアクションが起こるのは来週? の半ばから週末にかけてって感じですかね。まぁ月末って感じです。思ったよりケースは長引きますねぇ。とりあえずこんなところかな。

#YouTube
mupen64plus on pandora - YouTube
http://youtu.be/BNHUvR-sKZE

2009年10月14日水曜日

PandoraのCE模擬テスト始まったみたい

フォーラムの情報によるとPandoraのCE模擬テストが日本時間の午後11時に始まったみたいです。それから約2時間くらいかかるらしいので日本時間で15日の午前1時に終了ってところですかね。頑張って起きていれば今夜中には合否が判明しそう(笑)。まぁ本当にすぐに発表になるかわからないし、明日の朝に見てみた方が良さそうではありますが。とりあえずお祭り前夜って事で。……これで不合格だったら……。さてどうなるやら。

2009年10月13日火曜日

自作パソコン欲しくなってきた

ヤフオクで小銭が貯まってきたのですが、久々に自作パソコンが作りたくなってきちゃいました。いや他の事にお金使わないといけない状態なのですけどね。何か無性に自作したくなってきたり。あれこれ頭の中で組み立ててみるのが一番おもしろいのですけどね。ケースはコレで、MBはコレみたいな(笑)。

でもLinuxで使いたいから、あんまり派手なビデオカードとかは必要ないのですよねぇ。それと今気になっているのは、インテルの新しい統合型チップ。確か「Clarkdale」とかいったかな。チップというか、ビデオ機能まで統合されたCPUなのか? 何か凄すぎてよくわからないですな。むしろビデオまで統合すると使い捨てな感じがして、自作向けではないのかも。まぁ何にせよ、来年の頭くらいにならないと発売しなさそうではありますけど。それに能力的にG45の3倍(当社比)らしいので、たいした事は無さそうですけどね。

一番最初に買わないといけないのは(外付け)ハードディスクと液晶ディスプレイかな。何せ未だに10年以上前のCRT使ってますからね。今じゃお金払って捨てないといけないというレベル。早めに取り替えておくんだった。まぁ某所で引き取ってくれるらしいですけど。

ついでにPandoraの話題。どうやら今週行われるCEのテストというのは、本番のテストではなくて、請負業者によるプレテストらしい。だから数時間で終了するのですね。まぁ相手もプロだし、何回も申請している訳ですから、プレテストといえ、合格すれば本番も多分大丈夫なのでしょう。で、このプレテストに合格すると、残りの基板を一気に発注かけて製造してしまうらしい。やっぱり、CEテストでやり直しになると、痛すぎるからでしょうね。プレテストなので、多少不安は残りますけど。そんなところかな。

2009年10月8日木曜日

Judgement day

どうやらPandoraにとっての「裁きの日」が決まったようです。遂にEd氏がパンドラのプロトタイプでCEテストを受けるようです。今のところ日付は来週の水曜日。これで長らく続いたPandoraの「Vaporware」論争も終止符を打つでしょう。私はPandora肯定派なので疑ってませんけどね。

ただ、すんなりCEテストに合格出来るのかは一抹の不安があったり……。何せEd氏というかOpenPandoraチーム自体が素人の集まり(特にハードウェア)ですからね。ハードウェア担当のMWeston氏くらいかな。まぁ一応、TI(どうやらTI本家では無いらしい)準拠の社内テストには合格している(と思う)ので、完全に失敗作という事はないと思うのですけど。私も素人なので、何とも言えませんが。

どちらにしろ、来週末までには結論が出ていそうですね。上手くいくといいのですけど。ちなみにテスト自体はその日のうちに終わりそうです。2時間くらい? よく読んでないので間違っているかも。うーん、来週が嬉しいような、怖いような。

2009年10月7日水曜日

ヤフオク三昧

最近更新していませんが一応生きてます。最近は慢性金欠病+年末に向けての大掃除を兼ねて不用品のヤフオク出品に勤しんでおります。といってもガラクタみたいなのばっかりで、金欠解消にはほど遠いですけどね。まぁ不用品撤去の意味合いでは、多少効果がありますけど。まだ多少残っているので、全部売り切るつもりで出品しまくります。最後に一言だけ、クロネコメール便、使えねぇ……。サイズ制限厳しすぎるわい。

2009年9月29日火曜日

Pandora情報更新 #09.29

今日もMWeston氏が面白いビデオを公開しています。何と以前紹介したドリームキャストのエミュレーション「nullDC」のPandora実機での動作デモです。早速、私も見てみましたがこれは素晴らしいですね。無論ドリキャスですので実機そのままのスピードが出る訳は無いのですが(少なくとも現時点では)、これは私が予想していたよりもスムーズに動いています。まだまだ実装されていない部分が多いのでシェンムーの人の頭が無かったりしますが十分動いているなという実感はありますね。

