ページ

2009年9月4日金曜日

The BBC RAD

上手くまとめられませんが、素晴らしい試みなのでメモだけしておきます。どうやらBBCがオープンなウェブ技術を使った新しい試みを行っている模様です。いくつかの試みがあるようですが、その中でも気になっているのが、HTML 5を使ったデモです。具体的に書くとFLASHを使わないでYouTube的なビデオサイトを構築する為のデモですね。勿論使われているビデオコーデックはOgg Theoraです。当たり前ですがオーディオコーデックはOgg Vorbisですね。

ここまでだと今までもいくつかのウェブサイトでありました。例えばDailymotionやThe Video Bayなんかですね。でも今回のBBCのデモは、ビデオ再生に加えてJavaScriptを使ったチャプター制御や字幕表示も出来るようになっています。といっても、まだ初期段階なのでニコニコ動画のような字幕やYouTubeの動画アノテーションのような複雑な字幕表示ではないですけどね。

もう少し進んだビデオデモもリンクされていました。こちらは各国語での字幕に対応していますね。ちなみにビデオの素材はBlenderで作られた「Elephants Dream」ですね。素晴らしい。こういった地味なところでの貢献がいつか実を結ぶことに繋がるのだと思います。既にOSSに理解のあるウェブサイトではビデオ素材として使われだしていますしね。有難いことです。

BBCということで何で自前のコーデックである「Dirac」じゃないんだとか思う人もいるかもしれませんが、最近はTheoraとDiracは競合するコーデックというより、それぞれ違ったレンジのコーデックという考え方の方が多くなってきているのかもしれません。TheoraはHD未満のSDクラスの低負荷用として、DiracはHDクラスの高品位コーデックとしてみたいに。現に、OggDiracなんてものもあるようですし、今年のGSoCでOggPlayでDiracも再生出来るようにする改良が目標にあったりするようですし。まぁ全て素人の憶測なので、本当にあっているのかわかりませんけどね。とりあえず駄文って事で許して下さい。

余談ですが上のBBCのデモサイトだとJavaScriptのせいなのか、Firefox3.5だとCPU使用率が常時100%近くになってしまいました。チャプターの移行も少しひっかかる感じですし。字幕の表示や音声のズレとかは無いんですけどね。ChromiumだとV8のおかげか、30%くらいで済むのですけど。全てがJavaScriptのせいじゃ無いとは思うのですが、ここまでCPU使用率が違ってくると、体感出来るくらいの差がついてしまいますね。こうなるとFirefox3.5だとFlashの代替は厳しいのかも。

ちなみにビデオ再生のみなら若干OggPlayを使用したFirefoxの方が良いのかもと思いました。実際のチャプター移動なんかはFirefoxの方がキビキビしてますし。ただChromiumのFFMpegも以前に比べたらかなり良い性能になっていますね。再生品質はともかく、CPU使用率はほぼ同じか、もしかしたら、FFMpegの方が少ないかもと思いました。ただ汎用性重視のFFMpegとOgg系の再生に特化しているOggPlayだとビデオ再生以外の場所で差が出てくるかもしれませんからね。字幕の表示なんかで……。どちらが良いとは簡単には決められませんけど。

#Picasa




#外部リンク
BBC - RAD - Welcome to RAD
http://open.bbc.co.uk/rad/

R&D TV Episode 2
http://open.bbc.co.uk/rad/demos/html5/rdtv/episode2/index.html

Experiment with video and audio accessibility
http://www.annodex.net/~silvia/itext/#play

Dirac
http://diracvideo.org/

OggDirac - XiphWiki
http://wiki.xiph.org/OggDirac

0 件のコメント:

コメントを投稿