ページ

2009年2月1日日曜日

Pandora Prototype Running Angstrom

どうやらPandoraのプロトタイプでAngstromを動かしているビデオが公開されたみたいです。これはなかなか興味深いですね。意外に思ったのはアプリケーションの実行速度です。XMMS(ミュージックプレイヤー)を実行させながら、Firefox(ウェブブラウザー)とGIMP(グラフィックエディター)を立ち上げるというデモを行っていますが、重量級アプリである、この2つが起動中であるにも係わらずXMMSの再生が途切れていませんでした。最近のパソコンではあまり見かけないでしょうが、Pandoraのような携帯機だとメモリ使用量が限られるので結構驚きです。

それと、Firefoxの起動速度。私はリビングでAMD Athlon 650Mhz(K7)、メモリ256MBという骨董品のパソコンを使用しているのですが、Firefox3を起動すると、1分以上待たされます。ちなみにWindows2000です。それに比べると、Pandoraのこの起動時間はかなりのスピードだと思います。GIMPはそうでもないですけど(笑)。まぁ同時期に起動させていますからね。以前の動画でのGIMPはここまで遅くありませんでしたし。というか、私はPandoraでGIMPを使うことはないと思いますけど。画面小さすぎるし(笑)。

それと気になったのがAngstromの内容ですね。多分ですけど、これはEnlightenmentのE17ですよね? 以前もE17のデモを使用していた事もありましたけど、その後にMatchbox版になったと思ったのですけど……。まぁE17はBeagleBoardの方ではデフォルトみたいですし、そっちのイメージからの流用なのかもしれませんけどね。この辺りはどうなっているのかはっきりしてもらいたいところです。個人的にはこれくらいの速さで動くなら、MatchBoxじゃなくてもいいですけどね。

ちなみにEnlightenmentの開発者であるrasterman氏は既にBeagleBoardを入手済みで、Pandoraも予約しているそうです(笑)。そう考えると、デフォルトがEnlightenmentになる事も、将来的にはあり得るかもしれませんね。

もう1つ気になっているのが、XMMSです。正直言いまして、今時XMMSがデフォルトなのはいかがなものかと思っています。実際、既に開発はされていませんしね。それに何より、日本語の扱いがかなり悪いという気がします。今は使っていないのでどうだかわかりませんけどね。確かGTK+2じゃなくて、GTK+でしたし。まぁこの辺りは日本人(というよりマルチバイト圏)じゃないと気付かない点だとは思いますが。適当に書いたので出鱈目かもしれません。あしからず。

最後にブートタイムについて。だいたい30秒くらいですかね。流石に速い訳じゃありませんが、フル環境のLinuxを起動させるから仕方がないかもしれません。最近公開されたMoblinはかなり速いですけど(笑)。あれはIntel以外の環境でも流用できるのかな? もしそうなら、いずれは取り入れられるかもしれませんね。それに前聞いた話ではPandoraはブートは遅いけど、サスペンドとハイバネートが機能するから、普段はそちらを使った方がいいかも、とかいう流れでしたし。どうなるかわかりませんけどね。

#YouTube
Pandora Prototype Running Angstrom - YouTube
http://youtu.be/Nis0OjKmGGY



#外部リンク
News
http://www.rasterman.com/index.php?page=News

0 件のコメント:

コメントを投稿