ちなみに800MhzまでオーバークロックしたPandoraだそうです。音もありませんし多分フレームスキップもしているでしょうが、まだ最適化の余地は十分にある(特にNEON関係)らしいので、これから先の最適化が楽しみなエミュレーションです。まぁそれでも、遊べるレベルに到達するのは至難でしょうが。来るべき? Pandora2辺りではキラーアプリケーションに成長するかもしれません。要チェックですね。上が今回のビデオ。下が前回のビデオです。素晴らしい進歩です。

#YouTube
nulldc 0001 - YouTube
http://youtu.be/0gYfwtj7Mok



Prince of Persia for SEGA Dreamcast, nullDC running on omap3 BeagleBoard - YouTube
http://youtu.be/7o4y9k0s_Xc

Pandora情報更新 #09.28

恒例のPandora情報更新です。まぁたいして話題ないのですけど。まずはビデオから。MWeston氏がSNESエミュレーターのビデオを公開しています。アナログスティックが無いのと、基板の色から察するに、例の105枚のMP版の1つではないかと思われます。それと、製品サンプルのキーマットですかね。ケースが半透明だから、あんまり見栄えよくないですね。早く完成版のケースが見たいです。

で、このSNESエミュですが、MWeston氏の説明を読むと、だいぶ前にCpasjuste氏がビルドしたSNES9xらしく、Pandora向けの最適化はほとんど行われていないバージョンらしいです。これとは別にGP2X向けに最適化されたSNESエミュ(SquidgeSNES)がありますが、こちらはだいぶ昔にデモが公開されただけで、最近のやつは披露されていません。そのあまり最適化されていないSNES(スーパーファミコン)エミュですが、それにもかかわらず、かなり良い速度で動くみたいです。といっても、全てのゲームで60FPS出る訳では無いので、まだまだ最適化しなければいけませんけどね。

次は、直接Pandoraとは関係ないのですが、同じOMAP3を使用しているBeagle Board上で、Google Chrome(Chromium)が動いているデモです。素晴らしい。もともと、Chromeはx86とARMで動くように設計されているらしいのですが、実際にARM環境で動いているのを見るのは今回が始めてです。思ったよりまともに動きそうですね。まぁ、Chromeは敢えて、メモリを大量に使用するように設計されているらしいので、Pandoraのように限られたメモリしか搭載出来ない携帯機には向いていないかもしれませんが。それに、画面的な制限もありますからね。特に狭い画面用にカスタマイズされているGUIじゃないですし。それでも、Firefoxとかに比べれば、かなりシンプルなGUIなので、使えないこともなさそうですけど。

最後に、Pandoraじゃないのですけど、例のODROIDのビデオが公開されていたので、掲載しておきます。画面を縦にして使用するデモですね。ちょっと滑稽な感じもしますが、まぁ使えない事はないかな。こうやってみると、Androidも結構進化しているのですね。実際の製品も出てるし、そりゃそうか。どちらにしろ、まだまだ進化していくでしょうから、これからが楽しみです。他にもいろいろな製品が世界中から出てくると楽しいのに。というか、日本のメーカーも早く出してほしい。製品の品質は世界トップレベルなんだし。

#YouTube
SNES emu demonstration - YouTube
http://youtu.be/OsLCECZvBac



chrome running on beagleboard (OMAP) with linux angstrom CSS 3D Transform - YouTube
http://youtu.be/PSec8qMeYw4



ODROID : Slideme and SocialDROID - YouTube
http://youtu.be/-8S-8gCa2bo

2009年9月27日日曜日

libtheora 1.1 (Thusnelda) stable release

ようやくOgg Theoraの新エンコーダー(Thusnelda)の正式版がリリースされたみたいです。beta3からの変更点は以下の通り。あんまり変化が無いですがベータから正式版への移行というのは、本来そういったモノなのでしょう。
- Fix various small issues with the example and telemetry code
- Fix handing a zero-byte packet as the first frame
- Documentation cleanup
- Two minor build fixes
UbuntuのPPA版も更新されているのでUbuntuを使っている人はすぐに試せますね。この時期で正式版リリースとなるとUbuntu 9.10には間に合わないのかな? 結構重要なソフトウェアだから是非とも採用してもらいたいところなのですが。バックポートででも入るのかな。それとニュースリリースを見て気になった事があります。以下抜粋。
This is not the end of the story, however. We are continuing to work on encoder improvements, and have made significant progress on optimizing the decoder on ARM and TI C64x DSP processors, important for Theora playback on mobile devices.
Xiph.Orgも私と同じ事を考えていたようです。ありがたい事に正式なコメントでARM最適化と、更にTIのDSP(C64x)最適化が述べられています。C64xはPandoraでも使用されているDSPですね。だいぶ前に記事にしたので覚えている方もいるかもしれませんが。

#外部リンク
Theora.org :: news - Theora, video for everyone
http://www.theora.org/news/

