ページ

2009年5月30日土曜日

フランスの動画サイト、DailymotionがOgg Theora/Vorbisに対応

つい先日、今年はOgg Theoraに普及の兆しが見えてきたと書きましたが早速その流れが現れ始めています。フランスの動画共有サービスであるDailymotion(デイリーモーション)が試験的ながらHTML 5準拠の動画再生を開始したみたいです。これの目玉はAdobe Flashを使用しないで、ほぼ同等のサービスを提供出来ること。何といってもオーディオ、ビデオともにOSSなコーデックである「Ogg Vorbis」と「Ogg Theora」を使用しているという事でしょう。素晴らしい。

まだまだ始まったばかりの試みなので、機能的にはシンプルであり、性能的にも旧来のFlashベースと比べても劣るものであるのは否めませんが、真の意味でオープン実装が可能な事に比べれば、(私的には)たいした問題では無いと思います。まぁ、正式に対応しているウェブブラウザーであるFirefox3.5自体がまだ正式にはリリースされていませんし、Ogg Theora自体もまだまだ改善の余地がありますからね。気長に待つしかありませんね。

ただFirefox以外のブラウザーもこの流れに追随すると思いますので(実際にOPERAの開発者の記事にもそのように書かれていますし)、案外早い段階でメジャーな流れになるのかもしれません。相変わらずIEとAppleのsafariは対応しなさそうではありますが。同じwebkit系のGoogle Chromeは最新版で既にOgg Theoraの再生をサポートしているらしいですが、私はWindows版は試していないので本当かはわかりません。

それと先日ChromeとChromiumはGstreamer経由で対応とか書いたのですが現在はFFMPEGらしいですね。GoogleはMoziilaほどオープンな環境に拘ってないみたいなのでOgg Theoraが唯一のコーデックという訳では無さそう。残念ですけどね。実際にYouTubeのHTML 5デモも単にFlash抜きという事だけで、コーデックはH.264みたいですし。まぁ性能的にみたらH.264の方が優れているのも事実でしょうからね。転送量圧縮の方がトータルのコストから見たらお得なのかもしれませんし。あくまで推論ですが。

それと現在のFFmpegのOgg Theoraサポートは完璧という訳ではなく、かなり荒い実装らしく本家のlibtheoraやそれに準ずるffmpeg2theoraに比べるとだいぶ性能的に落ちるらしいです。その劣っているTheora再生がChromeに実装されているとなると、Chromeを通じて初めてTheoraやVorbisに触れるユーザーに対する印象が悪くなるのをTheoraコミュニティとしては危惧しているらしい。それとTheora専用ではなく汎用であるFFmpegがメインになってしまうと他のOgg関係との連携が悪くなってしまうのも問題らしい。(例えばKateといったもの)

ただ既にOgg開発者コミュニティとChrome開発者コミュニティとの間で話し合いが持たれており、これからの展開次第では対応に変化が出てくるかもしれませんね。私としてはそうなってくれる方が面白いのですけど。それとFFmpeg自体のTheora改良も進めているみたいです。チラッと聞いた話ではTheoraとFFmpegは微妙な関係らしかったのですが、徐々に打ち解けてきているのかな。せっかくだから、仲良くやってもらいたいところです。いつもの事ながら素人が適当な知識で書いている駄文ですので正確性は保証できません。あしからず。

#外部リンク
Dailymotion - HTML5 demo
http://www.dailymotion.com/html5

YouTube - Broadcast Yourself
http://www.youtube.com/html5

Dailymotion - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Dailymotion

0 件のコメント:

コメントを投稿