ページ

2009年7月30日木曜日

Pandora情報更新 #07.30

久々にPandoraのビデオが公開されました。内容はMAMEでいくつかのゲームを動かしているだけですけど、ケースが半透明なケースになってますね。まぁ半透明ケースが現状では一番製品版に近いので当たり前と言えば、当たり前ですけど。ちなみにMAMEですが、ウィキペディアでは以下のように記されています。

MAMEの開発方針は、オリジナルのハードウェア動作を忠実に再現することに重点を置いている。そのため、あるゲームの動作をエミュレータ側からハック的な手法で修正や改良することが出来ても、それが実際のゲームハードウェアの動作と異なっていたり、将来的な解析につながらないと見られる場合は、基本的に採用されない。

MAMEの動作には、実際のアーケードゲーム基板上のデータイメージ(ROMイメージ)を用意する必要がある。MAMEはゲーム基板のハードウェア構成をソフトウェアでエミュレートすることにより、オリジナルのROMイメージを異なるハードウェア上で動作させることを可能にしている。エミュレートするCPUは代表的なZ80や68000をはじめとして100種類以上、サウンドチップは70種類以上、そのほか多くのカスタムチップもサポートする。

最近のバージョンでは、3Dグラフィックシステムなど、処理量の多いゲームにも対応している。しかし、前述の通り、エミュレーションの動作速度よりもオリジナルハードウェアの忠実な再現を目的とするため、3Dグラフィックやテクスチャ処理なども、Direct3DなどのOS固有の拡張機能を使わず、オリジナルハードの動作を元に全てソフトウェアで処理を行う。このため最新の高速プロセッサでも完全な速度で動作しないタイトルが一部存在する。(Windows版では描画の設定にDirect3Dの項目があるが、これは最終的な描画先としてDirect3Dを用いるだけであり、エミュレーション処理自体には関係しない)
この説明通りならばMAMEは再現性と移植性には優れているが、そのほとんどがソフトウェア処理の為、CPUパワーに依存しているという事になりますよね。となるとPandoraのようなARMを使用したSoCでは実性能的にかなり不利になるのではと素人な私は考えてしまいます。

今回のビデオを見ると、比較的処理が重いとされる? モータルコンバットやメタルスラッグなんかもサウンド有りでちゃんと動いているように見えるので、Cortex-A8の実力が垣間見れたような気がします。でも、フォーラムとか読むと、Cortex-A8のNEON最適化がまだまだらしいので、本当の意味での実力が見られるのは、まだまだずっと先なのかも知れません。BB関係でこの辺りの改善が進んで行くかもしれませんね。

#YouTube
Pandora playing MAME - YouTube
http://youtu.be/TRcCz7RWid4

0 件のコメント:

コメントを投稿