[theora-dev] libtheora 1.1 (Thusnelda) stable release
http://lists.xiph.org/pipermail/theora-dev/2009-September/003985.html

Ogg Theora tools and libraries : “Theora” team
https://launchpad.net/~theora/+archive/ppa

2009年9月24日木曜日

ODROID続報

先日お伝えした新ワンダースワンこと「ODROID」ですが、また新しいビデオが公開されていました。しかも(プロトタイプ)ケース付き! 何てこった。Pandoraがノロノロしている間に、一気に詰めてきましたね。思ったより普通に動いてます。まぁあのコントローラー部分が好きか嫌いかで意見は大きく分かれるところですが……。

中の人(SoC)はiPhone 3GSと同じだからなぁ。しかもOSもAndroidだし。キワモノ系が好きな変人にはたまらないかもしれません。画面はiPhoneと同じか。でもHDMIあるしなぁ。おもしろいかも。ちなみにデモされているミュージックプレイヤーは「RockOn」というアプリだそうです。Androidの事は全然知りませんので、ポピュラーなのかすら分かりませんが……。

#追記
某所でODROIDの情報を得たので、とりあえずメモ。どうやら、発売元は韓国らしいです。やっぱり。以下適当に、リストアップ。
SoCはSamsung S5PC100ベース
CPU(Cortex-A8)は833Mhzで安定して動作。メモリは512MB DDR2,データレートは333Mhzオーバー。
LCDは320x480 HVGA 3.5インチ。OpenGLにより、垂直、水平モードをサポート。

HDMI出力はmini-HDMIで、(現在)720pまで可能。
AVフレームワークはOpenCoreと2Dアクセラレーションをサポート。
(内蔵)ストレージは2GB T-FlashとSDHC
無線LAN/BT内蔵
ODROIDプロジェクトは2009年の5月に開始され、PCBサンプルは7月中旬には完成。今は最終デバッグの中間くらいでAndroid Cup-Cakeを移植中とのこと。ちなみに9月半ばに50個のプロトタイプが完成して、すべて順調にテスト中らしいです。なかなか素早いですね。

発売時期ですが、何と10月末を予定しているらしいです。ちなみに現在事前予約中らしい。でも、韓国国内のみらしい? 肝心の価格ですが、出てませんでした……。何か続報が入ったら、また書こうかと思います。でもあんまり積極的には調べないと思います。それと内容は適当です。話半分にしといて下さいね。

#YouTube
ODROID RockOn demo - YouTube
http://youtu.be/yM7N3JDnX4k

2009年9月22日火曜日

あずにゃんぐゲットです

ついにあずにゃんぐをゲットしました。ま、私が買った訳じゃないのですけどね。ええ、件の友人がです。買うか迷ってたみたいだけど、あずにゃんぐの軍門に降ってしまったようです。南無。でも、何故かあずにゃんぐがウチに置いてあります。謎ですね。

昼間に彼の車で一緒に取りに行ったのですが、メチャクチャ道が混んでいて大変でした。普通なら40分くらいで行けるのに、1時間半は余裕でかかってましたね。おまけに、彼の愛車が浸水により修理中の為に、代車の軽自動車で行ったのですが、エンジンから不穏な音が出てて、ちょっと怖かったです。何か「ブボボボボッ」って感じでした……。

ついでにマクドナルドで久々にマックポークを食べたのですが、昔より味が良くなってておいしかったです。多分、ソースが最初の時と違うのだろうな。後、油の量も違うのかもしれません。正直、健康には悪いでしょうが、100円で食べられるなら充分な味でした。たまに食べるから、おいしいのかもしれませんけどね。

で、帰りにまたTSUTAYAに寄り道。特に用事もなかったのですが、恒例の100円CDコーナーへ。何かまた補充されてるし。しかも、アニソン系。せっかくなので、買ってきましたよ。ちなみに全部アニソン……。本当は、全部書こうかと思ったのですが、あまりに痛い内容なので自重しておきます。とりあえず、ガンダムF91の交響曲と、GAを買いました。でも、今回もお宝率は低かったです。ほとんどがアマゾンで1円……。

後、この前書いた金色のガッシュベルのギャグソングスコレクションというのを買いました。いや、別に買う気無かったのですが、この前、フォルゴレのやつがあったら買うとか書いちゃったんで……。でも、よく見たら、チチをもげ!しか入ってなかった……。まぁいいや。

#追記
あ、そうだ。実は車で出発する直前に、黒人さん(ボビー・オロゴン風味)が歩いてきたのですよ。私らは軽自動車に乗り込んでいたのですが。そしたら、目があって、友達と2人で何故か笑ってしまったのです。別に悪気はなかったのですが、頭の中で勝手にボビーが連想されちゃって、映画でよく出てくる「おもしろ黒人」みたいなイメージが出来上がっちゃってて……。

