ページ

2009年6月16日火曜日

プリンター購入計画 #04

続き。一応HL-5350DNに決めたのですが、Amazonとかを見てみるとHL-5350DNの1世代前の機種である「HL-5250DN」が格安で売られてたりします。ちなみにAmazonで17,777円。HL-5350DNが最安値のお店で21,300円ですから、差額は3523円。で、この2つで何が違うかというと、だいたい以下の通りらしい。
印刷速度 HL-5350DNは30枚/分、HL-5250DNは24枚/分
排紙方法 HL-5350DNは正面排紙と背面排紙の2WAY方式
主だった点は、この2点くらいですかね。後は一枚目プリント時間が1.5秒短縮されてたり、スリープ時の消費電力が3W低くなったり。逆に印刷時は55W高いみたい。他の性能は特に変化無いみたいですね。サイズも同じだし、CPU、メモリも同じ。

正直、印刷速度もこのくらいの差なら個人的にはどうでも良い変化なのですがインターネット上の評判を見ると排紙方法の変化は結構大きなポイントみたいです。というのも旧型は正面排紙しか無いので印刷後の紙が多少反り返ってしまうらしいのです。普通の紙ならたいした事も無さそうですが、ハガキのような厚さがある紙の場合、反り返りがいつまでたっても直らない可能性があるらしいのです。これは結構マイナスポイントかも。やっぱりハガキも印刷したいですしね。

その辺りのフィードバックを地道に反映させた上での背面排紙の導入だとすれば、その他の見えない点も地味に改良されている可能性もあるのではと期待したくなりますよね。ブラザーっていう会社はその辺り好印象らしいですし。そう考えると確かに旧型機の叩き売り価格17,777円は魅力的ですが、差額の3523円を付け足して、地味に改良されているであろう新型機を購入した方が満足度は高そうな気がします。

壊れなければ、最低でも5年間は使いたいですしね。5年で割れば年間約700円のコストアップなだけですし。それに現行機の値段もここから下がったとしても、恐らく2、3000円くらいでしょうし、それ以上下がるとしても恐らく次世代機が発表される2、3年後でしょうしね。その時でも5、6000円下がるくらいでしょうから、あんまり考える必要は無いかな。

暇つぶしに、長々と駄文を書いてしまった。何だかんだ言ってますが、結局は結論ありきな推論だったりして。もう頭の中ではブラザーのモノクロレーザーを買おうと決めてたんでしょうね。後はどう自分を正当化させるかって感じで。

昨日は明日まで待とうかと書きましたが、もう結論が出ちゃった気がするので今日中に注文しちゃうかもしれません。ただ家族には一切相談していないから、複合機じゃ無い事と値段が高い(多分一万円くらいだと思われている)事で文句を言われるかもしれない。どうしようかなぁ。家族に相談したら絶対に安い複合機にしろって言われるだろうし。でもインクジェットはもう興味無いんだよなぁ。

#Amazon


#外部リンク
HL-5350DN|プリンター|ブラザー
http://www.brother.co.jp/product/printer/info/hl5350dn/index.htm

Linux 対応状況|サポート|ブラザー
http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