ページ

2009年2月22日日曜日

PandoraとUSB #06

暇なのでまたUSBについて考えてみます。具体的にUSBで何をしたいかという話なのですが第一目標としてはUSBモデムを使いたいという事です。他にもGPSやワンセグ等も考えていますが、そちらは代替手段や実用度からみてUSBモデムより優先度は下がりますからね。今までの調査で日本でポピュラーであろうイー・モバイルの「D02HW」は、すんなりとPandoraで使用できないと言うことが判明しました。具体的には以下の手順が必要らしい。
PandoraのEHCIに、セルフパワーUSBハブを接続し、更にそこからD02HWを接続する。ソフトウェア的には、自動認識して、いわゆるプラグアンドプレイが可能らしい。
一見かなり楽な印象を受けますがPandoraがモバイル用途な事を考えると、この縛りは結構面倒ですね。いちいちセルフパワーUSBハブを持ち歩かねばならない訳ですから。セルフパワーと言う事はコンセントがある場所か、かなりの大容量な外部電源を用意しなければいけませんし。ちなみにバッテリー内蔵のUSBハブというのも存在しているみたいです。日本でも数年前までは発売していた模様。ただバッテリー容量が少ないらしく500mAで使用すると1時間くらいしか持たなかったみたいですね。これじゃ緊急用くらいしか使えませんね。残念。

ここでもう一方のUSBであるUSB OTGについて考えてみます。ドキュメント等によると一応OTGならば現在流通している全てのUSBスピード規格に対応しているらしいのです。ただしOTGでは100mAしか通電出来ず、USBモデム等に必要な500mAは自力では供給出来ません。そこで登場するのが、二股のUSBケーブル。片方を通常の使用方法として使い、もう片方を電力供給のみに使うという、苦肉の策です。

これについて調べてみたのですが、意外とポピュラーな解決方法な模様。現にウィルコムのW-ZERO3系や、イー・モバイルのスマートフォン等では対応製品として売られているみたいですから。それと、USB規格を逸脱しているデバイスでの補助用としても使われているみたいですね。日頃USBデバイスを使っていないので、全然知りませんでした。

今のところPandoraでも使えそうかなと思っている製品として2つ程紹介しておきます。1つはPLANEXの「PL-USB-Y01」。これはW-ZERO3用のオプションとしてウィルコムショップでも紹介されているくらいですから、OTG用途として使用可能かなと思っています。具体的な使い方としては、PandoraのOTGポートにデータ通信用ケーブルを挿して、補助電源用ケーブルを外部電源、例えばモバイルクルーザーや、エネループの外部バッテリー「KBC-L2S」、定番の「PowerBank slim 2.0」辺りに挿して使用するパターンですね。多分これらは安全なのではないかと思います。

もう一つの使用法としては、OTGにデータ通信ケーブル、PandoraのEHCIに補助電源ケーブルを挿して使用する方法。こちらは全てをPandora内で完結できるので、外部電源を持ち歩かなくて済むというメリットがあります。ただ、以前も書いたように、このやり方だとOMAP3の通常の使用法から逸脱する行為なので、使用出来ないか、長期使用時に何らかの不具合が発生する可能性も考えられなくは無いです。多分大丈夫だとは思うのですけどね。

それにこの方法だと、全ての電力をPandoraが負う事になりますので、かなりの勢いでバッテリーが底を付くと思います。大雑把な計算ですが、500mAを全力で使用した場合は持続時間が約半分くらいになるのではないかと思っています。普通の使用法で約8時間(多分)くらいなので、4時間くらいになるのかな? この辺りは実際に使用しないとわかりませんけどね。

「PL-USB-Y01」以外で、使えそうなケーブルとしてエレコムの「USB-M5DPBK」というのがありました。何が違うのかというと差込口の形状。どちらも一長一短ですので、使用したいUSB機器によって選択するのがいいかも。まぁ一番良いのは、自分で二股ケーブルを製作する事かもしれませんね。私は知識が無いので出来ませんけど。長くなりましたが一応ご参考までに。例によって素人の考察ですので内容的に間違いがあるかもしれません。お察し下さい……。

#Amazon





0 件のコメント:

コメントを投稿