で、すぐに車を出そうとしたのですが、もう一度黒人さんを見ると、ゆっくりとこちらに近づいて来るのです。もしかして、笑った事に怒って、こっちに向かってきているのかなぁと、内心、かなりビビっていたのですが、彼が車の助手席(私)に近づいてきて、何か話しかけてきたので、覚悟を決めて窓を開けてみると……。

「あのー、この近くにビッグエーありますか?」って……。うほっ、普通に日本語だし! とっさに、「ここをまっすぐ行って、左に曲がればあります」とか言ったのですが、よくよく考えると、そこまで単純なルートじゃなかったし。あー、悪いことしたなぁ。本当なら、車で送ってあげてもよかったのですけど、そこまで気が回らなかったし。人を見かけで判断しちゃいけませんね。勝手におもしろ黒人とか言っちゃってたし。人間が小さい男ですよ。

彼の方がよっぽど立派です。普通に通じる日本語まで喋れるレベルだというのに……。こちとら、おっさんが二人なのに、全然英語喋れないし。無駄にビビっちゃったし……。まぁ仕方ないか。次に何かあったら、もう少し紳士的な態度が取れるようにならないとな。

Pandora情報更新 #09.21

とりあえず経過報告。キーマットとD-PAD(多分)の製品サンプルがカナダに居るMWeston氏に届いた模様。早速キーマットの具合を確かめているみたいですが、サイズや装着部分は問題無いそうです。ただ素材が少し固いor柔らかい(うろ覚えだったので、どちらか忘れました)らしく、長時間使うと、手が痛くなる可能性があるので、20%くらい柔らかいor固い素材に変更するらしい。デザイン自体を変える訳じゃないので、遅れには繋がらないと思います。

一応、製品サンプル版の写真も掲載しておきます。製品版はだいぶ薄くなりましたね。そういえば以前の話でそんな事を話していたっけなぁ。試作版だと厚めに作ってあるので、上手くケースを閉められないとか何とか。そんな事を書いた記憶があります。それとopenpandora.orgがリニューアルされたようです。見た目はだいぶ良くなりましたね。新たにステイタスページとかが追加されていますし。

後はソフトウェアの話題。Pandoraの最小メニュー(ランチャー)などで有名なCpasjuste氏が、Gles2Dという新しいプロジェクトを公開した模様。よくわかりませんが、OpenGL ESの2Dライブラリーみたいです。とりあえず、そんなところかな。何か急に眠くなってきたので、今日はここまでにしておきます。では。

#Picasa

2009年9月20日日曜日

中秋節

Pandoraのスケジュールも影響を受ける、中国の連休って「中秋節」というらしいです。今年は中秋節に「国慶節」という祝日も重なって、例年よりも長い8連休になったみたいですね。何と建国以来、最長の休みになるそうです。何というタイミング。ちなみに中秋節というのは日本で言うお月見みたいなもので、皆で月餅を食べる風習があるらしいです。その謂れは以下のようなものです。某ウェブサイトから引用。
中秋節に月を拝むといえば、民間にある神話がルーツだ。昔々、空には10の太陽があった。地上は焼けつくように熱く、川は干上がり、農作物や木々が枯れて、人々は暮らせなくなってしまった。

そのとき、弓の名手・ゲイが弓に矢をかけ、9つの太陽をつぎつぎと射落とした。最後に残った太陽は、それを恐れて「早朝にのぼり、夕方に沈む」というゲイの求めを聞き入れた。こうして、気候が順調になり、万物がすくすくと伸びて、人々は平和に暮らせるようになった。その後、ゲイは嫦娥を妻とし、仲むつまじい生活を送った。
どこかで聞いたようなお話ですね。ゲイさん? 歪みねぇな。しかも、弓の名手? おまけに奥さんが嫦娥さん。以下、お話の続き。
不老長寿を望んだゲイはある日、西王母(西方の崑崙山に住むとされる中国の伝説の女神)に不死の薬をもらい、それを嫦娥に保存させた。しかし嫦娥は、8月15日にその薬を飲んで、月にあるという宮殿「広寒宮」へ舞い上がってしまった。猟をして戻ったゲイは、嫦娥が月へ奔ったと聞き、悲嘆にくれて嫦娥を想った。毎年8月15日になると、庭にテーブルを置いて、嫦娥が好きなくだものを供えた。それを見た人々が、ゲイのように供え物をならべて、嫦娥を記念することが慣わしになった——といわれている。
あらら、ゲイさん、蓬莱の薬(違う)飲みたかったのね。でも、狩りをしてる間に、嫦娥さんが代わりに飲んじゃって月に帰ってしまうのか。仕方ないね。何か姫様なのか永琳なのか兄貴なのかよくわからん話ですね(違う)。って小説版に嫦娥さん、一寸出てたな。確か名前だけだけど輝夜姫と同じく蓬莱の薬を飲んじゃって永久に幽閉されているんだっけかな。なるほど。中国版輝夜姫みたいな感じなんですね。おまけに月餅の由来も引用。
北京の月祭りでは、位牌を設ける。香炉に「太陰星君」という文字が印刷された「月光碼」(月神の像を印刷した紙)を挿したり、嫦娥と玉兎(月のウサギ)が薬を搗いているデザインの大きな月餅を立てたりして、月の位牌を表している。玉兎は嫦娥が天に昇るとき、ウサギを抱いて月へ行ったとされるからだ。その玉兎は、神薬山からつんできた薬草を絶えず杵で搗いているという。それが「玉兎搗薬」(月のウサギが薬を搗く)という故事のルーツだ。
なるほど、レイセン(2号)が嫦娥の為に、薬を搗いていたのはこの謂れからだったのですね。なかなか楽しめました。あー小説版、発売しないのかなぁ。

