ページ

2009年2月22日日曜日

PandoraとUSB #07

BeagleBoardのWikiを見ていたら気になる記述を発見。何やらUSB OTGをホストモードで使用する為にはUSB Mini Aで繋がなければいけないみたい。
To operate the Beagle as an OTG Host, you need a special cable -- plus you will need a power brick to power the Beagle, because it is now the host and must supply power to the peripherals. The key is that the cable needs to have a USB Mini-A-male (NOT a Mini-B) to connect to the Beagle. If you have cables with USB male mini connectors, the overwhelming chance is that they are Mini-B. While both Mini-A and Mini-B fit in the Mini-AB connector on the BeagleBoard, there is an internal wiring difference in the Mini-A and Mini-B connectors that allows the BeagleBoard to sense the type; Mini-A have pin 4 connected to GND, whereas Mini-B leave the pin unconnected.
あんまり詳しくないのですが、PandoraやBBのUSB OTGの端子ってMini ABという奴でMini A、Bどちらでも繋げる事が出来るタイプの端子らしいのですが、Hostとして機能するのはMini Aだけらしい(Mini Bとは内部の配線が違うらしい)。これはBBだけでPandoraと関係しているのかはわかりませんが、多分OMAP3全体の仕様だと思うので、そのまま当てはまりそうです。要チェックですな。ちなみに先ほど紹介した「PL-USB-Y01」はMini Aなので大丈夫だと思います。

#追記
多分この説明文が当てはまりますね。何だかややこしい規格だなぁ。
 現時点では、USBを使ったPCとの接続以外についてはシャープから何も公開されていないが、SL-C3000のUSBコネクタは、「ミニAB」と呼ばれるものになっている。ミニABは、OTGで規定されたコネクタで、ミニA、ミニBのオス(Plug)コネクタを装着できるもの。USB OTGに対応したDual-role Deviceが持つ唯一のコネクタであると規定されている。OTGでは、ミニABコネクタに接続されたケーブルは、4番ピンのID信号で区別する。この端子とグランド(GND、5番ピン)の間の抵抗値が10Ω以下の場合にはミニAと判断されホスト動作を行ない、100kΩ以上の場合には、ミニBであると判断しクライアント動作を行なう。したがって、OTGによるホスト機能を使うには、ミニAプラグを持つケーブルが必要となる。

#外部リンク
BeagleBoardBeginners - eLinux.org
http://elinux.org/BeagleBoardBeginners#Important_USB_Cable_Information

塩田紳二のPDAレポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1115/pda38.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