ページ

2009年3月6日金曜日

Quake2 Nanogl

今日のフォーラムはこの話題で持ち切りですね。PandoraでQuake2がかなりのスピードで動いたって話題。今までもQuake2のデモはありましたが、それはソフトウェア処理されたものでしたし、しかも大半が320x240という解像度のものでした。更にサウンドも無効でしたし。今回公開されたのは解像度もPandoraの最大値である800x480で、サウンドも有り。何といってもOpenGL/ESのハードウェア処理されたものです。ちなみにCPUの速度はデフォルトらしいので多分600Mhzですね。

少し調べてみましたが、今回のデモはOpenGL/ESとはいえ、純粋なOpenGL/ESという訳ではなく、NanoGLというSymbian OS S60用のOpenGLをOpenGL/ESに変換するラッパーを、Linux用に改造したモノを使用しているみたいです。ですから、多少安定度には欠ける部分がまだありそうです。といっても作者のPickle氏はPandoraのデベロッパー・ボードを2日前に入手したばかりで(元々はGP2X Wiz用に製作していたモノ)、まだまだ手を加えなくてはいけない事があるみたいです。例えばOmap3最適化(NEON)や、いざとなったらCPUのクロックアップ等も。

そして、驚くことなかれ、PandoraのPowerVR SGXのドライバーは元々のクロックスピードの半分しか活用していない状態らしいのです! ちなみに今のクロックスピードは55Mhz。最高速度は倍の110Mhzらしいです。これはまだ有効になっていないので、もしかしたらこれだけで倍近い増速が得られるかもしれません。まぁそこまで単純な構造ではないでしょうが(笑)。

余談ですが今まで公開されたPowerVR SGXのデモも半分の55Mhz版らしいです。これからが期待できる情報ですね。下のビデオですが、最初が今回公開されたビデオ。2番目が以前公開されたソフトウェア処理のビデオ。最後がPickle氏がWiz用に調整しているNanoGL版ですね。Wizの方は安定するまでもう少し時間がかかりそうですね。Thanks.Pickle!

#YouTube
Pandora Quake2 with nanoGL - YouTube
http://youtu.be/HysmLjxGXP4



Quake2 on Pandora devboard - YouTube
http://youtu.be/TGz52EIVN8s



wiz q2 - YouTube
http://youtu.be/2LT5oRRfudk

0 件のコメント:

コメントを投稿