#Amazon


東方儚月抄 ~月のイナバと地上の因幡 (上)
あらた としひら, ZUN
一迅社 ( 2009-08-22 )
ISBN: 9784758080354

#追記
嫦娥で調べてみると、いろいろ興味深い話が出てきますね。以下、東方に関係ありそうなもの。
玉兎銀蟾(ぎょくとぎんせん)
月のこと。
「玉兎」は月に住むというウサギ。「銀蟾」は月に住むというヒキガエル。それぞれ転じて月を表す。

白兎赤烏(はくとせきう)
時間のこと。
「白兎」は月にいるというウサギで月を表し、「赤烏」は太陽にいるという三本足のカラスで日を表す。烏兎。

#外部リンク
『人民中国』
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200508/festival.htm

中秋節 中秋? zhōng qiū jié | 中国まるごと百科事典
http://allchinainfo.com/culture/holiday/zhongqiujie

中国/北京の海外ガイド記事「10月1日~国慶節+中秋節の中国は史上初の8日連続長期休暇に」 | 海外旅行情報 エイビーロード
http://www.ab-road.net/asia/china/beijing/guide/03953.html

東方儚月抄 - Wikipedia
東方儚月抄 - Wikipedia

嫦娥 - Wikipedia
嫦娥 - Wikipedia

ARM向けOgg/Theora/Vorbis最適化

某所に掲載されていた気になるニュースです。ARM向けに最適化されたOgg Theora/Vorbisデコーダーが公開されたようです。TremorとTheoraデコーダーをARM向けに最適化して移植したものですかね。

今のところARMv4向けに最適化されており、PandoraのARMv7、NEONは考慮されていないみたいです。ただ作者の方のコメントを見るとモノがあれば(送ってくれれば)、やってもいいらしい。以下、引用。
I hope to look at using v7 or NEON instructions as appropriate too.
OpenPandoraチームはすぐに作者と連絡を取るように(笑)。

#外部リンク
Theorarm
http://wss.co.uk/pinknoise/theorarm/

[theora] Optimised ARM Ogg/Theora/Vorbis decoder
http://lists.xiph.org/pipermail/theora/2009-September/002745.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Pandoraのハードウェア支援 #03
http://blog.minawa.net/2008/12/pandora-03_807.html

AMD が OpenCL 版 Bullet の移植を支援

AMDがここまで本気とは……。つい最近お披露目された新GPUの公開デモも気合入ってましたからね。これはLinuxのドライバーも一気に進化するかも。確かあのデモもLinuxで動作していましたからね。正直言って、これ以上インテルに差をつけられる訳にはいきませんからね。

インテルはインテルでOSSドライバーの進歩も着実に行っていますからね。例えば、発売前のIntel GMAの最新版のドライバーも、既に公開? されていますし。それにディスクリートGPUである「Larrabee」の発売がもうすぐらしいですからね。これはかなり期待しています。開発が上手くいっていないという噂もありますけど。でも上手くいったら、かなり画期的なGPUになりそうですよね。何てったってプログラマブルなGPUですし(笑)。GPGPUとしての可能性はピカイチっぽいですし。あくまで理論上はですが。実際はメチャクチャ大変そうですけど(ソフトウェア的な意味で)。

それにインテルは物理エンジン「Havok」を買収してますからね。あんまりBulletに加担する必要性はない訳ですけど。まぁ私はオプソ厨ですので、断然Bullet派ですが……。といってもAMDもHavokには協力的ですし、何よりそういった差を吸収する(可能性がある)のが、OpenCLですものね。GPGPUはこれからのトレンドですし、まだまだ楽しい話題が出てきそうな感じです。こうなると、もう一つの雄であるNVIDIAの動向が気になりますね。オプソ厨的には、早く楽になってもらいたいのですけど(OSSドライバー的な意味で)……。

