ページ

2009年9月13日日曜日

Pandora情報更新 #09.13

昨日の続きです。早速MWeston氏がAVケーブルの簡単なデモビデオを公開してくれました。今のところ全てのケーブルが実機で順調に動作しているらしいです。YouTubeのコメント欄を見ると、Pandoraの液晶画面とテレビの画面とで多少のタイムラグがあるという記述があったのですが、私の目が鈍いのかそんなにはっきりとわかる遅れは無い気がするのですが……。まぁ仕方が無いですね。もしかしたらソフトウェア側の調整で何とかなるのかもしれません。たいして実害は無いと思うのですけどね。

ちなみに、このテレビ画面への出力ですが必ずしもPandoraの液晶画面と同じものを出力しなければいけない訳ではありません。これを上手く使えば何かおもしろい使い道が出てくるかもしれません。例えばPandora側で裏方的な画面を描写してテレビ側を主目的に使うとか。って、これ前にも書きましたね。

#追記
ビデオの途中で開閉部が外れる場面がありますが、これはまだヒンジ部分が完成版じゃないからですね。ヒンジに関しては、MWeston氏もかなり慎重になっているところらしく、以前の情報ではヒンジ部分は任天堂のDS(DS Lite?)と同じメーカーに発注するくらい気合が入っているらしい。同じといっても、任天堂との契約で、全く同じモノは他メーカーに供給出来ない(らしい?)ので、ほぼ同等品という形になるみたいですけど。でも、DS Liteのヒンジで検索すると、結構ヒンジ部の割れが引っかかるのが気になる所ですが。まぁ今は改善しているみたいですけどね。多分、大丈夫でしょう。

#YouTube
TV output test using final production cable - YouTube
http://youtu.be/mDykUUg5sOg

0 件のコメント:

コメントを投稿