#追記
余談ですが、リンク先の記事にある「4GPUによる24画面環境。しかもLinuxベース!」というデモに使われているディスプレイって、Dell製の24インチモデル「U2410」なんでしょうか? すべてDisplay Portで接続って書いてあるし、多分そうなんでしょうね。

素人考えですが、このU2410ってなかなか良さそうですね。IPSパネルなので、それなりのお値段しますが、こんな大事なデモに使われるぐらいですから。だって、GPUメーカーが新製品のお披露目に使うって事は、自社製品の評価にも関わってくるって事ですからね。しかもGPUは液晶の見た目が一番インパクトある訳ですし。その重要な部分を、適当に選ぶなんてありえませんからね。AMD(ATI)が、それなりに吟味した結果でしょうし。まぁ色々なしがらみから、仕方なく選ばれるという可能性もありえますけど……。

そう考えると、U2410は、ある意味AMDお墨付きと考えても良い出来なのかもしれませんね。意外とお得かも。7万円くらいしますけど。

#追記
これまた余談ですが、この技術デモの説明に以下のような記述がありました。
ここで,動作しているフライトシミュレータはLinux版の「X-Plane」だった。そう,意外にも,このデモはLinuxベースなのだ。要するにこのデモは,「Linux環境でもATI Eyefinityがサポートされる」ことを意味している。AMDによると,現状,このベゼルコレクションはLinux版ドライバのみの機能だが,最終的にはWindows版にも搭載されるという。
これは。単にLinux用のドライバーが用意されているだけでなく、機能によってはWindows版よりも優れていると。事によると「Evergreen」世代のGPUはLinux主体でドライバーの開発が進められているのかもしれませんね。確かに今までのATI製品はAMDによる買収の前に企画されていたものでしょうし、そういった意味でEvergreen世代は、AMD主導によるドライバー開発が行われたGPUなのかもしれません。最初からOSS対応が考えられたGPUという意味で。楽しみですね。

#追記
またまたまた追記。今日は暇なので駄文量産中です。リンク先の「AMDとHavok,共同で物理エンジンの技術開発を行うと発表」という記事を読むとおもしろい見方が出来るかもしれませんね。

インテル傘下の「Havok」、NVIDIA傘下の「AGEIA」という物理エンジンの構図になってしまい、どっちつかずになっていしまったAMDですが、しぶしぶインテル傘下のHavokと協調していくしかなかった状況に、第三勢力として頭角を現してきたOSSの「Bullet」とも接触しはじめたという状況でしょうか?

一般人(Windowsユーザー)からしたら、Havokで一本化してくれた方が何かと便利なんでしょうが、それじゃAMDとしてはおもしろくないでしょうからね。事実としてHavokはインテル傘下ですし、Havokが評価されれば、おのずとインテルの名声が高まってしまう訳ですから。存在感を示すことが出来ませんし。私のようなオプソ厨はどういった思惑があるにせよBulletへの注力により結果的にLinux環境の強化に繋がってくれれば文句はありませんしね。良い事だと思います。

#外部リンク
Blender.jp - ニュース
http://blender.jp/modules/news/article.php?storyid=2556

AMD supports OpenCL Bullet; Are Havok and PhysX in trouble? - Bright Side Of News*
http://www.brightsideofnews.com/news/2009/9/17/amd-supports-opencl-bullet3b-are-havok-and-physx-in-trouble.aspx

4Gamer.net ― AMD,次世代GPUの一部スペックと,新たなマルチディスプレイ技術「Eyefinity」を発表
http://www.4gamer.net/games/085/G008506/20090911057/

[Phoronix] AMD Eyefinity 24 Display Tech Demo On Linux
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=NzUyNQ

4Gamer.net ― Intel,物理エンジンで有名なHavokを買収
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20070918028/

4Gamer.net ― [GDC 2009#12]映画にも活用されるHavok物理エンジンの最新技術を写真とムービーで見る
http://www.4gamer.net/games/049/G004997/20090326076/

4Gamer.net ― AMDとHavok,共同で物理エンジンの技術開発を行うと発表
http://www.4gamer.net/games/049/G004997/20080612043/

Larrabee - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Larrabee

GPGPU - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/GPGPU

OpenCL - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/OpenCL

物理演算エンジン - Wikipedia
物理演算エンジン - Wikipedia

【PC Watch】 デル、72,450円のIPSパネル採用24型WUXGA液晶 ~AdobeRGB比96%
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090806_307457.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: MMDに物理エンジン?
http://blog.minawa.net/2009/06/mmd_8069.html

Gimp 2.8が使い易そう

貧乏人のPhotoshopこと、GIMPの次期バージョンの2.8がスゴい進化していると噂になってますね。主にUI廻りが大きく変化するようです。今までのマルチウィンドウが見直されて、シングルウィンドウに(も?)なるようです。GIMPは複雑すぎて私のような素人は全くといっていいほど、手が出せない状態だったのですがシングルウィンドウになって、見た目だけは取っつき易くなりそうです。見た目って重要ですからね。特に初心者にとっては。あーGIMPもそうですが、BlenderももうすくUIが一新された2.5になるし、来年はLinux含むOSSのグラフィックス関係も盛り上がって来そうですね。

GIMPはともかくBlende 2.5はすんなり出て来るかはわかりませんが。でも一番の問題は初心者向けの体系的な入門書なんだよなぁ。やる気のある人はウェブの情報だけでも、ガンガン覚えていくでしょうが、そこまで才能、やる気がある人だけじゃないのが世の中ですからね(私含む)。ただGUIの刷新は大きな変化なのでGIMP、Blenderともに新たな入門書発売の良い契機になることは間違いないでしょうね。その辺に期待したいと思います。

#外部リンク
GIMP - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/GIMP

GIMP 2.8 and its (huge) improvements to the User Interface! — News — gimpusers.com
http://www.gimpusers.com/news/00280-single-window-mode-gimp-2-8-confirmed

m+mi works : blog : on interaction architecture: GIMP redux, single‐window mode
http://blog.mmiworks.net/2009/09/gimp-single-mode.html

2009年9月17日木曜日

Androidベースの携帯ゲーム機 ODROID

知っている人には今更な情報なんですが、タイトル通り、Androidベースの携帯ゲーム機「ODROID」というのが計画されているみたいですね。私もエンガジェットの記事で知っていたのですが、某ワンダースワンを彷彿とさせる、おもしろデザインなのでネタだなと思って放置していました。でも、数日前に続報のビデオが公開されていたので、少なくともネタではないのかもしれません。

公開されているビデオを見ると、OSは素のAndroidみたいですね。さすがにiPhone 3GSと同じSoCだけあって、かなり高速です。HDMIでテレビと繋いで720pの動画を再生させています。ちなみに「24」と「トランスフォーマー」。なぜこのチョイスなのかはわかりませんが(笑)。後はSNES(スーパーファミコン)のエミュレーターですかね。特に問題なく動作しているみたいです。

多分ですが、SNESエミュは以前紹介したAndroidにGP2Xのエミュを移植したやつだと思います。こんなところで役立つなんて。素晴らしい。でも、プロトタイプ機、ちょっとデカいかもな。バッテリーも1,300mAhとPandoraの3分の1だし。まぁPandoraがお化けバッテリーなだけなんですけどね。

ただ1つ気になるのは、MP3らしきもののファイル名がハングルで表記されていた事。アップロード者と製作者は別なのかもしれませんが、アップロード者はアメリカとなっていますね。もしかしたらアメリカ在住の韓国人なのか、韓国系アメリカ人の方なのかもしれませんが。

全然関係ないかもしれませんが、GP2X関係の流れの企業なのかも。例えば倒産したGame Park社の残党とか(笑)。以前ちょっとだけ話題になった韓国大統領肝いりの「ミョンテンドー」計画の一環だったりして……。国策で任天堂に対抗するゲーム機を作ろうとかいう計画だった気がしますが……。奇しくも、SoCはsamsung製ですし(笑)。リンクした日経のサイトは登録しないとみれないので見てませんけどね。

関係ないですが、PandoraでもAndroidは動きます。実際にMWeston氏がAndroidのイメージを実機で動かした事があるそうです。ただ、やっぱりというか、Pandoraのような特殊用途(ゲーム機兼マルチメディア機兼PDA)のメインOSとして使うには、デフォルトのままでは使い辛いらしいです。まぁ携帯電話向けですからね。

ただ、今すぐという訳ではなく、2、3年後ならば、メインOSとしての機能も熟成されてくるかもしれません。そうなれば、PandoraのメインOS、あるいは未来のPandora2のメインOSとして採用される日がくるかもしれませんね。それがオープンプラットフォームであるPandoraの強みですから。SDカードからのブートもできますしね。

#YouTube
ODROID HD Movie TV Out and Game Demo - YouTube
http://youtu.be/q9nUKktK3-w

#外部リンク
Androidベースの携帯ゲーム機 ODROID、 iPhone 3GSと同等プロセッサを採用
http://japanese.engadget.com/2009/09/01/android-odroid-iphone-3gs/



Android CPS2 Emulator - YouTube
http://youtu.be/YIgIRuNMxVk



Android CPS2 Emulator Touch Control Demo - YouTube
http://youtu.be/pxOcMHsXglA



#外部リンク
Androidベースの携帯ゲーム機 ODROID、 iPhone 3GSと同等プロセッサを採用 -- Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2009/09/01/android-odroid-iphone-3gs/

ODROID Android handheld gets HD TV/gaming video demo - SlashGear
http://www.slashgear.com/odroid-android-handheld-gets-hd-tvgaming-video-demo-1556608/

韓国版ニンテンドーDSがいよいよ発売、懸念されるその行く末:趙 章恩「Korea on the Web」
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20090702/1016601/?P=1

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: AndroidでGP2X
http://blog.minawa.net/2009/05/androidgp2x_610.html

Pandora情報更新 #09.17

前回からあんまり変化ないですが、一応メモしておきます。前回チラッと書いたキーマットとD-PADですが現在カナダにいるMWeston氏へと輸送中らしいです。ちなみにED氏がレンダリングした完成版のキーマットとバッテリーカバー部分の予想図。あくまでCGですが多少なりとも雰囲気は掴めそうです。

一番大きな変化はバッテリーの開閉部ですね。以前の試作品では横にスライドさせるタイプでしたが、完成版では、2つのツメ? で固定するタイプに変わっていますね。あくまで想像ですが、これはケース製造会社からの助言による変更なのかもしれません。この辺は餅は餅屋的にアドバイスを受け入れると以前言っていましたしね。今更MWeston氏だけで変更する部分でもないですし。

肝心のケース製作ですが、残念ながらもう少し時間が掛かるかもしれません。というのも、どうやら9月の終わりか10月の初めに、中国(台湾?)の連休(日本で言うGWみたいな感じ?)があるらしく、ケースのtweakが伸びると約8日間ほど多く日数が取られてしまうらしい……。うーん、日本にもシルバーウィークなんてものがあるので、他国の事は言えませんが、これは痛いですね。以前にも旧正月絡みで遅れが出てしまいましたし。とはいえ、決まりなので仕方がないですが。まぁ順調に進めば、今月中にケースも終了するかもしれませんが。

ちなみに上で書いたキーマットとD-PAD、それに既に完成しているAVケーブルもケース製作と同じ会社らしいのでCraig氏は信頼して待っているらしいです。何でも最初はアメリカかイギリスのケース製作会社に打診したのですが、弱小すぎて相手にしてもらえず、やってくれるところがあっても、ケースだけで約100万ドル掛かると言われて断念したそうです。

今回の中国企業なら、その数分の一で引き受けてくれたらしい。まぁ仕方がないですね。日本の金型メーカーも今は一部の高級品しか需要がないらしいですから。Craig氏によると中国メーカーと言っても、このメーカーは台湾レベルの品質だから安心出来ると言ってます。本当にそうなら良いのですけどね(笑)。

ソフトウェア系の話としては、例のN64エミュレーターが、かなり良いパフォーマンスになるのではないかという話。現在でもフォーラムでも有名なデベロッパー達の高度な話が続けられています。互換性に多少難がありそうですが、上手くいけば、Mupen64Plusで動作するゲームの多くが、実機並みの速さで動作するのではないかとの事。この流れで、GP2X Wiz等の旧世代ARMも含めた開発をすべきかで、多少揉めてました。Pandoraでの動作が多少遅くなっても、互換性を重視すべしという意見と、Wizレベルでは遊べる速さは無理なので、思い切って捨てて、Pandora(NEONやOpenGL ES 2.0最適化)世代に絞って開発すべしという意見ですね。今の流れだと、Pandora世代に絞って最適化した方が良いという考え方が大半みたいです。いい加減な解釈なので間違っているかもしれませんけど。

後はNokiaの傘下になっちゃったQtが、ゲーム関係のAPI? を追加するかもという話。これはまだまだ先になりそうですが、話によると、PandoraでのQtはかなり良い感じで動くらしい。出来ればファームウェア(デフォルト環境)に含んでくれるとありがたいと、Qtコミュニティの人は考えているみたい。確かにQtがデフォルトで入っていると、ソフトウェアが充実するのでありがたい事ですけどね。ファームウェアについては、詳しい情報がまだ無いので何とも言えませんが、今のところGTK+は確実ですね。後はE17関連でEFLも。ついでにQtも入っていたらおもしろいのに(笑)。

#追記
YouTubeでMupen64Plusを旧世代ARM(IPAQ H2210)で動作させているビデオがあったので紹介しておきます。ちなみにフォーラムで話題のAri64氏が手掛けたARM dynamic recompiler搭載版。見て分かる通りゲームとしては遊べませんが、Pandora版はNEON最適化やOpenGL ES2.0対応プラグイン(未完成)が加わる(予定)なので、比べ物にならないくらい速くなるらしい。今から楽しみですね。

#Picasa
今までのケース底面

最新のケース底面(予想図)

キーマット(予想図)

#YouTube
Super Mario 64 running in Mupen64Plus on an HP iPAQ H2200 - YouTube
http://youtu.be/ZggGMLBr2Oo



#外部リンク
Improved support for writing games using Qt?
http://labs.qt.nokia.com/2009/09/16/improved-support-for-writing-games-using-qt/

日本HP iPAQ Pocket PC / 旧モデルの情報 h2210 - スペック
http://h50146.www5.hp.com/products/handhelds/pocketpc/old/ipaq/h2210/spec.html